カテゴリ:お出かけ( 115 )

スイス旅行③ ~ 子連れの場合・・・

スイスといえばやっぱりトレッキング♪ 高山植物のお花の時期は終わっていますが、きれいな空気と雄大な景色を堪能しつつ、日常を忘れてリフレッシュしたい!!! 
曇り空でしたが、家族連れ向けの楽なコースを選んで出かけました♪
標高2239mのメンリッヒェンへ♪ 
アイガーはどれどれ?と景色に見とれているうちに、
気づくと・・・・   ↓

c0048899_2324159.jpg ギョッ・・・・・・・

うそでしょう・・・・ 
山は??  見ないのぉ!!???(怒) 

歴代最高高度の公園遊びとなりました・・・・(苦笑)
本来の目的を伝え、説得、半ば強引にハイキングスタート。


c0048899_2331662.jpg平坦な道ですがけっこう距離はあります。 放牧されている牛と記念撮影したり、立ち止まったり走ったり、時々座り込んだり・・・・ けっこう距離がありました・・・ 後半、ちゅみは疲れてやっぱりグズグズ言い出し、パパがおんぶ・・・・(苦笑) 子連れだと同じペースで歩くなんてことは不可能でした・・・・

*************************

観光の人気スポットのひとつ、標高3500mのユングフラウヨッホへも行きました。天候が悪かったこともあり、とにかく寒いっ!!!!  心配していた通り、ちゅみもねえねも高山病の症状が出ました。 「頭が痛い」とぐったり・・・・ 動作をゆっくりして、はしゃがないよう注意していたのですが、やっぱり子供には難しいようです。 パパも私もやはりかなり違和感を感じました。 ヨチヨチ歩きの赤ちゃんも元気にしているのを見かけたりしたので、やはり慣れと体調に左右されるのでしょうか?・・・  我が家は早々に退散しました。

**********************

ツェルマットでは、短いながらすばらしい景色を楽しむことができました♪
標高3089mのゴルナーグラードへ。
c0048899_232471.jpg
ここにはすてきなホテルもありました♪ 日本人観光客(我が家も含む)が一番多かった場所だと思います。(笑) ねえねが、「ママ・・・なんで日本の人、こんなに多いのん?」と聞いてきたほどでした。
午前中早い時間に登ったので、比較的空いていました♪ ほんとにすばらしい景色でした! 
私が想像する”スイスの山”そのままでしたァ~♪
c0048899_230620.jpg
この日もちゅみは山頂で調子が悪く、
しばらくカフェのソファーで寝ていました。 
高度を下げれば調子がよくなるはずと、
早めにトレッキングスタート地点まで下山しました。

c0048899_2304254.jpg






登山鉄道を途中で降り、ローデンボーデンから次の駅のリッフェルベルグまで歩きました。 ガイドブックで40分のコース。 我が家は1時間ほどかかったと思います。
お天気が最高に良かったので、なんとか逆さマッターホルンを見ることができました♪ 小さな湖ですが、十分でした♪  このトレッキングコースは、放牧されたヤギがいたり、野生のヤギを見ることができたり、またずっとマッターホルンを見ながら歩くことができるすてきなコースでした。 時間をかければちゅみでも歩けます♪
でも、高度を500mほど下げてのスタートだったのにかかわらず、どうも表情も暗い。 グズグズ言う。 「座りたい・・・」と言い出す・・・・ 結局、親の都合で強引になだめたり、おやつで釣ったり、抱っこしたりでトレッキングを終えました。 
その頃になって、やっと、「やっぱり ほんとに体調悪いみたい・・」と親も認める・・・
そうです。わかっていたのですが、お天気もいいし、どうしてもこのコース歩いてみたかった・・・
熱っぽいかも・・と思っていたのに強行しました・・・・・
案の定その後ちゅみはダウン・・・ホテルまでは抱っこで戻りました。ホテルで持参していた解熱剤を飲ませて寝かせました・・・

                             ・・・・また続いてしまいます・・・・
                                         
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-04 00:01 | お出かけ

スイス旅行② ~雨の日の過ごし方

グリンデルワルトでの丸一日と、移動日は雨でした・・・・ 曇り空というのではなく、でした。
長い滞在の旅行であれば、ちょうど休息日になるかと思うのですが、我が家はそうは行きません・・・・ となれば、雨でも行ける場所とできることで、お子様をも満足させるものは・・・・???

