カテゴリ:お出かけ( 115 )

山手の公園で・・・

久しぶりに朝から気持ちのいいお天気になった週末、山手のオレネタ公園へ行きました。
ほんとはちょっと遠出がしたかったのですが、出足が遅れたことと、
ねえねが 「いつもパパとママのお出かけばっかり!(怒) 公園に行きたい!! 」と猛抗議・・・・ 負けてしまいました・・(苦笑)
c0048899_32461.jpg

こちらが今回入った公園の入り口です。 
元はお城があったということを初めて知りました! 
城跡が残っていました! 
けっこう急な坂をしばらく登ると、
バルセロナの街が一望できる場所もありました♪

c0048899_33126.jpg

もっと上まで登ればもっとよく見えたと思うのですが、その前にお子様スペースに着いてしまいました・・・・(苦笑)
c0048899_334778.jpg遠くからでもその存在がすぐにわかるポニーに、ちゅみは猛ダッシュ!!!
動物さん臭の嫌いなねえねはそばにも寄り付きませんでした(笑) 10時から2時まで乗せてもらえるようなのですが、2時前にもかかわらず、もう係りの人はいませんでした。(??(笑))

お子様遊具スペースは、スペインのランチタイム前だったのですごい人でした! 大量の家族連れ・・・・ それでも彼らにとって大切な日曜のランチタイムが近づくとだんだんと帰路につく人が増えてきました。 
そんな込み合った公園では、いつもねえねがちょっと控えめ?というか、尻込みしてしまいがちです。 遊びたい遊具に並ぶのですが、横入りされても何も言えず(スペイン語のできない彼女にとっては仕方のない悲しい選択なのですが・・・)、 ”この子が先に並んでた”と言ってもらっても引き下がってしまう・・・・・ 親としては見ていてせつなかったり、ちょっとがんばり!!と言いたくなったり、複雑です。 順番抜かしをする子もいれば、ちゃんと言ってくれる子もいるのですが、ねえねにとっては厳しいところがあります。

スペインに来た6歳のころのねえねは、「ママ! スペイン語で一緒に遊ぼう!ってどう言うの? 」と聞いてくるほどオープン?で積極的でした。 でも今は・・・・
これは性格的なことだけでなく、年齢的な変化もあると思います。 性格が変わったというよりも、年齢が上がって、いろいろなことを理解するようになって、考えてしまうようになった。 コミュニケーションの取り方も変わってきた。ということかなぁと思いました。 尻込みしているばかりでなく、うまくちゅみを利用して?(笑) スペイン人の中に入ったり、親もびっくりするような大胆な行動を取ったり・・・・・ 不思議です。
そんな彼女の行動を遠くから見て、気をもんでイライラしたり、悲しかったり、腹を立てたりしているのは私の勝手で、ねえねはさほどに思っていないのかもしれません・・・・
そんなねえね、最後には希望の遊具で遊び、ご満悦でした♪ 

その帰り、某有名ファーストフードMでの出来事。 ほとんどのレストランが閉まっている日曜日のお昼、案の定、なかなか進まぬ長蛇の列・・(苦笑) ちゅみとふたり、先に席をとって待っていました。 私がちょっと席をはずして戻ってみると、ちゅみがスペイン人の男の子にナンパされていました。(爆)  ”ちゅみ~♪”と親しげに呼ばれていました。(笑) 恐るべしちゅみ!!! 12歳の男の子にすっかり遊んでもらっていました。
外国人の子供にも臆せずに声をかけるスペイン人の子供、やっぱり恐るべしです!!
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-11-26 03:04 | お出かけ

ガリシア~アコルニャ

c0048899_18273663.jpg

c0048899_1828470.jpg海沿いの 
A CORUNA(ア コルニャ)
という街にも行ってみました。 見慣れた地中海とは違う、日本海を思い起こさせる海でした。 実はこういう海の方がすきなんです♪
街のはずれの ヘラクレスの塔です。 雨が多いと聞いていたのですが、快晴でとても気持ちのいいお天気でした! でも、やっぱり当然バルセロナとは違って気温が低いっ!!
特に朝!!
でも日差しはきつい!!!
・・・・ 日焼け対策と乾燥対策を怠り、辛い目に合いました・・・・(苦笑) 
お子様たちは、広い草原に放し飼い状態で、上着も着ないで走り回っておりました・・(苦笑)
放し飼いには絶好の場所でした!!

