カテゴリ:不思議な人々( 20 )

スペイン人との意識の違い 

先日、知り合いのスペイン人の女性と話をしていたときのことです。
もし道に財布が落ちていて、持ち主を特定できるものが何も入っていなかったら、あなたはどうする??というような話題になりました。
私は、「警察に・・・持って行く」と答えたのですが、その答えを聞いた彼女の反応にびっくり!!

”えっ?? 誰のものかまったく分からないのよ! 警察に持っていっても、持ち主がわからなければ警官が自分のものにしちゃうわ! わたしなら貰っておくわ! もちろん、持ち主がわかるようなものが入っていたら別よ!!! ”

えっ・・・・ お巡りさんもぽっぽないないするの・・・??
ショックでした・・・ 
スペイン人とのモラル意識の違いはわかっていたつもりでしたが、彼女は一般的?なスペイン人よりも日本人的というか、時間の感覚や仕事の仕方、食事ついての意見も私に近かったのです。 スペイン人の中でもグローバルレベル??(何がグローバルなのかも実は疑問ですが・・・(苦笑)) の常識をしっかり持ち合わせている女性だと思っていたのに、その彼女の口から、そんな答えが出てくるなんて・・・

彼女でさえ、そういう行動をとるのだから、もっと多くのスペイン人なら当然・・・・
私にはそう思えました。 
皆が皆、彼女と同じような行動を取るのではないのかもしれませんが、スペイン人にとってはおそらく彼女の行動が当たり前・・・なのでしょうね・・・・

やっぱり私はいろんな意味ですごい国に住んでいるんだ・・・と思い知らされました・・・・

財布を落として失くしてしまうのは、落とした自分が悪いし、荷物を置き忘れて失くすことも自分に責任がある・・ということはよくわかっているのですが、複雑です。

今回の会話だけで、彼女への私の信頼が揺らぐことはありませんが、けっこうショックでした。


PS: 
そんな時、テレビで日本の生活を体験していたイタリア人女性、 
「こんなこと、もしイタリアでしていたら、間違いなく盗まれてしまうわ~(笑)」
やっぱり・・・ラテン系の国は・・・そうなんだ・・・・・(苦笑)

モラルの違いを思い知らされた直後に・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-02-19 03:12 | 不思議な人々

車のナンバープレート

c0048899_2039417.jpg
スペインの車のナンバープレートは 
← こちらです。
EU加盟後に登録された車は EUのマークの下に スペインを表す ”E”の文字。
(Espana の E です)



c0048899_2034061.jpg

でも 我が家の周りで、見かけるのは ←のようなシールの貼られている車。
これは バルセロナのあるカタルーニャ州を表すステッカーです。
他にも 黄色地に赤の4本線のカタルーニャの旗のステッカーを貼った車や、シンボルであるロバのシールなどが見られます。

これは、”カタルーニャはスペインにあらず・・・”というカタルーニャ精神の表現のひとつなのだそうです。 ”カタラン人(カタルーニャ人)である!”という主張・・・・


でも、もっと徹底しているのはこちら ↓ です。


c0048899_20371628.jpg


数はけっして多くはありません。
これは、ナンバープレートの偽装にあたり、警察の注意・警告を受けるそうです。

ナンバープレートのEUマークと”E”の文字の部分に、同じように作られた ”CAT”のシールをきれいに貼っています。 ”CAT”とは ”Catalunya カタルーニャ”のことです。

”偽造”といわれる行為であっても、”カタルーニャ”を訴えたいという気持ち・思い・愛国心・・・・ 
折に触れ、彼らの民族への誇りやかたくなとも思える愛国心に驚いたり、感動したり、時にはあきれたりします。 
まだまだ私には理解できず、また歴史を知れば理解できるというものでもなく・・・・・ (苦笑)
どれだけ長く暮らしても、おそらく私には理解しきれないと思います。

カタルーニャって、カタルーニャ人ってやっぱり不思議です。
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-05 20:35 | 不思議な人々

プレゼントにレシート??

