<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お料理教室~ Merluza Rellena

c0048899_2161594.jpg
今月のお料理教室は、
Merluza Rellena たらの詰め物・・・?? 
大きなりっぱなたらを開き、大量のレモン汁と塩コショウ




c0048899_2181398.jpg
詰め物?の中味は
  生ハム
  酢漬けのオリーブの実
  ゆで卵
  つなぎに、湿らしたパン

魚の下には予め、ひもをセットしておく

c0048899_2183514.jpg


詰めた後は、ひもでしっかりくくります






c0048899_2185599.jpg
どうしても魚のお腹の部分から詰め物がはみ出そうになってしまうので、そこにパン粉をたっぷりまきます。中味がこげるのを防ぐ効果もあります。
魚の周りには、ざく切りのトマト、たまねぎを散らします。
魚と野菜に上に、塩とオリーブオイルをまわしかけます。



c0048899_2192576.jpg

焼き上がり!!








c0048899_2243380.jpg
一緒に焼いたトマトとたまねぎは、ピューレにしてソースにします。
このとき使われた道具、”pasapure パサピューレ”という名前だそうです。
写真がわかりにくいのですが、穴のあいたボールの上を丸いパーツが野菜を押しつぶすように動きます。人はハンドルのついたその丸いパーツ(鉄板??)をクルクル回すだけ・・・・
パサピューレ本体はボールやお鍋の上にセットして使うことができます。ずれないようにちゃんと留めることができます。
なんて分かりにくい説明・・・(苦笑) すみません。
いつも近くのスーパーの売られているのを見ていたのですが、何に使うのかわかならかったのです。 初めて知って感動~!! ですが、うまく伝えれれません(苦笑)
トマトの皮と種、たまねぎの固い皮は残り、舌触りのいいピューレが簡単に作れます。
先生によると、 ジャガイモのピューレも、バーミックスで作ったもの舌触りが悪くてまずいけれど、パサピューレで作ったものはとってもおいしいそうです。 

焼きあがったメルルーサにかけて、 できあがり♪
c0048899_22159100.jpg


メルルーサの上からお塩がかなりたっぷりかけられていたので、塩加減を心配したのですが、思った以上においしかったです!!! メルルーサはホクホク、中味の具は塩味で、一緒に食べるとおいしい~♪ 
バケットパンと一緒に食べるとおいしい~!! パンに浸してソースまで頂きます!!
のはずなのですが、お腹が空いていてパンすら買わずに帰って試食したため、日本的にご飯と一緒に食べた日本人が約1名・・・・(苦笑)
でも 案外いけました!!(笑)

おもてなしメニューとして作ることができたら素敵♪ですが、現実なかなか・・・(苦笑)
もっと小さいメルルーサで一度・・・いつか・・・試してみようかな?と思っています。 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-30 02:22 | 食べ物

c0048899_21232315.jpg実力以上の作品で、苦労に苦労を重ねた刺繍ができあがりました。 
かなり前に仕上がっていたのですが、最近やっと額に入りました。 額に入れるとちょっとそれらしく見えるようになりました。
でもこれ以上大きい写真では公開できません!!
これがギリギリのラインです。(笑)

日本にいる時は興味をもって見ていなかったのか、 それともやはり需要の違いか、こちらの方が圧倒的に”額屋さん?額縁屋さん?”が多いです。 ちょっとした雑貨店などにも専用のコーナーがあり、お手軽な金額でオーダーを受けてくれます。 日本でわざわざオーダーの額を買うなんてよほどの場合に限られますが、こちらでは普通なんですね・・・・
私は お手ごろな雑貨屋さんの既成品を買ったので、今回の額(額縁と緑のシート)は10ユーロかかりませんでした・・・・ 既成品でももっと上等のものもあるし、またサイズも豊富です。

ちょうど、私が雑貨屋さんでどの額にしようか悩んでいた時、オーダーしている男性がいました。どうも新聞の一面を額に入れたい様子・・・・ この額でこのサイズで・・・と細かく指定していました。 でも 出来上がりは2週間後と言われて、”そんなにかかるのか??”と文句を言っていました・・・・ お値段はわからなかったのですが、参考に聞いてみたかったです(笑)
 

