カテゴリ:お出かけ( 115 )

ねえねの初フラメンコ

先日、
ねえねはパパと日本から遊びに来ていた親戚と一緒に、
初めてタブラオでフラメンコを見てきました。

通常、タブラオでのステージは夜の10時・11時スタートというのが当たり前で、
早寝早起きのねえねには辛すぎる時間設定でした。
ガイドブックにも載っている今回のタブラオでは、
8時15分からというステージがあり、急遽ねえねも一緒に行くことになりました。

c0048899_7103720.jpg


残念ながら私はちゅみと一緒にお留守番・・・・・ 
でも、写真を見て思い出したのですが、
私が大学の卒業旅行でバルセロナに来たとき、
同じこのタブラオで初めてフラメンコを見ました! 
あまり昔のことなので、お店の名前だけではピンときませんでした (笑)

どこで見たのかわかりませんが、
ねえねは,以前からフラメンコの床を踏み鳴らす足さばきに興味を持っていて、
よくピソの玄関で、私のローヒールのパンプスを履いて、床をタンタン鳴らしていました。

彼女曰く、
「ねえねは フラメンコできるねん!! ほら!!」  (床をタタタン、タタタン) 

・・・・・ (汗)・・ 彼女の"自信”には驚かされます・・・・・ある意味うらやましい・・・(苦笑)

でも、
実際にフラメンコを見て帰って来てから、
一切その遊びをしなくなりました。

理由を聞いてみると・・・・

「ねえねはあんなに大きな音よ~鳴らさんねん。 足も疲れるもん・・・
 ねえねはフラメンコの人にはなられへんわ・・・」

彼女の"自信”がもろくも崩れたようです (笑)

私は、アンダルシアで本場?のフラメンコを見てみたいなぁと思います。♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-04-01 07:11 | お出かけ

今シーズン最初で最後の雪遊び♪

パパの知り合いの方に連れていただいて、
バルセロナで初めての雪遊びに出かけました。
車で2時間ちょっとでしょうか? 
La Monilaまで片道150kmのドライブです!

c0048899_834314.jpg

パパと私も若い頃は少々スキーをたしなんだのですが、
自分の努力不足を棚に上げ、上達しないので引退??させていただきました。(苦笑)
でも、子供っていう生き物は雪が大好き♪
日本にいるときから、毎年雪遊び程度には出かけていました。
今シーズンは、バルセロナへの引越しがあったため、あきらめていましたが、
なんとかぎりぎりセーフ!!!

車にタイヤチェーンの必要もないし、
スキー用の装備でないパパとわたしでも、ふもとのそり遊びのスペースやゲレンデのはずれであれば十分遊ぶことができました。
今日は快晴! 風もなく雪遊びの付き添いにはもってこいでした♪

ねえねとちゅみは、もってきたお砂遊びのセットで雪遊び!
なだらかな斜面でそり遊び! 
雪を集めて、「ママ かまくらやで~!!!」
と、3拍子そろってそりゃもう大満足!

c0048899_8203590.jpg


でも来シーズンは、スニーカーでなく、スノーブーツぐらいは購入しようと思いました。
さすがにつるつるの底のスニーカーでは、
吉本新喜劇もびっくりのずっこけをご披露しそうになるのです。
子供たちにはそれなりの靴を履かせていたので、
私がねえねにしがみついて、
何とか赤っ恥をしのいだと言う場面もありました・・・・あぁ~危なかったぁ・・・(笑)

でも、初めて訪れたスペインのスキー場でも驚きいっぱいでした!

まず、大の大人が、大きなビニールシートに何人も乗っかってそり遊び!
これが強烈!
まわりの子供に

「ごめんよごめんよ!! どいてどいてぇ~!!」
(おそらくそのようなことを言っていたと思われます(笑))

と道を開けさせて大騒ぎ!
これには笑ってしまいました!

でも、その列が斜めにずれてしまったときに、
そばにいた小学生ぐらいの子供を巻き込んで
思いっきりこかしてしまったのは笑えませんでした!
その時悟りました!
”スペインでは、子供も自分で自分の身を守らねばならないのだ!”と・・・・うん!

