スペイン・バルセロナの情報なら・・・・

今回のわたしの引越しに際し、
情報収集のためにかなりたくさんのサイトにお世話になりました。
その中で、特にお薦めのサイトを2つご紹介させていただきます。


バルセロナ情報

バルセロナ市の公式ページです。
このサイトのいいところは、スペイン語でなく英語でも見られることです。
観光ガイドとしてもかなり便利なサイトですが、わたしが個人的に好きなのは、
TOURISMの 
”360°” と ” BIRD’S EYE VIEW"
です。
有名な観光地に立ち、まるでその場にいるように360°見渡すことができるのです。
BIRD EYEのお陰で、私は日本にいながらにしてバルセロナの我が家のピソを
上空から見ることができました。

”MAP”は、住所を入れると地図上に表示してくれるのですが、
今でもよく利用してます。


スペイン探偵局

スペインに関する掲示板で、情報量の多さとレスの速さはすばらしく、
引越しまでにかなりお世話になりました。
過去のログも十分活用しました。 


スペインに興味のある方は、どうぞ一度ご覧になってください。
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-09 04:01

22時から男♪

スペイン人の夕食が遅いことは知っていましたが、
実際にその生活リズムの中に身を置くと、とっても不思議です!!

我が家のピソの上の階の人は、残念ながら面識はないのですが、わたしからするととっても興味深い生活リズムを送られています!

お昼間は、とにかく静か。

というよりも、我が家があまりにもうるさくて、
他のお宅の音など耳に入らないというのが正しい表現かもしれません(笑)
子供がふたりとも家にいるので、そりゃもう恐ろしいほどの騒音です。

しかし、夜10時前ぐらいから、盛り上がり始め、何やらリズムのいい音楽と、
時々、あのフラメンコの不規則?な難しいリズムを打つ手拍子・・・・・

それから、ずっっっっっとしゃべるつづける男性の声!

おそらく相槌を打ったり、楽しいおしゃべりでもりあがっているのだろうと思うのですが、
いつもひとりの男性の声だけがよく響くのです。

サッカーのバルサの試合のある日なんて、

「ここは競技場なの!!!????」

って思うぐらい、テレビの生中継に合った声援と大きな落胆のため息!!

我が家は普通その時間は、子供も寝て、私がひとりパパの帰りを待っているか、
パパの食事中なので、おもしろいぐらいよく聞こえます。

うるさくないか?と聞かれると、うるさいと答えるかもしれないけれど、
我慢できないほどではないし、おそらく日本語でも何を話しているかまでは
わからない程度なので、
「まぁ お互い様か!」って感じです。

それから、きっちり、12時過ぎぐらいに少し静かになり、1時ごろには静まり返ります。

そんな時間でも、赤ちゃんかなあと思われる子供の泣き声も一緒に聞こえるのです。
ベッドで泣いているのではなく、同じ場所にいるように聞こえます。
その子供はいったい何時に寝ているのでしょうか??

それから、私の最大の疑問は、

そんな時間に食事をしてお酒を飲んで、主婦は後のお片づけをどうしているのでしょう??
いくら食洗機があっても、片付けることは多いのに・・・???

この疑問が解決したら、ぜひまた報告したいと思います。
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-08 23:39 | 不思議な人々

洗濯物の怪

こちらに来て、3週間ぐらい経った頃、
洗濯物のとある変化に、ある日ふと気づきました。

ねえねのピンクのパジャマと白いトレーナー、パパの白いTシャツが心なしか、黒ずんでいるのです。
毎日ちゃんとお洗濯してるのに、洗い方が悪いのか、洗剤の量が少ないのか・・・・
不思議に思いながらも、毎日のお洗濯を続けていました。

でもある日、真っ白で日本から持ってきたタオルが、全体に黒ずんでいるのを見て、

「やっぱり おかしい!!」

そうなのです。
こちらの水は、ご存知のとおり硬水で、お洗濯するたびカルが繊維の中に染み付いていっていたのです。
そこで教えてもらった洗剤!!
c0048899_21332550.jpg

日本で言う、”カラーブライト”のようなもので、
洗濯時に洗濯機の洗剤専用の引き出しに入れて後は普通どおりに洗います。
この洗剤を使って3~4回洗うと、だんだんと元に色に戻ってきました。
私は、本来の使用量よりの少なく使っているので、まだ効果は薄いように思いますが、
十分です!

