<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

スーパーで買えるおいしいお米

先日、お友達に最近日本人の中でおいしいと評判のスペインのお米を買いに連れて行ってもらいました。 以前から評判は聞いていたのですが、普段からスペインの地元スーパーで売られているお米で十分満足していたので、日本人用に作られたお米や特においしいという評判のお米もさして気にしていませんでした。
でも・・・・ 試食♪♪ 
と頂いてみたら・・・
これがおいしいのです!!
「おいしいよ」という前評判を聞いていたからではなく、白くて粒もそろていておいしい!
c0048899_222657.jpg

                 ↑            ↑
今まで十分おいしく食べていたお米    今回教えてもらったお米  
1kg 1,54€                   1kg 0,88€
(これも夏場用のお米で、         *スーパーMERCADONAの自社ブランド米
 涼しい時期はもっとお安いものを     真空パックなので酸化も防げる
食べていました(苦笑))           

        生米の粒  :    いつものお米    Mercadona米

炊き上がりの違いは、
    ・お米の粒が見える・わかる 
    ・色が真っ白
    ・われ粒が少ない

にもかかわらず、お安い!!! → 高得点ゲット!!!

日本人にとって、お米の”粒感”がどれだけ重要でポイントが高いかわかりました。
お米の粒を感じられるご飯って・・・おいしい!!
お米を洗ったり、炊いたりするお水が違うので、お米の粒が立つというところまではいきませんが、おいしいです!!
残念ながら、自宅近くにこのスーパーはありません。トラムに乗っていかなければなりませんが、時々なので行ってみようと思います!

ありがとう♪♪ 
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-29 23:29 | 食べ物

ガスの点検で発覚

朝、買い物から戻ると玄関で、”ピンポーン”
ドアの穴からのぞくと、見慣れないおじさん1名。
そそーとドアを開けると、ガス会社の点検のおじさん。
あら?点検の連絡なんて受けてないけど・・・・? でもちゃんとガス会社の書類をもっていたし、我が家のピソのオーナーさんの名前を言っていたので 入ってもらいました。

時々、点検はあります。給湯器やガスでのセントラルヒーティング、台所などをチェックし、ちゃちゃ~と書類を書いて、私がサインしてすぐ終了! 
いつもはそうだったのですが、今回は丁寧にガス漏れ警報機の小型版を手に、お湯を出したり、ガスレンジの裏を覗いたり・・・・

と、
”○+*@*△~、 ゴムがついてない” 

んん??

”何ですかぁ??”

”だから~ △○#&)‘‘@~ ゴムがなくて危ない” 

どうも、本来ゴム製のストッパーをつけて接続していないといけないガス管を、何もなしにそのままダイレクトにガスレンジに接続しているらしい。 その上、我が家のガスレンジはビルトインではないので、動かす事も可能だったので尚更危険・・・

えっ?? そんなの、今まで一度も言われたことないし、そんな裏の場所、私達は触らないし・・最初からついてなかったということ以外考えられません!!!
c0048899_21493586.jpg
ガス会社が取り付けに来てくれるのかと思いきや、 ガス会社はお医者さんで言う、”カルテ”を書くのがお仕事。その後の治療・処置については自分で修理屋さんに依頼。 修理屋さんに修理なり部品交換なりをしてもらったら、その報告書をガス会社へ送る

というようなシステムのようです。 緊急を要する修理や専門的なことはまた別だと思うのですが、 大体はこのような感じみたいです。
今までも点検には来てもらっていたのに、裏まで見た人はいなかった・・・ つまり・・・細かいチェックがなされていなかった??? 適当に手抜きされてた?? それとも今回の点検が特別だった???

とりあえず、火事やガス漏れを最も恐れるピソの構造なので、すぐに修理をお願いしようと思います。 でも・・・ 大事な”ゴム”無しに、3年半以上暮らしてきたのですが・・・
怖いです・・・・(冷汗)


*** 
ガス会社のおじさんは突然来たのではなく、きちんと封書で連絡が来ていました・・・・
わたくし、開封もしておりませんでした・・・・(苦笑) 今後はちゃんと開封確認します・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-27 21:42 | 生活