高級な美術品だけでなく、新聞でも子供の絵でも下手な刺繍でも、
           うまく額にいれて上手に飾る♪ 
刺繍の上達も大変ですが、そんなセンスを磨くのはもっと大変です・・・(汗)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-28 21:23 | その他

新入りです

c0048899_18115934.jpg我が家に新入りのキティーちゃんがやって来ました。 
頂きものです。(養女縁組・・??(笑))
身長 10cm  
体重 ?? 軽い 
バックにつけて同伴可。

ねえねもちゅみもキティーちゃん好きだったので、日本にいるときは『お子様用キティーちゃんおもちゃ』はけっこう目にすることが多かったのですが、彼女達は初対面です。
スペイン生まれと思いきや、タグの裏にはしっかり日本語で取り扱いの注意事項が・・・・

生まれは日本のようです! こちらでは売られていないのでしょうか? どうも個人的に日本から来たようです。

けっこうかわいい♪  かなりかわいい♪ 

でも・・・ 今のアウェーのユニフォームも着ていて欲しかったなぁ~♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-26 18:16 | その他

ボイ渓谷  その2 

今回、お友達が「子供も大喜びだよ♪」と教えてくれた Boi Taull Resort 内のキッチン付のホテルに泊まりました。 本当はもっとお手ごろ価格のホテルを取りたかったのですが、連休で尚且つ直前の予約だったので満室でした・・・・(残念) お値段はかなり違いました・・・(涙)
でも とても快適なアパートメントホテルでした♪
友達の教えてくれた通り、ホテル郡の真ん中には思いっきり我が家好みのお遊びスペースが!!

c0048899_4135239.jpgc0048899_4144529.jpg
宿泊客なら無料で
← こんなことも・・・・・       
→ こんなことも出来ます!!


ミニゴルフやミニテニス、卓球などもできます。 

今回泊まったホテルにはSPAもあり、「もしかしたら、温泉に入れるかも♪」と水着まで持参していました。 部屋のテーブルの上にもすてきなSPAの宣伝のパンフレットが・・・♪

でも、ホテルで聞いてみると、お子様は不可・・・・(悲) 
16歳以上という制限付でした・・・・・ パパと順番に・・・とも考えたのですが、「温泉♪ 温泉♪」と楽しみにしていたねえねを置いてはさすがに気がひけるのであきらめました・・・・(涙)
ちなみに、 1時間で25ユーロのコースなら、 ミストサウナ、ジャグジーなどでリラックスできるそうです。

******************
c0048899_415117.jpg
ホテルのSPAがダメなら・・と 
温泉地として有名な Caldes de Boi へも行ってみました。
山間部の静かな温泉地です。
気温もバルセロナより10℃ほど低かったです。
そのお陰か、山の木々はちらほら紅葉し始めていました♪ 
以前パパが会社の方から 「いい温泉だよ♪」と教えてもらっていたこともあり、いざ!!
ホテルの宿泊者以外でも入れるようです♪
シエスタが 13時半から17時まで!!  
あらっ!! 残念! シエスタの時間にひっかかる!!! さすがに5時までは待てない!!
とりあえず、有るか無いかはわからないけれど次回の参考に聞いてみました。
c0048899_4153657.jpg
「子供も入れますか??」

”小さいお子様は・・・ NO! ”  

あらっ・・・・・(苦笑)

やっぱりダメでした。 こちらは13歳以上だそうです。 

温泉には入れませんでしたが、いつもと違うスペインの顔を見た気がするお出かけでした♪
今度こそ、家族で温泉を楽しみたいと思います♪ 
                                ↑ 温泉の建物入り口付近


*** おまけ ***
今回一番びっくりしたこと。
それは、泊っていたリゾート内のホテルのロビーで、ピソのお向かいさんに会ったことです!!
もちろん偶然です!!
お向かいさんとはいえ、活動時間に差があるし、奥さんも仕事を持っていることもあり、それほど顔を合わせる機会がありません。 こんなところで!!!(笑) びっくりです!
最初、ねえねが気づき私に言いに来ました。 お向かいさんもお嬢さんが初めに気づき、教えてくれたそうです。 すごい偶然・・・・・ 縁があるのでしょうか???(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-25 04:15 | お出かけ

