<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

おまけの方が良かったお出かけ・・・・

パパの提案で、車で2時間程度で行けそうな湖を見に行くことにしました。
が、郊外では珍しい渋滞・・・・ また道を何度も間違える・・などにより予定よりもずっと時間がかかり、私も子供もかなりご機嫌斜めになりました(笑)

やっと着いたと思ったら、地図にあるはずの湖??が無い・・・・ 
少なくとも、私たちがあると思った場所にはありませんでした・・・・・
こんな時、辛いのは言い出しっぺのパパさん・・・
日ごろから控えめという言葉からは程遠い”嫁”と、
口の達者な”愛娘たち”の執拗な言葉の暴力(爆)

3対1でかなう訳も無く、とりあえず近くの公園で子供を遊ばせて帰路につきました。

行きと違う道をバルセロナに向かっていると、
パパと私のアンテナに引っかかる風景が出てきました。
c0048899_20483689.jpg


以前似たような小高い丘のお城?に行こうと勘で車を走らせ、 
結局個人のお宅の敷地内に入ってしまった・・・という失敗をしているのに、
それでも近くまで行ってみたい♪というところが、
失敗から学べないタイプのようです(苦笑)

こちらは、丘の下の集落とは別に丘の上にも集落があり、現在も住まれているようです。
その為、車で上へ上がる道を見つけるのは容易でした。
c0048899_20461811.jpg

お城?要塞?のような建物が現れました。
壁には銃を撃つときに使う穴も開いていました。 
建物の壁には、 『荒廃した建物危険』という看板が英語とスペイン語両方で掛けられていました。 
完全なる個人のお宅・・・とは違うようですが、かといって公で保存にお金を掛けているようにも思えません。
その分、歴史の重みを感じることが出来ました。

c0048899_20451815.jpg→ こちらの建物には今もお住まいの方がおられました。
変な東洋人がこんなところまで何しに来たのか?とでも思われたのか、壁の上から様子を伺っておられました。 
一応、”Hola!”のご挨拶はしましたが、文句を言われることはありませんでした。
でも、おそらく、お住まいの方以外、それほど多くの人が訪れることはないのだと思います・・・・

c0048899_20561996.jpg
ちょうど夕日が傾く時間帯で、すてきな景色を見ることが出来ました♪



c0048899_20564536.jpg
でも・・・・
「ママ~ 石拾ってもいい~???」と大声を張り上げながら、落ちている石をかき集めるちびっ子連れのため、そそくさと失礼しました。(苦笑)

街の名前は

Rivelles Can Valls

きっと ここにも何百年も前から続く歴史があるのでしょうね・・・・

おじいさんに質問してみたかったのですが、さっさと中に入ってしまわれたので、聞けませんでした・・・・・ やっぱり訝しく思いますよね・・・いきなり自分の家の前に車を乗り付けて、ジロジロ見学したりしたら・・・・ (苦笑)   
当然です♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-31 20:44 | お出かけ

洗濯物

バルセロナの硬水は、飲料や洗濯には適していないということは知っていました。
でも、実際にこちらに暮らして、私の想像以上に洗濯物の洗い上がり感が違うので驚きました。

先日、パパのワイシャツがあまりにも汚い(古くなった)ので、日本から持ってきていた新しいものを出しました。
そこでまたまた びびびっくり!!
c0048899_2150336.jpg

我が家のカメラと私の技術では、
色の違いを写しきれていませんが、実はこれは全く同じワイシャツ・・・・・
左がこれまで着ていたもの(アイロンしていないのでくしゃくしゃですが・・・・)
右が真新しいもの・・・

洗濯しては着てを繰り返しているので、痛むのは致し方ないのですが、
日本で同じように着ていたときと比べて、生地の痛み方、変色が顕著です!
かなりグレーがかってきます。
にっぽんのビジネスマン! 
定番の白のワイシャツはやはり必要とか思っていたのですが、清潔感のある”白"のはずが、日が経つにつれて、どうもくたびれた色に・・・・
パパ曰く・・・・『貧乏くさい』、 シャキとした印象からはかけ離れます。

その為でしょうか? こちらではカラーのワイシャツの方が圧倒的に多いように思います。
(ただし、カラーのワイシャツも色あせが激しく、長持ちはしません)
我が家のタオルやパパの白いワイシャツ、私の白いシャツ等、『貧乏臭さ』がにじんでいます。(笑)

