カテゴリ:我が家のちびっ子ギャング達( 63 )

ちゅみの言葉から・・・

♪ ちーいさいころーは かぁいさまがいてぇ~ 
    ふしぎにうめをかなえ~てくれたぁ~
 ♪

ユーミンの”やさしさに包まれたなら”です。 ちびっ子たちにとっては、映画”魔女の宅急便”の主題歌です。 我が家の車で常に5回以上リピートされる曲です・・・・・
そんなに聞いているにもかかわらず、ちゅみには、 『かいさま』で、『うめ』に聞こえるようです・・・(苦笑)
本当の歌詞は、♪ 小さい頃は神様がいて、不思議に夢をかなえてくれた~♪ です。

*********************

7歳も年上のお友達のお兄ちゃんに、 「ほんまかいなぁ! 」 「それちゃうでっ! 」 と言ってのけてしまう・・・・ 今のちゅみだから言える??(笑) 

**********************

「ママ・・・」
「何??」
「なんでいつも幼稚園行く前に、おそーじせんとあかんの?? 
              帰ってからやったらあかんのぉ?」

とねえねが横から、
「幼稚園から帰ってきてからやったら、ママご飯の用意とかしなあかんやろ・・・」
「そーか・・・・」
でも実はちゅみのこの問い、かなりドキッとしました。 
いつも家事のほとんどをちゅみを幼稚園に送っていく前に済まそうとしています。 特に予定がない日でも ゆっくりちゅみの相手をすることなく、「ママ~♪」とかまってほしくてまとわりついてくるちゅみに、「ちょっと待ってっ!!」 「お洗濯干さんと幼稚園いかれへんもん!」と思いっきり親の勝手な理由で背を向けることが多い・・・・(恥)
ちゅみを幼稚園に送って帰ってきてからでも十分できるのに、 園から戻ってきたら自分の好きなことをしたくて・・・・・ でも別に特に何をするというわけでもありません。

こちらに暮らしている間は、仕事をすることはできないし、『母親業』が私のメインの仕事なのに、そのメイン業務がかなり手抜き・・・・
家でも怒鳴って怒ってることが多いなぁ・・・ ゆっくり相手してないなあ・・・

時々ねえねがちょっと不安定になるのも、ちゅみが家の中でも「抱っこ!抱っこ!」言うのも 私のこの態度が原因・・・・・・??  ちょっと態度をあらためないといけないかも・・・・・
かもではなく、 ”いけない”です・・・・   
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-06-06 06:25 | 我が家のちびっ子ギャング達

お遊びのお誘い

2週間ほど前から、ちゅみがしきりに 
「Mのおうちに遊びにいきたいねん!!」と言うようになりました。
Mちゃんは、幼稚園のお友達、 どこの国もお友達かは私にはわかりません・・・(笑) 褐色の肌とくるんとした巻き髪のかわいい女の子です。
Mちゃんのお家なんて知らないし、「また、Mちゃんのパパに聞こうね♪」と適当に誤魔化していました。
と、先日、そのMちゃんからお手紙をもらってきました。
c0048899_1981971.jpgお家に遊びにきて♪というお誘いです。 お誕生日パーティーというのではないようです。
あまりにタイミングがいいので、ちゅみに聞いてみると、

「5月になったら、Mのおうちに行って!って、Mが言ってた! ねっ! 5月やろ!」

どうも前からMちゃんからお誘いを受けていたようです。 3歳のMちゃんとちゅみの間でどんな会話がなされたのか??? 当然 スペイン語・・・よね・・・???
興味あります!!
どうも幼稚園の同じクラスのお友達に招待状を出したようです。 

でも・・・・ お誕生会ではなくて、お遊びのお誘い・・・・ それもお家・・・・
とりあえずは お返事しないと・・・・
ちゅみは2週間前から行く気満々! おそらく他にお友達が行かなくても行っちゃうでしょう・・・
土曜日の午後のご招待で、お家も幼稚園からかなり遠いような・・・ パパに車で送ってもらって終わる時間にお迎えに行けばいいかなァ?
・・・何も持って行ったらいいのでしょう? 
お誕生会のお作法や様子は、やっと少しわかってきましたが、 
お遊びのご招待は・・・・・・(苦笑)
やっぱり お菓子などをお土産にするのでしょうか?