姪の入学祝いのおまけにと、デパートで子供服を買いました。
レバハ(バーゲン)対象だったこともあり、お値段はそれほど高くはありません。(笑)

「プレゼント用にお願いします♪」 とちゃんと頼んで、レジの前で包んでもらうのを待っていました。 時々、 プレゼントで・・と言っても、わかってもらえなかったり、値段を取り忘れてラッピングされてしまったり・・ということがあるので、一応、店員さんの手元をチェックしながら待ちます(笑)

あっ!ちゃんと タグから値段のシールをはがしてる! 元の値段とレバハ価格と2枚ともはがした! お姉さん!ちゃんとわかってるね~!!!(笑)

と、 
”プレゼント用のレシートをつけときますね~~●△#★%~"

えっ?? プレゼント用に・・・?? レシート???
店員さんは 値段をはずしたタグに今度は丁寧にレシートらしきものを張っている!!??

何??  えっ???

そのまま 簡単に包装された洋服を受取って帰ってきました・・・・
でも気になる!! もし値段がついてたら・・・・・?
と思い、ちょこっと包装を開けて、中をチェックしました。

タグについていたのは、値段の入っていないレシート。
『プレゼント用のレシート』と書かれていて、価格ははいっていません。商品の明細だけがかかれています。
なるほど!!
そういえば、クリスマスの後などはたくさんの子供や親がプレゼントの交換にデパートを訪れる!!!というニュースを見ました!  そのための専用のレシートがあるんだ!!
すごい・・・・・・
というか・・・・ スペインで評判の(悪名高い???(笑)) AGATHA RUIZ DE LA
PRADA
の服を買ったから、交換の可能性大!!と見られたのでしょうか????(笑)
そういえば・・・ 数週間前、別のブランドの子供服を同じようにプレゼント用に購入した時には何もつけられていなかった・・・・・・(苦笑)
 
これまでも何度もプレゼントを買ったことはあるのですが、洋服はなかったかもしれません・・・
プレゼントレシート初体験でした♪

姪っ子ちゃん!! 
レシートはちゃんとつけたままにしておきました♪
で・・・この派手なオレンジのパーカー・・・ 気にいらなくても我慢してね♪
交換に来るにはちょっと・・・・遠すぎます・・・・・(苦笑)


*** 私は とってもかわいい♪と思って買いました!
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-01-22 23:56 | 不思議な人々

広告の不思議・・・・

私が日本の新聞を読むのは、いつも少々遅れ気味・・・・
先日、年末の日経新聞に興味深い広告を発見しました!!

c0048899_15666.jpg


バルセロナのあるカタルーニャ州の企業誘致の広告です。日経新聞の社会欄の下方でしたが、かなり目立ってました♪  

でも・・・・・・

・・・・・ ???????? ・・・・・・

カタルーニャ州 

という文字は大きく目立っているのですが、スペインという国名は、本文中に一回だけ、 ”スペイン・カタルーニャ州は、人々を感嘆させる様々な魅力に満ちています~~~”でしか登場しませんでした。 
今でこそ、自分が暮らしている街なので、カタルーニャ州はバルセロナの属する州であり、スペインの中にある と知っていますが、暮らし始めるまで州の名前まで理解していませんでした・・・・ 
以前の私のような人がこの広告を見ても・・・どうなのでしょう?? 見出しを見て、スペインのバルセロナを思い浮かべることができるものなのでしょうか? 私のような、一般消費者?からみると、バルセロナは スペインのバルセロナ! であって、カタルーニャのバルセロナではないんです。  まして、”カタルーニャ”という言葉から スペインを思い描くのは不可能だと思うのですが・・・・(苦笑)

「カタルーニャ州って どこやのん!!!???」 

と『つっこみ』と入れたくなります!(笑)

日経新聞への広告だし、観光誘致目的でないので、私のような一般消費者をメインに据えたものではないのかもしれませんが、”購入者”に対して知名度を上げること、イメージを良くする事もけっこう重要だと思うのですが・・・・??(笑) 
ここに、スペインの難しいところ、わたしにはわからない民族問題、意識の違いがあるのでしょうね・・・・・。 

もしわたしなら、バルセロナとその近郊都市を宣伝するのなら、

スペインのバルセロナ 

を前面に出して、 地図もスペインの中のどこにあるか!!! というのを目立つように表示すると思います。(笑) 州の民族性や国との関係は横に置いておいて、とにかくパッと見てわかりやすく、少しでも効果を期待できる方法を取るなぁ・・・・・

彼らが大切にするカタルーニャの文化、言語、民族性。 
一時とはいえ、住まわせてもらっている身としても、十分大事にしないといけないと思っています。 
でも、 ことビジネスの世界では、時々はちょっと優先順位を変えてみても??って思います♪

