<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

混み合う公園

ねえねの学校の春休み♪
お友達たちといっしょに近所の広い公園に遊びに行きました。
c0048899_433399.jpg
スペインの幼稚園・学校に春休みはないことと、お昼ご飯の時間帯だったので公園はすいていました。
お天気は最高♪ 春を通り越して、もう初夏?と思えるような陽気でした♪
私も久しぶりにちょっと体を動かし、気持ちのいい楽しい時間を過ごしました。

でも夕方、スペインの幼稚園・学校のお迎え時間が過ぎてくると公園にはどんどん子供達とそのお父さん・お母さん、ベビーシッターさんで込み合ってきました。
もう うじゃうじゃという状況です!(笑) 
c0048899_4385883.jpg幼稚園の終わったちゅみも
    公園に乱入!!!(笑)
園のお友達もたくさん遊んでいるので、大ハッスルのちゅみ!
あっちにウロウロ、こっちにウロウロ!!
クルクルくるくる公園中を走り回っていました・・・・(苦笑)
見失わないようにするのが大変でした・・・・・

ねえねもちゅみも年上のお友達と大勢で遊んでいたので、ちょっとぐらい目を離しても・・・と思わないでもなかったのですが、その直前、お友達から、
「近所の公園で、誘拐のようなことがあった話しを聞んだけど・・・
                            この公園だったら・・・(恐)」
という話しを聞いていたので心配になり、お友達ママと一緒にいつも以上に気をつけていました。

と、公園に不似合いな二人連れ・・・・・
お巡りさんでした・・・・ 
よく出かける公園ですが、見かけたのは初めてです!! やっぱりこの公園だったのでしょうか??!! それとも念のための巡回???  
それとも完全なわたしの勘違い???

この公園は、バルセロナの高級住宅街にも近く、日本人だけでなくたくさんの外国人が暮らす地域にあります・・・・ 狙われやすい!と言えばそうなのかもしれません・・・・
そんな怖い事件があったとしても無かったとしても、子供には十分注意を払わなければ!!とあらためて思いました。

子供に寛容で、子供好きの人が多いスペイン・・・・
そんな事件が起こらないことを心から祈ります。
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-31 23:39 | 生活

ちゅみのニーズとスペインずぼん♪

以前からいろんなお店で子供用のズボンをチェックしていたのですが、
なかなかちゅみの体型と生活に合うものが見つけられません。
とにかく”悪魔の汚し屋!!”で、う○ちの粗相の多いちゅみ・・・・(苦笑)
c0048899_22373294.jpg日本のものも尽きてきたので、とりあえず一本購入しました。
が・・・やっぱりちゅみのニーズに合わず、着心地も違うようでなかなかはいてくれません・・・・(苦笑)

→左が今回買ったスペインずぼん♪
→右が日本から送ってもらった
      日本ズボン!

 ・ 一番違うところは、超お子ちゃま用であるにもかかわらず、
                     ヒップハンガーであること。
 ・ 腰周りが全部ゴムでないこと。
   (前ボタンファスナー付き、後ろ半分のみゴムで調節は可) 
 ・ 自分でとめられないボタンがついていること

パンツのラインとしてはけっこうきれいなのですが、動きの激しいちゅみがはくと、すぐずれてしまいすそを踏みつけてしまいます。(苦笑)
おトイレに行くときも、お風呂のときも自分で脱ぎ着ができません。
また、デザイン重視の為か、お腹の位置のボタンが丸く、どうも腹ばいなどをすると痛いようなのです・・・・(これは私が選ぶときに見落としました)

結局はサスペンダーをつけて着せていますが、ちゅみはどうもしっくりこないようです・・・・

全体的にスペインの子供服はおしゃれでかわいいデザインや、大人っぽいものも多く、マネキンやモデルさんが着ている分にはとってもかっこいい♪ものが多く見られます♪
でも、我が家のような超のつくおてんば娘で、なおかつ、体型は細いけれどお腹がぽっこりの超幼児体型に対応できる機能性が欠けているような・・・・・??
日本では機能的なものと外国製の子供服などデザイン重視のものと選択できたのですが、こちらでは選べない(私が見つけられない??)ように思います。