その1:トリュンメルバッハの滝c0048899_634835.jpg

グリンデルワルトから車で20分ほどのところにあります。観光案内所に”雨の日にいかがですか?”という張り紙があったので、とりあえず・・・程度で訪れました。


度肝を抜きました!!!

c0048899_643324.jpg私の写真では、その迫力も水量も速さも音もまったく伝えられません!!! とにかくすごい!!
柵があるとはいえ、自分の足元すぐ下を轟音とともに流れる大量の水!!!
命の危険を感じましたァ~ ねえねと同じ年ぐらいの男の子は、完全に腰が引けていました。
この日は前日からの雨のせいで、特に水量が多かったのだそうです。  

もちろん、ねえねも「怖いから帰ろう・・・」と言い出し、 ちゅみに至っては号泣!!!
確かに、子供でなくても怖いっ!!! 
でも見たいっ!!!
もし落ちてしまうようなことがあったら・・・と考えるとあまりに恐ろしい・・・・ 背中に冷たいものが走ります・・・・  日本なら、危険だということを理由に見学不可だと思います。
エレベーターで上に上がり、それぞれの見学ポイントをまわって見ます。降りる時は階段でもエレベーターでもオッケーでした。
滝のしぶきと雨とで濡れるは、気温は低いはで寒かったのですが、私はかなり満足しました!!  子供がいなければ、もっとゆっくりじっくり見学していたと思います!!


その2 : アイススケート

ホテルのサービスのひとつで、グリンデルワルトの公営スポーツセンターの無料利用券をもらいました。 それを利用してスケートをしてみました。 子供たちは初体験、パパは25年ぶり?、私は・・・??20年ぶりぐらい??? 
とにかく時間も潰せるし、運動できるし・・・ 無料だし♪ということで行ってみました。
c0048899_64133.jpg 貸切でした。(笑) 
ローラーブレードをするねえねはちょっと慣れるとそこそこそれらしく滑るようになりました。 ちゅみはこけないように支えになる椅子?を借り、上機嫌でした(笑) 
若い時に体で覚えたことはちゃんと覚えているものですね~!!! 私もガラガラのリンクで好きなようにクルクルウロウロできました♪ 
途中から、他のお客さんも増えにぎやかになりました。 ちょっとだけ・・・のつもりが、結局2時間滑りました・・・・(苦笑)

わざわざスイスに来ているのに、屋内スケートなんて・・・と思ったのですが、ちゅみとねえねは大満足でした♪ よかった・・・・♪
                     
                        ***** ③へ続いてしまいます・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-03 06:04 | お出かけ

念願のスイス旅行①

c0048899_20183081.jpg

c0048899_20274544.jpg

スイスから帰ってきました♪
一般的なスペイン人に比べてお休みの短い我が家は、空路ジュネーブへ、そこからはレンタカーでスイス内を動きました。 早く予約していたからか? 3000cc、革張りのレガシー似のスバル車を160スイスフランで借りることが出来ました! いつも2000cc以下の大衆車に乗っているので乗り心地、走りやすさとも雲泥の差でした! もしもの時を考え保険を掛けたので結局は300スイスフラン近くになりましたが、それでも決して高くないです! 
快適でした~♪(笑)
パパが一言・・・
「確かに、いい車に乗ってたらスペインからスイスまででも走ろうかって思うなぁ・・・」 
・・・・・ 我が家は休みも車も厳しいっ!!!(笑)

車窓からの景色を見ながら、 
「あんな感じの場所にポツンと一軒だけある小屋が ハイジのおじいさんのおうちやねん!!」
「ペーターがヤギを連れて 毎日登ってくるねん!!!」
♪~ おしえておじいさん~~~ おしえて~♪ アルムのもみの木よ~♪
頭の中にこの歌が流れている・・・・のではなく、 
    車内で大声で歌っていたのは・・私です(笑)
その横でハンドルを握りながら、
「大きい犬と一緒に 教会に行くんやんなぁ~♪」 とパパ・・・・ ん・・・???
「パパ・・・・それ・・・”フランダースの犬”やし・・・・(ハァ~苦笑)」

