<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お料理教室

今月の”セニョーラ”のお料理教室!
今回は、 レンズ豆の煮込みと、マスのナバラ風焼き物? でした。
これが、どちらも私好みでとてもおいしかったです! 今までのメニューに比べるとオリーブオイルの量も少なく、塩分も控えめ?? だったからでしょうか??(笑) 
c0048899_2213292.jpg
→ は 一晩戻した乾燥のレンズマメと、脂身たっぷりベーコン、たまねぎ、チョリソーという赤いソーセージを煮込んでいる途中です。 チョリソーは途中お鍋から出されていました。
40分以上弱火でことこと煮込みました。



c0048899_2221495.jpg出来上がりがこちら! 
もうちょっと色合いがよければと、ちょっと 「あれ??」という気もしましたが、お味はなかなか♪
レンズマメも適当に歯ごたえがあって、私は好きです♪
でも、チョリソーはあまり得意ではありません・・・・(笑)



次は、マスのお料理! ナバラとはスペインの北部、バスク地方の州の名前なのだそうです。今回初めて知りました♪(笑)
c0048899_2224074.jpgc0048899_223290.jpg







 マスを開いて背骨をとり、小骨も丁寧に取ります。(先生は手でやってました。) それにお塩ぱらぱら・・・レモンを思いっきり絞る。 生ハムを挟み、マスの周りにもハムを巻きつけ、つまようじで留める。
それに小麦粉をまぶして、オリーブオイルで焼きます。 先生は”焼く”と言う表現を使っていましたが、私たち的には、少な目の油で”揚げる”です♪(笑)

両面をこんがり焼いたら、レモンを添えて出来上がり♪
c0048899_2232934.jpgこれも思った以上にあっさりしていておいしかったです♪
皮はパリッ、中はジューシー♪ 
レモンとハムがマスの臭み?を消して、淡白でGOOD!!
久々に2品とも大当たりでした♪

今回先生は、お豆のこと、食材のことなど写真入りの本を手にいろいろ説明してくれました。
私には到底全部を理解することはできませんでしたが、 ところどころ食いついて・・また大いなる想像力とでわかったような気になってます♪ 
必死に聞きとろうと目を見てじーっと聞いて、時々相槌なんかうってしまったら、わかっていると思われてどんどん先生の説明はテンポアップ!!(笑) 
「実はそれほど、わかってないんですけどぉ~・・・」と思いつつも、やっぱり相槌を打ってしまう・・・・(苦笑)
もうちょっと聞けるようになって、ぱっと話せるようになれたらもっと楽しいのになあ・・

PS: 
今回、先生の笑いをとろうとしている自分に気づき、ドキッとしました! スペイン語で笑いが取れたら、私的には、わたしのスペイン語完成!!です。 (笑)  

でも・・・・ 道は長すぎる・・・・・・(苦笑) 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-28 22:04 | 食べ物

お友達の名前とスペイン語

c0048899_254105.jpgまたまた、ちゅみが幼稚園のお友達からお誕生会のご招待を受けました。 今度もパーティースペースで幼稚園が終わってから行われるようです。 今回のお友達は・・・・ ???? ・・・ お名前に聞き覚えがありません。 知っているような知らないような・・・???? 
でも、残念ながら、その日は私の予定が入っていて、行けません。
招待状には、”来てくれるなら、電話するのを忘れないでね♪”のメッセージがあるのですが、行けなくてもお返事するのは当然・・・・

とりあえず、
”私は、幼稚園で同じクラスのちゅみの母です。 ご招待ありがとう♪ でも残念ですが、ちゅみはパーティーに行けないのです・・・”
とのスペイン語を何度も何度も予習し、練習し、意を決して電話しました!!!!

電話の向こうから、 ”アロー”の第一声が・・・・ あっ!やっぱりフランス人のお友達なんだ!!  なんとか行けないことを伝えて、残念だわ・・息子はちゅみといつも仲良しで楽しみにしていたのに・・・のようなことを流暢なスペイン語(私にはそう聞こえます・・(苦笑))で言われ、電話を切りました。   
ここで疑問・・・・???
招待状に書かれたこのお友達の名前・・・私はちゅみから聞いたことがなかった。
でも、彼のママは仲良しだと言っている・・・・????