c0048899_18374149.jpgガリシアといえばやっぱりたこ!! 
頂きました!! 2回ほど!!!(笑) 甘みもあっておいしいのですが、歯ごたえが・・・・?
本場で2度食べてどちらもやわらかい・・・やわらかすぎる・・・・
個人の好みの問題なのかもしれませんが、私は身が適度にしまって歯ごたえのあるたこが好きです。 ちょっと予想外・・・・(苦笑) でも、ちゅみでも食べられそうなたこでした♪
ねえねは 揚げたチュピロネス♪が好きです! 
小さいたこ・・・のはずだったのですが、こちらのは大きかった~! これも予想外・・・でもお味は良かったです!!!!

我が家は私以外はあまり海鮮を好みません。 メニューがいつも決まってくるのです。 私一人で注文するにはちょっと多いし、食べきれずに残すのは・・・となるとやっぱりみんなで食べられる物ばかりになるのです。 今後、少しづつ好みの幅が広がってきているねえねを”食育”していこうと思います!!!!♪

 ・・・・・ もう パパへの食育はすでにあきらめました・・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-11-14 18:35 | お出かけ

ガリシア~サンティアゴ・デ・コンポステーラ

c0048899_1954254.jpg

パパがずっと行ってみたいと言っていた、スペイン北西部、ガリシア地方のサンティアゴ・デ・コンポステーラへ行きました。 中世、ヨーロッパ各地から聖ヤコブが祭られているこのカテドラルを目指し、1000kmにも及ぶ道を多くの信者が巡礼の旅に出たのだそうです。そのゴールとしてあまりに有名です!(有名なのだそうです・・・・スペインに来て初めて知りました・・・(恥)) 今までいろいろなところのカテドラルを見てきましたが、こちらは別格! 一見の価値ありと聞いていました。 外観から圧巻でした!! とても大きく厳かで、私にさえその歴史の長さと重さを感じさせる雰囲気がありました。 
c0048899_21532986.jpg

ちょうど私達が訪れた日曜の10時、ミサが行われていました。 多くの信者の方が静かな祈りをささげていました。 観光客は邪魔にならないように見学できます。でも他の教会やカテドラルとは特段に違う独特の雰囲気で、ミーハーな観光気分で立ち入っていいものかとちょっと躊躇しました・・・・  フラッシュは禁止なのですが、パシャパシャ撮影している観光客のおじさんの横で静かにお祈りをするおばあさん・・・・ 申し訳ない気がしました・・(苦笑) 

さすがのちゅみも走り回ることはしませんでした・・(当然・・(苦笑)) パイプオルガンの大きくて重い音色と賛美歌が響き、子供がいなければずーっと静かに見ていたと思います。

カテドラルを出ると、何やら昔の兵士?の井出達のおじさんたちを発見! 
c0048899_22261561.jpg後についていってみると、
何やら式典が・・・??
パパが聞き耳をたてたところによると、ナポレオンが?200年前?サンティアゴに入ってきた日?
だそうです。
広場の記念プレートに献花をするみたい・・・


(調べてみました♪ 1808年、ナポレポン戦争の中で、スペイン・ポルトガル・イギリス軍が巨大なフランス軍とイベリア半島で戦争を始めたスペイン独立戦争。どうもこの日はナポレポンが侵攻してきた日だったようです・・・

c0048899_1955498.jpg
号令の下、
ピシっと整列する列隊! 
でも、小柄なおじさんはガムかんでるし・・・・(苦笑) 
らしいといえば、らしいです♪(笑) 

挨拶の後、献花。
その後、空砲! 
こんな近くで実際に空砲を聞いたことはありませんでした。
あまりの大きな音にびっくりしました!
隣にいた3歳ぐらいの男の子は号泣していました。(笑)