心配していたお天気は、 正直、 晴天と曇り・雨が半々でした・・・・ ↑の写真は晴天の時のものです・・・(苦笑)  一日中、傘が手放せない日もありました・・・・
我が家が滞在したのは、名峰アイガーのふもとのグリンデルワルトと マッターホルンがシンボルのツェルマットの2箇所です。


★ ホテル 

~ グリンデルワルト ~
c0048899_218481.jpg泊まったホテルはシャレーのかわいいホテルです。 駅からは少し歩くのですが、ベットに横になりながらアイガーを見ることができる絶好のポジション♪ オーナーの女性も親切だし、角から角まですべてが行き届いていました!! 何がびっくりってお掃除が完璧!!! 小さなキッチンつきの部屋にしたのですが、食器もお鍋もすべてそろっていて、シンクもその周りもピッカピカ!!
ほんとにサイコーでしたァ~♪ お薦めです!!

Hotel CABANA

~ ツェルマット ~

c0048899_21263989.jpg駅から15分弱歩きますが、荷物があるときはホテルが送迎してくれます。 今回、駅から電話したら
「うちの電気自動車が故障してるので、タクシーで来てください。支払いはしますから・・」
とても親切な紳士的なオーナーでした。 
ここも部屋からマッターホルンが見えました!! 着いた日は曇っていて、どこにマッターホルンがあるのかすらわかりませんでした。(笑)
ホテルの庭に ミニゴルフがあり、宿泊客は無料で遊べます。 ねえねと私が挑戦しました♪
ここも清潔で居心地のいいホテルでした♪

Hotel Dofour


*********** ② へ 続きます・・・・

★★ 追記 ★★

お騒がせしました洗濯機ですが、どうも私のふた(ドア)の閉め方に問題があっただけのようで、旅行後、大量の洗濯物にも精力的に働いてくれています・・・・ 
お騒がせ致しました・・・(謝)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-02 20:19 | お出かけ

映画へ♪・・・ でも日本語

映画配給会社と領事館主催の子供向け日本語映画の上映会に行って来ました。 
今年は ドラえもん♪"のび太と恐竜 2006”  
c0048899_123165.jpg実はちゅみのお気に入り映画のひとつです。 と言っても、彼女がいつも見ているのは、日本でテレビで放送されたものを録画したビデオ。 

2年前にもドラえもんの映画の上映会がありました。 どうもスペインで日本の映画を公開する年は、映画配給会社の好意で無料で日本語での映画上映会を開いてくれるようです。 

一昨年よりもお客さんは少なかったです。 広くてきれいな映画館の中央のいい席で見ることができました。 やっぱり大きな画面はいいですね~♪ 音響もいい♪ 
ちゅみと一緒に何度も見た映画なので新鮮味はなかったのですが、編集されてしまった微妙な部分を楽しむことができました♪(笑)
宣伝が足りないのか、バカシオネスという時期が悪いのか、観客が少ないのは残念です。ひとり、スペイン人らしき女の子・・・ 高校生ぐらい?・・が見ていました。 嬉しく感じました♪
日本人限定の上映会ではないのですが、日本語のみの映画に興味を持ったり、行ってみようと思う人は多くはないですよね・・・・ それに・・おそらくスペイン語での案内などはされてないでしょう・・・・

ねえねはお友達と楽しみました♪ 
ちゅみは、お気に入りのはずなのに・・・やっぱり途中で飽きてしまいました・・・(苦笑)

日本語でも飽きてしまうのですから、スペイン語の映画なんて・・・やっぱり無理か・・・と思い知らされました。 実は"シュレック3” 行きたいなぁと思っていたのです・・・・(苦笑)
辞めておきます・・・・・(苦笑)

映画の後はいつもの買出しへ・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-08-26 01:03 | お出かけ

Port Aventura 再び

c0048899_7472566.jpg今年二度目のPort Aventuraへ行きました・・・・ 私が前回滑ることができなかったスライダーのリベンジのためではありません(笑) パパさんもかなり気に入ったという大きなバックボーンがあってのことです(笑)  1ヶ月前、ちゅみはまだまだ水のカーテンをくぐることもできず、最後にやっと・・だったのですが、今回は最初から猛ダッシュ!!!
 ”地球侵略をもくろむ宇宙人”ではありません。  
やる気満々のちゅみです。
日々のプールであまりに真っ黒になるので、お子様ラッシュガードを買いました・・・(苦笑)