 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-01-06 01:04 | 不思議な人々

やっぱりまだまだ不思議な人々

先日、ちゅみを幼稚園に送っていて帰ってくるまでの30分足らずの間に、
2度も道を聞かれました・・・ 
私ってそんなにバルセロナの町になじんでいるのでしょうか?(笑) 
・・・あっ! それともスペイン人に見えたのでしょうか♪!? 
・・・・・ そんな訳ありません・・・(苦笑)

またまた先日、またまたちゅみを幼稚園に送って行こうと玄関のドアに鍵をかけていた時のこと。 お向かいのお宅のシッターさんが出てきて ”Hola!”  
あら? 偶然彼女もお出かけ??と思いつつ挨拶すると、 
”○◆#☆&%~~”  
・・・・ ???????
”えっ なんですって?”と聞き返すと、またまた 
”☆☆◆ %&~?  *■%’@@”
どうも、”下に下りるの?? もしそうなら、下にポルテロさん(管理人さん)がいたらちょっと上がってきてって言っておいて” というようなことを言っている様子・・・・???
”いい?”と聞かれてまた反射的に ”はい”と答えてしまった・・・・(苦笑)

えっ・・ でもなんで私に??? あのぉ~私、外国人なんですけど・・ それに時々会って挨拶してちょこっとお話をして、あなたは私の語学力をご存じのはず・・・・(苦笑)  それでも私に頼まれますか??
”ええええっ? 上がってきてって言ってたよなあ・・・ なんて言って伝えるのよぉ~?”と頭の中をスペイン語がグルグル回ったまま下に下りると、偶然ポルテロさんの姿が見えませんでした。 ラッキー♪とそのまま園へ向いました♪ 

パパも今でも時々首をひねっています。 
「ガソリンスタンドで、俺に どうやってガソリン入れるねん?って聞いてくるスペイン人がいるねん・・・ 教えはするけど、不思議やゎ・・・ なんでわざわざ外人に聞くねん??? 」
外国人・スペイン人というような区別なく接しているのか? 
別に誰でもいいので横にいる人に聞いたり頼んだりしているだけなのか??
後者に思えますが、まだ私には本当のところはわかりません。(笑)
でもお陰で、 道路の名前だけはなんとか聞けるようになりました♪(笑) 
教えてあげる時は、言葉よりも先に手が動いていますが・・・・・(苦笑) 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-12-07 09:02 | 不思議な人々

ピソの周りが・・・

ねえねとちゅみがベッドに入る夜8時半ごろから、
妙に自宅ピソ(マンション)の周りが騒がしくなりました。
ベッドに入ったので、周りの騒音?が気になるのかと思っていました。
それでも、いつも以上に車のクラクションはうるさいし、近くを通る幹線道路の交通量も異様に多いような・・・??

その後も、うるさいなあ・・・と思いながら、日本語放送のテレビを見ていました。

と、突然、ベランダ側の大きなガラスがガタガタ音を立てて振動し始めました!!
何?? 何事??
どうもヘリコプターが低空でホバーリングしているようです!

車のクラクションは、どうも聞き覚えのあるリズムを刻んでるし・・・・
何?? 何なん??
ますます気になる!!!??

はっ!!! このうるさいさは!!!???  

急いでスペインのテレビ放送に切り替えました!
やっぱりそうでした。
サッカーのヨーロッパリーグの試合、バルサ VS チェルシーが行われ、
結果は同点だけれど、この試合でバルサのベスト8進出が決まったとか・・・・
その試合会場が、我が家から徒歩圏内・・・・・

やっぱり~!!! 

一番うるさいと感じた時に、ちょうど試合が終わったようです。
我が家のガラスは大きな一枚ガラスなのですが、如何せん古くて立て付けが悪い・・・・
目の前かと思えるような位置で、ヘリにホバーリングされたら地震と勘違いするほど
ガタガタいうのです。(苦笑)
去年、バルサがスペインリーグで優勝した時も強烈な騒ぎで、ガラスが割れるかも!と心配するほどでした・・・・・
車のクラクションは、バルサの勝利を喜ぶ”雄たけび”のようなものなのです!
バルセロナの人々のバルサへの熱い思い・・・いつもびっくりさせられます。(笑)

やっと周りが静かになりました♪
普段と変わらない夜です♪
ホッ♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-08 08:32 | 不思議な人々