「ちゅみ、 ヤンってお友達いーひん??」
「いーひん・・・・」
「ほんまに???」
「ヤンちゃうで!ジャンやで!」
「ううん。 ジャンとちゃう子やん。 ジャンとは違って、ヤンっていう子いるやろ??」
「いーひん!!!!」

????

はっ!!! もしや!!???

YANN は ジャン??? 

私、フランス語の素養は全くないのですが、 
ジャンという音からすると、スペルは JAN ??
でも、 スペインで JAN と 書くと間違いなく ジャンとは読んでもらえない・・・・
”ハン” なのかなあ??? 

”YANN”と書くと、普通はやっぱり ”ヤン”と読まれてしまうような・・???
でも、 スペイン語の ”Ya” は ”ジャ”とも発音します。 
となると・・・ 私の強烈な想像力(笑)からすると、 ”YANN”は ”ジャン”とも読める?? 呼んでもらえる???

「そうかぁ~ ヤンやと思ってたのは、ジャンのことやったんやぁ!!!!」 
ショックでした・・・ 電話を掛ける前に気づいていたら、ジャンとちゅみが公園でずっと一緒に走り回って遊んだことなどもお話しできたのに・・・・!!!!
(あっ、 私にその能力があればのお話しでした・・・(苦笑))

お友達の名前ですら、ちゃんと読むのが難しい・・・・
私にとってスペイン語の壁はあまりにも高いです・・・・(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-27 03:04 | ちゅみとスペイン語

意気込んで 参加・・・

毎年、5月の初旬に、バルセロナではデパート協賛の市民マラソン?大会があります。
普段、入ることのできないオリンピックスタジアムのスタジアム内を走る(歩く)ことが出来るというので、後先考えず、家族4人、ちゅみまで、とりあえずエントリーだけ済ませてしまいました。
c0048899_444761.jpg
去年、ねえねの先生やお友達ファミリーもたくさん参加されていたのですが、すべてのことがまだ全くわかっていなかった我が家は不参加・・・
ねえねは お友達の話を学校で聞いてきて、
「ねえねも出たかった!!!」を連発しておりました。

11kmのコースをちゃんと記録に向かって疾走される方もいらっしゃるようですが、ほとんどはスペイン人お得意のお楽しみイベントの雰囲気なのだそうです。 歩くのオッケー!ベビーカー使用オッケー! 途中で棄権自由!
ネットででもエントリーできるようですが、参加者用のゼッケンナンバー?を別途受け取りに行かないといけないので、ねえねと二人、 デパートの前の特設エントリーカウンターに行ってみました。

必要であろう情報はネットで既に予習済み! カステジャーノ語がきても、カタラン語がきてもなんとかなるだろう! 
案の定、申込用紙は思いっきりカタラン語でした・・・・(苦笑) 
なんとかすべて記入! 足らなかったところはお姉さんの指摘で難なくクリヤー!

でもひとつ・・・・ パパの分だけ、一箇所の質問の YES / NO を YESにしました・・・・・実はなんとなく・・・・ アスリートというような単語があったので、運動していたか?かな??と 自分勝手に大いなる飛躍の想像から・・・・(苦笑)
でも お姉さん、2回ほど、 ”○▲◆■~ フェデラ- , verdad??" と確認するのです・・・
質問されるとついつい ”Si (はい)”と答えてしまう優柔不断な日本人のわたくし・・・・(苦笑)

もらったゼッケン・・・・パパだけ 番号が違うなあ?? アルファベットもついてるなあ・・??

・・・・・・・ ?????

家に帰って、ゆっくり考え辞書を手にギョッ!!!! 
パパだけは、ちゃんと走るクラス?にエントリーしてしまったようです!! あら~!(絶句)
今のパパに11kmの走破は不可能・・・・ ついでに、あくまでもパパはねえねの付き添いでしかないのに・・・・・

どどどどうしましょう????

我ながら、なぜその質問をYESとしたのかわかりません!!!!(恥)

参加無料のお楽しみ市民マラソンなので、大丈夫かと思うのですが・・・・(願望!!)
エントリークラスの変更してもらえるかなあ???

歩くにしても11kmはかなりの距離。
我が家のような ”とりあえず”エントリーどうなのでしょうか・・・???(苦笑)
 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-25 04:19 | 生活

成分解析??

amaiaさんのブログで知った成分解析、おもしろそうなのでやってみました!