終わって一安心していると、もう一発、強烈な音が!!!!
c0048899_19555386.jpg

実は 列隊の後には小さいですが大砲もついていました。 
まさかこちらも発砲されるとは思いませんでした!
ほっと一息ついたときの爆音は、不意をつきびっくり度倍増でした!



c0048899_19561649.jpg

思わず、「キャー!」と声を上げんばかりの爆音! 
地響きもしました!
耳がツーンとなりました!
硝煙もあがり、ねえねもちゅみもびっくりしていました。 
でもびっくりしたのはふたりだけでなく、まわりの人たちも皆が同じでした!(笑)

今回泊まったホテルは、カテドラルから徒歩圏内。
夜のライトアップを楽しみにしていたのですが、夜の散歩の出かけ直後、ちゅみの一言
「ママ・・・・ お腹痛い・・・・う○ち・・・・」 
「えっ!!!??????? 我慢できひん??」
「無理っ・・・・・」
・・・・・ がっかり・・・・
風邪気味のちゅみを引きずり回りしているので仕方がありません・・・・(苦笑)
こんなものです・・・・(ウルウル)
子連れなんて・・・(涙)
昼間ならまだしも、体調もベストでない夜のおトイレ・・・・ ホテルにダッシュで帰ったのは言うまでもありません・・・・(苦笑) 気温も低いし再度のお出かけはあきらめました・・・・

ホテルの窓からカテドラルの尖塔の先をちょっと覗いて終わりました・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-11-12 19:56 | お出かけ

またまた絶壁系の村!

c0048899_19135517.jpg

また”絶壁・絶景系”??の村へ行ってきました。 
こちらもバルセロナから車で2時間。
SIURANA という小さな村です。
c0048899_19143697.jpg ホントに岩山の上に小さく寄り集まった集落・・・・絶景でした!
周りはロッククライミングのポイントらしく、ところどころでクライマーの姿を見かけました。
村は、片道1車線の道路からまた細い道をくねくね7km。 その村へ続く1本道を進みます。
このくねくね道は、ロードマップ上でも黒い線でしかありませんでした・・・・ 最初、地図上で道だとわからず、反対に廻り込んで湖に道を遮られてしまいました・・・(苦笑)
タラゴナ近くのREUSの北、C242をAlbarca方面へ。 ”Siurana→”という看板が出てくるまで耐えて走り続けます!途中、我慢できずにちょっと広い道路で曲がってしまうと行き止まりになります・・・・(笑)

c0048899_19161423.jpg
集落の周りはホントに崖!! 
右も左も崖!!!
走り出したら止まらないちゅみは危険でしたぁ!!! ちゅみはまだなんとか”危ない!!”ということを理解できる歳になってきましたが、これより小さくて自分で走り回るお子様にはかなり危険です!!! 要注意です!!!


c0048899_19155644.jpg
景観を損ねるフェンスがないのはいいのですが・・・・・ 高度恐怖症の方は無理です。(笑)
私の足の下は崖です・・・・・ 
お子様でなくてもひとたまりもありません・・・・(冷汗)
そういえば・・・ 子供の住民の姿は見かけませんでした・・・・ やっぱり年寄りが多いのでしょうね・・・ 


変に観光案内などがないので、ほんとに普通に生活されてる村に、観光客の私たちがちょっとお邪魔する・・・という雰囲気でした。 見学に行く方はいいですが、来られる方はうっとおしいだろうと思います・・・・ (苦笑) 

c0048899_19153214.jpg

村はホントにレストランが1軒、
バルが2軒ほど? 
1星の小さなホテルがありましたがほんとに小さいです。住んでいる人よりも観光客が圧倒的に多いです(笑) 静かな村の道を大声で騒ぎながら走り回るアジア系の子供二人・・・・ 
住民の方にはとんだ迷惑です・・・(苦笑)





c0048899_1915356.jpg買い物に出るにもちょっとした道路にでるのに数十分かかる・・・ これといって娯楽があるわけでもない・・・
でも、村の外れの絶景ポイントに座ってボーッと景色を眺めていると落ち着くだろうなぁと思います♪ 
ただし・・・・

子連れでは不可能です!!!!