c0048899_7444718.jpg
波のプールも今回は堪能しました♪ 
ここの波・・・ 日本でよくある”波のあるプール”とレベルが違う・・・・(苦笑) 
小さい子供が親の付き添いなしにちょっと深いところに進むと、監視員のお兄さんからピーーーーッと注意をうけます。 
の頭はねえねです。これは午前中、11時までに撮った写真なので人も少なく、波もまだ穏やかです。 11時を越えると人が続々と増えてきました。 
午前中よりも午後の方が波が高く、間隔がせまくなったように感じたのは気のせいかな?いやぁ~ ほんとに絶対高くなりました!(笑)  ほんとの海みたい!!
大人が遊ぶには丁度いいのですが、肩につける浮き輪をつけたねえねも、まわりの人の大きな浮き輪にはさまれ押され、ちゃんと監視していないとちょっと危険・・・・ 
でもそれぐらいのスリルが楽しいのですが・・・・(苦笑) 
去年やっと海の波を楽しめるようになったねえねは、今年”波”を制覇?しました(笑)

さすが8月のバカシオネス本番の時期。 駐車場の開門も早かったし、開くもの早かったような・・・・?? 人出も多かったです! でも不思議と日本のような”芋の子を洗うような”状態にはなりません。 プールの施設が広いことやプールより海を好む人が多いこともあると思うのですが、 日本人はプールに来たら、ちょっとでも遊ぼう!泳ごう!元をとろう!としてしまいがちですが、こちらの人は、水中にいる人と同じぐらいの人が、プールサイドのベッドチェアーでくつろいでいます。 本を読んでいたり、寝ていたり、焼いていたり・・・・・楽しみ方が違うんだなぁと改めて感じました♪

ぷぷぷ(笑) 今回は私もスライダーを楽しみました♪ ちょっとだけですが、満足♪
スライダーなどは入ってすぐ空いているうちに滑るのがベストです!(笑)
やっぱり・・・・私はまだまだスリル系?が好きみたいです♪ 

c0048899_8587.jpg

前回気がつかなかったのですが、こんな看板を見つけました。

”UNIVERSAL STADIO JAPAN 10431km" と書かれていました。
そうかあ・・・・ 大阪から10000km以上離れているんだ・・・・
こんなところで『大阪』を見るなんて、不思議でちょっと嬉しかったです♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-08-11 23:46 | お出かけ

近場でヒット! コロニア・グエル教会

c0048899_334998.jpg

アントニオ・ガウディの未完の最高傑作とも言われている、コロニア・グエル教会へ行きました。 自宅から車で20分足らず、我が家が週末利用する大型スーパーの近くにあります。 買い物の前にちょっと寄り道してみました。(笑)

サイトやガイドブックで写真を見たことはありました。 でも今までさほど興味を持たなかったのですが、実物を見てかなり感動しました! 
c0048899_342690.jpg贅沢にもヨーロッパの教会(大雑把な括りですが、カテドラルであったり、寺院であったり・・・(苦笑))は食傷気味なのですが、ここは斬新で新鮮で、どこを見てもガウディ!という確固とした存在感がありました!
教会内は撮影禁止なので、写真はないのですが、中もほんとにすてきでしたぁ! ステンドグラスの窓も、礼拝用の椅子も、何よりその天井!! 建築についての知識が薄いのでパンフレットの説明を読んでもよくわからないのですが、どうも画期的なデザイン?工法?なのだそうです!! 難しいことが理解できなくても、独特の雰囲気と 思わず 「かわいい~♪」と叫んでしまう個々のデザイン。 面白かったです!!!
c0048899_345133.jpg
c0048899_384353.jpg











ガウディに造形の深い方ならもっともっと掘り下げて鑑賞できるんだろうと思います・・・・・(苦笑) ミーハー程度の私は、このステンドグラスの窓に感動しましたぁ!!! ガラスが斜めに動いて開くようになっているんです!!!  
2004年のガウディ年のために、コンクリートで作られた部分は多くの非難を浴びているようですが、今の姿しかみなければ、十分楽しめました♪


c0048899_352362.jpgこの教会のあるコロニア・グエルは、ガウディのパトロン?のグエルさんが繊維工場に始まり、その周りに学校、医院、劇場、従業員の住居などひとつの村をつくったのだそうです。 町の中にはすてきな建物がいくつもあり、いい散歩コースになります♪ だだし・・・・真夏は避けることをお薦めします・・・・(苦笑)



c0048899_38212.jpg→こちらにはガウディの散歩道という名前がついていました。 木陰が多くて気持ちいいいのですが、やはり真夏の真昼間の日差しは防ぎきれません!!!(笑)