幼稚園のワークブック

6月20日でちゅみの幼稚園は学年末を迎え、そこから9月初旬まで親泣かせのなが~~い夏休みになりました。 ちゅみは引き続き7月の半ば過ぎまで同じ園のサマースクールに通うので日常生活、あまり変化はありません。
それでも学年末なので、成績表とは違いますが、園生活についてのコメント表とワークブックを持ち帰ってきました。
c0048899_2352766.jpg就学前の5歳用のワークブックです。 同学年のお友達は9月からそれぞれ小学校に入学します。入学準備学習?とでもいうのでしょうか? 数の概念についてや簡単な足し算や引き算、アルファベット、スペイン語の母音?などなど想像よりも難しい事をやっていました。
どこまで説明してもらってやっているのかちゅみに聞いても不明ですが、一応そこそこ正しく進んでいます。 
「ここは、アランチャが○○のを書きなさいって言ったから書いたぁ」だとか、
「丸のもんだけ色塗るねんて!」
程度です。
私も、スペイン語の筆記体をちゃんと勉強していないので、ちゅみの練習を興味深く見ました。”c” や ”r”などは 英語と全然違うので、読みにくいです・・・(苦笑)
ちゅみは英語をちゃんと勉強していないのに、この筆記体を覚えてしまったらややこしいなぁ・・・と気になった時期もありますが、きっとすぐ忘れるでしょう!(爆)

筆記体よりももっと興味深かったのが、彼女が幼稚園で習ったという英語。

「ママ、ママは ボイ オ ゲル?」
「はぁ????? なんて????」
「ボイ オ ゲーール!」 → ”ゲル”の"ル”はなぜか思いっきり意識的に” L ”の発音

・・・・・・・・・・・・・

まさかとは思いましたが・・・・ ”boy or girl ” でした・・・・(絶句)
”R”なしの ”L”だけなので、 どう聞いても はっきりと ”げる

別にいいんですけど・・・ スペイン風英語でも・・・(苦笑) 語学習得を目的にしているわけではありませんので・・・・ 
確かに日本人は ”R”と”L”の発音を最も不得意とするので、アルファベットのお国の方にどうこう言えるはずもないのですが・・・・

でもちゅみの覚えてきた英語には 笑いましたぁ!!!!  (爆)
ちゅみがスペイン語で説明を聞いてワークブックをちゃんと埋めてきただけで十分です♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-26 02:35 | ちゅみの幼稚園

夏ばてと自分の年波

炎天下でのサッカーの応援以降、すっかり夏ばてしております。
ダルダルで何もする気が起きません。
お子様ではなく、もちろんわたくしです。

もともと暑さに弱い方なのですが、ここに来ていきなり”夏”になったので、私には適応不可、対応不可だったようです・・・(苦笑)
昨日ちゅみにお昼ご飯を作ったか・・?? 実は覚えていません・・・(恥)
夏の到来を祝って爆竹バンバン!の自宅周辺とは正反対、私は自宅で赤ちゃんレベルのシエスタを取ってしまいました。

”Around Forty”も切り捨て世代のわたくし。 最近好んで観るテレビや本が変わってきた気がします。 ドラマ”アラウンド・フォーティー”のような現実的なものよりも、実際有り得ないけど笑えるコメディーや 「どう考えても作り物!!!」という世界の物の方が何も考えずにはまることができます。 ある意味現実逃避かもしれません。(笑)

私の同年代の友達は、家庭を持ちながらキャリアを積み重ねバリバリがんばる友達、早くに結婚して大きな子供を持つ友達、シングルを楽しんでいる(私にはそう見えます)友達など、自分で積み重ねて手に入れた土台の上や、また与えられた環境下でできることをがんばっている友人が何人もいます。 みんなとても素敵に見えます。 私の周りの友人は 『転んでもただでは起き上がらないタイプ』が多いかもしれません!(爆) いい意味で貪欲かも・・・

でもわたしは最近 その貪欲さが薄れてきた気がします。 
昔は・・・かなり・・・??(苦笑)
昔はあれもやりたい!これもやってみたい!と欲張りでした。

夏ばてでやる気がないからか、体力的にも昔のようにいかないからか、ちょっと考えが後ろ向きなのかもしれません。
私自身は自分のことを、『テンションが上がればノリで前へ進んでいくタイプ』だと思っているのですが、このダルダルが回復すればまだ加速したりしてしまうかもしれません。(笑)