景色以外何もないと言ってしまえばそれまでですが、 またまた印象深い村を見つけてしまいました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-29 19:16 | お出かけ

断崖絶壁の村 ~ カタルーニャ編

またまたお友達情報で、Castellfollit del a Rocaという村に行って来ました。 バルセロナから車で2時間ちょっと。 
パンフレットを見せてもらっていたのですが、村に到着したけれど、頭の中に思い描いていた風景がでてこない・・・・・(苦笑) 

道を間違え、下り坂を降りてみると・・・・

でました!! これ↓が見たかったのです!!!

c0048899_18121519.jpg



c0048899_19121097.jpg
新しくできた部分はいわゆる普通の田舎の村?なのですが、昔からあるエリアはちょっと異なります。
道幅もせまく、建物の壁も窓も朽ち果てた風のところが多く、おそらくずっと変わらぬたたずまいを残しているんだろうと想像できます。 観光客として訪れるには趣があってとてもすてきな場所ですが、いざ暮らすとなると大変だろうなあと思いました。
外国からの観光客が多く、団体旅行の人は見られませんでしたが、15人程度のイタリア人グループや、フランス人のファミリーなど、他の場所ではあまり見られない国際色豊かな村でした(笑)  ちゅみによると、「さっき また”ウィ”の子、ふたりいたわ・・・! 」 (→ ウィはフランス語のOui (はい)  ちゅみの中では、ウィの子 =フランス人の子 なのです。)
フランス人が多かったようです・・・(笑)

村のはずれの教会のように見えた建物に行きました。 教会ではなく、中は村の公民館のようになっていました。 でも塔には登ることができ、村の様子が一望できます。
ここからの景色はまたすごいです。 建物の反対側はすべて崖・・・・(恐怖)
洗濯物を飛ばしたら、下の川まで落ちていきそうです・・・(苦笑)
c0048899_18143012.jpg


村の下を流れる川にはこんな橋がかかっていました。 そこから見上げる村もすてきでした。
c0048899_1862330.jpg
c0048899_1864310.jpg


ちょうど午後の強烈な西日でシルエットしか写りませんでした・・・・(苦笑)



うまく写っているのは、走り回るお子さまたちだけでした・・・
今回は前回の失敗があるので、川遊びは禁止としました!(笑)

正直なところ、見所がたくさんあるわけでもないし、特に特産のおいしいものがある風でもありませんが、今までいろいろ見てきたカタルーニャの村の中で印象深いもののひとつになりました。
この村の周りのエリアにはおもしろい街や自然がいろいろあるので、くるっとドライブにはいい場所だと思いました♪


パパの一言・・・
「こんなに近くに断崖の村があるんやったら、ロンダ まで行かんでもよかったやん・・・」
   注: アンダルシアにある断崖絶壁で有名な町。
      アンダルシア旅行中、私の希望でぐる~っと回り道して観光した経緯がありま
       す。

でもスケールは大分違うしっ!!!(怒)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-15 18:06 | お出かけ

Fira Barcelona

初めて、バルセロナの展示会場、Fira Barcelonaへ行く機会がありました。 エスパーニャ広場にあります。
”SON IMAG FOTO"という、デジカメやプリンター、テレビなど、写真(映像)にかかわる展示会が催されており、招待状?を頂いていたのです。
c0048899_23335037.jpgどうも招待状が無ければ入場料を払わなければならない様子・・・・・ 
一度のぞいてみたいと思っていたので丁度よかった♪ それも興味のある写真関係なので尚ラッキーでした(笑) 
会場は2箇所に分かれていて、招待状と引き換えてもらったパスを持っていれば行き来は自由のようです。 

c0048899_23341574.jpg

中は世界の名だたるカメラや映像機器メーカーの巨大ブースから、写真撮影の背景を販売している小さなブースまで面白い出展が数多くありました。 中でも、普段はなかなか触ることができないような、すごーーーい望遠レンズのついたカメラやビデオカメラに触れることが出来るのはいいです!!! ねえねも、デジカメを端から順番に触っていました(笑)
それぞれのブースではピエロやきれいなお姉さんが giveaway(宣伝用の小さなプレゼント)を配ったりしています。 ねえねとちゅみはご機嫌でもらっていました(苦笑)