お手紙をもらって上機嫌のちゅみの横で、私はまた少々頭が痛いです・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-05-10 19:08 | 我が家のちびっ子ギャング達

初 耳鼻科・・・

昨日の夜のこと。
耳掃除をしようと、ちゅみを寝転がらせて耳を覗いて びっくり!!!!
中がピンクに腫れあがっている! 
「ちゅみ!! 耳 痛ないのっ???」
「いたない~」
「えっ? これって・・・・ 何? ビビビーズ??」

パパも呼んで二人してちゅみの耳の穴を覗き込むと、そこにはピンクのアクアピーズらしきものが・・・(焦)
耳の入り口からすぐそこにあるので、取り出せないかと試みるもかえって奥に押し込んでしまいました・・・・(汗) 
もしかしたら簡単に取れるかも!との甘い判断があだになりました・・・・

それまで耳の周りを触っても痛いとは言わなかったちゅみが、奥に入れてしまったことで、耳の後ろを触ると痛いと言い出しました。 
予約無しで診てくれる救急にいくべきか? でもおそらく耳鼻科のお医者さんなんていない・・・
でも 耳鼻科ってどこにあるっけ????

パパとふたり いろいろ考えていたのですが、とりあえず、医療通訳さんでお世話になっている下山さんに連絡! 相談すると、耳鼻科の救急はない、 専門医に診てもらうには耳鼻科を予約するしかないとアドバイスをもらいました。 ちょうど彼女が翌日耳鼻科医でのお仕事があるというので、予約等をお願いしました。

ちゅみ自身は 耳の後ろを触らなければ痛みもなく、まったく平気の様子・・・
いったいいつ耳に入れたのか実は不明です。
ちゅみに聞いても、 「ちゅみは入れてない」と言うし、特段耳が聞こえにくくなってる様子もなかったし・・・・ 少なくともこの1週間ほどの間かと・・・・(苦笑)

辞書を片手に一応の予習ははずせません!!
耳鼻咽喉科って・・・・ "Otorrinolaringología" おとり~のらりんごろひーあ??
すでにここでノックアウトです・・・(苦笑)
とりあえずの予習をし、辞書を持参で病院へ・・・

ちょうど下山さんがそちらでの仕事中だったため、結局その後、私たちもお世話になることにしました。 ホッ♪  他の場面では多少適当でいいとしても、やっぱり病院ではすべてはっきり知りたいし、させたい・・・・♪

あんなに奥に押し込んでしまって、どうやって取り出すんだろう???と不安だったのですが、優しい感じの女医さんは、最初にちゅみにいろいろ話しかけ、気分をほぐして、それからちゅみと私に今からする治療?の内容を丁寧に説明してくれました。 耳の中に、注射器のようなもので大量の水をいれ異物を取り出すとのこと。ちゅみはそれをちゃんと理解していたようです。

先生と下山さんに優しく話しかけてもらいながらだったため、ちゅみはいい子でじっと座っていました。
一瞬で、コロリーンと水と一緒にピンクのアクアビーズが出てきました♪

ホッ♪

お陰で耳の中が洗えてきれいになりました♪(笑)

ホッ♪

女医さんは、いい子だったとちゅみをほめてくれました♪ おまけにお菓子までもらったりして・・・・(笑)

すぐ終わってホッとしました・・・・


c0048899_2391268.jpg今回の犯人???は こちら・・ →
直径5mmのプラスチックのボールです。 水で濡らすとくっつく性質があり、アイロンビーズが危なくてできないちょっと小さい子供用のビーズです。  さすがのちゅみももう小さいおもちゃを口に入れたりしないようになったし、大丈夫かと思って油断していました。 まさか耳にいれるとは・・・ 鼻にも十分入るサイズです。 今までは おままごとの”ご飯”として活躍していましたが、今回のことで自主回収しようと思います。


今回 お世話になった病院 : 

Institut Universitari Dexeus
Paseo Bonanova 75
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-05-08 22:50 | 我が家のちびっ子ギャング達