ただ、その原因のうち、私のバルセロナ版お洗濯知識の無さもかなりの比重を占めている?いた?と思います。(苦笑)

そのひとつがこれです。→c0048899_2205484.jpg
洗濯機や洗濯物に水中の石灰分がつくのを防ぐ?為のものだそうです。
理想としては洗濯の度に洗剤といっしょに使用するのがいいらしいのですが、
実はわたくし・・・・・・ この数ヶ月・・・・すっかり使うのを忘れていたのです・・・・(恥)

私たちが引っ越してくる前、パパが知り合いの方に教えていただいてちゃんと自宅にストックしておいてくれていました。 当初、言われたとおりに、毎回とはいきませんが時々使いようにしていました。 
でも、ある時を境にすっぱり忘れていました・・・・・(苦笑)

カル取りのための”洗剤?”を使わないと洗濯機の寿命も縮まるし、洗濯物にもカルが付着するのだそうです。

きゃぁ~  洗濯機が壊れなくてよかった・・・・・(汗)
壊れてもいつ新しいものに換えてもらえるかわかったものではありません!!!
手洗いなんてやってられません!!!!!

それと、
聞くところによると、綿100%よりも、化繊の入ったものは変色が激しいのだそうです。
・・・・・・アイロン掛けが楽なように、パパのワイシャツは形状記憶シャツが多いのです。
確かにこの白のワイシャツもそれでした・・・・・(苦笑)
楽をしようと思った”つけ”が『貧乏臭い』変色でした (笑)

またそれ以外にも、
こちらのドラム式の洗濯機や長くかかりすぎる洗濯時間など、いろいろな要因はあろうかと思います。

とりあえず、これからは、白いワイシャツは買うのを辞めようと思います♪


でも・・・・ こちらでたくさん売られているパステル調のきれいな色の洋服・・・・
あの色はどのようなワザを駆使すれば保てるのでしょうか?? 
色物用のおしゃれ着洗いを使うのでしょうか? 
でも子供のTシャツまでもを毎回分けて洗うなんて・・・・・私にはできません・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-28 22:05 | 生活

ご褒美は・・・チュッパチャップス♪

ここ何ヶ月にも渡り、ちゅみのトイレトレーニングは続いています。
母の努力(?)にもかかわらず、
実際的な進歩は悲しいかな・・・・あまり見られません・・・(涙)
でも、自宅でなら嫌がるトイレへのお誘いも、幼稚園ではちゃんと行っているようなのです。
おトイレに行けたからといってちゃんとできるものではありませんが、
彼女にとっては大きな進歩!!!
と、先日お迎え時、先生にさよならを言った後で、

「あめちゃん 入ってるから出して!」 

と言い出しました。 確かにリュックの中には チュッパチャップスが・・・・

その時 ハッ!と思い出しました!
『 おしっこが出たら、ご褒美にチュッパチャップスをあげるのよ! 』と言っていた先生の言葉!!!

「ちゅみ おしっこ 出たん???!!!!」

「うん♪」  かなり得意気

きゃー!!! すごいすごい!!~~~○X▽○●★●○◆■XX・・・」 

わたしの歓喜の叫びが続きます。(苦笑)

どうも後で食べるように言われていたようです。
帰宅途中で食べ始めました!
c0048899_20183732.jpg

←  かなり自慢げに
   チュッパチャップスを見せびらかし・・・



c0048899_2019611.jpg

← これまた、えらそうになめなめ・・・・(苦笑)




c0048899_20151538.jpg

← またまた鼻高々で帰っていきました 






しかし、その後彼女がチュッパチャップスをもらって帰ってくることはありません・・・(涙)
自宅でもお○っこはほとんど成功せず、 う○ちは私の知らない間に自分でトイレに行くまでになり、かなり成功例も出てきました。

比べてはだめなことは承知の上ですが、ねえねはちゅみの月齢時には昼はもちろん、夜もほとんどおもらしをしませんでした・・・・ 
ねえねはねえね! ちゅみはちゅみ!同じ作戦ではうまくいきません。

