<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お砂糖の違い・・・

先日炊いた”ひじき煮” c0048899_19562969.jpg

バルセロナに来てからも我が家の定番メニューのひとつなのですが、
今回は いつもよりおいしい♪ 
私の腕が上がった!!!
のであればよかったのですが、
おそらくお砂糖のせいだと思います。

今まで私が使ってきたのは、
こちらのスーパーで山積みされているようなスペインの一般的なお砂糖 
c0048899_1958884.jpg
グラニュー糖です。
こちらはお砂糖というとグラニュー糖になるようです。


今回のひじきに使用したのは、先月来た母がスーツケースに2パックも入れてきてくれた、
日本の上白糖!スプーン印です!(笑)

甘さが違うような?? 日本で作っていたときの味のような?? とにかく私はいつもよりおいしいと感じました!!!

やはりそれぞれの土地の料理は、それにあった食材と調味料が一番なのだなぁ~としみじみ感じながら 小鉢に盛り付けておりました♪ 

でも・・・・
家族の誰も 「今日のひじきは いつもよりおいしい♪」とは言ってくれませんでした・・・・
お砂糖の違いを知っているわたしだけが感じるなんて・・・・
やっぱり・・・・気のせい???

わたしの味覚なんて どうせこの程度です。(涙) 

それとも、 
普段すべてに大雑把で、適当なわたしの手料理を食べているパパとちびたちには調味料の違いを感じるなんて、ハードルが高すぎたのでしょうか????!!!

そうかもしれません・・・(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-30 20:01 | 食べ物

今頃目からウロコが!!

c0048899_2082100.jpg我が家のお風呂は、いわゆる典型的なヨーロッパのバスルーム?? ホテルのバスルームそのままです。 
"ホテル”と言うと聞こえがいいのですが、
残念ながら中級以下の安ホテルです♪

こちらに暮らして一年。 
やっぱりお風呂だけはどうしても日本がいい!!というのが本音です。 それでも、365日毎日入っていれば多少は慣れてきました。。

しかし先日、スペイン語を教えていただいてるだけでなく、生活のこと全般を教えていただいてるお友達のような先生と、お話していて、今頃 またまた目からウロコが落ちました!

スペインでは赤ちゃんのときから、親が一緒に浴槽に入ってお風呂にいれることはない、親はいつも洋服を着たまま浴槽の外から子供の体を洗う。
小学校1~2年生の年齢でそろそろ一人でシャワーを浴びる子が増えてくる。
スペインではお風呂での親と子の裸の付き合いは存在しない・・・
日本のお風呂のように、パパが裸になって娘と一緒に入ってたりしたら、ある意味幼児虐待とも取られかねない!

”子供をお風呂に入れる” = 必ず裸になって一緒に入る  

を当たり前だと今まで思っていましたぁ!! こっちのお風呂は自分が裸にならなくてもお風呂に入れられるということを忘れていました!!
忘れていたというよりも、感覚的になかった??といった方が適当かもしれません。
必ず一緒に入らなくてもいい! 
目からウロコでした・・・・
日本のお風呂では、小さい子供たちだけ先に入れるというのはかなり難しい・・・・親は濡れてもいい格好をして、すそもめくって、腕もまくって、時にはシャワーキャップまでかぶって・・・
決して人には見せられない姿です。(恐)

「そうやん!!! もう必ず一緒に入らんでも大丈夫やん!!!!」

今頃気づくなんて・・・・(苦笑)

でも、引越ししてきた当時は、まだちゅみは頭からお湯をかけてのシャンプーが無理だったため、日本の家と同じように私がひざで頭をささえて、美容院でのシャンプーのようにするしかありませんでした。 またシャンプーも嫌がる時期だったので、一緒に入って一緒につかって・・・・としないと温まることもままならない状態でした。

でも今は、ちゅみも大きくなり、頭からのシャワーもオッケー!! 
「お顔ぉ~ お顔ぉ~ !!(涙)」 と顔が濡れるのは嫌だ!!!とアピールしてもそのまま強引に洗い続けることができるようになりました。(鬼のような母親かも・・・(苦笑))

バスタブにお湯をはって、二人で遊ばせながら温まらせることも可能になりました! 
もちろん 放ってことおくことはできせんが、ねえねも面倒を見てくれるし、ちゅみもしていいことと悪いことを一応理解できる年齢になってきたので・・・♪