それにしても・・・・・暑いし、だるいです・・・・
(あっ 日本の真夏を耐え抜いている方には怒鳴られそうですが・・・)
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-25 05:18 | その他

ねえねとサッカー

ねえねのサッカーの試合がありました。
練習試合以外で初めてのトーナメント試合です。土日、2日間の日程だったのでパパも初めての観戦となりました。
c0048899_301676.jpgもともとメンバーの出入りが多く、年齢もひらきがあり、近い学年で6人のメンバーをそろえるのもかなり厳しいねえねのチーム。 連続で試合に出ないといけない子もいたり、控えのメンバー無しに炎天下の試合を耐えなければならなかったり大変です。
ねえねの相手チームは確かに強い。 キック力も違うし、根本的に基本も違う。
それでもみんな一生懸命がんばっていました。
c0048899_30541.jpg平日の試合の場合、いつも応援負けしてしまいます。 
スペイン人チームは夕方からの試合にはパパもママも応援に駆けつけますが、日本チームはそうもいかず・・・(苦笑) 
今回は日本人チームにもパパ軍団という力強い応援団がいて、気合も入りました!
(親達が・・・・(笑))


c0048899_3152736.jpg
結果は、4チーム中2位のクラスと、4位のクラス、 もっと大きいチームは何位だったのかなぁ??
← たとえ4位でもカップがもらえます♪ 
子供達はとても嬉しそうでした♪♪  

c0048899_315077.jpg
外国人?チームはねえねたちだけでしたが、スペイン人の子供達も応援団も最後は健闘を称えて大きな拍手を贈ってくれました。
2日間、慣れない炎天下で辛かったです!!! わたしが・・・!!!(爆)
1日目で懲りて、2日目はパラソル持参しました! 必需品です。(笑)
ちゅみは・・・・母の願いを聞き入れず帽子無しで遊びまわり・・・・ バカシオネス後のような色つやになってしまいました・・・・(涙) (黒光りしています・・・・(号泣))

実は、サッカースクールの女の子がここ数ヶ月の間に帰国されたり、お引越しされたりで、とうとうねえねひとりになってしまいました。
ひとりになっても続けるの?と聞いた時、
「女の子ひとりでもやる! 知ってる子ばっかりやし・・・」と言い切ったねえね・・・
私がねえねの年齢なら、きっとやめると思います。 いい根性なのか? 男の子女の子をまだまだ気にしていないのか? わかっていないのか??
現実問題、ねえねは同学年の男の子に対等についていくことは難しいです。 ひとつ落としてもらっています。 それでもやっぱり試合中も引いてしまっている場面が目に付きます。引いている?というか、怖がっているというか・・・??
それでも続けたいという彼女の”根性”はたいしたものだと思うのと、日本では男の子に混ざって続けることは無理だと思うので、今ここでできるところまで応援したいと思っています♪

母としては、顔面にボールを受けて鼻血!! や 蹴って蹴られてあざだらけ・・・よりも 女の子らしい習い事に憧れるのですが・・・・(苦笑) 
親の思うようにはいかないものです♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-23 03:02 | 我が家のちびっ子ギャング達

トルティージャ作り

ねえねが学校でスペイン風オムレツ、トルティージャ作りを体験しました。
スペイン人の先生の指導の下、できる範囲で自分達でがんばります。が、まだまだお野菜のカットも油の扱いも危険がいっぱい!
ということで、ママたちがサポート隊として参加しました。
c0048899_2434374.jpg作業の説明はスペイン人の先生がスペイン語で、わからないところは日本人の先生が通訳。 スペイン語でお野菜の名前を覚えながら子供たちは興味津々で手際よく作業していました♪♪
最初、”見守ること”をお仕事に・・・と思っていたのですが、子供たちの手ではなかなか作業が進まず、半分やって残りはママたちのお仕事。 じゃがいもやたまねぎの油通しは危険なのでママたちがべったりになりました。 
私は他でトルティージャの作り方を教えてもらったことがあるのですが、今回はそれとはちょっと違いました。 油通ししたジャガイモとたまねぎを混ぜたたまごの中に入れ混ぜ混ぜ!それをまた日本人から見ると多めの油で焼く。(ちょっぴり揚げる感じでした?(笑)) 
トルティージャは各家庭の味で違うそうです。 子供たちのお世話をしてくれているスペイン人の女性は、”うちではこういう作り方じゃないわ~”と言っていました。 同じようで同じじゃない・・・"ママの味”なのでしょうね♪
今回使用したお野菜は、先生のご実家で作られたものだそうです。 どれも新鮮でほんとに"美しい”お野菜でした。 
野菜にとって鮮度がどれだけ大切か、あらためて感じました♪♪

c0048899_2442311.jpg弱火でゆっくり焼いたトルティージャをお皿を使ってひっくり返す! フライパンも重いし、油がたれることもあるので大変! 
さすが先生! ご自分でプロフェッショナルだ!と言い切られるだけありました! 
お見事でした!!(笑)