幼稚園が”物”でつる・・・・ それも虫歯の親友♪ キャンディー・・・・・ 
子供への影響は? 虫歯は大丈夫?などなど、いろいろ心配・不安があるところですが、
今の私はとりあえず、ちゅみが本気でおむつを卒業する気になってくれさえすれば、
物でもお菓子でもなんででも釣りたい! 釣り上げたい心境です。(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-27 20:17 | ちゅみの幼稚園

香澄のお土産~パナジェッツ

先日、ちゅみは幼稚園で初めての遠足に行きました。
行き場所は・・・・・??? 幼稚園からの連絡によると、

”緑豊かなお山! 木の実拾いと秋の山を楽しみます”

と書いてあるのみ・・・・(苦笑)

いつもは狭い室内で過ごしているので、どこであれ、広い場所・自然の中で遊べるのはいい!・・・ということで納得しました。 (笑)

お迎えに行くと、元気ではありますがかなり疲れた様子のちゅみ・・・・・
それも当然(笑)
いつもなら 
「抱っこ~!!!」と言えるのに、遠足ではそうもいかず、彼女なりにかなりがんばったのだと思います。

そんなちゅみが幼稚園から持ち帰ってきたのが、
これ♪
c0048899_21493685.jpg

これはこの時期にバルセロナのあるカタルーニャ地方で食べられる、パナジェッツというお菓子です。
なんでも、11月1日(全聖人の日)は、日本でいうお盆?のような日で、この時期にこのお菓子を作って食べるのだそうです。
今、バルセロナではここらかしこで売られています。
ポテト入りでふわふわした食感のきじのまわりに、松の実がついています。
私はおいしいと思います♪ 軽いので食べやすく、お茶にもコーヒーにも合います♪
c0048899_2203032.jpg


ラッピングについているカードにはレシピが書かれていました。
スペイン語以前に、”文字”を判読するのが大変!(笑)
できれば、筆記体は避けていただければと・・・・(苦笑)  それでもスペイン人にしては読みやすい方でした(笑)

ちゅみたちがお昼ご飯でお世話になったマシア(田舎の農家?)の方からのお土産でしょうか??  お迎え時バタバタしていてゆっくり質問することもできませんでした。
(私が聞きたいことを聞くには・・・時間を要します(苦笑))

近々ねえねが学校でこのパナジェッツ作りを体験する予定です。
”母”もお手使いと称して参加できるようです♪
ねえね以上に私が楽しみにしています!!!
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-26 21:47 | 食べ物

ちびまる子ちゃんに見る、スペインと日本の違い♪

先日、c0048899_5273766.jpg
日本語放送のテレビで
”ちびまる子ちゃん”を見ていたねえねがぽつり・・・・

「スペイン人はやってるで・・・・」

横からテレビを覗いてみると・・・・
スーパーマーケットで買い物中のまるちゃんが、お金を払う前にお菓子の袋を開けていると間違われ、店員さんに注意されているシーンでした。

    「お嬢ちゃん、お金も払わずに勝手にお菓子の袋を開けちゃだめだよ!!」
   
ねえねの”ぽつり”はこのシーンを見ての一言でした。

確かに・・・・・
スペインに来て、大型のスーパーで買い物をしていて驚いたことのひとつが、
お金を払っていないのに、先にお菓子やパンの袋を開けて食べ始める人がいることでした。
もちろん、そんな人ばかりではありません。
レジには食べかけの袋や食べてしまった箱など持って行ってお金は払うようです。
それでも中には、食べかけのお菓子や開けられたパンが全く違うコーナーに放置されているものしばしば見かけます。

日本でなら、”万引き”に近い判断をされる状況だと思いますが(笑)、こちらではそうでもないようです・・・・

以前から、スーパーでも買い物時、よくねえねが
「ママ! あの人、お金払ってないのにもう食べてるで!!!!」と大声で指摘していました。(ギョッ!!!)
日本語でよかった・・・・(苦笑)
私もまたまたびっくりしたのは、どうしてもぐずる子供に与えるために開けて食べさせる!というのでななく、おじさんがレジ前ですでにビールの缶を開けて飲んでいたりするのです・・・(苦笑)

もちろん、全員がそんなことをしているわけではありません。

そんな状況が、週末の込み合ったスーパーでは、
探さなくても見られたりしてしまうのです(苦笑)