Colonia Guell インフォメーションセンター

Claudi Guell s/n Colonia Guell , Santa Coloma de Cervello
tel : 93 630 58 07

教会の見学  :  大人 4 ユーロ

** 教会を見学するためのチケットはこのインフォメーションセンターで購入します。
  ここには日本語のパンフレットもあり、展示物にも日本語表示があります!! 
  画期的!!(笑) 
  私が必死に読んだパンフレットはもちろんこの日本語のものです!!
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-08-05 03:05 | お出かけ

ドライブが大冒険に!??

c0048899_21404782.jpg

真夏日と熱帯夜の続く週末、久しぶりに山の方へドライブに出かけました。
いざ Parque Natural del Cadí-Moixeróへ!バルセロナから車で2時間程度です。
標高1000m以上なのですが・・・・暑~い!!!(汗)
緑の少ない岩肌の見える山が続きますが、日常とかけ離れた景色は気持ちいいですゥ~
c0048899_21322520.jpg
この山はちゅみにより、『うさぎさんの山』と名づけられました(笑) ウサギの耳に似ているからだそうです。そのままやん・・・(苦笑)  
日差しはギラギラなのですが、渡る風はさわやかでした♪ 

c0048899_21382627.jpg山間部にはほんとに小さい村があります。 村以下・・・村落もありました。 確かにそこで生活されてる方がいます。 洗濯物が干してあったり、家畜がいたり・・・・ 
「お買い物・・・大変やろうなぁ・・・ 買い忘れた時悲劇やなぁ」と思わずつぶやいてしまいました。 何年、何百年も前から変わらない時間が流れているんだろうな・・・と思いました。 とてもすてきな村々なのですが・・・私は住めません。(苦笑)

途中の村で休憩し、小さな村を散策。 さぁ バルセロナ方面へ戻ろうか・・・ と地図とにらめっこ。
山道が続くとねえねが車酔いするので、あまりクネクネしていない道を選び進みました。
c0048899_21385242.jpgが・・・・ 途中、舗装道路が終わってしまった・・・いわゆる”ガタガタ道”。 4WD車でないので時速20kmが限界!!この道・・あり???
道路マップにはちゃんとある道です。 ただ気になるのは、地図上白で描かれた道だということ・・・(苦笑) この白い道は 当たりはずれが激しい・・・・・・ 
ちょっと怖すぎ!!!
この写真はまだ状況が良い方なのです。 一番悲惨な時は写真を撮る余裕すらありませんでした・・・ ワダチもなく、砂でなく石がむき出しで、おまけにところどころ落石も・・・・(涙) ガードレールがあるはずもなく、崖・・・(恐)  「ちょっとパパ、もっと山側走ってよっ!! 滑り落ちそう!!!」
ひき返すには進み過ぎました。 多少のことでは動じないパパですら、「ちょっとヤバないかな?」と言い出しました。  
そういう状況の時に、パパと私の間で必ず登場する話題が、『邦人家族行方不明!』という新聞記事の見出し!(笑)  ここにドライブに行くって誰にも言ってきてないのに、もし車ごと崖から落ちたら~?!!!  さっき買い物したバルで目撃情報があるかもっ!!! さすがに東洋系の家族の観光客は珍しいかも! 

ヒェ~!!!!(絶叫)

そうこう言いながらも、私と子供はけっこう楽しんでたりしました♪ 「パンクだけは嫌やで!」と勝手なことを言いながら・・・・(笑) パパは運転にかなり気をつかったと思います。
結局 20km近くこんな道を走り、やっとのことで舗装道路になりましたぁ (バンザーイ!)