ボイ渓谷 ~ Vall de Boi  その1

c0048899_1202542.jpg

お友達お薦めの ボイ渓谷(Vall de Boi)へ行きました。 バルセロナから車で3時間半程度。フランス国境近くの渓谷です。 雨が多い為か緑が深く、国境近くで宗教的にも文化的にも他国の影響を受けているため、いつも訪れれるカタルーニャの村々とはまったく雰囲気が違いました!! ここには 12世紀にこの地方を押えていたロマネスク様式の教会郡が残されています。 2000年には世界遺産に登録されています。

c0048899_115170.jpg

車で20分程度の間に7つもの教会があります。 教会だけでなくそのまわりの村も数世紀前から変わっていないのでは?と思わせる独特の雰囲気があります♪ ちょうど訪れた日が”時々小雨の降るあいにくお天気”だったのですが、かえって落ち着いた趣のある教会には合っていたように思います♪ (いつも快晴が当たり前で、ちょっと曇っていると機嫌が悪くなるのは私です!! が、今回だけは・・・・(笑))

c0048899_110575.jpgc0048899_1113979.jpg









一つ一つの教会が 1ユーロから1,20ユーロで見学できます。 5つを巡るセットのチケットを購入すると5ユーロです。 我が家はいくつ回れるかわからなかったので個別で購入しました。ただし、2時から4時までは完全にシエスタで閉まってしまうので要注意です。
 

c0048899_1104416.jpg
”ロマネスク様式”と聞いてもその歴史的背景や重要性はまったくわかっていないのですが(恥)、
今までよく見る食傷気味の教会とは完全に異なるムードですてきでした♪
必要以上に手を加えていないのも魅力でした。 


c0048899_1443963.jpg



それぞれの教会の塔は階段などで登ることができます。 でもかなり急勾配!! 塔によっては階段でなくはしごのようなところもありました。 行きはよいよい、帰りは怖い!でちゅみにはかなり大変な場所もありました。 高度恐怖症の人にはお薦めできないです(笑)



山からの豊かな水は緑だけでなく、すばらしい景観も作り出します♪c0048899_1111441.jpg
きれいな水の流れる川はなかなか自宅近くではお目にかかれません。 同然、水遊びもどきに必死になるお子様とおじさん約1名・・・・
平たい石を見つけては、石の水面ジャンプ?(なんと言うのでしょう??)をやりだしました。
ちゅみはそこらの石を川へ投げるだけ・・・・
必死に投げれば投げるほど、足元への注意は散漫になります → 結果はご想像通り・・・

靴が水の中に・・・・ → 靴の中に水が・・・・  → 靴ぐっしょり・・・(絶句)

わかっていたのに、”まっ 大丈夫でしょう!” で済ませようとしていました。 後悔です・・・(苦笑)
気温が低いことは想定して上着等は用意していましたが、さすがに靴の換えまでは・・・

ホテルのドライヤーで必死に乾かしました・・・・(苦笑)

                                  ~ その2に続いてしまいます 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-24 23:58 | お出かけ

MY どら焼き

お友達から手作りお菓子(和物です♪)を頂いたら、続けて食べたくなりました。 
売っていないので作りました。
急に思い立ったので、自宅にある材料で作れるもの・・・・ 
缶詰のあんこがあったので、どら焼き???(笑)

c0048899_3351267.jpgレシピはこちらから・・・ 
市販のあんこでかなり甘いので、皮のお砂糖は半分にしました。
買ったまま使ったことがなかったスペインの重曹も使いました(笑)

適当に混ぜて適当に焼いたら・・・・ なんとなくそれらしくなりました♪


c0048899_335312.jpg


でも やっぱり 私の思い描く”どら焼きの皮”・・・とはちょっと違いました・・・




子供には好評でした♪ 
私個人的には・・・市販のあんこなので、欲張ってたくさんはさむと甘すぎ・・・(苦笑) もっと減らしてもよかったと思います。
甘いのはあんこのせいばかりではなかったと思います。 
c0048899_355319.jpg
使ったお砂糖がこのサトウキビのお砂糖・・・・ いつも思うのですが、白いグラニュー糖よりも甘さが強いように感じるのですが・・・・ 私の気の迷いでしょうか?(笑)
いつも使用量を加減しています。
このお砂糖を使うのなら、レシピの3分の1ぐらいでも十分だったと思います。

やっぱり自然食品店のお砂糖の方がまろやかでいいです。近場で手を打たず、買いに行きます。

お菓子作りの上手なお友達に味見をしてもらったら、一応 「おいしいよ♪」という心温まる優しいコメントをもらいました♪
そのまま素直に受け取ります!!(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-20 03:35 | 食べ物

ギョッ!!!