ねえねやちゅみに、
「なんで もう食べたはんのん??」  
「あの人食べたはるから~!!!」
と言われると、なかなか説明が難しい・・・(笑)

スペイン人を悪者にして説明するのは問題があるし、
かといって、この習慣を決して良しとはできません。

結局、
「スペインではそういうこともあるけど、日本ではちゃんとお金を払ってお家に帰ってから食べるやろ。 わたしらは日本人やから、ちゃんとお金を払ってお店を出てから開けよう!」

かなりあいまいな説明・・・・・ 

ねえねは日本で買い物の時にいろいろうるさく注意していたので理解しています。
ちゅみも今は納得?している様子です(笑)

習慣・常識の違いを悪く言ううことで説明はしたくないので、
”日本では○○○だ。”と説明してしまうのですが、それがいいのかどうか、
現在も模索中です。 (苦笑)

なんでも素直にそのまま受け入れるお年頃のふたり・・・・♪???(笑)
説明の難しいことがいろいろ出てきます。(笑)


PS: 日本のアニメが驚くほどたくさん放送されているスペイン。 
日本の習慣や常識がつまったアニメをスペインの子供はどう見ているのでしょう??♪
(・・・・・おそらく、そんなことはまったく関係ない、気にしていないんでしょうね(笑))
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-25 05:08 | 不思議な人々

初めての救急外来

土曜の夜中から日曜の明け方にかけて、
まるで赤ちゃんのように”夜泣き”をしたちゅみ・・・・
お水を飲ませて、鼻がつまっているので塗るお薬を胸に塗って・・・・
でもまたすぐ「ウェーン!!!」 
グスグスではなく、号泣・・・(涙)

明け方、妙に体が熱いので熱を測ると38度8分・・・・
あら~!!!(汗)

お昼になっても状況が変わらず・・・・ 熱を測ると39度3分!!!
救急外来に行くか、日本の小児科にもらった薬を飲ませて状況観察するか
パパと考え、結局あまりにぐったりしているので、初めて救急に行くことにしました。

こちらでは、風邪を引いたり、調子が悪くなってもかかりつけの先生を予約してからの受診となります。
それも、かかりつけの先生の受診時間と合わないとすぐに診てもらえないということもあります。
そんな時、また時間外・休日は救急外来へ行きます。
”救急”ということばを聞くとびっくりしますが、日本でいう休日・夜間診療です。

実は数日前に、ちゅみとねえねはインフルエンザの予防接種を受けました。
日本では12歳以下は2回に分けて摂取するのですが、こちらでは赤ちゃん以外は1回。
当然3歳になったちゅみも1回で全量注射されました。
その副反応かも?というのもあり、言葉に不安はありましたが、
とりあえず行っていることにしました。

予防接種を受けた病院の”Urgencia(救急外来)”へ。
パパが一緒とはいえ、説明が必要だと思われることは家で予習していきました。(苦笑)

”熱があるんです” と言ったと同時に、
”熱を下げる薬か何か飲ませましたか??”
”い・・・いいえ・・・” 

その後すぐ、先生の診察無しに、
”熱を下げるお薬です! はい飲みましょうね”と看護婦さん!

ちゅみ、ぐったりしつつもゴックン

”上着脱いでおいてくださいね”
というと彼女は去っていきました。

<  えっ!! 

日本の小児科では最近、簡単に熱があるからとりあえず・・と言って解熱剤を処方はしてくれないし、安易に服用することも良しとされていません。 そんな常識を持っていた私はびっくりでした! (熱が上がったり、続くようなら話はまた別ですが・・)
おまけに先生の診察前・・・・・!!!!

待つことしばし・・・・
順番が回ってきて、やさしそうな女医さんがやってこられました。
上着を脱ぎ、脱いだ上着と持ってきたバスタオルをすっぽりかぶって横になっているちゅみを見て、
”上着は無しよ!!”

”・・・・・・えっ???・・・・・・” 

しばし意味のわからなかったパパと私・・・・ 

”上は着せないで!熱を発散させないと!”

上着を脱いで!というのは、診察の為の準備でなく、熱を発さんさせる為だったんです。
これもまたまた びっくり!!!