冬にびっくりするような厚着をする傾向があるかと思うと、夏は幼児でも”へそ出し”! クーラーがかかったスーパーでも、夜でもおへそは出たまま・・・・
トップスが短いからということもありますが、パンツやスカートがヒップハンガーなのでそうなってしまいます。私は、子供の薄着には賛成なのですが、お腹周りがスースーしているのはどうしても気になってしまうのです。(苦笑)

いろいろな方に伺ったのですが、やっぱりちゅみのニーズに合うパンツを見つけるのはかなり至難の業のようです。

日本の通販を利用しながら、これからもスペインでちゅみのお気に入りズボンを探す旅を続けようと思います♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-30 22:50 | 生活

小さな村~RUPIT

バルセロナから車で1時間半、 RUPITという小さな町に行きました。
以前、私がどこかですてきな村だ!ということを目にし、パパも同僚のスペイン人おじさんら”いい村だよぉ~!”と聞いていたということが判明したのでドライブがてら出掛けました。
c0048899_771454.jpg

小さな田舎の村だし、地図で見ても村の名前が小さく細い文字で書かれているだけだったので、ひなびた静かな田舎の集落を想像していました。 が、行って見てびっくり!
フランスナンバーの観光バスまでが来ていました! けっこう広い観光客用の駐車場もほぼ満車状態!

c0048899_774162.jpg今までバルセロナ近郊の小さな町めぐりが好きでちょこちょこ訪れてきましたが、今までとはかなり趣が違うように思いました!♪ 観光地として手が加えられていない、”そのままのカタルーニャの村”があるような・・・♪

ねえねとちゅみがお気に入りだったのは、こちら→
実はつり橋です。
かなり揺れます!!! 
日本であれば、『最大通行可人数 ○○人』というような表示がありそうなところですが、ここはスペイン!! あるはずもなく!!!・・・・?? (笑)
嬉しそうにゆらゆらしながら歩くねえねとちゅみの後ろで、
「信用できひんからなぁ~・・・ 危ないぞぉ~」とブツブツ言っているパパ・・・(苦笑)
彼はこの橋がいつ落ちても不思議でないと思っていたようです! 
実は私もそういうこともあり得るなあ・・・と思っていました。(笑)
c0048899_7243220.jpgかなりの数の人が訪れているようなのに、村の中はとっても静かでした。
ゆっくりゆったりお散歩ができるのも魅力のひとつの はず でした♪が、
歩きやすいように造り変えたりされていない石の階段は、走るの大好き♪のちゅみには危険がいっぱい!! 自分の足の歩幅を考えず、足元を見ず、目的地しか見ていないちゅみ・・・(苦笑)  
「前見て!」 「足元見て~!!」 
「早すぎぃぃぃーーーーーーー !!!」 
私はずっと叫び言い続けていました・・(苦笑)
c0048899_7441794.jpg
それでも開け放たれたお家の玄関がとってもかわいく飾られていて思わず写真を撮らせていただきました♪ →

バルセロナ以外の小さな町や村を訪れるといつも感じるのがまわりの視線。
今回も、レストランで席に案内されるまで待っている時パパが一言!
「”快感??”って言わなあかんような注目度やなあ・・・(笑)」
確かに、お食事中のみなさんから一通り見られたような・・・
都会以外では東洋人家族ってやっぱり物珍しいのでしょうか♪(こんなところで??という感じなのでしょうね♪(笑))
それとも、"人種"以外に理由があるのでしょうか!!??? 
(うるさ過ぎるとか・・・・(恐))
それを知るのが怖いですぅぅぅぅ~!!!!(笑)

小さい村で特別な観光名所があるわけではありませんが、とってもいい雰囲気の村でした♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-27 07:05 | お出かけ

幼稚園の放課後

ねえねの学校がある時は、ちゅみをお迎えに行ってその後一緒にねえねを迎えに行きます。いつもかなり時間ぎりぎりで、ちゅみの幼稚園のまわりでゆっくりしている間はありません(苦笑)