洗えば洗うほど、色がついてしまうというのは、悲しいというか・・・
何と言えばいいのでしょうか??(笑)

ひとつ言えるのは、確かに日本よりの洗濯洗剤の種類や量が多いです。
普通の洗剤、カルを除去するもの、漂白剤、洗濯機のカルを除去するもの・・・・・

水は毎日の生活に欠かせない物なので、
”水が変わると・・・・” とか 
”水が合わない”
という言葉の意味を深く痛感させられました。

**もし、この洗剤のことを知らずにずっと洗濯していたら、ねえねのトレーナーは
何色になったのか???   少し興味はあります!(笑)
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-08 21:46 | 生活

強烈なハム

バルセロナのスーパーには、ごく普通にハムがたくさん売られています。
私もこちらに来る前から、スペインの生ハムのことは知っていましたが、まさか、こんなにたくさんの”脚”が売られているとは思いませんでした!!!

c0048899_3173948.jpg


また、近所のスーパーにはありませんが、お肉屋さんに行くと、
豚さんの顔も足もきちんと整列して売られています。

上の娘のねえねは、

「”ぶたにく”ってお肉やって知らんかったぁ~!」

と言うのです。
どうやら、日本でパックに入ったお肉しか見たことがないので、
実際、あの豚さんがお肉になっているということが理解できていなかったのだと思います。

彼女は、スーパーでも、お肉のコーナーに興味津々です。
わたしなんかは、豚さんのお顔やお足とはあまりお近づきになりたくないのですが・・・(笑)

でもそんな彼女も、この”脚”売りのハムはどうも苦手のようで、いつも避けるように
通り過ぎます。

生ハムもソーセージもサラミも好きですが、さすがにこの”ハム”はご遠慮したいです(笑)
少しづつ薄くはがすようにして切って食べるようですが、
家の中でいったいどこに置いておくのが、どうやって保管するのか、
まだまだわからないことだらけです。

いつの日か、なんのためらいもなくこのハムを買って、脚を片手に家路につくようになるのでしょうか????
今のところまったく未定です・・・・・・
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-08 04:19 | 食べ物

★★ 自己紹介 ★★

名前 : かほすみ

年齢 : 30代後半 でお許しください・・・だったのにすでに一山越えました・・・

職業 : 専業主婦 

家族構成 :  パパ    同じ歳  (会社員)
          ねえね   9歳  (小学3年生)
          ちゅみ    5歳  

出身 : 京都 

どこからバルセロナに? : 大阪府

なぜバルセロナに? : パパの転勤

いつバルセロナに? : 2004年12月

趣味 : 子供ができるまでは スキューバダイビング (現在休止中)
      デジカメ 
      ネット通販(笑) 
      
得意なこと : その場の状況に合わせること、適応すること???
          毎日続けること(でも家事は好きじゃない)

不得意なこと: 使ったものを元通りすぐ片付けること
          整理整頓 (でも 掃除は好き♪)
          気長に待つこと

海外生活経験 : 旅行と ホームステイ以外は初めて



 
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-07 17:01 | ★自己紹介★

なんじゃぁ~ これぇ~?????

今日、バルセロナの冬の名物、”カルソッツ”を食べに行ってきました。
太い白ねぎの炭焼きということは聞いていたのですが、出てきてびっくり!!
c0048899_9174974.jpg

真っ黒にこげた細長い物体なのです。
日本の焼肉屋さんにはかかせないエプロンと、
使い捨ての透明ビニールの手袋を渡され、
外の焦げてる皮をむいて、専用のソースをつけて、
    日本では「お行儀悪い!!」
と叱られる下からペローンと食べる食べ方で食べるのです。
お上品な私は 「ちょっと待ってよ! これがお作法??」っとびっくり!!
まわりをきょろきょろ見渡しても、みなさん元気よく下からペローン!
私も喜んで下からペローン! 
お子ちゃまのようなエプロンには、ソースがぽたぽた!
でも何だがワクワク嬉しかったのはわたしだけでしょうか???(笑)

こげた部分をむくと、写真からは想像できないのですが、白くてやわらかい中身の部分が出てきます。 それがおねぎの甘みとジューシーさと・・・とにかくおいしい!
我が家では、自宅で愛用のだししょう油も持参してみましたが、
私は専用ソースが気に入り、それでいただきました。

残念ながら、6歳と2歳のねえねとちゅみはお気に召さなかったようで、ちがうパスタ料理を注文しました。 
でも、隣のスペイン人のテーブルでも子供はパスタ食べてました。(笑)

予約時間から30分以上待たされましたが、大満足でした!!!
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-07 09:33 | 食べ物

湿度の低さとボディシャンプー

バルセロナに来る前、出国のための手続きや引越し準備など、すでにパパが出発していたため私の生活はとにかく多忙を極めていました。 それもあってか、もともと疲れやストレスは肌に出るタイプで、全身かきむしりのアトピーのような状態になっていました。
そのままの状態で、子連れの長いフライト! (悲しいかな直行便は今はないのです)
疲れとお肌の状態は最悪でした。 
到着後は、これまたダメ押しで、とにかく湿度が低い!
室内で30%あるかないか・・・・ちょっと窓を開けると、20%を切ることもざらなのです。

その状況にもかかわらず、お風呂大好き♪洗うの大好き♪日本人の私は、日本のボディシャンプーで体を洗い、ローションは塗るものの、またまたかきむしり・・・の悪循環!