先日、妙にちゅみがおとなしい。 ひとりで何やら遊んでいる・・・・
少し前までは、ちゅみがひとりでおとなしい時は”危ない"時(いたずらしている時)だったのですが、最近はそれもなくなってあまり気にしていませんでした。

パパが様子を見に行って一言・・・・
「これは・・・・ おひとりで散髪タイムですか??(笑)」

ギョッ!!! やってしまったか!!????

急いでちゅみの髪を見るも、変化なし・・・・ ホッ♪

でも 妙に散らばった茶髪が・・・・

クッションを除けるとそこには・・・

c0048899_20542792.jpg



我が家にワンコもネコもおりません・・・・

さて誰の毛????!!




c0048899_20545061.jpg

この子でした・・・(苦笑) 

サラサラの髪がチャームポイントのメルちゃんのお友達・・・・






c0048899_20551399.jpg

バックもカットされていました・・・・(苦笑)




スペインでは とっても貴重なかわいいお人形だったのに・・・・・(苦笑)


ちゅみは叱られると思ったのか、涙ポロポロこぼしていました。
別に叱る理由もない・・・でも・・・・ かわいかったのになぁ・・・・

ちゅみ曰く、「もっとかわいくしてあげようと思った・・・・」 らしいです。
気持ちはわかるけど、まだ腕がなかった・・・・・
c0048899_22245443.jpg
元の方がずっとかわいいのに・・・
と思うのは私の趣味なのでしょうか???


ねえねは 2歳の時自分の前髪を斜めにカットしていました。 よく顔を傷つけなかったとホッとしたのを思い出しました。  まっ 自分の髪を切られるよりはずっとましです。 危険度も、その後の処理の難しさも・・・・(笑)

でも・・・・あのメルちゃんのお友達のザンバラの髪をちゃんとそろえるべきかどうか、 現在検討中です・・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-18 20:56 | 我が家のちびっ子ギャング達

目地の汚れをごまかすために・・・

c0048899_2165772.jpg我が家の浴室と台所の目地は引っ越し当時から、かなり・・・いい加減な仕事でした。
汚れているというのではなく、 目地がでこぼこしていて、隙間もある・・・・ 
バスタブの目地にいたっては、パパが私達より先に入居したときに自分でパテを買って修理したそうです。 その他の部分もとてもプロの仕事とは思えないところが数々・・・・(苦笑)

「自分の家じゃないしッ。 どうせ何年かしか住まないしっ!」というかなり自己中心的?自分勝手に?あきらめていたのですが、親戚や友達など、お客さんが泊まりにくるとなるとそうもいかず・・・(苦笑) とりあえず黒くなっているところは白くしないと!!! 

2年半の間に、5組ほどの来客がありました。 そのたびにせっせと塗りました。(笑)

シリコンタイプやセメントのように固まるタイプ・・・・最近はテープになったタイプ・・・
また、目地の色だけ白くする修正ペンに似たタイプのものなどなど・・・・

セメントに似たタイプの物は、もちはいいのですが、乾くのに時間がかかります。 朝塗っても、分厚くなった部分は夜の入浴までに乾ききりません。 そのままで水がかかると白く溶け出します・・・(苦笑) 

シリコンタイプは チューブになっているものと 生クリームを絞るような機械?プラスティックの絞り機を使うタイプがあります。 我が家は塗る部分が多いので小さいチューブでは足りないことが多いのですが、ちょっとしたところならこのチューブは使いやすいです。
ただ、丁寧に隙間なくぬりこまないと、これもまた水が入って浮いてくるし、とれてしまいます・・(苦笑) 