以前、お迎え時に一緒になったとき、時間があったら公園で遊ばない?とお友達ママに誘われたことがあったのですが、ねえねのお迎えがあり、その後のスケジュールもきちきちいっぱい!の為、いつも残念ながらお断りしなければなりませんでした。 「○○日からは、上の娘が休みになるので時間があります!」と伝えていた為か、お友達ママさんが気をつかってピソの公園に遊びにおいで!と誘ってくれました。
お友達のピソ(マンション)は幼稚園のすぐぞば・・・・ ピソの敷地内に公園や広場があります。
ちゅみはもちろんですが、ねえねの目の色が変わりました!(笑)
さっそく走り回ってブランコに乗ったり、滑り台を滑ったり・・・・
c0048899_2131346.jpg
ちゅみはお友達と楽しそうに遊びまわっていました。 
”○○ー!!! ベン アキィ~! 
  フガール アキィ~! 
    (ここ来て~! ここで遊ぼ!!)”
年下のちゅみが、かなりえらそうでした・・・(苦笑)
ねえねは、他に遊んでいた同年代のスペイン人?の男の子たちがかなり気になるようですが、
そばをうろちょろして観察するだけ・・・ 
お友達ママに話しかけられても理解できない彼女は、かなりSHYになっていました。
ねえねが理解できるであろうと思える質問をされても反応しないので、
「ちゃんとお返事しなあかんやん!! 聞かれたことわかったやろ??」と私が思わず注意すると、
「・・・・ 考えてたんやもん!・・・・」
どう反応していいのかわからないねえねの戸惑いがにじみ出ていました。
私も思わず叱って?しまったことを後悔しました。

お友達の妹ちゃんと私が遊んでいるときに、ねえねを誘うのですが、
「ねえねはいい!!」
自分だけがうまく仲間に入れないことに戸惑いがあり、でも、仲良く遊んでみたい!という願望?興味は持っているのです。 一応、”母”の私にはそれはよくわかりました。

しばらく遊んだとき、
”今日は寒いから、家へ来ない? 時間ある??”
とお誘いいただき、厚かましくも突然お邪魔することになりました。
こちらに来て、日本人以外の方のお宅に伺うのは多分初めて??どきどきでした・・・・
”汚いから・・・・ほんとにちらかってるから・・”を連発する彼女に親近感を覚えてちょっとほっとしました♪

と驚いたのが、お家の玄関でお友達もママもみんな靴を脱ぎだしたこと!
びっくりして聞いてみると、
”私達は脱ぐ方がいいの! でも汚い家だからあなたたちは脱いでも脱がなくても好きなようでいいのよ!” とママ
そんなの もちろん 脱ぎます!!
ちゅみなんて言われる前にすでに脱いでます・・・(苦笑)
(彼女は、脱がなくていいお宅に伺っても玄関で脱いじゃいます・・・(笑))

ちゅみはもう我が物顔でお家の中をうろうろ! おもちゃを見せてもらったり、一緒にワイワイ遊んだり・・・ 
わたしもお茶をいただいて、めちゃめちゃながらもおしゃべりを楽しみました。
(彼女もスペイン語が母国語でないので、ゆっくり話すし、また私の超たどたどしいスペイン語にも付き合ってくれるんです)
ご家族のこと、それぞれの国のこと、子供のこと、スペインでの生活のことなどお話しました♪
ん?? こう書くとすごくたくさん深い内容で話し合ったように見えますが・・・実際は・・・(笑)でも とても楽しい時間でした♪

ひとつわかったことは、彼女のファミリーは スペイン時間ではなく、どちらかというと私達の生活スケジュールに近い生活を送っているということでした。 子供の食事の時間や寝る時間・・・
これは、園以外で一緒に遊んだりするときには、我が家としてはかなりお付き合いしやすいということになります!!(笑)
ちゅみのお友達から、お友達ママ、その妹ちゃん♪とすてきなお友達ができました。
ちゅみだけでなく、私にもねえねにもとても貴重な経験です。