でも怖かったぁ~~~

皆さん、 ロードマップに載っているいるから・・と過信してはいけません! 私有地内の道路の場合、交通量が少ないと ”野生の道路”です!!!!!

c0048899_21391876.jpg**
結果的にはびっくりするぐらいクルクルした道でしたが、ガタガタ道だったためねえねは車酔いせずに済みました。 車酔いする方の為にご紹介させていただきます。(笑)

Parque Natural del Cadí-Moixeró内の Saldesから  La Seu D'Urgell方面へ抜けるときは、B-400を最後まで進んでください。きちんと整備された片道1車線の道路です。でももし途中Montan経由の道を選択すると・・・・この道を通ることになります・・・・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-07-30 21:39 | お出かけ

夏の風物詩~エスパーニャ広場の噴水ショー

バルセロナのエスパーニャ広場にはりっぱな噴水があります。
夏場、夜9時半から30分おきに音楽に合わせて噴水のショーが見られると言うことは聞いていたのですが、行った事はなく・・・・(苦笑)
初めて見に行きました♪


c0048899_18171961.jpg
人が多いよぉ~とは聞いていたのですが想像以上!! 観光バスまで何台も来ていました!!カタルーニャ美術館に続く噴水近くの階段は人で埋め尽くされていました。 美術館の建物の後ろからは夜空に向けてサーチライトのようなライティングもされていてすてきでした。
(私のカメラでは暗闇に動く噴水の撮影はこの程度が限界でした・・・・(苦笑))

c0048899_18161816.jpg

ショーは音楽に合わせて噴水が踊ります。(笑) 色も変化し、水の勢いも方向も高さも変わります。まさに踊っているみたい!!!!
音楽もポピュラーなクラシック音楽なので聞いているだけでも楽しい♪
ねえねも 「あっ この曲 ”純情きらり”で弾いたはった~♪」 と喜んでいました。

c0048899_18182767.jpg⇒写真の白い陰は 火の玉ではありません(笑) 
風下にあたる場所から見ていたので、水滴がかなり流れてきていたのです。強いフラッシュで撮影したら、こうなりました・・・・(笑) 私たちより前の方、噴水近くで見ていた方はびしょぬれかもしれません。 それを楽しんでいる風でした(笑)

この日はかなり涼しくて、ねえねは「寒い!!!」を連発していました・・・ ショー見学にはちょうどよかったのですが、濡れる場所はつらい・・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-07-22 18:16 | お出かけ

ポルト・アベントゥーラへ

Port Aventuraに行って来ました♪
遊園地とプール、ホテルが隣接する大型娯楽施設???です。
お友達から 「楽しかったぁ~!!」と聞いていたので前から行きたいと思っていました。

バルセロナから車で1時間半ほど、水が冷たいのは覚悟の上で朝一番に行きました。
開園は10時・・・ 9時半前に着くとまだ駐車場も開いていませんでした。入り口の前に車の列・・・・ そのナンバーは、スイスあり、フランスあり、ドイツあり国際色豊かでした!
c0048899_20194190.jpg

水は冷たいけれど、午前中はどこもすいていて乗り放題!滑り放題!!

c0048899_2015334.jpgc0048899_2016371.jpg








子供ではなく、私が一番楽しみにしていたのは ”スライダー”!!!
ねえねも9歳になったし、ちゅみは無理でもねえねとふたり楽しめるかも♪とかなり楽しみにしていました。 とりあえず、一回目はパパと♪ということでふたりでスライダー系を2つ攻めました!(笑)  一番スリルのある、6人乗りの丸いボートで滑り降りるタイプ!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゴールエリアで待ち構ええていると・・・・・ ねえね絶句・・・・ こわばった顔・・・・(苦笑)

「もう嫌や!!!!」

↑のスライダーは・・・・だいじょうぶよね♪ もっと小さい子も乗ってるしっ!!

でも ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ こわばった顔・・・・・ 「もう乗らん!!!!」

ガーン!!!

その後、我が家はもっぱらお子様エリアで遊んでいました。
時々、流れるプールで4人で流れてみたり、波がない波のプールで遊んだり・・・・

それでも帰るところはお子様エリアでした ↓
ねえねはほんとに楽しそうに走り回って滑り台をすべって、上って降りてしていました。
c0048899_2017123.jpg

ちゅみも最初はシャワーのカーテンがくぐれず、滑り台にたどり着けませんでしたが、途中から自信がついてこれまた絶好調!