どちらにしても、ちゃんと下準備をして塗る部分をきれいにして、丁寧な仕事をすればかなり美しく仕上がります!!!♪  
だだし、私のような【いらち】の性格は職人には向いていません・・・・(苦笑) 
ということで、待ち時間の短いテープタイプは私向き♪
隙間なくペタっと貼るのはちょっと大変ですが、ピタっといくとかなりいい♪
すぐきれいになります!(笑)

ただこのテープ、難点ははやり耐久性・・・・ 試しで貼ったお風呂は成功ですが、流しの周りは・・・ すでに浮いています・・・・(苦笑) 
それでもいまのところ ”白い”ので いいです!!!!(笑) 

白ければそれだけでいいのか?というところはかなり疑問ですが・・・・(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-16 21:10 | 住まい

"日本式”を体験

ちゅみは普段、幼稚園で園の給食を食べています。 マカロニであったり、コロッケであったり、当然スペイン風です。 お弁当箱を自分で開けて、水筒のお茶を用意して・・・というお昼ご飯の経験がありません。 ねえねが入園する前にお弁当を食べる練習をしたことを思い出し、ちゅみもやってみよう♪と思い立ちました。
幼稚園を自主休園にしたある日、ねえねのお弁当のおかずが余ったので、ちゅみのお昼用にお弁当を用意しました。 
c0048899_155303.jpgお弁当箱におにぎりとおかず。
お箸箱にお箸。 お弁当用ナプキンで包み、水筒にはお茶をセット。
園のリュックにお弁当を入れ、水筒を斜め掛け。 
そこから自分でお弁当を広げて、「いただきます!」

ねえねがお弁当の練習をしたのは、3年保育の入園前の3歳のとき・・・ もうすぐ5歳のちゅみには特に難しいことはありません。 
ピーマンのソテーも食べられました。(笑) 
食べ終わった後は、一応、ちゃんと片付けることもできました。
「日本の幼稚園では、こうやって毎日お弁当食べるんねんで~♪」 と言うと、

「ちゅみ 明日、幼稚園にお弁当持って行く!!!」

「えっ・・????」
これは困った・・・予想外の反応・・・・

「ママ、先生にゆって!!!」 

「ちゅみの幼稚園はみんな一緒のを食べるやろ~だからぁ~ ●#%~・@'\’&~」
一応説明して、後は適当にごまかしました・・・・

いずれは日本に帰って、日本の幼稚園なり小学校なりに入るので、最低限の経験はしておかないと・・・と思っています。 お箸も下手ながら一応毎食使っています。 ねえねの日本の幼稚園は年少の時から”お弁当はお箸で!”という指示がありました。 練習の為のようです。 
ねえねと比べるつもりはありませんが、ちゅみの場合、やっぱりどうしてもねえねが目安になってしまいます。(苦笑) 



* 思わず笑ったちゅみの一言 *

「おじいちゃんは男の子やのに、なんで ”ちゃん”なんやろ?」 
            ↓
ちゅみの中では、男の子は "君”をつけるので・・・・ おじいくん???? (苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-14 01:53 | 我が家のちびっ子ギャング達

ドライブで発見

またまた目的地があいまいなままドライブに出かけました。
バルセロナから1時間半ほど走ったところで、

あれ?? 

いつもと違う大群の放牧風景・・・
c0048899_1802731.jpg



牛はよく見かけるのですが、 こんなのは初めて!
その上、どうもその周りをワンコが走り回っている!



c0048899_646649.jpg


車と停めてみていると・・・・





山羊の群れでした!!
それもかなりの数!
c0048899_6462435.jpg

普段よく見かける放牧風景は、車道沿いであればフェンスで囲われていたりするのですが、ここは何もなし! 実際私達が車と停めた車道の反対側にも、山羊さんの落し物があちらこちらにありました!(笑)  だから 牧羊犬ならぬ、 牧山羊犬?がいたのでしょうか・・・???

じっと観察していると、山羊さんにもどうも好みの草とどうでない草があるようで、かなり”偏食”のようでした。(笑) 


** cazorlaさん  から↑は 羊ですよ~ と教えていただきました。
  羊とヤギの区別・・・ついていませんでした・・・(苦笑)

その後・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-12 06:47 | お出かけ