診察の結果、特に悪いところはないし、インフルエンザの副反応ともいいきれないし、
2日ほど様子を見るように言われました。
異常が見られないということで、解熱剤だけ処方されました。

病院を出て、薬局でお薬を買う頃から、何やら元気になってきたちゅみ・・・
飲み物を買って自宅に着いた頃には、ジュースのボトルを自分で持って歩いていました。
c0048899_156289.jpg

こちらのお薬は良く効く(強い)とは聞いていましたが、これほど??(苦笑)
                  * 診察代 75 ユーロ (内訳不明・・・)
                    薬代    5 ユーロ程度・・・・(安い・・・・)

泣いては寝て、ボーッとしたうつろな目でぐったりだった朝とは別人のように元気になりました。
もちろん、根本的に治ってきているのではなく、薬で熱が下がったので元気なのです。
このまま薬を飲まずに熱が上がらなければいいのに・・・・と祈りつつ、
「しんどかったんやから、暴れたらあか~ん!!!」と怒鳴るような状態です! (笑)

スペインの小児科は、熱があって苦しそうならすぐ解熱剤で楽にするという考えだそうです。
日本の小児科医は、発熱には必ず理由があり、熱を出して自分で病気の原因をやっつけようとしているのだから、安易に熱だけを下げるのは良くない!個々状態を診て判断という考え・・・・
その見解には大きな?大きくはない?違いがあります。
そのため、日本の感覚で、発熱してすぐに受診せず、解熱剤も飲ませないままにしている日本人の親は、スペインの小児科医に叱られることもあると聞きました。


幸いにも救急で受診しようと思うほど調子の悪くなることのなかったちゅみとねえね・・・・
バルセロナに来て10ヶ月・・・・ 初めて経験することとなりました!(苦笑)
小児科医の考え方の相違にとまどいはいっぱいですが、
とりあえず元気になったちゅみを見て、安心しました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-24 01:32 | 生活

予習してからのお肉屋さん

いろいろなお店へなかなか冒険の旅に出られない”あかんたれ”のわたくし♪(笑)

                  ** あかんたれ : 大阪弁?関西弁?
                               根性が無い、肝っ玉が小さい、
                               肝心な時に頼りにならない・・・

 お肉はいつもスーパーか、”パラ しゃぶしゃぶ (しゃぶしゃぶ用)”の通じる、近くのお肉屋さんで買っています。
それもいつも同じような部位・・(苦笑)

すんなり通じるとわかっているので安心!
ついつい同じ注文の仕方、同じお肉になってしまいます・・・・(苦笑)

でも、先日、いつも通り 
”子牛をすき焼き用で・・・・1kg お願いします!” 
と注文すると、おじさん何やら説明を始めました。
”ギョッ!!! 何なのぉ??”
どうも、まだ小売できるようにさばけてないので、30分ぐらい待ってくれというような事だと・・・・
おそらく・・・・(苦笑)

”それなら・・・” と違うものを買おうとすると、
おじさん、裏の大きな冷蔵庫に入って、大きなお肉の塊を手に
”これでもいいか??”と聞いてくれました。 
結局そのお肉を1kgお願いしました。
骨付きなのを、骨を除いて薄切りにしてもらったので、骨の分損することになるのですが、
何やらいつものお肉よりも脂身が多くておいしそう♪
・・・・ でも お値段はかなりお高めでした(苦笑)

しかし、その晩、そのお肉を焼肉風に焼いて、焼肉のタレで食したパパ・・・
「これ!!! めっちゃやらかいやん!!! これは”焼肉”や!!
 これ名前何なん??? 」

「・・・・ 聞いてへん・・・・」

「聞いとかなあかんでぇ~  レシートは?? 名前載ってない!!??」

大興奮のパパ・・・ 確かにいつもよりもかなり軟らかく、
日本で食べる鉄板焼きのお肉そのものでした♪ 


このことがあって、 いつもと違う部位?お肉に挑戦してみようか!と思い立ったのです。
(こんなことがないと、思い立てないのぉ??!!!(恥))

いつもステーキは脂身のほとんど無い赤身のお肉なので、とにかく・・・硬い!!
ということで、一度リブステーキでもと思いたち、
自宅で予習として出かけました。

混んでいることの多いお肉屋さん! 
混んでたら辞めよう・・・などと消極的なことを考えつつお店を覗くとまだまだすいている方でした。

お兄さんに、
”牛のコスティージャ(リブ肉)が欲しいんですが・・・・これくらいの厚さで・・・” 
と、”待って!”とお兄さん奥から大きな細長い塊を持ってきました。
注文の厚さに機械で切ってくれました。
細長~い物体が2本・・・・
”小さく切って・・・欲しいんですが・・・” 
”もちろん!”