"コマ”なし自転車に挑戦

先日、家族4人で、日本語放送のテレビで放送されていた”パパサウルス”という父と子の時間を取り上げた番組を見ました。 その日のテーマは、5歳の男の子がお父さんと一緒に補助輪無しの自転車の練習を始める・・・というものでした。
c0048899_23224325.jpg
ちゅみはかなり集中して見入っていました。 
ねえねは4歳の時補助輪なしの自転車に乗れるようになりました。 
ちゅみも4歳・・・興味を持つお年頃です。 が、ちゅみとねえねでは 補助輪付きの自転車のキャリアにかなり開きがあります。 ねえねは 自宅近くの公園で乗りたい放題! お子ちゃま自転車の暴走族でした・・・(苦笑) 近所の買い物も補助輪付自転車で行ったりしていました。(もちろん、パパか私が隣を歩いてですが・・・) ちゅみは ここでは乗る場所も機会も少ないこともあって ”自転車をこぐ”経験が少ないのです。 そんなこともあり、5歳のお誕生日に丁度いいサイズの自転車を買ってそれからゆっくり練習するつもりでした。 

でも、やけに興味を持っているし、本人にやる気がある時が始め時かも・・・と思い、まぁ とりあえず試しに・・・ということで、ねえねのお下がりの12インチのオンボロ自転車の補助輪をはずしてみることにしました。 

c0048899_1847338.jpgと、
”パパサウルス”でイメージトレーニングが出来ていたためか、初挑戦で少しですがけっこういい感じに進んだのです。 
姿勢だけは一人前!(笑)

あらっ!? 
完全な予想外!!!

そうなると、ついつい必死になるのは親の方・・・・ 

「前見て! こいで~こいで~ こいで こいで こいで ・・・・&%★@;:>~!!!」
「ちゅみ!すごいやん!!!!」

怖いのも知らずというのは恐ろしい物です・・・・ 両親と姉のおだてにのせられ、ちゅみは自転車にまで乗ってしまいました・・・・(笑)
 
c0048899_18475395.jpgまだまだハンドル操作は危険極まりないですが、数十メートルは進み、危なくなるとブレーキを掛けるようになりました。 
驚き・・・  
後は、最難関の【こぎ出し】です。  
コツコツ練習させようと思います・・・・もちろん これもパパと・・・・(笑) 


でも・・・・・ この自転車、あまりに年季が入っていて、 前輪のチューブは歪んでいるし、サドルも固定できません・・・(恥) 早めのお誕生日で丁度いいサイズの新しい自転車を買おうと思います・・・・・(苦笑)


PS: 

我が家の地元では、自転車の補助輪のことを 【コマ】と呼んでいました。 
”コマなし自転車”という言葉が一般的に使われていました・・・・ 他の地域では通じないでしょうね・・・・♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-05-02 18:47 | 我が家のちびっ子ギャング達

家がぁ・・・・(涙)

我が家は決してインテリア云々を言える家ではありません・・・ 家具付きのピソですが、豪華な調度品や家具がないのが我が家にちょうどいいのですが、その上に統一したインテリアとは程遠く、【主婦】が片付け下手の上に、やりたい放題のお子様ワールド・・・・(苦笑)
それでもできればなるべくすっきりしたい♪とは思っています・・・・・

が、 風水的にもすっきりしていないといけないらしい?冷蔵庫・・・ のドア。
ちゅみのアトリエと化しています・・・・
c0048899_132633.jpg
 
冷蔵庫のドアにメモやらスケジュールやらベタベタ貼り付けていると、お金が来ないとか幸運が逃げてしまうとか・・・・???  
我が家は ” 逃げまくり "です・・・・(苦笑)
一枚一枚、ちゅみが ママへのプレゼント~♪と持ってきて、ゆっくり鑑賞した後は展示することを強制されます。 
ありがとう♪ と言ってポケットにでも入れようものなら 
「見えるところに置いといてっ!!!」と強要!!・・・・(苦笑)

これが今の我が家の幸せなので、
 これ以上の幸せがやってこなくても十分です・・・(涙)


c0048899_141137.jpg

でも・・・・ これはいただけません!!!!
インテリアはあきらめても、壁の落書きはっ!!! 

実はこれ、 ”足す プラス  ” です。
最近、宿題をするねえねの真似をして簡単な足し算に目覚めたのです。
それはそれで興味を持っていることはいいのですが、
”+”の練習を廊下の壁でするのはっ!!!  
(ついでに、おもちゃを当てたのか、頃合いの高さの壁が崩れてる・・・・ )
これはついつい紙からはみ出てしまったのではなく、 完全に確信犯です!!
それぞれの”+”は色が違うんです!!!