かほすみの77%はやさしさで出来ています
かほすみの12%はお菓子で出来ています
かほすみの5%は理論で出来ています
かほすみの4%は成功の鍵で出来ています
かほすみの2%は言葉で出来ています


ええっ??♪  あら♪ みなさま!よーくご覧くださいませ!
かほすみの 77% は やさしさ  で 出来ているのだそうです!!!!
ッホホホ!!(高笑)

・・・・・・・ 決してこのWEB解析に異を唱えるつもりはございませんが・・・・少々実物と違うような気が・・・・(苦笑)
あっ!! でも ”かほすみ”は ハンドルネームでした!! ブログ上ではやさしい振りをしている! まんざら嘘ではないかもしれません・・・・(苦笑)


ちなみに、本名では、

*****の61%は記憶で出来ています
*****の19%は利益で出来ています
*****の9%は気の迷いで出来ています
*****の6%はお菓子で出来ています
*****の5%は言葉で出来ています

笑ってしまったのが、どちらにも”言葉”が含まれていることです!
”しゃべり” だということが立証されてしまいました!(笑)
この ”記憶”とは何でしょう?? 思い出?? 経験??? 難しいです。
”利益”はなんとなくわかるような気がします。 損得を計算するということでしょうか?(笑)
”気の迷い”も言い当ててるような!!(笑) 
”お菓子”は 甘い物好きだからでしょうか??

当たらずとも遠からず♪ けっこう楽しんでしまいました♪

ちなみに・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-24 05:36 | おもしろ商品

勘違いからウォーキング

我が家からバルセロナのセントロ(中心街)と呼ばれるエリアまでは、地下鉄で15分程度です。おしゃれなお店やレストランが集まるセントロの一角に、無印良品が店舗を作ると聞いて早数ヶ月・・・・ 
確か・・・もうそろそろ開いているはずだけど・・・??♪
日ごろの運動不足解消も兼ねて、歩いてその場所まで向かうことにしました。
ウォーキングはやっぱり早足よね!! とかなり気合を入れて歩き始めました。
c0048899_302244.jpg途中気になるお店を見ながら、50分近くかかって、やっと無印(MUJI)が進出しているはずの
      ランブラ・カタルーニャ通りに到着! 
そうそう! 
ここで一枚どうしても押さえておかないといけないのが、こちら ← 
2年ほど前までぷっちょのCMに登場していた
                    きりんの像!
スペインの有名な画家のひとり、
ゴヤの作品のパロディだというような話を聞いたことがありますがどうなのでしょうか??(笑) 

(確かに、しなだれ具合が似ているような・・・・???(笑))
何度も前を通っていたのに、一度も写真を撮っていなかったのです!!
ホッ! 満足♪

さて、お次はMUJIです!!!
確か、海に向いて歩いて右側だったはず!!! 
c0048899_305169.jpg発見!♪ 
でも・・・??? 閉まってる??? あれ???
どうみても・・・工事中????!!!!
ええええっ?? ここまで来たのにぃ~???

どう見ても営業しているとは思えないのに、それでもまだお友達に確認の電話を入れてしまいました・・・・(苦笑)
もう一度前を通ったときに気づきました。
開店予定の場所には、MOJIの名前と、”2 de MAIG" という文字が・・・・・
カタルーニャ語で 5月2日の意味です・・・・ オープンは5月だったようです・・・・
以前前を通ったときに、私は この ”MAIG”は 
スペイン語(カステジャーノ語)で ”MARZO(3月)”だと思い込んだのです。・・・(恥)

2つの言語が交錯するバルセロナにやられてしまいました!!!!
・・・・ というよりも、わたしが”あほ”だったのです・・・・(苦笑)

当初、帰りはバスに乗るつもりでしたが、結局自宅まで歩いて帰り、
走行?歩行距離10km近くとなりました・・・♪
MOJIMUJIのお陰でいい運動ができました。
オープンが楽しみです♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-21 03:00 | 生活

最近のヒット♪ ~ 絵本版

最近、通販で日本から取り寄せた絵本が我が家でヒットしています!♪
 c0048899_6293654.jpg
それがこちら  →
”バムとケロのさむいあさ”  です♪
とある雑誌の絵本紹介のコーナーで取り上げられていました。
4歳の女の子がボロボロになるほど、読み聞かせをせがむ!と言ううたい文句に吸い寄せられました!(笑)

確かに、
・ 絵が細かく丁寧で見ているだけで楽しい!
・ おとぼけムードが親しみやすい! 
・ お話しがおもしろい! 
・ 文字数はちゅみの年齢にちょうどいい程度! 