写真のギャラリーのようなスペースもあり、興味深かったです。

デパートやカメラなどの量販店で見ると、日本の店頭に並ぶ製品よりも遅れている印象を受けるのですが、さすがにここは最先端でしたぁ!!! (当たり前!!(笑))

でも、写真の展示会の中で、ひときわ注目されていたのがこちらのブース。
c0048899_23454482.jpg 
まるで高級ゲームセンター??(笑)
”あなたもF1レーサー気分♪”  ついつい足が止まってしまいました(笑)
写真の展示会でなぜ?とも思ったのですが、普通のゲームセンターのシュミレーションゲームと違い、運転席から見える映像がCGでなく、リアルでした!! おそらく写真? 実映像?
いい年のおじさんたちが順番に並んで試乗していました。(笑)
確かにおもしろい!!! 


バルセロナでの最初で最後?の展示会見学は思ったよりもおもしろかったです(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-08 23:41 | お出かけ

ボイ渓谷  その2 

今回、お友達が「子供も大喜びだよ♪」と教えてくれた Boi Taull Resort 内のキッチン付のホテルに泊まりました。 本当はもっとお手ごろ価格のホテルを取りたかったのですが、連休で尚且つ直前の予約だったので満室でした・・・・(残念) お値段はかなり違いました・・・(涙)
でも とても快適なアパートメントホテルでした♪
友達の教えてくれた通り、ホテル郡の真ん中には思いっきり我が家好みのお遊びスペースが!!

c0048899_4135239.jpgc0048899_4144529.jpg
宿泊客なら無料で
← こんなことも・・・・・       
→ こんなことも出来ます!!


ミニゴルフやミニテニス、卓球などもできます。 

今回泊まったホテルにはSPAもあり、「もしかしたら、温泉に入れるかも♪」と水着まで持参していました。 部屋のテーブルの上にもすてきなSPAの宣伝のパンフレットが・・・♪

でも、ホテルで聞いてみると、お子様は不可・・・・(悲) 
16歳以上という制限付でした・・・・・ パパと順番に・・・とも考えたのですが、「温泉♪ 温泉♪」と楽しみにしていたねえねを置いてはさすがに気がひけるのであきらめました・・・・(涙)
ちなみに、 1時間で25ユーロのコースなら、 ミストサウナ、ジャグジーなどでリラックスできるそうです。

******************
c0048899_415117.jpg
ホテルのSPAがダメなら・・と 
温泉地として有名な Caldes de Boi へも行ってみました。
山間部の静かな温泉地です。
気温もバルセロナより10℃ほど低かったです。
そのお陰か、山の木々はちらほら紅葉し始めていました♪ 
以前パパが会社の方から 「いい温泉だよ♪」と教えてもらっていたこともあり、いざ!!
ホテルの宿泊者以外でも入れるようです♪
シエスタが 13時半から17時まで!!  
あらっ!! 残念! シエスタの時間にひっかかる!!! さすがに5時までは待てない!!
とりあえず、有るか無いかはわからないけれど次回の参考に聞いてみました。
c0048899_4153657.jpg
「子供も入れますか??」

”小さいお子様は・・・ NO! ”  

あらっ・・・・・(苦笑)

やっぱりダメでした。 こちらは13歳以上だそうです。 

温泉には入れませんでしたが、いつもと違うスペインの顔を見た気がするお出かけでした♪
今度こそ、家族で温泉を楽しみたいと思います♪ 
                                ↑ 温泉の建物入り口付近


*** おまけ ***
今回一番びっくりしたこと。
それは、泊っていたリゾート内のホテルのロビーで、ピソのお向かいさんに会ったことです!!
もちろん偶然です!!
お向かいさんとはいえ、活動時間に差があるし、奥さんも仕事を持っていることもあり、それほど顔を合わせる機会がありません。 こんなところで!!!(笑) びっくりです!
最初、ねえねが気づき私に言いに来ました。 お向かいさんもお嬢さんが初めに気づき、教えてくれたそうです。 すごい偶然・・・・・ 縁があるのでしょうか???(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-25 04:15 | お出かけ