ここを出るとき、一体いくら払わされるのか・・・恐ろしいです~~
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-04-28 01:32 | 我が家のちびっ子ギャング達

ちゅみ語録

c0048899_3512217.jpg誰に似たのか口達者なちゅみですが、 まだまだお子ちゃま言葉が多いです。
彼女の勘違いは、時々私の笑いのツボに入ります!(笑)

(1)
幼稚園からの帰り道、 パトカーを見かけてひと言。
「あっ ほまわりさんや!!! ・・・・ 
?? ・・・・???? 

ママァ  ”まわりさん”なん?  ”まわりさん”なん??」

「『』巡りさん やで・・・・ 『ほ』ちゃうで! 『お』!!(爆)」

(2)
風の強い日、
ちゅみ 「ひゃー 風が刺さるぅ~!!!」 
私    「風って刺さるん?? 」
ちゅみ 「刺さるみたいやろぉ~♪ すご~い♪」

(3)
「ママ お鍋 暴れてる!!」  → 「お鍋 ふいてる~やで♪ 」 
「ふいちゃう! ふいちゃう!」 → 「 ちゅみ それは こげちゃう やわ・・・ 
                              フライパンやし・・・(苦笑)」
(4)
「ほら 何やたっけ? この前のぉ~ 暗い~・・???」 → 「 停電?」 「そう!」
「何やったっけ?? あれ」  → 「停電?」 「それそれ」
「ママ・・・・ あれって・・・?」  「停電」  「すぐわからんようなるわ・・・・」

(5)
「ちゅみ・・・がまんやられへん・・・」
「”我慢できひん”って言うねんで・・・ 」

我慢する --→ 我慢+する --→ する=やる 
--→ 『やる』の否定形は『やらへん』--→ 『やらへん』に不可能の意味を加えると 
----→ 『やられへん』

おそらく、ちゅみなりの語尾変化の理由はこうなるかと思われます・・・・ 
『我慢できひん』と教えるのではなく、 『我慢できない』と教えるべきだったでしょうか?(笑)


おまけ・・・

「ママ! 今日ねえねどんな頭で行った???』

ねえねが登校した後、毎朝のちゅみの身支度時、毎朝繰り返されるちゅみの質問です。
”ねえねはどんな髪型(くくり方)で学校に行ったか?”がちゅみにとってはかなり重要!
なんだかんだ言っても、ちゅみはねえねの真似が好き♪ ねえねは憧れ♪ 時々ライバル・・・なのです(笑)
ねえねが編みこみなら自分も編みこみ。 二つに分けてくくったらちゅみも二つに・・・・
髪質も長さも違うふたりなので、同じ髪型は厳しいこともあります(苦笑)

「ねえねは ○○してたよ。」 や 「ねえねは○○したのになあ・・・」という決まり文句は今のところ多少効果があります。 いつまで続くかなぁ??(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-04-20 06:03 | 我が家のちびっ子ギャング達

ちゅみの日本体験シリーズ 

2歳2ヶ月の時にスペインに引越してきたちゅみには、 日本で過ごした記憶はほとんどないと同じです。 じいじ・ばあばたちは電話でも話したり、遊びにも来てくれたので覚えていますが、風景や食べ物、遊び、生活すべて今回の一時帰国が初めて・・・となりました。
c0048899_21594974.jpg
★ 日本到着直後・・・・・

「今日は どっちの日本行くの? こっち? あっち? 」
(パパと私、それぞれの実家を意味します・・・・・) 
       ↓
ちゅみにとっては、  

日本 = じいじ・ばあばの家   でした。

★ 駅のおトイレで・・・
ちゅみを連れて入ってみると・・・・
”あっ!!! 和式だけや~!!”
私もすっかり感覚が麻痺?していましたが、 久しぶりに見る和式のトイレにちょっとびっくり・・・
日本にいたころ、ちゅみはまだオムツだったので、ちゅみが和式のトイレを使うのは初めて・・・・おそらく見るのも初めて・・・・

「ちゅみ 出来る~?? 
ここをこうやってまたいで、半分お座りするようにするねん・・・★%$~
ああぁあっ!!! そこに手ついたらあかん!!!! 手はおひざぁぁぁ~!!!!!
せめて靴の上ぇぇぇ~!!!!!」

大騒ぎする私を尻目に、ちゅみは難なくこなしてしまいました・・・・(ホッ)

「ちゅみ 日本のおトイレ 出来たわ♪」   本人は満足げでした(笑)