めちゃめちゃなスペイン語を、私にとっては長時間しゃべり、 普段使っていない頭を使ったので、とっても疲れましたが、楽しかったです。 

その後のねえねの変化・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-24 21:31 | ちゅみの幼稚園

初めてのクッキー en バルセロナ

普通通り幼稚園のあるちゅみと、すっかり春休みのねえね。
正直・・・・ 暇を持て余します・・・・(苦笑)
お友達と遊んだり、日本語図書館に行って本を借りてみたり・・・・一応 ”母”なりに過ごし方を考えてはいるのですが、ネタは尽きつつあります。
日本人の多いちゅみの幼稚園の送迎時や、買い物タイムの自宅近くには、お母さんといっしょにうろうろしている日本人小学生の姿がそこらかしこに見られます。(笑)
(兄弟姉妹が全く別のスケジュールというのも、いいのやら?悪いのやら???(苦笑))

どうせならと、ちゅみが一緒にいる時にできないことをしようと、ねえねが簡単なお菓子作りに挑戦しました。

日本から義弟が送ってくれた『小学二年生』の本にあった、
シナモンのドロップクッキー♪

シリアルやレーズンをまぜて、スプーンで落として焼くだけ!
子供でも作れる簡単クッキー♪
のはずだったのですが・・・・
温度設定や時間設定のまったくできた我が家のオーブン・・・・
c0048899_3323412.jpg
タイマーセットはしていたのですが、
私がボーっとしているうちに・・・・

”となりのトトロ”もびっくりの 
     まっくろくろすけ  
            になってしまいました!!!(悲)

炭化したものは、体にも良くないと知りつつも、一応お味見・・・・
当然修復は不可能ですが、お味はそれほど悪くないのです!!
シリアルやシードたっぷりなのでヘルシー♪ (??)

次回は オーブンの前に座り、中をチェックするための懐中電灯を手にしっかり目を光らせようと思います。

簡単なのに失敗した レシピ
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-23 22:32 | 食べ物

ICパスポート申請へ♪

5年前、最初で最後のはずの海外への家族旅行時に取ったねえねのパスポートがもうすぐ切れてしまいます。
3月20日から新しいIC旅券が発行されると聞き、ずっと待っていました。

まずは、写真を用意して・・と・・・
街の写真屋さんでパスポート用にと写真を撮りました・・・が・・・どうもサイズが・・・???
小さいような・・・?? どうみても小さい!!!測ってみると、縦横5mmづつ足りません!
「でも・・まっ スペインだし5mmぐらい大丈夫かな!♪」と私はお気楽に考えていました。それでも一応、やっぱり気になり、自宅近くの写真屋さんで日本のパスポートサイズの証明写真作れるか聞いてみましたが、 「できない!」とあっさり言われてしまいました。

パスポートの有効期限を迫ってきているし、仕方ないので、写真のサイズに関しては知らぬ振りをして(苦笑)、とりあえず領事館へ申請に行くことしました!!♪ 

領事館の窓口で、パスポートの更新をしたい旨伝えると、真っ先に
「お写真お預かりしてもいいですか??」 と言われてしまいました。
「申し訳ないのですが、このお写真では小さすぎでお受けできないのです!」
申し訳なさそうではあるのですが、絶対無理!という雰囲気が出ていました。
やっぱり、スペインにあってもここは日本でした・・当たり前でした・・・(恥)

仕方ないので、領事館の方に紹介してもらった写真屋さんへ撮り直しにいきました。
EUROFOT
C/ Deu i Mata, 100 TEL : 93 439 66 71
c0048899_520571.jpg
→ 左が却下されたスペインのパスポートサイズ
   右がオッケーのでた日本用サイズ
さすが領事館の紹介してくれる写真屋さんだけあって、
”日本のパスポート用の写真が欲しい・・”と言うと、ちゃんと規定サイズどおりに作ってくれました♪(ホッ)