ついでに薄切り肉も買って、
本日はいつもと違うお買い物♪となりました。

たかが、これぐらいに予習が必要なわたくし・・・・(苦笑)
予習無しで行くと、結局腰が引けて買わなかったりするんです。

こちらに来るまで、自分はもう少しガンガン行くタイプだと思っていたのですが、
ほんま あかんたれ♪ でした!(笑)
日本ではかなりキツイ一言を吐いていたのですが・・・・

家に帰って、早速薄切り肉は冷凍に・・・ 
コスティージャはどんなお味かなぁ?とニヤニヤしながら見てました!(笑)
c0048899_22164365.jpg

食べられることよりも、買ったこと(買えたこと)が嬉しい♪

ちなみに、今回のお肉、 
1kg 8,40ユーロ    写真は560gで 4,70ユーロ (650円ぐらい)

私がいつも買う、豚肉の薄切りは、 1kg 5,20ユーロ
今日は500gぐらい買ったので、2,65ユーロ(370円ぐらい) 払いました。
こちらの方は、いつもおいしく頂いています♪


後は ”上手に”焼くだけ!!(笑) 
焼肉のタレが待ってます♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-21 19:00 | 食べ物

カルドナのパラドール

バルセロナから一番近いパラドールを”見学に”行って来ました! (笑)
パラドールは、昔のお城や修道院のような建物に宿泊するとこのできる施設です。

今回行ったのは 
バルセロナから100km、カルドナにあるパラドール
c0048899_7163263.jpg

もともとは8世紀に建てられた要塞だそうで、多くの部分は14~15世紀ごろに建て替えられたそうです。(多分・・・そのようなことが書かれたいたと思われます・・・(苦笑))
c0048899_23121078.jpg
車を止めて、←こんな道を上がっていくと・・・・・
c0048899_7174246.jpg

ホテルの入り口がありました。
宿泊しない私たちは、奥までは入ることが出来ず、レセプションのあたりをウロウロ・・・・
パンフレットを取るふりをしていろいろ見てきました(笑)

500mの高台にあるため、見晴らしは最高♪
ただ、このところバルセロナ地方はお天気が悪く小雨がちらついていたのが残念・・・・
c0048899_2314451.jpg


宿泊施設内には入れませんが、敷地内にはもともとは6世紀ごろ?建てられた教会があり、お金を払うと見学できます。

「メルちゃんといっしょに、ベビーカーを持って入る!!」と言い張るねえねを説得し、
メルちゃんは抱っこで、彼女のお気に入りのベビーカーは入り口に置いていくことでなんとか落ち着きました・・・(汗)
c0048899_719017.jpg
中は落ち着いた空気のただよう、しかし明るい教会でした♪
ステンドグラスがあったり、目を見張る調度品のある”豪華”な教会を見慣れていたので、
余計な物の無いことが新鮮でした♪
c0048899_710142.jpg
←祭壇の下の地下礼拝堂にも入れました。
歴史を感じるということばがぴったりでした。



ゆっくり座って落ち着いた時間と味わうぞ!と思っていると、
これまた、祭壇の真ん中までどんどん進んでいくちゅみ!! 
(驚愕!!!)
首根っこを掴み、引きずり出す羽目になりました。
案の定ちゅみ号泣!!
静かな教会内に響くは
ちゅみの 「いややぁぁぁぁ~!!!」の絶叫・・・・

・・・・・・・(冷汗)・・・・・・

必死になだめて、せめて短時間でも!と祭壇の前に座りました。(笑)


子供連れでも嫌がられないと聞くパラドールでのお泊り♪
我が家のパラドールデビューはやっぱりもう少し先になりそうです・・・(苦笑)



**
こちらのパラドール、ネットでの修伯予約も可能です。 もちろん日本からでも♪
館内の写真もあります。よかったら一度ご覧下さい♪ 
こちらへどうぞ♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-18 23:08 | お出かけ