★ 買い物時のお作法・・・
ばあば談
「ちゅみちゃん おもしろいで~!!  きゅうりの買い方!!
1本づつとっては 両手で持って上から下から左から右からクルクルまわしてチャックするねん!(笑) その手つきが慣れてるんよ♪(笑)」

あっ・・・ それはバルセロナの常識です・・・・ 自分が買うものはすべて自分の目で品質を確認する・・・・

でも ちゅみ・・・・ 日本のスーパーの袋入りのきゅうりは・・・そこまでせんでもたいじょうぶだと思います・・・・・(苦笑) 


★ 実家のお風呂で・・・・
「ちゅみ お顔洗ったお湯 じゃーして♪」

・・・・・  じっやぁ~~♪♪♪

「ちゅみっ!!! お風呂の中じゃなくて、外っ!!!!」

いつも自宅で 
「お風呂(湯船)の外にお水じゃーしたらあかん!!!」と言われ続けている為、母の言いつけを守り、使い終わった汚れたお湯を湯船の中にじゃーしてしまったちゅみ・・・
ちゅみ ごめん・・・・これは私の説明不足でした・・・・・(反省) 

★ 語彙・・・・
日本語のシャワーの量は当然スペインの比ではありません。 街を歩いていても、家にいても、スーパーにいてもあちらこちらからすごい勢いで日本語のシャワー攻撃です。
ちゅみも 日本についてから看板や駅名を一生懸命読むようになりました♪
読める言葉がたくさんある!ということが嬉しいようで、
「ちゅみ すごい???」と嬉しそうに聞いてきました・・・・
そこに 孫バカのじじ・ばばの大げさなまでの賞賛を受けようものなら、ちゅみは完全に木に登ってしまいました・・・・(笑)
でも 新しい言葉やフレーズをたくさん覚えました・・・・♪

① 「それは ちゅみが悪うございましたっ!!!」  誰が言ったのかな???
② 「それは ちゅみのこと 嫌いって言うこと????」 これも誰が言うの????

捨て台詞もたくさん覚えてしまったようです・・・・・(苦笑)


★ そんなに食べて大丈夫???

普段からけっこう食事量の多いちゅみ・・・ でも日本では 「ほんと大丈夫??」と言ってしまうほどよく食べました。 おやつでなく"ご飯”を・・・・ おかずもですが、”白いご飯”を・・・(笑)
私も同じでしたが、家で食べても、定食屋さんのようなお店で食べてもおいしい! ご飯もおいしい! おかずもおいしい!!
ちゅみもねえねも 日本でほんとによく食べました。 親が食べてほしいと思うものをよく食べました・・・・ 家で作るなんちゃって日本食はやっぱり材料も調味料もあり合わせ・・・ 普段はそれなりにおいしいと思って食べていますがやっぱり『本場の味』には勝てません(笑)

「ちゅみちゃん♪ 食べ物で何が一番好き??」

とよその人に聞かれ、

「白いご飯♪」 と元気に答えたちゅみ・・・・(赤面)
確かにおいしいけど、パパはちゃんといろいろ食べさせてくれてるよ・・・・・(苦笑)


★お別れの時に

日本について2~3日たった頃から、スペインの戻るのが嫌だ・・とべそをかいていたねえね。
対照的にちゅみは元気はつらつ! 帰る直前になっても「早くおうちに帰りたいなあ・・・♪」と言ってたちゅみ・・・
それでも 帰りの空港にじじ・ばばやおじちゃんが見送りに来てくれて、ねえねや私がポロポロしていたら、突然、ちゅみも エーンエーン泣き出しました。 最初は単にもらい泣き?と思っていたのですがどうもそれだけではないようで、 彼女なりにまた長い間じじ・ばばやみんなに会えなくなる・・・という現実がわかったようで、ずっと号泣でした・・・ それまで帰りたくないなんて言った事がなかったのですが、 初めてそういう感情・気持ちがわいてきたんだと思います♪

日本を体験したり、言葉を覚えたりいろいろ得た物はありますが、彼女にとってはこの”心”が一番大きな成長だったかもしれません♪


* おまけ *

バルセロナの自宅に帰った翌日、

ちゅみ : 「ママ♪ あといくつ寝たらまた日本行く????」

       そそそれは・・・・(苦笑)  
       パパの次の一時帰国は1年半後以降だし・・・ 
       自腹で帰るなんて我が家は無理だし・・・ (苦笑) 