でも先日、
「大丈夫かなぁ~??」とシャワーカーテンを開けると、そこに子供の溺死体が!!!
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
ねえねが完全にお風呂で浮いていました・・・長い髪をくくっていなかったので完全にサスペンスドラマの溺死体状態でした・・・・・ (絶句)
「シャンプーするのに髪の毛濡らしててん!!!」 と自慢げ・・・・・

完全に二人でお風呂に入れるのはまだまだ先のようです・・・・・(苦笑)

スペイン式の入浴法は真似しても、やっぱり日本のお風呂のいいところも感じ続けたいので、
それほど長くはないであろう”娘たちとパパとのお風呂タイム”は大事にしたいなあと思っています。 (パパはもう勘弁してくれと言うかもしれませんが・・・(笑))

毎日ひとりでゆっくりお風呂につかれる幸せ♪  もっと早く気づけばよかったです。


***  でも、バスタブの外側から、髪の毛の長い二人のシャンプーは、
     腰にかなりの負担です・・・(苦笑)
     ショートカットなら楽なのですが、本人は長い髪がお気に入りなのです・・・(苦笑)
     
 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-27 19:26 | 住まい

なんちゃって♪ の 今日のおやつ・・・・

c0048899_1421278.jpg珍しくおやつを作りました!

”なんちゃってどら焼き”です!(笑)

先月日本から遊びに来た友人が、
お土産にと持ってきてくれたホットケーキミックスで焼いたホットケーキと、お正月につくったあんこの残りがセットになっただけの代物です♪(笑)

ちょっと顔だけ・・・・・描いて手をかけた風を装ってみました♪(笑)

帰宅の遅いねえねにおやつをたくさんは食べさせられないので、ミニ版のどら焼きです。

今日は夕方まで幼稚園にいたちゅみも 帰宅後ペロっと食べました♪

子供たちには大好評でした! 

(・・・・・ 子供ウケなくて、誰に受けるの!!!??? ですが・・・・♪(苦笑))

終日幼稚園にいた日のちゅみは・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-26 01:36 | 食べ物

お餅つき会

バルセロナの日本人会主催のおもちつき会に行ってきました。
c0048899_644509.jpg
ねえねの学校の上級生が太鼓を披露したり、いろいろな種類のお餅、ざるそば、フランクフルト、豚汁、ビールにワイン、ジュースなど 盛りだくさんです。

去年のおもちつきは、引っ越してまだ一ヶ月、ねえねに日本人がたくさん住んでるんだよ♪ということを教えるために参加しました。 知っている方は誰もいなかったのですが、たくさんの日本人の中にいると、妙な安心感があったことを覚えています。(笑)

c0048899_650582.jpg←テーブルには、あんこもち、きな粉もち、あべかわもち、みたらし風もち、黒ゴマのおもち、おろしもちそれからあられがセットされていて、ボランティアの方がどんどん奥のキッチンから持ってきてくださいます。
どれもおいしかったぁ~!!!♪  わたしはあんこと黒ゴマが特に好きでした♪
テーブル上には、写真つきでそれぞれのお餅の説明がスペイン語でされていました。
c0048899_659511.jpg

→ 実際に子供はおもちつきの体験もできました。

去年とは違って、今年ねえねは学校のお友達と人でいっぱいの会場内をうろうろ動き回って楽しんでいました♪ 
ちゅみは、あまりにも人が多くて、彼女の身長では酸欠になりそうだったので(笑)、会場の角でお気に入りのざるそばを食べたり、初めて会ったお友達と遊んだり・・・・

去年も来ているので、だいたいの様子はわかっていたつもりでしたが、今年は去年以上にすごい人でした! びっくりしたのはスペイン人が多かったこと!!
みなさん、お餅やざるそばをおいしそうに食べられていました! 
c0048899_773247.jpg
みなさんいろいろなところに興味津々といった様子で、食べ物だけでなく、小学生の太鼓、また黒山のひとだかりになっていたのが、名前などを漢字で書いてもらえるコーナー!!←
中学生のボランティアが習字で書いてくれます。 
漢字の書かれた半紙を皆さんほんとに大事そうに持って帰っていたのが印象的でした。
折ったりたたんだりせず、そのままひらひらさせて帰って行く人が多かったです♪ とても大事そうにしてる方が多くて、私まで嬉しかったです♪

大盛況だったと思います! 
でも、その分、裏方でボランティアをされてる方はほんとに大変だったと思います。我が家のパパさんも裏で動いていたのですが、「いい運動になった!」と言っていました。

いろいろトラブルをあったようなのですが、会場で参加している私にはわかりませんでした。みなさんが裏で処理されていたんですね・・・・・

人が多過ぎて疲れたのは事実ですが、お餅もおそばもおいしかったし、久しぶりにいろいろな友達に会えたので楽しかったです!!

