カテゴリ:住まい( 21 )

水漏れで・・あれ???

先日、リビングでテレビを見ていると、何やら嫌な音が・・・・
ビチャビチャ、ピチョピチョ!!! 
嫌な予感!!!
音をたどって行き着いた所はやっぱりバスルーム!!!
思ったとおり、天井の修理の時用のふた?の隙間から水がジャー、ボタボタ!!!
「キャー!!!」
大急ぎでバスタオルを敷き詰め、バケツも用意しようかと思っていたら水は止まりました。
茶色の水でバスタオルも茶色に!!!! なんとか2枚のバスタオルで流れるのを押さえることができました・・・・

どどどうするのよ~??? 

とりあえずパパに電話し、不動産屋さんに連絡するのか、どうしたらいいのか支持を仰ぎました。とりあえず、ポルテロさん(管理人さん)に部屋まで見に来てもらったのですが、私はすっかりきれいに掃除していたので現場がわからず、天井の上の配水管部分を見てくれました。 天井の上はやっぱり濡れていたのですが、どこから漏れたのかがわからず、修理のしようがないので、今度起きた時すぐ知らせてくれたら修理するからと言ってくれました! とにかく ホッ!!!
でも・・・ 真上の階の人は昼間不在だし、この日も間違いなく不在・・・ もっと上の階からの水??だったのでしょうか??? でも今まで一度も起こってないのに???c0048899_21493146.jpg

とホッとして上を見上げて気づきました・・・・ 

あれ?? 

上に何か置いてあるなあ??? 

修理用の材料?? ペンキ・・・???





c0048899_21444279.jpg

あれ?? 
これってどうみても、
    子供のおもちゃ???
もちろん我が家のものではありません。
この部屋は私たちの前には韓国人のファミリーが住まれていたと聞いています。
確かに小さいお子さんがいらしたようですが・・・・????

なんでこんなところに???!!

「ママ~ おもちゃある~!! 取って~!!!!」と大喜びのちゅみ!!

そんなの怖くて触れませ~ん!! そのままにしておきます!!!!

でも実は、おもちゃ程度で安心したというのが本音です。
もっと恐ろしい物でも出てきそうな!!!(キャー!!) 何を想像しているのか???
知らぬが仏です! (笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-05-10 21:45 | 住まい

今頃目からウロコが!!

c0048899_2082100.jpg我が家のお風呂は、いわゆる典型的なヨーロッパのバスルーム?? ホテルのバスルームそのままです。 
"ホテル”と言うと聞こえがいいのですが、
残念ながら中級以下の安ホテルです♪

こちらに暮らして一年。 
やっぱりお風呂だけはどうしても日本がいい!!というのが本音です。 それでも、365日毎日入っていれば多少は慣れてきました。。

しかし先日、スペイン語を教えていただいてるだけでなく、生活のこと全般を教えていただいてるお友達のような先生と、お話していて、今頃 またまた目からウロコが落ちました!

スペインでは赤ちゃんのときから、親が一緒に浴槽に入ってお風呂にいれることはない、親はいつも洋服を着たまま浴槽の外から子供の体を洗う。
小学校1~2年生の年齢でそろそろ一人でシャワーを浴びる子が増えてくる。
スペインではお風呂での親と子の裸の付き合いは存在しない・・・
日本のお風呂のように、パパが裸になって娘と一緒に入ってたりしたら、ある意味幼児虐待とも取られかねない!

”子供をお風呂に入れる” = 必ず裸になって一緒に入る  

を当たり前だと今まで思っていましたぁ!! こっちのお風呂は自分が裸にならなくてもお風呂に入れられるということを忘れていました!!
忘れていたというよりも、感覚的になかった??といった方が適当かもしれません。
必ず一緒に入らなくてもいい! 
目からウロコでした・・・・
日本のお風呂では、小さい子供たちだけ先に入れるというのはかなり難しい・・・・親は濡れてもいい格好をして、すそもめくって、腕もまくって、時にはシャワーキャップまでかぶって・・・
決して人には見せられない姿です。(恐)

「そうやん!!! もう必ず一緒に入らんでも大丈夫やん!!!!」

今頃気づくなんて・・・・(苦笑)

でも、引越ししてきた当時は、まだちゅみは頭からお湯をかけてのシャンプーが無理だったため、日本の家と同じように私がひざで頭をささえて、美容院でのシャンプーのようにするしかありませんでした。 またシャンプーも嫌がる時期だったので、一緒に入って一緒につかって・・・・としないと温まることもままならない状態でした。