いらいらの日

週末の買出し時、
大型ショッピングセンターでお昼ご飯の時間になってしまいました。
スペイン人のランチライムよりは早かったのでどこでもサッサと食べられるだろうと、
お店を探し始めました。
簡単に食べられるものがいいと探し始め、ピザのお店に行ってみるとすでに行列。
却下してすいているサンドウィッチのお店に入ろうとすると、ねえねがフライドポテトがないから嫌だと言い出し却下。 お隣のドイツ系のホットドックのお店に座る。 
待っても待ってもオーダーを取りに来てくれない。 
合図するとわかってる!と目配せはするけれど順番があるようでなかなか・・・・私のイライラ度がアップ!!!!
結構席数があるのに、ホール担当がひとり・・・・ 厨房の方には人余ってるやん!!!ちゃっちゃと状況見て動いてよ!!!(怒) 
・・・・・・
お腹もすいていたので、私はイライラ!!! 
「遅いし時間かかるし、すいてるところにお店変えよう!」
「嫌や!!」とねえね!!!
そこで大人気ない母親と7歳の娘の親子けんかが勃発しました・・・(恥)

結局 ねえねが嫌がったサンドイッチのお店でへそを曲げたねえねにも強引に食べさせてなんとか小腹が落ち着きました。

スペインに来て一年・・・ ”いらち (短気というかなんでもサッサとしたいタイプ)”の私もかなり待つことになれてきたのですが、時々どうしても嫌になるときがあります。
てきぱき動いているのに待たないといけない状況というのなら、苦もなく待てるのですが、
見ていてイライラしてしまうようなスペインのサービス?を許せないというか、むしょうに嫌になる時があるのです。(苦笑) 
おそらくそんな気分の日でした♪

スーパー内はちょうどスペイン人のランチタイムだったので比較的すいていて、レジもスムーズでした。 ほっ♪

そして帰宅。

その日以前から考えていた電子ピアノを買っていました♪
c0048899_8581730.jpg日本の自宅には私が子供のときから使っていたアップライトのピアノを置いていたのですが、
スペインへ引っ越すときに手放しました。 自宅マンションには大きすぎるし、音の問題もあるし、ねえねやちゅみが習い事でピアノを始めるなら、そのときに小さい電子ピアノを買おう・・・と考えていました。 
ねえねの以前からの希望とパパとわたしのニーズも一致し、やっと購入と相成りました♪
喜び勇んで家まで運び上げ、椅子を組み立て、台をセットし・・・・・
あれ??  電源のアダプターは??? どこ???

えええええっ???? 入ってない・・・・・ 

嘘でしょう??? 

楽器屋さんでパパがやけにしつこく 箱の中身を確認していたのです。
ピアノの台はどの箱か?? 椅子は?? 不具合のあった椅子はその時点で交換してもらいました。
さすがにきれいにテープでとめられていたピアノの箱の中身まではチェックしませんでしたが、
店員さんにはしつこく口頭で確認していました。

すぐお店に電話はいれましたが、土曜の夕方・・・・お店はもう閉まっています。応答無し・・・
せっかく買ったピアノ・・・・音が出ません・・・・・(絶句)


「やっぱり店で中身チェックしとくべきやったなあ・・・ 店員がけっこうしっかりしてたし、箱も大きいからやめたんや・・・・ やっぱりなあ・・・失敗した・・・」とパパ

はぁ~ ・・・・・

本来きちんとセットされていなければならないものがどうしてないのか? 私には理解しがたい状況です。 でもこちらではそれほど珍しいことではありません・・・・・

以前、二段ベッドを買って帰ったとき、さあ組み立てよう!と箱を開けるとねじが一本もはいってなかったんです。(絶句)
そのときはすぐにまたお店に行ってもらってきました。(閉店直前の夜10時に!!!)
パパいわく、ねじが無かった!!!と抗議するとすぐ裏から持ってきたそうです。
パパの勝手な想像ではありますが、
彼は「絶対別のベッドの箱からねじだけ取ってきたんや!!!」といいます。 
ではそのねじのないベッドはまたどうなるのでしょう??
次販売する前に、ちゃんとねじだけメーカーから取り寄せたりするでしょうか???かなり疑問です・・・・

今日のピアノに関しては、
妙に浮き浮き気分になった私は、以前自分がやった楽譜まで買ってしまいました・・・
でも・・・・・ 念願のピアノは音を出さず・・・・・・(はぁ~ )

c0048899_975267.jpgねえねとちゅみはならないピアノの前にすわって、それでもかちゃかちゃ楽しそうに遊んでいました。

ほんとにもう!!! 