でも・・・実は一番気に入っているのはわたしなのです!(笑)
c0048899_6324415.jpg
というのも、
このお話しには大人のつぼを捕らえるオチ
(私のつぼ?かもしれません♪)があります。
それから、子供は子供の、
一緒に見る大人は大人の見方ができる点が魅力です!
細かく描かれた絵の中には、見るたびに新しい発見があり、想像力をかきたてられます♪
ねえねとは、クイズのような楽しみ方までできます♪

なんでもHPまである人気シリーズの様子・・・・
他のシリーズも買ってしまうかもしれません!!!(笑) 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-19 06:32 | おもしろ商品

セマナサンタ で バレンシア

c0048899_2016422.jpg
バレンシアへの高速道路沿いは、
オレンジの畑が続いていました。
さすがバレンシア・オレンジの産地だと感心しました♪ バルセロナ市内になっているオレンジはすっぱくて食べられないと聞いたことがあります。 バレンシアは違うんでしょうね・・・♪

バレンシア市内にもすてきな観光スポットはたくさんあるのですが、我が家が一番に行ったのは、ヨーロッパ最大?と言われる水族館です。 バルセロナにもいい水族館があるのですが、ねえねとちゅみを楽しませるにはやはり観光地ばかりでは・・・・(苦笑)
c0048899_204382.jpg10時の開門と同時に入るつもりが、セマナサンタで30分早く開くということを知らず、前売り券も買っていなかったので、まずは車を停める前に入場券売り場に並びました。
一瞬、待つのが嫌いな私は長蛇の列にくらくらしてしまいましたが、入場券購入の為ではなく、ゲートが開いたばかりでそこを通るための列でした。
防犯の為なんですね。 手荷物をX線の機械に通さなければなりませんでした。
c0048899_2042890.jpgとりあえず、第一の目的がいるかのショーだったので、いざ会場へ! 
2500人が収容できるという巨大なものでした!! 
でも・・・ 雨が降っていたのでイルカに近い場所には座れませんでした。 
ねえねもちゅみもイルカのショーは初体験。 小雨の降る中、ショーが始まる前にプールのそばまで見学に行きました。大きな会場は良し悪しで、イルカさんが遠すぎました・・・・(苦笑) 

このショーが終わった頃には、館内は すごい人!!!人!!! 人!!!
家族連れのオンパレードです!(苦笑)
見たい動物やお魚だけポイントを絞って見学し、さっさと出てしまいました・・・・・
大人22ユーロ、ねえね16ユーロで、たったこれだけではもったいないかもしれませんが、あまりの人に、ねえねもちゅみもかなり疲れていたので、我が家には潮時だったかもしれません。(セマナサンタでなければ、もっとじっくりゆっくり楽しめたと思います♪ 実はとってもいい施設なんです♪)

市内観光もしたのですが、今までとは趣き?の違う場所にも足を延ばしました。
バレンシア地方はスペインきっての米どころでもあるのだそうです。 有名なスペイン料理のパエリア(パエジャ)はバレンシアがそのふるさとなんだそうです。 ということで、その米どころ・・・EL PALMARという田舎町へ行きました。
c0048899_2072623.jpg
大きな湖のほとりにあります。 ガイドブックにはまるで日本のような水田風景が広がっていると書かれていましたが、時期が悪くまだ普通の”畑”状態でした。(笑) 
それでも、湖の周りの葦の水路をボートで遊覧??できます♪ どこが乗り場がよくわからないまま、人が集まっているところに近づくと、”11時15分に戻ります”の小さなメモが・・・・??? とりあえず待っていると、やっぱり20以上遅れてボートが戻ってきました。
c0048899_2051530.jpgこのボートに、待っている人全員は乗れないだろう・・と思っていたら、おじさん、”大丈夫!!乗れ!乗れ” ・・・・・ おじさん ほんとに大丈夫??(不安) 値段の案内もないままとりあえず乗り込みました。 葦の湿原には野鳥もたくさんいて、おじさんいろいろ説明してくれるのですが、わからず・・・・最初は冒険気分で喜んでいたねえねも途中で飽きてきてしまいました・・・(予想通り・・・(苦笑))説明がわからないので、余計に飽きてしまうのです・・・c0048899_2053853.jpg