お子様エリアもダイナミックバージョンと幼児バージョン?に分かれているのでねえねとちゅみはそれぞれバラバラに遊びます。 ダイナミックバージョンはほんとに 『ダイナミック』(笑)
定期的に一番上の樽にいっぱいになった水がトバーッと流れます!! 日本にはないダイナミックさです・・・ 小さい子なら、その勢いで間違いなく転んでしまいそうな・・・(苦笑) でも確かに楽しい~
結局パパと私は、監視員のお姉さんと同じく、プールの端に立って見失わないようにふたりを監視・・・・・ パパはまた肩ばっかり日焼けしました。(苦笑) 私はラッシュガードを着込んでいたので肩は無事でした♪(大人でラッシュガードを着ていたのは私以外にたったひとりだけ・・・(苦笑)) でも顔は・・・・日焼け止めは塗ったけど、シミが全開!!(号泣)

ふたりとも 「楽しかった♪ また行きたい♪」と堪能したようでした♪ よかった♪
おとなも十分楽しめます! 
でも・・・ まだ私がスライダーを堪能できるようになるには
                あと数年かかりそう・・・・(苦笑)
ねえね!来年はがんばれ!!!  がんばってほしいっ!!! BY 母


****

どのプールにもたくさんの監視員の人がいました。 ほんとにきちんと監視していました!
危険なことやルール違反の行為をすると笛を吹いて指導! 
スペインで珍しく?というと怒られるかもしれませんが、ほんとにきっちりと細かく行き届いていました。

ロッカーもトイレも数が多く、清潔でした。 シャワールームもあります。 我が家は家族用の大き目のロッカーを借りました。 最初に7ユーロ払って鍵を借り、開けたり閉めたりはし放題です。帰りに鍵を返すと3ユーロ戻ってきます。 開け閉め自由のロッカーは子供連れの場合はほんとに助かります♪


PORT AVENTURA

10:00~24:00   

プールエリアの入場料  大人 20   ユーロ
                子供 16.50 ユーロ 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-07-08 20:16 | お出かけ

カルドナの塩山へ

c0048899_20562311.jpg

バルセロナから一番近いパラドールで有名なカルドナへ行きました。
残念ながらパラドールに優雅にご宿泊♪ というのではなく、その前にある 
Parc Cultural de la Muntanya de Sal (カルドナの塩山公園??)の見学が目的です。以前パラドールを見学に行った時、時間がなくて見ることができなかったのです。

まず ジープのような車に乗って、塩山の入り口まで行きます。”妊婦さんはひとことおっしゃってください♪”という注意書きの通り?? 強烈な揺れです!!(笑) 
ちゅみとねえねはこれだけは大騒ぎでした。
c0048899_20535340.jpgc0048899_20541286.jpg

← 
こちらが入り口です。
まわりの白い物は
雪ではなく、
”塩”です。 


12~13人のグループごとにガイドのお姉さんがつきます。 今回私達のグループは、アルゼンチン人、アメリカ人、私たち日本人の混合チームでした(笑) でも、アルゼンチン人の人がスペイン語しかわからないということで、ガイドはスペイン語になりました・・・ カタラン語でなかっただけラッキーでしたぁ!!! 構内はヘルメットを被り、歩いて進みます。 勝手に写真と撮ることは許されず、撮影ポイントがありました。 
c0048899_20545667.jpgちゅみとねえねはまずヘルメットを被るだけでブツブツ・・・(苦笑) 入らないだの、グラグラするだの・・・  我が家はお子様用でなくてもいいんですけど・・・とよー言えなかった母のせい??(苦笑) お子様用を思いっきり広げて頭に乗せておきました!

説明がスペイン語なので理解できる部分の方が少ないのですが、おもしろかったです!
岩肌も白いし、ところどころ天井から水(塩水)が滴り落ち、また塩の塊を作っています。
アメリカ人のお兄さんは壁をなめてました・・・(笑) 礼儀作法に厳しい日本人の私は、高い位置の岩盤を指でなぞって・・・なめました!!(爆)

c0048899_20543777.jpg

塩辛さの中に甘さを感じる、上物でした!!!
1990年までは採掘?されていたそうです。 
鍾乳洞とも違う・・・でもとても美しい自然の造形にびっくりでした♪ 


ちゅみとねえねは、グループ唯一のお子様ということで、
”どうぞ 前へおいで!” とか "ここがよく聞こえるよ”と親切にしていただいたのですが、 ガイドのお姉さんの真正面で聞いても、理解できないので・・・(苦笑)
でも お姉さんも他の観光客のみなさんもとても親切で気持ちのいい楽しいツアーでした♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-07-02 20:55 | お出かけ