一回で済むべきことがすんなり終わらない・・・・ 日本人にとってはほんとに思ったとおりに物事が進みにくい国です・・・・・(苦笑)

スペインの時間の流れと仕事のしかた?を日本と比べてもしょうがないということは十分わかってはいるのですが、今日はほんとに久しぶりにかなりイライラしてしまいました!!(苦笑)
明日からは、また「そんなものだ・・・」の容認できる自分にもどりたいなあと思います。

 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-02-05 08:35 | 不思議な人々

日常のびっくり・・・まだまだ続く

先日、いつもの幼稚園のお迎え時のこと。
c0048899_0224629.jpgちゅみが出てくるまで待っていると、 
ちゅみより小さい男の子が
ベビーシッターさんにベビーカーに乗せてもらって
おやつのビスケットをもらっておいしそうに食べていました。
と、ありがちなこと・・・・
そのビスケットかコロコ~ンと落ちて
幼稚園の玄関外のタイルの上を転がっていきました。  ↑こんな形で転がってました♪
わたしがそれを拾いました♪
シッターさんもその男の子も
”拾ってくれたありがとう”の笑顔・・・・・
でも・・・・これ・・・落ちちゃいましたけど・・・・・と一瞬躊躇していると、
その場にいた日本人ママさんが 
「そのまま渡してあげて大丈夫よ! 落ちても平気みたい・・・」と教えてくれました。
はっと我に返り、その男の子に 「はい♪」と渡してあげることができました。
当然 その男の子は満足の笑み♪
教えてもらわなかったら、
めちゃめちゃ意地悪なおばちゃんになるところでした!!!!(汗)

先輩ママさん曰く、 場所にもよるが落ちたものでも平気で食べさせるのだそうです。
園のDirectora(女性の校長先生)御自ら、落ちた食べ物をそのまま食べさせていたそうです。

ギョ!!!! 

床とはいえ・・・・思いっきり土足です。
犬のう○ちを踏んでいる可能性大の靴で歩き回っています。う○ちの密度は日本の比ではありません!!!!(力説)
幼稚園の敷地内、そのままのう○ちが落ちていることはないとはいえ・・・・・ギョ!!!!

・・・・・・・・・

日本人の子は園に入ると必ずといっていいほどお腹を壊すと聞きます。
お水が違うからだというのも理由のようですが、
やっぱりそうでしたか・・・・・・
おトイレ後に手洗いの習慣がないとか、目に見えて汚れないと手は洗わないとかいろいろ耳にしますが、
現場を見るとやっぱり強烈です!(苦笑)

だってあんなに小さな子に、落ちてほこりや、もしかしら絶対口に入れさせたくないものが付いているかもしれないものを与えるなんて!!!!!!!!!!

園での細かい生活を知らないからこそ預けられる・・・ということをまた思い知らされました(笑)


やっと時々おトイレでお○っこができるようになってきたちゅみ・・・・
あの年齢の子がおトイレに行くとどのようなことになるか、よ~くわかっているからこそ、
尚・・・・恐ろしい・・・・・(恐)
ちゅみ・・・多分、間違いなく、おトイレの後、手を洗ってはもらってないだろうなあ・・・・
お手拭代わりのおしり拭きでふきふきして・・・・終わりなんだろうなあ・・・・


怖い・・・・・

でも、まだ基本的には午前中だけ幼稚園の生活のちゅみ。
少々の下痢の経験はありますが、それほど深刻なものは今までありませんでした。
幼稚園での昼ご飯もちゃんと食べているようです・・・・・多分手で・・・・(苦笑)
彼女は私が思う以上に強いのかもしれません。

・・・???