ボイ渓谷 ~ Vall de Boi  その1

c0048899_1202542.jpg

お友達お薦めの ボイ渓谷(Vall de Boi)へ行きました。 バルセロナから車で3時間半程度。フランス国境近くの渓谷です。 雨が多い為か緑が深く、国境近くで宗教的にも文化的にも他国の影響を受けているため、いつも訪れれるカタルーニャの村々とはまったく雰囲気が違いました!! ここには 12世紀にこの地方を押えていたロマネスク様式の教会郡が残されています。 2000年には世界遺産に登録されています。

c0048899_115170.jpg

車で20分程度の間に7つもの教会があります。 教会だけでなくそのまわりの村も数世紀前から変わっていないのでは?と思わせる独特の雰囲気があります♪ ちょうど訪れた日が”時々小雨の降るあいにくお天気”だったのですが、かえって落ち着いた趣のある教会には合っていたように思います♪ (いつも快晴が当たり前で、ちょっと曇っていると機嫌が悪くなるのは私です!! が、今回だけは・・・・(笑))

c0048899_110575.jpgc0048899_1113979.jpg









一つ一つの教会が 1ユーロから1,20ユーロで見学できます。 5つを巡るセットのチケットを購入すると5ユーロです。 我が家はいくつ回れるかわからなかったので個別で購入しました。ただし、2時から4時までは完全にシエスタで閉まってしまうので要注意です。
 

c0048899_1104416.jpg
”ロマネスク様式”と聞いてもその歴史的背景や重要性はまったくわかっていないのですが(恥)、
今までよく見る食傷気味の教会とは完全に異なるムードですてきでした♪
必要以上に手を加えていないのも魅力でした。 


c0048899_1443963.jpg



それぞれの教会の塔は階段などで登ることができます。 でもかなり急勾配!! 塔によっては階段でなくはしごのようなところもありました。 行きはよいよい、帰りは怖い!でちゅみにはかなり大変な場所もありました。 高度恐怖症の人にはお薦めできないです(笑)



山からの豊かな水は緑だけでなく、すばらしい景観も作り出します♪c0048899_1111441.jpg
きれいな水の流れる川はなかなか自宅近くではお目にかかれません。 同然、水遊びもどきに必死になるお子様とおじさん約1名・・・・
平たい石を見つけては、石の水面ジャンプ?(なんと言うのでしょう??)をやりだしました。
ちゅみはそこらの石を川へ投げるだけ・・・・
必死に投げれば投げるほど、足元への注意は散漫になります → 結果はご想像通り・・・

靴が水の中に・・・・ → 靴の中に水が・・・・  → 靴ぐっしょり・・・(絶句)

わかっていたのに、”まっ 大丈夫でしょう!” で済ませようとしていました。 後悔です・・・(苦笑)
気温が低いことは想定して上着等は用意していましたが、さすがに靴の換えまでは・・・

ホテルのドライヤーで必死に乾かしました・・・・(苦笑)

                                  ~ その2に続いてしまいます 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-24 23:58 | お出かけ

ドライブで発見

またまた目的地があいまいなままドライブに出かけました。
バルセロナから1時間半ほど走ったところで、

あれ?? 

いつもと違う大群の放牧風景・・・
c0048899_1802731.jpg



牛はよく見かけるのですが、 こんなのは初めて!
その上、どうもその周りをワンコが走り回っている!



c0048899_646649.jpg


車と停めてみていると・・・・





山羊の群れでした!!
それもかなりの数!
c0048899_6462435.jpg

普段よく見かける放牧風景は、車道沿いであればフェンスで囲われていたりするのですが、ここは何もなし! 実際私達が車と停めた車道の反対側にも、山羊さんの落し物があちらこちらにありました!(笑)  だから 牧羊犬ならぬ、 牧山羊犬?がいたのでしょうか・・・???