そこで偶然会ったのが・・・!
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-23 06:51 | 生活

ブーツ購入

c0048899_5314560.jpg今月初めからはじまったバーゲンで、
ねえねのブーツを買いました。
30ユーロになっていました・・・・ 
靴先は合皮のような素材で丈夫そう・・・・
そのほかの部分はなんちゃってバックスキンのような素材です。
親としては、ついつい 「来シーズンも履けるといいのになあ・・・」って思って大きめ大きめを買ってしまいがちなのですが(恥)、今回は無難なサイズにしました!(苦笑)

普段ねえねはスニーカー(いわゆる日本の運動靴)で登校しています。 彼女の日常は”スニーカー”です。 でもこちらの子供たちは、幼稚園でも学校でも革靴、冬はブーツ。
女の子はひもや飾りのついたかわいいブーツを履いて登校している子も見られます。
動きにくくないのかなあ??? 
やれ竹馬だ! 一輪車だ!と外を動き回るねえねにはブーツでの登校なんて考えられません(苦笑)

そういえば、ちゅみの幼稚園も週に2回、そろいのチャンダル(体操服)で登園する日があるのですが、その日はわざわざ園から、”動きやすい靴で登園するように・・”という注意事項つきです。
この日は体操をするそうです。
体操って言っても・・・・どこでするのん??? というほどせまい園庭。
車2~3台分のガレージ程度のサイズです(笑)
・・・・・・ ?????
ちゅみは毎日スニーカーなので、わたしにすると不思議な注意事項です♪(笑)
わざわざ体操服でなくても、ちゅみの毎日の服装は、そのまま転がってもオッケーなんですが・・・(苦笑) 
そういえば、こちらの女の子は、ちゅみの年齢でも、例えば長めのヒラヒラスカートとブーツ♪ という女の子っぽいかわいい服を着ている子が多いです! 
売られているものも、女の子は女の子らしい服♪ 
日本に比べて、ボーイッシュな?活動的な女の子の服で、いいなぁ♪と思えるものが少ないように思います。  気のせいかなあ??

靴にしても、日本のような通園・通学に適したような靴は種類が少ないように思います。


まっ、 我が家のねえねとちゅみはかなり”活発”(笑)なので、こちらで彼女たちのニーズに合う物を探すのは日本よりは大変です♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-22 05:32 | 生活

初めてのお料理教室??

お友達に誘っていただいて、初めてスペイン料理の教室に行きました。

c0048899_15618.jpg
"教室”という表現が適当かどうかわかりませんが、 スペイン人の”おかあさん”おふたりが自宅のキッチンで作り方を説明しながらお料理するのを見学、教えてもらうというものでした。

今日のメニューは

Alcachofas con Jamon (アーティチョークと生ハムを煮たもの??) と 
Conejo con salsa (??? うさぎさん肉の ベーコン・トマト・きのこソース煮??)

簡単なレシピをもらって、えっと・・・と辞書なんかめくっていると、先生たちはおしゃべりしながらどんどん作っていきます!!
ポイント・ポイントで説明を入れつつ、でもふたりのおしゃべりは手順の打ち合わせも含めて、止むことはことはありません!(笑)

私は、ウサギのお肉を使うのは初めてで、ちょっと引き気味だったのですが、
頭も目もついていなかったのでちょっとほっとしました・・・(苦笑)

それから、以前食べ方がわからなくて、いろいろな方にアドバイスいただいたアルカチョファのお料理は、わたしにはちょうどいい!!! ラッキーでした♪

”これはほんとにおいしいのよ!♪ 塩は少々ね♪”と言いながらc0048899_0172722.jpg
パラパラではなく、ばらばらとお塩をおなべに入れる先生・・・(苦笑)
”ここでオイルをちょっと足して・・・・”と言いながら、
ちょっとではなく、どーっ と足す先生♪

やっぱりスペイン人のセニョーラが作るスペイン料理は塩とオイルの量が半端ではありません。(笑)
この教室は日本人向けに行われているようで、説明は全部スペイン語ですが、生徒さんは全員日本人の女性でした。
中には先生とのコミュニケーションになんの支障もない方もおられ、
わからないところは教えていただきつつ、でも先生の顔をじーっと見て手元を見て・・・・味見させてもらって・・・(笑)
『じーっと見ている』うちにお料理が出来上がりました!