トルティージャにパン・コン・トマテ、 1学年下の子供たちが作ったガスパッチョなどなど、試食とはいえとても豪華で十分な量をいただいてしまいました!
トルティージャは、中がしっとりで塩加減もちょうどよく、大変おいしかったです。個人的にパサパサしたトルティージャは好きではないので本当においしくいただきました。
ちゃんとオリジナルレシピもいただいたので、また自宅でも作ってみたいと思います♪
ねえねも日本でおじいちゃん・おばあちゃんに作ってあげるんだ!と張り切っています。
ねえねにまたスペインのいい思い出が増えました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-21 02:58 | ねえねの学校

近々完成??

近々完成するはこびとなりました♪
毛糸のクロス刺繍のミニクッションになる【予定】です。
c0048899_252265.jpgクロスステッチの刺繍であるにも関わらず、途中目の数が増えたりしています。
普通あり得ません・・・(苦笑)
下書きの上を刺せばばいいので、刺繍糸での細かな刺繍よりはやりやすいです。
テレビを見ながらでもできちゃいます。
目数を数える必要もありません。
それでも・・・ 目の数が増える・・???
いい加減さは、"天才肌”かもしれません。(爆・・・・ 笑ってごまかす)

刺繍が完成したら、クッションに仕立てて?もらいます。
早く仕上げなければ!!


刺繍屋さん 

Tonos Tierra

Santalo 11 tel : 93 209 98 08

↑ お店を間違えていました!!!これは刺繍屋さんの帰りによった家具屋さんの情報でしたぁ!!!(苦笑) 名刺をまちがえました・・・・・ 有り得ない・・・・(恥)

正しくは・・・・

Taller de CANAMAZO

Avenir 30 tel : 93 201 0694
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-19 02:58 | その他

学年末のプチ・発表会

ちゅみの幼稚園も今週末に学年末を迎えます。 この時期恒例のプチ発表会がありました。思えば数少ない親の参観チャンス。 前回のクリスマス前の会は風邪のため無念の欠席・・・(涙)涙を飲みましたぁ・・・・・

実は今回も前日にいきなり38度台後半の発熱。 頼むよぉ~(苦笑)
当日、大事をとって午後から登園し本番に備えました。
おかげさまで無事参加できました♪♪(ホッ♪)
c0048899_462295.jpg今回は、ちゅみが入園して初めて出し物が ”劇” !
"赤ずきんちゃん”でした! 
登場人物が少ないので、赤ずきんちゃんもふたり、猟師さんも複数♪
ちゅみは赤ずきんちゃんその2をやらせてもらっていました。 
台本なんてないのですべて先生が言うのを聞いて覚えて口に出して・・・・ がんばっていました(笑) ちゅみは狼の代役ができそうなぐらい、自宅での狼の動きの練習にも余念がありませんでした!(笑)
お決まりの、「おばあさん、どうしてもおばあさんのお耳はそんなに大きいの?」 から
「お前の声がよく聞こえるようにさ!」というのまで、ちゃんと言えてました♪ 
おもしろかったです!
c0048899_014104.jpg先生もとても手をかけてくれて、
それぞれの衣装の細部は先生の手作り♪ 狼の耳もうさぎちゃんのお耳も手作りでした♪ 恥ずかしくて大きな声でセリフの言えないお友達もいましたが、みんなとてもがんばっていました♪ 
3歳児の”おばあちゃん”が実は一番美しかったかも!(笑)
まとめ髪とネグリジェ風の部屋着♪ ちょっぴりお化粧なんかして、プリンセサのようでした♪
ちゅみは 相変わらず絶好調に楽しんでいました!(爆)