じっと観察していると、山羊さんにもどうも好みの草とどうでない草があるようで、かなり”偏食”のようでした。(笑) 


** cazorlaさん  から↑は 羊ですよ~ と教えていただきました。
  羊とヤギの区別・・・ついていませんでした・・・(苦笑)

その後・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-12 06:47 | お出かけ

スイス旅行④ ~ やっとファイナル

解熱剤と長時間睡眠で、翌朝、ちゅみは元気になりました。 とりあえずパワーが戻ったし、食欲もある、いつもの”ちゅみ”と同じ・・・・なので 晴天に引き寄せられ山へ出かけました。(完全に親のエゴ・・・(苦笑))
c0048899_17533898.jpg

高速地下ケーブルカーとロープウェイで30分で登れる山、ロートホルン 標高3100m。

午前中早めだったからか、元々ツアー客が少ないのかとてもすいていました。
日本人も我が家だけでした。ゴルナーグラードとは角度も違うマッターホルンを見ることができます。 きれいなピラミッド型と鋭角な山肌がすばらしかったです。 私は個人的にはこの角度が好きです♪
c0048899_1751974.jpg
勇壮な氷河とどこまでも続く白く輝く山々!
やっぱりここは ”スイス”ですぅぅ!!!
お天気はいいのですが、気温は低いっ!! 
3℃となっていました・・・
3℃って・・・バルセロナではひと冬に数回の真冬の最高気温・・・・日向は気持ちいいのですが、だんだん指先の感覚が鈍くなってきました・・・・ 
かじかんでいる・・・・
久しぶりの感覚です。(笑) 
でも澄んだ空気が、ピーンともキーンとも肌に刺さるようで妙に心地よかったです♪
でも、それほど長時間は・・・・・
いられません・・・(苦笑)

c0048899_17582185.jpg
と、わたしが感動している間に、お子様達は勝手に 最高高度公園遊びの記録を塗り変えていました・・・・(苦笑) 
2200mのメンリッヘンから
   一気に3000m超 ! 
大記録です・・・・ (苦笑)
前夜まで体調の悪かったちゅみも絶好調! 連日の高山観光?で少々の標高には慣れてきたのでしょうか? 3000m程度では高山病の症状も全くでませんでした。 

c0048899_175047.jpg

滑り台まで完備されています・・・・・

絶景の滑り台・・・・ 
すごすぎます(笑)



************

今回、ずっと晴天に恵まれ訳ではありませんが、すてきな景色たくさん見ることができました。 行きたいと思っていたのにあきらめざるを得なかった場所もいくつかありますが、十分満足できました♪  トレッキングを十分楽しもうと思うとちゅみの年齢ではちょっと苦しいものがありました・・・というよりも、普段そういう経験をさせていないので、ちゅみには無理ということだと思います。 
あと2年ほど・・・したらもっと、【トレッキング】らしい【トレッキング】ができるかなァと思います。 でも・・・・ 恐らく もう行けないだろうなァ~ 我が家の諸事情では同じ国を2度訪問は不可能かなぁ・・・・(苦笑)

1度でも行けるだけで幸せです♪


** おまけ **

普段、バルセロナでほとんど英語を使わないパパと私・・・・ 柔軟性に乏しい私達の脳みそは、スペイン語から英語への切り替えができません・・・・ "切り替え”なんていう大それたものでなく、 ”Yes” が出てこない・・という低レベルです。(恥) 数字もどーーーしてもスペイン語が先にでる・・・・ (苦笑) 

英語で質問され、パパとふたり同時に ”Si~!!(はい)”と返事したこと数知れず・・・(苦笑)
"2 two"が 出てこなくて、”dos "を連発・・・・ パスの購入の為に書いた住所を見た駅のおじさんに、
「どうして ”dos ” になったか わかったよぉ~」 と笑われる始末・・・・

自分の脳の適応能力の低さに驚かされました・・・・笑い話のネタでなく、かなり”ヤバイ”レベルです・・・問題は深刻です・・・(苦笑) 


いろんな意味で、多くのことを知る旅となりました♪(笑)  
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-09-04 17:51 | お出かけ