ということは、我が家の衛生状態がスペインレベルに近い!ということなのでしょうか??
そちらの方がもっと大問題です!!!(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-11-10 00:22 | 不思議な人々

ちびまる子ちゃんに見る、スペインと日本の違い♪

先日、c0048899_5273766.jpg
日本語放送のテレビで
”ちびまる子ちゃん”を見ていたねえねがぽつり・・・・

「スペイン人はやってるで・・・・」

横からテレビを覗いてみると・・・・
スーパーマーケットで買い物中のまるちゃんが、お金を払う前にお菓子の袋を開けていると間違われ、店員さんに注意されているシーンでした。

    「お嬢ちゃん、お金も払わずに勝手にお菓子の袋を開けちゃだめだよ!!」
   
ねえねの”ぽつり”はこのシーンを見ての一言でした。

確かに・・・・・
スペインに来て、大型のスーパーで買い物をしていて驚いたことのひとつが、
お金を払っていないのに、先にお菓子やパンの袋を開けて食べ始める人がいることでした。
もちろん、そんな人ばかりではありません。
レジには食べかけの袋や食べてしまった箱など持って行ってお金は払うようです。
それでも中には、食べかけのお菓子や開けられたパンが全く違うコーナーに放置されているものしばしば見かけます。

日本でなら、”万引き”に近い判断をされる状況だと思いますが(笑)、こちらではそうでもないようです・・・・

以前から、スーパーでも買い物時、よくねえねが
「ママ! あの人、お金払ってないのにもう食べてるで!!!!」と大声で指摘していました。(ギョッ!!!)
日本語でよかった・・・・(苦笑)
私もまたまたびっくりしたのは、どうしてもぐずる子供に与えるために開けて食べさせる!というのでななく、おじさんがレジ前ですでにビールの缶を開けて飲んでいたりするのです・・・(苦笑)

もちろん、全員がそんなことをしているわけではありません。

そんな状況が、週末の込み合ったスーパーでは、
探さなくても見られたりしてしまうのです(苦笑)

ねえねやちゅみに、
「なんで もう食べたはんのん??」  
「あの人食べたはるから~!!!」
と言われると、なかなか説明が難しい・・・(笑)

スペイン人を悪者にして説明するのは問題があるし、
かといって、この習慣を決して良しとはできません。

結局、
「スペインではそういうこともあるけど、日本ではちゃんとお金を払ってお家に帰ってから食べるやろ。 わたしらは日本人やから、ちゃんとお金を払ってお店を出てから開けよう!」

かなりあいまいな説明・・・・・ 

ねえねは日本で買い物の時にいろいろうるさく注意していたので理解しています。
ちゅみも今は納得?している様子です(笑)

習慣・常識の違いを悪く言ううことで説明はしたくないので、
”日本では○○○だ。”と説明してしまうのですが、それがいいのかどうか、
現在も模索中です。 (苦笑)

なんでも素直にそのまま受け入れるお年頃のふたり・・・・♪???(笑)
説明の難しいことがいろいろ出てきます。(笑)


PS: 日本のアニメが驚くほどたくさん放送されているスペイン。 
日本の習慣や常識がつまったアニメをスペインの子供はどう見ているのでしょう??♪
(・・・・・おそらく、そんなことはまったく関係ない、気にしていないんでしょうね(笑))
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-25 05:08 | 不思議な人々

今頃バルサ??

2週間前、スペインサッカーリーガで、バルサが6年ぶりに優勝し、
バルセロナはすごい盛り上がりを見せました。
先週、最後の試合も終わり、今シーズン終了、オフシーズンに入りました。

なのに、この時期になって今我が家のパパとねえねは、
バルサの応援歌を覚えようと、日々精進しています(笑)

驚くべきことに、
ふと気づくと、壁には歌詞シートが貼られていました! (by ねえね)
c0048899_604416.jpg


実際にカンプ・ノウに観戦に行ったふたりが言うには、
この歌が流れると皆が歌い始め、一体感があるとのこと・・・・・・
この歌とタイミングを合わせて、バルサの選手が入場するのだそうです。
(まだゲームを見に行ったことのない私は、テレビ観戦のみです・・・・)

一緒に歌いたい!というミーハー精神でネットから歌と歌詞を見つけ出し、
二人して歌っています。
ただし、この歌詞、 いわゆるスペイン語ではなく、バルセロナ地方独特のカタラン語なので、
これまた難しく耳に入りにくいのです。

歌詞の意味は、バルサを讃え、みんな応援しよう!のような内容です。

ねえね仕様にカタカタ付の歌詞を探したようです・・・・・

「♪トールテン カンプ! チャチャチャ(手拍子)、
       エェ~スンカム  チャチャチャ(手拍子) 」

彼女は最初の2行と、最後の掛け声、メロディーはそれらし~く?歌ってます。(笑)

パパも2日ほどはかなり一生懸命歌っていましたが・・・・・・

次のシーズンの始まる9月までにマスターできるのでしょうか???
かなり疑問です(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-05-26 06:12 | 不思議な人々