今のクラスは、半分以上がフランス人、日本人数名、スペイン人おそらく1名なので、先生はセリフを口伝えで教えるのに苦労したようです。 新しく来たフランス人のお友達はなかなか聞いたままを口にするのが難しかったようです。
「日本人の子供たちは、皆ちゃんと聞いて真似ができるからすばらしい」というようなことを言っていました。 彼女も苦労しただろうと思います(苦笑)
20分弱のステージでしたが、楽しかったです♪

** フランス人のお友達の出入りが激しいことと、同じ齢の女の子のお友達も退園してしまったこともあり、フランス人のお友達の顔とママの顔が全然わからなくなってしまいました・・・ちょっぴり残念です・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-17 04:08 | ちゅみの幼稚園

専用シャンプー

ちゅみがスペインの幼稚園に通って丸3年になりますが・・・ 今年初めて 夏に流行する毛ジラミ対策専用のシャンプーを買いました。
c0048899_18444935.jpg
毎年、プールが始まるこの時期と、時々秋に園で毛シ○ミが発生します。 先生が毎日髪のチェックをしてくれます。 幸いにもちゅみは今までなんとか難を逃れてきました。 初めて先生から 
”*#‘@なので、毎日シャンプーしてね♪ まっ でも日本人の子はいつも毎日洗っているから大丈夫だとは思うけど・・・” と言われた時は意味がわからず ???でした。
”PIOJOS(シラミ)”という言葉も知りませんでしたし・・・・(苦笑)
ちゅみが、「○○○の頭に虫がついててんてっ!」と教えてくれて初めて状況が理解できました。 私にとってはあまりに日常外の内容でした。

でも実際はたとえ毎日シャンプーをしていてもダメな時はダメなようです。 "運”か? 好みの髪質があるのか・・・??

今年は例年になく雨が多いバルセロナ。 ハエや蚊などの虫が大量に発生するる可能性が高いと聞きました。 となると、関係なくても気になるのはやはり同じ”虫つながり”でシ○ミ!
ちゅみもねえねもプールや園での水遊びの前後に予防の為に使ってみようと思います。
ほんとはこのシャンプーと、ローションをセットで使うと効果が高いようですが、まずはシャンプーから・・・・
説明書によると、洗ってマッサージをして5分おく。 その後よくゆすいで、ドライヤーは使わない方がいいとありました。 ねえねは髪が多いので乾かさないと大変なのですが・・・(苦笑)
今年もなんとか難を逃れたいものです・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-16 18:44 | 生活

風邪薬を買って・・・・

完全ではないのかもしれませんが、トラックのストは収まりました。スーパーにお野菜も果物も並び始めました。 ほっとしました。 
冷蔵庫と冷凍庫にはちょっと買いだめした食料がつまっているので、しばらくはそれを消費していこうと思います♪

*****************************

風邪薬を買いました。 
c0048899_225336.jpg
スペインの一般的な家庭薬?のようです。 パパがこちらに来てすぐひとりで生活している時に風邪をひき、薬局のおじさんに薦められて飲んでいたものを買いなおしました。
びっくりしたのは、そのお値段。

2004年の秋の購入時、4,20ユーロ
2008年 初夏      5,85ユーロ
                           
4年間で        1,65ユーロ の値上がり!!!!

私の複雑かつ正確な分析によると(爆)

1年に 40センティモづつの値上がり。 9.5%の値上げ率??(あら?合ってるかな?)

ということは・・・・?? 
単純な私の素朴な疑問。
5年後には、この風邪薬は 8ユーロ以上になるの????!!!!

ありえません!!!!

スペインの物価は物価上昇指数を基に、毎年確実に上がっています。 当然小売価格や公共料金だけでなく、企業間のサービス料も手数料もすべてです。 日本だと、物価上昇分を商品販売価格やサービス料に転嫁できず、苦しんでいる会社もたくさんあるのに、スペインだと無条件でオッケー? ほぼ無条件でオッケーの場合が多いと聞きます。だとすると、結局すべては末端の個人消費者がかぶっているということになります・・・・ お給料はどんどん上がっていかないし、減ることもあるのに、必ずどこかで破綻状態になります・・・・
どうなるのでしょう???  期間限定でスペインに暮らしている我が家ですが、考えると恐ろしい・・・(恐怖)

風邪薬を買って ”スペイン経済の展望”を考えてしまいました!!!(爆)
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-14 23:26 | 生活