なんちゃって おはぎ♪

妹が送ってくれた日本のテレビを録画したDVDを見ていたねえね。
突然、
「ママ、 簡単におはぎが作れる裏技やってたからメモしたで!!! 作ろ!!」

どうもお気に入りの『伊藤家の食卓』の中で、
これまた大好きなおはぎが簡単に作れる裏技が紹介されていたようです。
もう一度見てみると、
もち米を使わず、冷ご飯からおはぎが作れる!!レシピだそうです。
ちょうどあんこの缶詰もあるし、学芸会の代休で暇をもてあましているし・・・・
ということでやってみることにしました。

温めたご飯200gに片栗粉20gを混ぜ、お水50ccを入れてまた混ぜ、
それを 伊藤家の食卓特製、裏ワザレンジ容器でチン♪
数回練ると あら不思議! もち米ご飯の出来上がり♪

でも、大きな問題に気づきました・・・・
我が家には、伊藤家の食卓特製 裏ワザレンジ容器がありません・・・・(苦笑)
あら~・・・・・・ (汗)

一旦やる!と言ったら、中止は許されない子供という生き物・・・・
仕方なく、蒸し器を使うことにしました。

時間も作り方も適当・・・・ こんなことでいいのか?と思いつつも、
とりあえず完成すればねえねも納得するので・・・と自分を励ましつつ進めてみました。(笑)

蒸しあがってみると・・・・・
なんとなくそれっぽく見えなくもありません。
c0048899_4411940.jpg
レシピ通り、ラップの上で数回練り練り・・・・
見た目はもち米に見えないこともありません・・・(苦笑)

大ハッスルのねえねが、薄く広げておはぎの成型へ!
半分彼女の粘土細工になりつつ(笑)、
なんとか”おはぎ”に似た物体になりました♪
c0048899_4484969.jpg

お味の方は・・・・・
本来紹介されたレシピとは違うので、レシピの良し悪しは言えませんが、
ねえねは
「おはぎや♪ おいしい♪」
とペロっと食べました♪
ご飯に塩も砂糖も加えていないので、味気なさはありますが、
”今どうしてもおはぎが食べたい!!!”と思った時には
なんとか代用にはなるとは思います。(笑)

次回もし作ることがあれば、ご飯に塩と砂糖をパラパラ・・・・
蒸し後に少し火を止めて蒸らしが必要かと思われます。

でも、私はやっぱり、手間をかけても、もち米からつくるおはぎが好きです♪ (笑)

FYI: このおはぎは9月6日放送分で紹介されたのですが、
    番組HPにはレシピがありませんでした。 
    映画の宣伝ついでのおまけのコーナーで紹介されたからでしょうか???(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-18 04:42 | 食べ物

学芸会とバザー

ねえねの学校の学芸会とバザーが終わりました♪
我が家的にはハプニングもありましたが、
(急にパパに仕事の予定が入り、ちゅみと同伴出勤(笑)、その後学校へ)
無事終了しほっとしました。

学芸会は、幼稚園時代と違い、劇にしても表現にしてもしっかりとした組み立てと
練習でどの学年も出し物も、感心しつつ楽しく見ることができました♪
ねえねの学年はひとつ上の学年と一緒に、スペインのおとぎ話を題材にした劇をしました。
c0048899_730293.jpg

お友達のママ友達と一緒に作った衣装♪
私が手を入れた部分もなんとか破れずに持ちこたえ、ほっとしました(笑)
みんな元気良く上手にできました!!(笑)

他の年長の学年の出し物は、
日本古来の狂言あり、時代ものあり、またスペインの”セビジャーナス”という踊りや日本の太鼓など、バラエティに富んでいました!!
c0048899_7335729.jpg
私の近くに座っていたスペイン人のおばあちゃま!
ドブレのお友達か、
補習校に通うお友達のおばあちゃんだと思うのですが、
かなりノリノリ! 楽しそうに見られていました♪

学芸会は立ち見も出る盛況ぶり!!!(笑)
わたしもほとんどを立ってみていました・・・
来年は小さい椅子持って来ようかなぁと考えているうちに学芸会は終わりました♪

その後のバザーは・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-17 01:31 | ねえねの学校