バラーカというこの地方独特の民家を見たり、湖の中へ出たり、細い葦の水路をぬけたり・・・40分の遊覧?は終わりました♪(笑)  
”大人4ユーロ、子供2ユーロ!!” シュレック似のおじさんは下船の時に徴収しました。

このときもまた、船を下りると小さな田舎町は人と車でいっぱいになっていました。
私たちが着いた時、レストランもまだ準備中だし、なんて変化のない普通の田舎?だったのに・・・・ 車も停め放題だったんです。町を出る時には、反対車線の道路は大渋滞!まさか、みんなが EL PALMARに行くわけではないと思いますが・・・・・(苦笑) まさかね・・・

いろいろクルクル回って、全行程1000kmの車の旅でした。
日本でなら1000kmってくらくらする距離なのですが、道路が広くて日本に比べて渋滞も少なく、平均時速も数十kmちがうので、思った以上に楽でした。
でも、事故の多さには驚きます。今回の旅でも何回か目撃しました。

日本でなら運転を交代できるのですが、こちらでは私は かなり適当なナビゲーター専門でした! 無事に事故なく帰ってこられたのは、やっぱりナビ?のお陰でしょうか??(笑)

スペインの道路案内
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-18 20:05 | お出かけ

セマナ・サンタで ”MORELLA"

4月の3週目、ちまたはセマナサンタ(イースター)で、幼稚園・学校はお休みです♪
日本企業もお休みのところが多かったようです。
我が家のパパは、日本にいてもスペインにいてもお休みの少なさでは1位2位を争う最高位の常連です。 14日と16日の祭日のみお休み♪ ねえねの学校もパパ同様、祭日のみお休み♪ 我が家には貴重な4連休となりました。
ということで、2泊3日の小旅行へ出かけました。

バルセロナを南下、バレンシアへ向かう途中に MORELLAという町に立ち寄りました。
c0048899_23394460.jpg

遠くから見てもその姿は圧巻でした! 今まで見たこのないような町並みです!!
日本のゴールデンウィークと同じような時期なので、混在を予想していたのですが、
マイナー?なのか、場所が山中の為か比較的すいていました。
c0048899_23465423.jpg
c0048899_23462226.jpg高台のお城内を見学しました。
思った以上にくるくると足場の悪い砂利道を歩くので、案の定、
ちゅみは
『抱っこぉぉぉ~』の攻撃・・・
ねえねは
『帰ろぉ!』攻撃
ちゅみの攻撃は即パパの肩車でかわされ、
ねえねに至っては、かわいそうに無視・・(苦笑)

まわりは何もない田園風景が続きます。”おそらくこのお城が栄華を極めていたような時代からさして変わってないんだろうなあ・・・”などと感慨に浸る余裕はそのときにはありませんでした!(苦笑) 私もかなりひざががくがく・・・・(恥)
それでも頂上からの景色はやはりすばらしいものでした♪
ちゅみと同じ年頃のお子ちゃまもパパに肩車されて登ってきていました。どこともにパパは大変です!(笑) 
登り時に反して、下りの時のちゅみは、パパのおだてに乗せられて、階段2段飛ばしのジャンプで最後まで自分で下りていきました・・・・・彼女もやはり おだてに弱い”豚”?だったようです??(笑)
c0048899_23365327.jpg
c0048899_23374249.jpgお城の下、城壁内は緑の公園になっていて、これが我が家向き!!ねえねもちゅみも走り回っていました。→
お陰で、小さなかわいいレストランでランチでも♪と思っていたのに、公園のベンチでボカディージョ(サンドイッチ)となりました。  でも値段のわりに大きくおいしいボカディージョでした! 経済的にも
                   時間的にも我が家向きでちょうどよかったです♪ 
町の中は、オイル屋さんやはちみつの専門店、ワインの店などぷらぷら見ているととても楽しいです♪ ・・・ ただし、ちびっ子ギャングがいなければ・・・(苦笑) 
↑ 市役所内に、バレンシアの火祭りのときに燃やされる張子のお人形(ファリャス)らしきものがありました! 初めてなので、ねえねとちゅみも興味津々!
二人が興味をもったのは、お人形の中・・・(苦笑) 
「ママ 足無いわぁ・・・」 そんなところ見なくていいです・・・・(苦笑)
c0048899_0551476.jpgちゅみが一番気に入ったのは、お店の前のロバくん・・・・ 
「上の乗る!!!」と言い張り
引き離すのに苦労しました・・・・(はぁ~)