ねえね : 「ママ! ねえね夏休みに日本帰りたい!」 

       ええええっ~(苦笑) 気持ちは分かるけど・・・・・ 無理っ!!!!! 

c0048899_2244063.jpg

            ↑ 実家近くのお気に入りの公園で・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-04-17 21:01 | 我が家のちびっ子ギャング達

ちゅみの日本

c0048899_2110848.jpgおもちゃ箱ではありません・・・・ 

ちゅみのリュックサックの中身です・・・(苦笑)

日本への一時帰国が数日後にせまり、ちゅみも自分の荷物を用意し始めました。 機内での時間つぶしにと、ばあばが送ってくれた本や、自分でどこからか調達してきた筆箱、紙 (ノートでないあたりが・・)、ハンカチ、おもちゃの携帯などなど・・・・・ けっこうな重量です・・・
あきらかに、要らないもののオンパレードです・・・・(苦笑)

ちゅみはかなり前から日本への一時帰国を楽しみにしていました。
「明日 帰る??」  「 まだまだ!!!」
という会話が日常的に数ヶ月前から続いてました・・・(苦笑)

やっとここ数日前から、
「あと6こ 寝たら帰るよね~!!!♪」という会話に変わってきました!(笑)

でも、ちゅみの『帰る』は、私たちが使っているから真似てる言葉であって、彼女の中ではほとんど初めての日本です。  じいじ・ばあばの記憶はありますが、それはビデオや電話、遊びに来てくれたからであって、2歳ちょっとでこちらに引越してきたので彼女の日本の記憶はおそらくほとんどないと思います。
彼女と日本の関係?をいくら口で説明してもわかるはずはなく、 日本はじいじ・ばあばの家のあるところだと理解しているようです。 欲しいおもちゃがいっぱいある場所! 食べたいものがいっぱいある場所! でも すべてねえねの受け売りです。

日本でどんな反応をするか? もしかしたら全く動じないのか? まったく分かりません。
日本で会ういとこやおじさん・おばさん、ねえねのお友達などの顔をちゅみの頭に刷り込むべく、この週末スペインに引越す直前のホームビデオの上映会を催しました。 ねえねは背を小さくしてちょっと幼児顔にしたらそのまま6歳になれますが、 ちゅみはかなり違います! 体はもちろん、言葉も動きも・・・・ 2歳頃はまだ当然のようにおむつだし、大親友のおしゃぶりを片時も離さず、くわえたままおしゃべりしていました。 思いっきりまだまだ赤ちゃんでした・・・・ 
その頃のことを覚えているはずないなぁ・・・・・ 
さてどんな反応を見せるか!!!???(笑)


でも ちゅみなら・・・・ 全く動じず、いいとこ取りをして帰ってきそうです♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-03-12 21:13 | 我が家のちびっ子ギャング達

これなら 買いっ!

この冬のレバハ(バーゲン)でどうしても買っておきたかったものが、ねえねのブーツ。
かわいいブーツはたくさんあるのですが、いざ実用的なもの、ねえねの足に合うものというとなかなかありません・・・ ”ありません!”と言い切ると語弊がありました・・・ 最後の最重要条件、”我が家の予算に合うもの!!!”がなかなかないのです!!(断言)
ねえねには去年のレバハで、いろんな意味でちょうどいいブーツを買いました♪ 今年も気に入ってよくはいていました♪ 

が・・・・ (涙)

スペインの製品の悪口を言うつもりはありませんが、まだまだがんばってもらおう!と思っていたブーツだったのに・・・・ ねえねが普通にチャックを上げたら・・・・

壊れてしまいました・・・・

チャックのつまみ??(チャックを閉める時に引っ張るパーツ)がチャックのラインから外れてしまったのです!!
つまり・・・ ブーツのチャックが開いたまま・・・・・・(涙)
そう・・・・ ブーツのチャックが壊れたのは、12月のアンダルシア旅行の真っ最中でした。 
クリスマス休暇でお店は閉まっている上、ねえねに合うブーツがそんなにすぐ見つかるとも思えず、とりあえず、根性でチャックを閉めました!!!
ただし、 一度履いたら最後、次チャックを閉めるにはかなりの労力と時間を要します。
朝履いたら、夜まで脱がないで!!! という厳しい条件!!!(苦笑)

そんなこんなで 彼女の今年~来シーズン以降用のブーツの購入が不可欠でした!!
レバハ前から、ちょっといいなあ♪と思っていたブーツ・・・・
つま先も適当に丸く、幅も適当、 何より靴底や中敷が気持ちよさそう♪
でも・・・ お子様のブーツには お高い!
我が家には お高過ぎ!!!