領事館に戻ってみると・・・なにやら写真の大きさでもめているようです。
聞いてみると、同じ写真屋さんで撮られたたご夫婦、写真のサイズに対して顔が小さすぎるからだめだと言われているようです・・・
ギョッ!! ええっ??もしかしてねえねの写真もアウト???
以前はバストショットでもよかった?写真も、新しいパスポートでは、首の下?辺りまでで、 顔が大きくはっきりわからないとだめだそうです。
ねえねの写真は、顔が大きくはっきり写っていたのでオッケーだそうです♪
(顔が大きいっていうことかなあ??(苦笑))
新しいパスポートになって、写真の規格も変わったのだそうです。
詳しくはこちら
写真屋さんにその変更が徹底されていなかったようです。
そのご夫婦は、領事館の方と一緒にもう一度写真を撮りに行かれました・・・・

ねえねのパスポートの申請は無事受領され、2日後には出来ているそうです。
(申請の数が少ないので・・・早い・・・(笑))

今回、ねえねは初めて、パスポートの署名を自分でしました。
まだ漢字は下手なので、平仮名にしました。
「まだ 上手になると思うのですが・・・筆跡が変わってもいいですか?」と伺うと、
「本人の署名で同じ字体なら大丈夫です♪」
ということでした。

新しいICパスポート! 出来上がりが楽しみです♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-20 23:14 | 生活

やけに深い望郷の思い??

我が家のパパさんは、バルセロナに暮らして早1年5ヶ月。
 私達家族も1年2ヶ月が経ちました。
引っ越してきた当時は、1年経てば四季も経験し、生活にもすっかり慣れているだろうなあと想像していました。 でも実際は、自分が当初考えていた以上に、まだまだ戸惑うことの多い毎日です。(苦笑)
そんな我が家で最近もっともよく盛り上がる話題が、一時帰国♪
駐在員家族には、それぞれの会社や個人で条件は違いますが、会社負担で帰ることが出来る機会があります。
我が家は2年に一回。 パパが赴任して2年以上経つとその機会が与えられます。
個人的に家族が自己負担で里帰りするのは自由なのですが、我が家の経済力ではなかなか・・・(苦笑) 
また、ちゅみとねえねと3人だけの母娘水入らずの帰国は、精神的にも肉体的にも私にとってはかなりの負担が・・・・(恐怖) バルセロナ~大阪 は遠すぎます・・・(涙)

我が家の予定(ほとんど私の都合?)では 来年の春! (この春ではありません(笑))
一年以上先の話を嬉しそうに話して盛り上がっている妙な家族の図です!

「やっぱり 一番に食べるのは ”焼肉”やなあ~♪ ジュージュー自分で焼いて・・・・ええなあ・・・・♪」     とパパ

「私はやっぱり おいしいお寿司かな?? 百均にも行きたいわ! 見たいものを見たいだけ見て、チェックして、お店の人に質問したりして、納得して買い物した~い!! 妥協せんと、欲しい物を探したい!!」  と私。

「シナモンの(ねえねの大好きなサンリオキャラクター・シナモンロール)ショーのところに行くねん!! 行っていいやろ??  それから 温泉はいるねん!  大阪のマンションに帰る♪」 とねえね

(ねえねの希望は半分以上かなえられないかと思われます(苦笑) シナモンのショーは川崎?のサンリオピューロランド・・・それも期間限定のイベントです・・・・
大阪の自宅は、今人に貸しているので自由に中には入れません・・・)

「・・・・・・・ ?????」  とちゅみ

ちゅみは、”日本”のイメージがはっきりしないようです。 じいじ・ばあば、おじいちゃん・おばあちゃんの家があるということはわかっているのですが、彼女の年齢では、日本の記憶は消えていくばかりで、やりたいことをイメージすることは当然不可能・・・(笑)

 「○○日に出発して、○○日に帰ってくるから、パパは帰り合わせてや!」
「でも年度末やしなぁ~ ○○日出発しか無理かなぁ??」

「そんなんやったら、一緒に帰られへんやん! 私、行きも帰りも一人で子供みるのぉ~??そんなん嫌!  それになんでスペインにいるのに ”年度末”なん??
年度末は日本やん!!!(怒)」
「そんなん言われても・・・・ ○▼▲%$◆□ ・・・・・」