さすがセマナサンタ! 観光客がどんどん増えてきて、小さな町が人でいっぱいになってきました。スペイン以外からの観光客も多く、かなり有名な町なんだと初めて知りました♪

おそらくもう二度と訪れることはないと思いますが、ゆっくり買い物をしてみたいなあと思う町でした♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-17 23:38 | お出かけ

歯医者さんへ

数週間前、鏡を見ていてギョッとしました。
肌の衰えは今に始まったことでなないのですが(苦笑)、
私の前歯に何やら妙な変色が・・・・???
えええっ?? 小さい鏡を使って見て見ると、あら~!!! ずっと前に虫歯治療していた歯の虫歯が進んでいるようです!!!  
バルセロナに来てから、ねえねのハイチュー(子供のお気に入りのソフトキャンディー)を食べていて詰め物が取れ、一度歯医者さんにかかったことがありました。
その時には何の指摘もされなかったのに?? もうすでに兆候があったのでは???
以前にかかった歯科は自宅からも遠いし、どうも私とは相性も良くないような・・・
ということで、お友達に教えてもらって自宅からすぐの歯科に行ってみることにしました。

病院関係は、わたしのスペイン語ではあまりにも心もとなく、小児科にかかるときは医療通訳の方をお願いしています。今回は、日本人の歯科衛生士さんのいらっしゃるところを選んだので、その点は安心♪(ホッ)
でも、日本人の方がいつもいらっしゃるわけではないので、まずは予約を!!
普通なら電話一本で済むのですが、電話はかなりハードルが高いので、直接行って予約することにしました。 
普通のピソ(マンション)の一室が医院になっています。 落ち着いて普通のお宅のようにも見える室内・・・
とりあえず、虫歯で治療を受けたい。痛みはない。予約したい! と言うと、日本人の方のいる時間帯を選んでくれました。ちょっと先の予約になるのだが、もし空きがでたら電話するということで無事予約は取れました・・・・(ほっ♪)

当日、夕方の予約なので、もれなくちゅみとねえねが付いて来ます・・・(苦笑)
時間つぶしの本を持たせて、いざ歯医者さんへ!!
(私は歯医者さんにさほど嫌悪感や恐怖感を持っていません。ちゃっちゃと終わらせてしまいたいタイプです。(笑))

きれいに並べられた雑誌や写真集、一見ちょっと高級そうにも見える?調度品の並んだ待合室で待つことしばし・・・・
約束の時間は過ぎているのに、治療が始まる様子が無く・・・ ???
日本人の女性が、「すみません!! 先生は出先から戻る途中で、ちょっと時間が読めないんです・・・ 次の予約もはいっているので必ず戻ってきますが、お時間大丈夫ですか??」
やっぱり”先生”もスペイン人だった・・・・
せっかく来たのに、このまま帰るのは嫌!! ということで、ねえねとちゅみをなだめつつ待つこと40分!
先生のご帰還!!! 
でも、待っていたお友達?と楽しそうなおしゃべりの声が・・・・
お~い!! 先生ぇ~!! 待ってるんですけどぉ~!! (心の叫び・・・(苦笑))

結局、一時間近く遅れて私の治療が始まりました。
治療自体は、丁寧な説明もあるし、ひとつひとつ確認してくれるし、技術云々はわかりませんが悪い先生には思えませんでした。
料金の説明も明確だし、日本人の歯科衛生士さんの対応もいいし・・・・
時々、日本語も交えたりしていました・・(笑)
「イタイトキ テ アゲル!」 とか、 「カチカチ カンデクーダサイ!」 とか・・・

こちらでは、歯を削る治療をする時は、ほぼ必ず麻酔をするようです。 今回もけっこうしっかり麻酔をされました。 私、痛い治療は当然嫌いなのですが、口腔内の麻酔は合わないので嫌いなんです・・・ でも お陰で治療自体は痛みもなく終わりました。