本日できあがったお料理はこちら♪
c0048899_0151112.jpgc0048899_0153525.jpg








    ↑ アルカチョファの煮込み           ↑ ウサギのお肉の煮込み

ゆっくりは話してくださっているのですが、”聞くこと”は難しいです。
(あっ・・・ ”聞くこと"  でした♪ (苦笑))
したい質問もパッと言葉がでないので、タイミングを逃すし、いろいろレシピ以外の情報も聞き取れずもったいないことをしていることが何回もあったと思います。

でも、出てくる言葉は基本的にはお料理用語なので、次回はもう少し下調べしてから来るぞ!と思いました!!

自分で作らない分、先生の言葉や手元に集中することができたので、わたしにはよかったと思います♪

自宅での試食は?
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-21 00:15 | 食べ物

ねえねの時間割

キッチンで水を飲んでいたパパが一言・・・・

「ねえねの時間割って・・・・すごいなあ・・・・」

風水上も(笑)、インテリア上も冷蔵庫の扉にメモなどを張るのは良くないと知りながら、
やっぱり一番目に付き、便利なのでついつい活用しています。(笑)
そこにデカデカと貼られたねえねの時間割を見てパパがいいました。
c0048899_230553.jpg
今さら??? と思わないでもないのですが、
あらためてふたりでじっと見たのがこちら・・・・ →

見慣れたのでさして不思議に思わなくなったのですが、

パパ、
「小学校1年生で、
    スペイン語が週2回、
           英会話1回やで!」
「今は公立小学校でも英語あるんやろ!? 
                  一緒ちゃうん?」
「でも・・・スペイン語やでぇ! すごいなあ・・・・」
「だってここスペインやもん・・・・」

とは言うものの、自分の子供の時とあまりに違う時間割。
一年生で6時間目まであることだけでも実はすごいです・・・(笑)
時間割表に”放課後”と書いてあることも・・・・(笑)

ねえねの学校は、日本にある小学校よりも、春・夏・冬のお休みが長くとってあるため、同じカリキュラムをこなすにはどうしても一日の授業時間が長くなります。
また、中学生まで同じスクールバスで登下校する為、授業が終わってもすぐに帰宅することはできません。

パパも私も子供時代は、学校が終わると飛んで帰ってランドセルを家に置き、すぐ外に遊びに飛び出し、暗くなるまで帰ってこない世代♪
子供だけで遊びに出られないのは日本もスペインも同じですが、
ねえねの小学校生活のスタートは、パパと私の常識・経験ではカバーできるものではありません(笑)

久しぶりに、いつも見ているものをじっと見てみた晩でした!♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-18 23:08 | ねえねの学校

豚さんの足が・・・・・

人間という生き物は、自分勝手なものです。
「辛すぎる!」だの、「厳しい!!」だの言っていたのですが、
爪付きの豚さんの足は、確実に小さくなってきました。(苦笑)
c0048899_20124059.jpg   c0048899_012667.jpg


← こちらが頂いた当初のお足・・・・


            → こちらが現在のお足・・・・


足のどちら側からカットすればいいかわからず、適当にやり始めてみたら、
やっぱりすぐに骨に当たってしまいた。
悪戦苦闘の数日の後、くるっと方向を変えてからは快調に進んでいます!!!

いろいろな方にアドバイスいただき、我が家で一番寒い廊下の角で保存しています。
さすがにつるすところはないので、カバーを掛けて立て掛けています。
心配していた”カビ”も今のところま発生の兆候はなさそうな・・・・・(笑)

さすがに今でも爪を素手で押さえてカットするという域までは達していませんが、
あまりのおいしさに少々の油や”毛”までもあまり気にならなくなりました。(笑)

c0048899_2011617.jpg私が今もっともはまっている頂き方は、
トーストされたパン(カリカリのパン・・・袋入りです)にレタスとハム。
もしくはレタスもなしでパンの上にハム!!!!

食べ始めるとやめられないんです♪

でも この幸せな豚さん足生活の最大の難点は、

・このハムを好んで食べるのがちゅみと私だけということ。
・そのため、ついつい私が食べ過ぎてしまい、少々体重が増えたような・・・!