あくまでも、来年の春の話です。 
一年以上先の話しです(笑)
予定以前の仮定の話しです・・・

ついこの前までは、日本に帰る(里帰りする)ということが現実的ではありませんでした。
毎日の生活がいっぱいいっぱいで、里帰りを考える余裕もなかったのかもしれません。
ある意味、ちょっと落ち着いて余裕ができてきたのかなあ??
たとえ経済的な問題がなかったとしても、まだまだ落ち着きの無いちゅみとねえねのふたりを連れて、ひとりで日本まで往復する勇気がありません・・・(苦笑)

何も気にせずに、考えずに外出したい! 
イライラせずに買い物したい! 
自分の要求ははっきりきっちり伝えたい! 
相手の言うことははっきりきっちり理解したい! 
すべてのことを緊張せずに、臆せずにやりたい! 

日本の景色?街の雑踏を見たい!
左側通行・右ハンドルの車に乗りたい!
まわりの人のおしゃべりにそっと耳をダンボにしてみたい♪!

”一度帰りたい♪”という思いの中には、
日本の家族や友人に会いたいということももちろんなのですが、 
実は、自分の勝手な願望の方が大きいように思います♪(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-20 02:14 | 生活

セニョーラのお料理教室

c0048899_10204327.jpgc0048899_10212480.jpg








今月のお料理教室のメニューは
”EMPANADA GALLEGA(パイ包み焼き)" でした。
パイの中の具は、
たまねぎ、赤ピーマン、緑のピーマン、完熟トマトをすりつぶしたもの、ツナの缶詰、ゆで卵、やっぱりにんにく・・・
たまねぎとピーマンは、たっぷりのオリーブオイルで炒めて、そこにすりつぶしたトマトをいれ、水分が適度になくなるまで煮ます。(なんでもとろとろになるまで煮ちゃうのがスペイン料理なのだそうです(笑))
その後、油切りをしたツナとゆで卵のみじん切りをいれ 塩で味を調えて具は完成。

パイは・・・・
c0048899_10371648.jpg私がびっくりしてしまったのは、きじをキッチンの台?の上でそのままこねられていること!
こちらではまな板も日本ほどは使わないと聞いてはいました。
「えっ?? そこって・・・汚くないんですか??」と思ってしまったのは、我が家のキッチンを想像したからかもしれません。(笑)
(我が家なら・・・ ガスレンジの真横なんて油汚れもついているし、白いきじできれいにおそうじするようなことになりそうです!!!)
もうひとつびっくりしたのは、
水ではなく、ほとんどオリーブオイルだけできじを作ること!
450gの小麦粉に、1カップ以上のオイルとお水少々が混ぜ込まれました!!(驚)

c0048899_10483748.jpgそのきじで具を包み、カットしやすいように模様をつけます。
250℃のオーブンで15分だそうです。

このパイ包みは、おいしかったです♪ 
私は、ツナ缶大好きなねえねも食べてくれると思ったのですが、彼女はいろいろ細工をされたものよりも、そのままが好きなので不評・・(苦笑)
パパは、「まだ食べられるなあ・・・」と食べてくれましたが、
家族のこの程度の評価を押して作るには、手間がかかり過ぎます・・・(苦笑)

私が実際に作る日は来るのでしょうか???
いいんです! 
どんなことでもます”知ること”が大切なのですから・・・!!!(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-18 10:24 | 食べ物