ねえねもちゅみも 「お腹すいたぁ~!!」を連発しながらもいい子で待っていました♪

今回の費用は 一ヶ所のレントゲン撮影と歯一本削って詰めて・・・で 120 ユーロ

おおお高い・・・ 社会保険の利かない歯医者さんですから・・・(苦笑)
ブライベートの保険でほとんどはカバーされるだろうとは思うのですが、
後数本治療の必要な歯があるのに・・・・ 立て替えるだけでも きついなぁ~・・・(苦笑)

親知らずが虫歯になっていて、すでに噛み合わせる歯も抜いているので、将来のためには抜いておいた方がいいが・・・とアドバイスされました。 抜く抜かない・・とりあえず治療しておく・しないはすべて私の希望通りにしてくれるようです。
もし抜歯が必要なのであれば、やっぱり日本で抜こうかな?と考えています。

あと何回 通うのかなあ?? 3本ぐらい問題ありの歯があるから3回ぐらい???

歯磨きにもっと時間をかけようと思いました♪


****
予約の時間に遅れた歯医者さん・・・・ でも 7時の予約だと言っていた次の患者さんが来たのもかなり遅れていました・・・(苦笑)
これがスペイン時間なのでしょうね♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-13 22:08 | 生活

ねえねの憧れのピアス

最近、ねえねが 「ピアスしたい!!」  と言い出しました。
いつか言うだろうなあとは思っていました。 というのも、学校のお友達がかわいいピアスをしていることと、また最近何人かの仲良しのお友達が穴を開けたからです。

「もっと大きくなって、自分で手入れができるぐらいになったら考えてあけ!!」
「そんなん もうスペインにいいひんし、開けられへんやん!!」
「大学生とかになったら、好きに開けられるで・・・ 日本ででも!!」
「・・・・・・(ムッ)」
こちらの女の子の赤ちゃんは、誕生後、病院でピアスの穴を開けるのだそうです。
小さい赤ちゃんは、ぱっと見て男の子・女の子の判断が難しいですが、こちらではピアスを見て、
「かわいい女の子♪」  「かわいい 男の子♪」の判断ができます♪(笑)
(赤ちゃん時代、長くはげ頭で短髪だったちゅみも、スペインに生まれていれば”女の子♪”ってすぐわかってもらえたでしょう・・・!!!(笑))

スペインに住んでいるし、記念にピアスぐらい開けても♪ という考えもあるのですが、
昔友達から聞いた話がどうしても頭から離れず、ねえねもちゅみも子供のうちに開けることは考えられないのです。

高校時代に出会った友人は、アメリカからの帰国子女でした。中学校の途中までかなりの年数をアメリカで過ごし、現地校に通い、英語もぺらぺらでした。
彼女は中学生で日本に帰国し、地元の公立中学に入学しました。
当時まだ帰国子女が珍しかったことや、英語の発音がいいというのでいつも英語の時間に特別に皆の前で音読させられたりで、本人の望むと望まざるに関わらず、目立ってしまったのだそうです。 
となると、容易に想像できるのが、ねたみもあってのいじめ・・・・
彼女はかなり辛い目にあったようです。
その友達が、
「アメリカでピアスしてたの。別に普通のことだから・・・・ 日本に帰国し学校に行くときははずして行ったんだけど、穴があいているのが先生や友達にばれ、注意されたり、またそれがいじめのきっかけになった・・・。 辛かったぁ・・・・・」
と聞かせてくれました。

何十年も前の私の中高生時代と今とでは、帰国子女の環境もまわりの感覚も大きく違うとは思うのですが、その友達の暗くて悲しそうな顔が忘れられません。

自分が帰国子女の”母”になるとわかったときから、私はねえねとちゅみが日本に帰ってからのことを心配してしまうのです。(苦笑)
昔、周りにたくさんいた帰国子女の友達の経験談、帰国子女でよかったこと、嫌だったこと・・・当時いろいろ聞いたことが、今の私の判断の基準?になっているかもしれません。

ねえねもちゅみもいずれは日本に帰ります。
スペインでしか経験できないこと、吸収できないことはなるべくたくさん自分のものにしてほしいとは願っていますが、 日本に帰ったときにもなるべく苦労しないように・・・・ と無駄かもしれない取り越し苦労??(苦笑)をしています♪(笑)

 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-11 00:13 | 我が家のちびっ子ギャング達