今日、友達との買い物の途中に、発見してしまいました!
c0048899_3265998.jpg 
これぐらいの値段まで下がればなあ・・・♪と思っていたお値段になっているブーツを!(半額近く!!!)
でも、 欲しいサイズがない・・・・ ワンサイズ大きいものしかない・・・・
いくらなんでも、大きすぎるか・・・とあきらめかけた時、友達のひとこと!

「今、それと同じサイズの靴も履いてるんやろ。 
           どうせ 大きくなるよ!」
「小さいよりはいい!!」

お買い上げとなりました!(笑)


ねえねの帰宅後、喜んではかせてみると・・・
「ママ・・・ こっれは大きいわ・・・」
やっぱり・・・(苦笑) 
確かに指先には『余裕』以上の空間が・・・・(苦笑)

中敷入れるし! 
(呼吸する靴として売られているのに、そこらで売ってる中敷を入れたらとどうなるのかなあ??)
来年以降用やし!! 大丈夫!!

「でも、 横、痛くない!(横幅がせまくて指が痛いということはない)」

(横幅のあるねえねの足にとって、こちらの靴は、長さよりも幅でサイズを選ぶことが多いのです・・・(苦笑))

来年、ねえねの足がどれだけ大きくなっているか? どれだけ大きくなっても大丈夫♪
余裕ありますから・・・♪(笑)

・・・・・ 親というのは、自分勝手な生き物です・・・・・(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-01-31 23:38 | 我が家のちびっ子ギャング達

ちゅみ語録

* その1 

幼稚園の近くに、大きなワンちゃんがお庭に放し飼いにされているお宅があります。 
正しくは『ありました』です。 以前はちゅみが前を走りぬけると必ず吠えられました。(笑) かなり大型のワンちゃんであることもあってちゅみはけっこう恐れていました。 
普段、いくらうるさく言っても走り回るくせに、
このお宅の前だけは抜き足差し足状態・・・(笑)
しかし ここ半年ほど??ワンちゃんを見かけなくなりました。 案の定、ちゅみはそのお宅の前を走るようになりました。 が、時々やっぱり思い出すのか、ちょっと門の中を覗き込んで、ワンちゃんの不在を確認していました(笑)

今日、 いつものようにそのお宅の前を走り抜けるべくダッシュ状態のちゅみ・・・・(苦笑)
と、 どうも門の中に笑顔を向けている様子・・・ ???

「ママぁ~!!! ワンちゃんが おじいちゃんになってるぅ!!!!!!」

「?????」

ワンちゃんがおじいちゃん犬になった訳ではなく、そのお宅のおじいさんがちゅみに挨拶をしてくださったようです・・・・
どうもちゅみは、ワンちゃんの代わりにおじいさんが放し飼いにされている・・・と思ったようでかなり興奮気味・・・・(恥) 
ちゅみ・・・ワンちゃんがおじいさんに変身したわけではないので・・・・(苦笑)

* その2

「ママ! これ 似てる???」
「ん?????」
「こぉ~れ!!!」
おもちゃのネックレスをじゃらじゃら下げたちゅみが仁王立ち・・・・

「似てる??」
「何に??」 
「ちゃう! にてるやろ???」
「・・・・・・ (苦笑) それ ”似合う”ちゃうん???」
「あっ それ・・・」

勘違い編でした。


* その3 

「ちゅみ はやく行くから!」 
本人は”すぐ行く”ということを言ってるつもりです。
『早く来なさい!』と言われる機会が多いので、 『早く』をそのまま返答にも使ってしまいます。

「ちゅみ もうわかってるもん!」 → 「もう知っている」のつもり

相変わらず、 「行きたい」 「来て欲しい」の使い分けもかなりあやしいです。 



まだまだ4歳なので、舌足らずだったり、言葉の使い方の間違いも子供らしいかわいさの範疇なのかもしれませんが、日本で暮らしていないからじゃないか?、親の努力が足りないからじゃないか?とやっぱり気になります♪ 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-01-30 06:44 | 我が家のちびっ子ギャング達