体重の増加も大問題なのですが、もともとコレステロールの高い私・・・・
なるべく脂身を除いて食べているとはいえ、どうしてもカロリーが高くなるしコレステロール値も上がりそうです・・・・・(苦笑)

ちゅみに至っては、カロリーよりも塩分が心配なのでちょっとづつしか与えないようにしています。
日本ではビニールでパックされた丸や四角のハム・・・それも3パックでいくら!というようなお買い得品がほとんどだったのに、こんなお味を覚えたら日本に帰れません!!

でも ちゅみ!! 覚悟しておいてや! 
これは ここだけ! やで!!!

せっかくいただいたので決して無駄にはいたしません!!!!

でもこの豚さん足がなくなったら、当分ハムは買わないぞ!!!
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-16 20:13 | 食べ物

幼稚園のお誕生会

ちゅみが幼稚園からお菓子ももらって帰ってきました。c0048899_447814.jpg
今日、お誕生日のお友達がいて、お誕生会があったからです。
でもこれは幼稚園からではなく、そのお友達の親からお友達へのお土産?のお菓子です。
ちゅみの幼稚園では、お誕生日の日に親がケーキなどをもっていくと、
クラスのみんなが歌をうたってお祝いしてくれるのです。
その後皆でカットしたケーキを食べるそうです。
香澄いわく、今日はアランのお誕生日だったそうです。(笑)

こちらの幼稚園に入る前、いろんな方から”お誕生会”のお作法についていろいろ伺っていました。 

親が子供の為にたくさんのお友達を呼んでパーティーを開く。
子供の遊び場を借りて、お友達を招待したり、ピソの庭でパーティーを開いたり・・・・
子供の喜ぶ演出を考え、ケーキやおやつをサーブして、お土産を用意して・・・・
また、お友達に招待してもらったら、喜んでもらえるような見た目の大きいプレゼントを用意して子供が小さければ親も一緒にお邪魔する・・・・・

と、眉間にしわがよってしまうぐらいかなり派手で独特のお作法があると聞いていました。
私の方から積極的にということは絶対あり得ませんが、ちゅみにお友達ができてそのお付き合いで・・・となれば親としてやっぱり・・・(涙)と覚悟はしていました。

幸い??にもちゅみの幼稚園は園内で保育時間内に済むので正直ほっとしています♪

入園後、初のちゅみの誕生日は入園まもなくだったため何も無しとしました。(笑)
本人もまだ自分の誕生日という意識もなく、意味もわかっていないのでラッキーでした。
来年?おそらく再来年ごろには
「今度はちゅみの クンプレアニョス(お誕生日) してもらう!!!」
と言い出すかもしれません。 その時には彼女の好きなキャラクターの大きなケーキを注文して、お土産のお菓子も用意してパーティをしてもらおうと思います♪

ちなみに、最寄のお誕生会メッカスペースは・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-14 04:47 | 生活

旅行の必需品

c0048899_012362.jpg今回も活躍した我が家の旅行の必需品はこちらです♪

カップ入りのインスタントラーメンに、災害時用のご飯、そして小さな湯沸しポット。

スペインのレストランで夕食を!と思うとどうしても時間が遅くなってしまいます。 昼間遊びまわったちゅみとねえねが早い時間に眠くなってしまったり、ホテルへの到着のタイミングによっては思うように食事がとれなかったりすることがあります。
そんなとき、登場するのがこちらのセットです!!!(笑)
ホテルの室内でお湯を沸かしてラーメンつくってご飯を作って・・・・
わびしいなあ・・・といつも感じるのですが、ちゅみもねえねも大喜び!!

ねえねはかなりスペイン料理を食べるようになってきたのですが、いかんせんちゅみはまだまだ
「ぱっぱごは~ん!! (ふりかけご飯)」 ・・・・・(苦笑)

これにデパ地下等で購入したサラダでもつければ、彼女たちにとってはかなりのお気に入りメニューです♪(笑)


**
でも、このわびしい”貧乏メニュー”・・・・  スペインで用意しようと思うとこれがけっこう高級なのです(笑)

災害時用のご飯パックは 日本から持って来たものと持ってきてもらったもの
         -------- 1パック 300円弱 (運賃含まず(笑))

今回のカップヌードル        ---------- 時間の都合で日本食品店で買ったので
                             1つ  3,18ユーロ 
                                 (450円近く!!!)

ばかな私はこのカップヌードルを4つも買ってしまいました!!!

合計すると、バルなどではけっこうおいしいおつまみが食べられる金額になっていました!(苦笑)
安く上げるために持って行ったわけではないのですが、どうも・・・???? (苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-13 00:12 | 食べ物