でも、また反面、
子供の乗ったそりがコントロールを失って、
猛スピードでゲレンデのはずれにつっこみそうになった時に、
回りの男性がころんで雪まみれになりながらもそりを停めてあげて、
何事もなかったように去っていくというような場面にも出会いました。

まだまだ”スペイン初心者”の私には
いろいろなスペインの人たちの姿がとっても不思議で興味深いです!
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-03-13 07:56 | お出かけ

タラゴナへ

バルセロナから車で一時間のところにある、
タラゴナへ行ってきました。
ローマ時代の面影を残す街として有名・・・だそうです。(ガイドブック曰く・・・(笑))

c0048899_833987.jpg


写真下方の円形競技場!
中に入って見てみたかったのですが、お金もいるし、それよりも、
あんなごつごつした石段の中、ねえねとちゅみは走り回るの間違いなし!
危ないは、ゆっくり鑑賞できないは という状況が目に浮かび、
泣く泣くあきらめました・・・・

お天気がよかったこともあり、たくさんのカップル、家族連れがお散歩に来ていました。
春もまだかなぁという季節なのに、日差しが強いこと!!
コンタクトレンズを使っている私はサングラス無しには目が開けられません(笑)

c0048899_8192610.jpg


タラゴナでも見所のひとつ! カテドラルを楽しみにしていたのに、
我が家のちびっ子ギャングときたら、

「あそこにいい公園があったでぇ! 公園で遊ぶ!」

公園!!!??? 
ここまで来てなんで公園なの??
ローマ時代の街並みは??? 歴史を感じての散歩は???
カテドラルはぁ~!!!!!???

結局、見たかったカテドラルに行けず、地中海を望む見晴らしのいい公園で
ブランコだ! 滑り台だ!!! 

歴史を感じる小旅行と言うよりも、
公園巡りデラックスバージョンになりました(笑)

それでも、気持ちのいい海の風と大好きな海を見られて大満足でした


*おまけ*

バルのテラスで休憩したとき、
ねえねが日ごろのスペイン語の練習(笑)の成果を試すべく、
小声で

”スモ デ ナランハ、 ウノ、 ・・・・ ポルファボール (オレンジジュース 1 お願いします)”

お店のお姉さんが、 笑顔で、

”Si, (はい!)”

いつもはもういいっていうぐらい大きな声なのに、こんなときには蚊もびっくりの小声・・・・
それでも、初めて自分で注文して、
お姉さんがわかってくれたことがとっても嬉しかったようです♪

今日の彼女の最大の冒険でした♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-03-07 08:24 | お出かけ

スペインサッカーリーグ・ バルサ対マヨルカの観戦

先週末、
パパとねえねは、バルサ対マヨルカのサッカーの試合を見に、
バルサのハームグランドであるカンプ・ノウの競技場へ行きました。
あの大久保が出た試合です!

この試合の予定を知ってから、実際に見に行くまで、
実は これまたびっくり のストーリーがあったのです。

2月の初め、ある情報誌で、バルサ対マヨルカの試合がカンプ・ノウであることを
知りました。
”2月20日(日) 22;00 KICK OFF"
と 書かれていました。
 
以前から、ねえねが「サッカー観たい!」と言っていたので、いい機会なので行こうということになりました。
マヨルカとの試合ならチケットは手に入りやすいと聞いていたので、
チケット購入は後回しになっていました。

前日の土曜日、
買い物のついでに、カンプ・ノウへ行ってチケット買おうということになり、
ほんのついでに立ち寄りました。
でも、カンプ・ノウのまわりは、結構人が多く、
旗などの応援グッズ?を売るお店がいくつか出ていました。

「さすがスペインは熱狂的やなぁ~!! 前日からこの盛り上がりとは・・・!」
と私がひとり感心している間にパパがチケット売り場から戻ってきました。

「試合、今晩やって。」

「えぇ~!!! 20日って書いてあったで!!」

「確認した。 開始時間も8時。 危ないところやった!!」


c0048899_16232086.jpg

                   **EUR42,00で、真ん中ぐらいの高さの席です。
                      子供はひざでいいよとのことで、一枚だけ購入

??????