こちらに来て、まず購入したものは加湿器でした。

理想としては50%まで上げたいのですが、なかなか・・・・

それでもお顔のつっぱりはましになりました。

ちょうどその頃、ボディシャンプーが無くなり、”しょうがないから”スペインのボディソープを買って使ってみました。 
するとどうでしょう!!!!
なんだかお肌がしっとり! かゆみもましになってきたのです。

なんでも日本の物がいいという”日本製信者”であった私は、それぞれの土地にあった製品があるということを忘れていたのです。
湿度の低いスペインには、それに合ったボディソープの成分っていうのがあるのです!

ほんの些細なことですが、お肌の状態の悪さに悩んでいた私には、まさに”目からうろこ”でした。 
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-05 09:01 | 生活

スペイン人の不思議

バルセロナに来てまだ1ヶ月あまりの私が、バルセロナの人たちのことを語るのはどうかとも思うのですが、今のわたしだからこそ感じる”不思議”を書きたいと思います。

私達が引越してきてすぐ、食洗機がショートしたため修理の人に来てもらうことになりました。
パパいわく、「午前中に来るって言っているけど、彼らの午前中は2時ぐらいまでなので気長に待ってて!」 とのこと。 言葉もわからないし、緊張しながら待ち続け、とうとう午後4時を過ぎてしまいました。 パパに連絡すると、もう待たなくてもいいとのこと。
時間にルーズ??なスペイン人と聞いていたので、あぁ~これを言うのかとひとり納得しました。結局、修理の人が来たのは、午後8時。 子供も私もお風呂に入ってパジャマ状態・・・・
1時間掛けて修理は無事終わりました。 

短気で待つのが嫌いな私にとって、このスペイン人の性格はかなり”しんどい”もので、
心の中で”これだからスペイン人は・・・・”と思っていました。

そんな時・・・・・

めちゃめちゃ込んでるスーパーのレジで、かなりお年を召したおばあさんが小銭をひとつづつ出して支払いをしていて、私的には”か・な・り”時間がかかっていました。
うろうろする子供を連れているということを差し引いても、私はけっこういらいらしていました。
それでも、レジの女の人も、次にならんでいるおじさんも子供を連れたお母さんも、決していらいらした様子はなく、ゆったりとおばあさんの終わるのを待っているのです。
その上、けっしてせかす意味ではなく、袋に入れたり運ぶのを手伝ってあげていました。

少しぐらいレジに時間がかかってもどうってことない! のでしょう。
日本であれば、「早くしてよ!」という嫌なムードが流れる場面だと思います。

時間にルーズということは、言葉を変えれば、人をゆったり待つことができるということかもしれません。
せかせかするばかりがいいのかなあっと考えさせられました。

日本人として、ゆったり待つ心のゆとりと、時間を大切にする精神とのバランスが難しいですねぇ・・・・
これからこの国に長く住んでも、このバランスをうまく取って、スペインと日本のいいところを大切にしたいと思いました。

やっぱりスペイン人って不思議です!
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-05 03:17 | 不思議な人々

スペインワインにはまりつつあります!!

バルセロナに来るまで、お酒はたしなむ程度で飲めませんでした。
でもこちらに来て、手ごろでおいしいワインがたくさんあり、ついつい毎晩ワインをいただく生活になってしまいました。
日本では(わたしの住んいた大阪のはずれでは)、スペインワインはお店にも少なく、選択肢がありませんでした。  こちらのスーパーにはびっくりするぐらいのワインが並び、値段の幅も広く、安くておいしいワインが山積みです。 
いつも我が家が購入するのは、EUR2.00~10.00程度の安いワイン。それでも十分おいしく楽しくいただけます。
ワイン通ではないので、詳しいことはわかっていないのですが、飲みやすくておいしいということだけはわかります。
機会があれば、ぜひスペインワインを試してみてください。 c0048899_21562982.jpg
昨日の夜の一本です。 EUR5.00ぐらいだったと思います。
バルセロナ名物、マンチェゴチーズをおつまみに少々いただきました♪
[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-04 22:01 | 食べ物

白いご飯には困りません

我が家の子供、特に下の娘は白いご飯が大好き! ご飯にお気に入りのふりかけさえあれば生きていけるような子です。 そのためお米の入手は渡航前からかなり気にしていました。
でも、近所のスーパーに普通に売っているお米がとてもおいしいのです。日本でいいお米を食べていたわけではないので、十分おいしい! 
値段も我が家にぴったりで、1kg EUR0.55 なので、70円程度。10kgで700円程度とびっくりの低価格! 
こちらの日本人の方によっては、日本食材店で 5kg1500円以上はする日本米を買われるようですが、我が家はこのARROZがお気に入りです。 
c0048899_392798.jpg

[PR]
# by bcnkahosumi | 2005-02-04 03:10 | 食べ物