初めてのお誕生会へ

招待状をもらっただけでドキドキだった、ちゅみのお友達 Sちゃんのお誕生会へ行ってきました。
matthewさん にアドバイスいただいて、ディズニーストアでプレゼントを購入。
自宅にあったかわいい折り紙とシールにちゅみの写真入り自作カードをつけて・・・ 準備できました。
実は、招待状をもらって、「返事の電話どうしよう~!!???(半泣)」と思っていたときに偶然Sちゃんのママと会い、直接お話しができていたので、ちょっと気持ちが楽になっていました♪(笑)
c0048899_10405545.jpg会場は以前にも行ったことのある、
お子ちゃま用の室内お遊びスペースです。
幼稚園が終わったあと、夕方5時過ぎから始まりました。
といっても・・・ 入り口で名前を言って、”パーティーの招待客”のシールを貼ってもらい、勝手に遊び始めます・・・・ 見かけたことのあるお友達も集まってきました。
顔見知りのお友達とママにはまずは”Hola!”の挨拶だけしました。
とりあえず、Sちゃんのママにちらっと挨拶をして、私は目をキラキラさせて遊具に飛び込んでいくちゅみの後を追い、一緒についてきたねえねには 「小さい子にぶつからんように気をつけてや~!」と叫びと ウロウロしていました。
と、ちゅみの一番の仲良しのお友達も来て、大ハッスルのちゅみ♪(笑)
私も唯一少し気楽に話せる(めちゃめちゃなスペイン語でも聞いてくれる♪)そのお友達ママとおしゃべりしたり、ドキドキも少しましになってきました。(笑)

ちゅみは 自宅で耳にしたことがない言葉も口にし、お友達やお友達のお兄ちゃん・お姉ちゃんとしっかり一緒に遊んでいました。
”ノー プエドォ~  アユダァ~! (できないよ~ 手伝って~!)”
”ポル アキィ~ (こっちの方よォ~)”
適当に知っている言葉を口にしているのではないことがわかりました。

一緒に遊んでいたねえねも、
「ちゅみ・・・ スペイン語ペラペラしゃべってるねん・・・」と驚きと姉のプライドが傷ついたりでちょっと複雑の様子でした。(笑)

今回このお誕生会を楽しみにしていた理由のひとつがこれだったんです。
園内でお友達とどのように遊んでいるのか?コミュニケーションをとっているのか?見てみたかったのです。 
私は、ビデオ片手にちゅみとお友達を追い掛け回していました。(笑)

それからパーティーは・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-15 10:22 | ちゅみの幼稚園

海 で 今度は・・・・

先週末、車に傷がつくような強風のためゆっくり遊べなかったので、再びちょっとだけ海へ出かけました。
c0048899_18505016.jpg
快晴と春到来♪の暖かい風で海岸はとっても気持ちがよかったです!
ちゅみが車で寝ている間に、ねえねはひとり波打ち際へ!
いくつになっても砂遊びが好きで・・・・(苦笑) 
「ぎりぎりのとこに穴掘るねん!!」とやる気満々!
波の動きを読みつつ、かなり機敏な動きで波を避けながら遊んでいました。
わたしも洋服を濡らされたら困るので、波の動きを見つつねえねに指示をとばしていました。

でも・・・・
自然の力は人間ごときに予測できるものではありません・・・・(笑)
ふと気づくと足首までどっぷり波につかるねえねの姿が・・・・・

やられてしまったぁ~!!!!!

c0048899_18261992.jpg
靴下しか着替えの無いねえね・・・遊び始めてわずか5分後の喜劇 悲劇でした(笑)
とりあえず濡れた物は脱がないと・・・・ でも・・・7歳にもなる娘がパンツ一丁と言うわけにも・・・・

というわけで、背に腹は代えられず、ちゅみのスパッツを強引にはかせました!(苦笑)
なんとかなりました・・・・ (とりあえず、入りました・・・(爆) ピッチピチのスパッツひざ丈となりました!)

靴はトランクに乗せてあったパパのスポーツジム用のシャワーシューズ??

そんな格好でもまだ遊ぶ!!と走り回るねえね・・・・(苦笑)c0048899_1831622.jpg
野球のルールですら知らない人の多いスペインで、壁当てとキャッチボールに興じる、妙な親子は、けっこう目立ってました・・・(苦笑)
じーっと見ていくおじさんもいました。

これからは、ねえねぶに完全フルセットの着替えを用意しようと思います!!!

(ピッチピチスパッツに大人のシューズでぺたぺた歩く子供を、たとえファーストフードのお店であっても連れて行くのは・・・・ やっぱり恥ずかしかったぁ・・・(苦笑))
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-13 18:26 | お出かけ