だって、チケットに日付も時間も入っていないのです!!!


パパの語学力を疑ったていたのではありません。
自分が見た”活字”を信じていたのです。



とりあえず、その日のスケジュールを変更し、夜にお出かけできるようにしました。

その晩、ねえねに厚着をさせながらも、
”すぐ引き返してくるかもしれない・・・”と心の中で思っていました。

ふたりを送り出し、テレビをつけてもサッカーの中継はなし。
バルサの試合の日は、かなり盛り上がるまわりのお宅もどうも静か・・・・

”ほら! やっぱりね!”

一応、ラジオをつけてみると、何やらバルサだマヨルカだ言っている様子。

それに待っても待ってもふたりはなかなか帰ってきません。
あれ?? やっぱり???



結局ふたりが帰ってきたのは、10時半近く!
「ママ! 大久保出てたよ!!」
すぐ飽きて帰るって言うと思っていたねえねも、終了近くまで観戦し、
ご機嫌で帰ってきました。

c0048899_16331310.jpg

                                        ~ パパ撮影 ~

パパ!! ごめんね!疑って・・・・・

今回の一件で、なんでも自分で確認しないといけないということを痛感しました。
活字やうわさで聞いたことじゃなく、もう一度自分で確認!が大事。

後でパパが言うには、
日曜の試合ということにすでに変だなぁと思っていたらしいのです。
スケジュールの変更なども、特別の案内なしに行われることが多い。
それで、日付と時間をもう一度確認したらしいのです。 

ほぉ~  パパよくやった!!!!

でもこれがもし、旅行で観戦に来た場合なら・・・・・ 
あぁ~ 恐ろしい・・・・・!!!!
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-02-21 01:42 | お出かけ

モンセラットへお出かけ

週末、我が家から車で30~40分のところにある、モンセラットへ行ってきました。

c0048899_19162629.jpg


切り立った崖がそびえる岩山で、カタルーニャの宗教の中心地だそうです。
遠くからでもその山の奇怪な形をみることができ、
以前から行ってみたいなぁと思っていたのです。

その岩山の険しさは人を遠ざけるように見えますが、 
その形の美しさは、人をひきつける魅力にあふれています!!

子供のリクエストで、ケーブルカーに乗って サン・ジョアンという見晴らしのいいところまで上がりました。


健脚の方は、ハイキングでまだまだ足を伸ばさせるのですが、
寝てしまったちゅみを抱っこしては、あまりに過酷!!!!
近くを少し散策して戻りました。
ねえねは、ケーブルカーが楽しかったようです!
 
日本では、私も車に乗ることもあって、公の交通機関より車を使うことが多かったのです。
そのため、彼女は、地下鉄もケーブルカーも、バルセロナに来て初めて乗りました♪

c0048899_19314315.jpg


c0048899_19531098.jpg

                             ~ ケーブルカーの中から撮りました

修道院の中は、写真におさめることはできなかったのですが、
ほんとにすばらしかったです!!!!

中の絵画も、ステンドグラスも天井も、すべて美しく、
”荘厳”とか、”深い静寂”とか、
わたしの乏しい語彙では表現しきれませんが、

 すばらしかったぁ!!!!!

パパと私は ”大感動”   でしたが、
子供たちは、修道院の前の広場で走り回るほうが楽しかったようです。

まっ しょうがないかぁ~ (笑)

** 
他の観光客がすわってくつろいだり、カップルが二人の世界を作っているこの広場で、
我が家は、 おにぎりでランチ です(笑)。
ラップにくるんだおにぎりは、一見、他の方のランチに似てるのですが、
中はのりを巻いたお米の塊で、子供がおいしそうにほおばっている図は
けっこう注目浴びてました。 

ねえねもちゅみも、
まだまだスペインのメニューに慣れていないので、
親は外食したくても、子供は食べられるものが少ないのです。
少しづつ慣らして、家族で楽しく、静かに(?)、落ち着いて(?)、
外でお食事したいものです (笑)

はぁ~ 何年後かなぁ???
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-02-14 19:39 | お出かけ