でも今は、ちゅみも大きくなり、頭からのシャワーもオッケー!! 
「お顔ぉ~ お顔ぉ~ !!(涙)」 と顔が濡れるのは嫌だ!!!とアピールしてもそのまま強引に洗い続けることができるようになりました。(鬼のような母親かも・・・(苦笑))

バスタブにお湯をはって、二人で遊ばせながら温まらせることも可能になりました! 
もちろん 放ってことおくことはできせんが、ねえねも面倒を見てくれるし、ちゅみもしていいことと悪いことを一応理解できる年齢になってきたので・・・♪

でも先日、
「大丈夫かなぁ~??」とシャワーカーテンを開けると、そこに子供の溺死体が!!!
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
ねえねが完全にお風呂で浮いていました・・・長い髪をくくっていなかったので完全にサスペンスドラマの溺死体状態でした・・・・・ (絶句)
「シャンプーするのに髪の毛濡らしててん!!!」 と自慢げ・・・・・

完全に二人でお風呂に入れるのはまだまだ先のようです・・・・・(苦笑)

スペイン式の入浴法は真似しても、やっぱり日本のお風呂のいいところも感じ続けたいので、
それほど長くはないであろう”娘たちとパパとのお風呂タイム”は大事にしたいなあと思っています。 (パパはもう勘弁してくれと言うかもしれませんが・・・(笑))

毎日ひとりでゆっくりお風呂につかれる幸せ♪  もっと早く気づけばよかったです。


***  でも、バスタブの外側から、髪の毛の長い二人のシャンプーは、
     腰にかなりの負担です・・・(苦笑)
     ショートカットなら楽なのですが、本人は長い髪がお気に入りなのです・・・(苦笑)
     
 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-27 19:26 | 住まい

新しい給湯器~いらっしゃ~い♪

とうとう、やっと、ついに、

   新しい給湯器>  がきました!!!
c0048899_8325464.jpg

長かったです(涙・涙・涙)

パパの最後の”脅し”?が聞いたのか、部品交換のはずが、まっさらの給湯器に取り替えてもらえました!!!

新しい給湯器の内部を見て、今までのがどれだけ古かったのかわかりました・・・・(苦笑)
c0048899_8331167.jpgc0048899_834493.jpg ←古いものはすすとほこりで真っ黒!
 → 新しいものには
    今までのものになかった、
デジタルでの温度表示までついていて、感動!!
(決して高級品でないのはなんとなく感じるのですが、新しいっていうことは気持ちいですね♪)

「ママ お鍋ないのん???  」 (熱湯を沸かしていた大鍋のこと) と ちゅみ
「もういらんでぇ~!!! いつでもいっぱいお湯使えるで!!!!」
「ふ~ん・・・・」 (期待はずれの無感動)  

「ここまで(胸まで)お湯につかりたいわぁ~・・・」と言っていたねえねは、
熱が出てお風呂無し。
残念!!


久しぶりに、たっぷりお湯をためました!! 出続けるお湯に感動!!! (感涙)
さぁ~ 熱でダウンのねえねには悪いけど、ちゅみとふたりゆっくり入るぞ!!!
と思っていたのですが・・・・

「ちゅみ 今日お風呂いらんねん!」 
「え?? 何でえよぉ??? 気持ちいいで!お湯たっぷりやで! あったかいで!!」
「嫌!!!」

結局、泣きわけくちゅみを半ば強引に・・・(ほとんど押さえつけて) お風呂につけ、さっと洗って終わり・・・・

今までのお風呂となんら変わってないやん・・・・(苦笑)

たっぷりのお湯でゆっくりバスタイムは次回の楽しみに取っておくことにしました♪
もうこれからは、いつでもたっぷりのお湯が出る はず ですから・・・・♪

皆様に大変ご心配いただきありがとうございました(礼)
お陰さまで人並みに生活に戻れました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-09-10 07:40 | 住まい

落ちたシャッター

先日の夜中・・・・
寝苦しいぐらい暑い夜が続き、私がベッドに入る時に、
途中までしか閉めていなかったシャッターをきちんと閉めようと、
手動のシャッターのひもを操作していると・・・・
あれ?? いつもならスルスルっと降りるのに何か引っかかっているような・・・・???
あれ?? 何これ?? あれっ??  と微妙に上げたり下げたり・・・・・

と・・・・・

ガラガラ!!! ドッどーん!!! 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

シャッターが・・・・大音響と共に・・・・落ちました・・・

小さいベランダのある窓のシャッターで、また2重の窓ガラスの間にあるので
下まで落ちることはありません。
暗~い窓辺にに懐中電灯をあてると、
c0048899_637241.jpg
c0048899_6443533.jpgそこには斜めに横たわるシャッター。
上を見ると、ちぎれたようなシャッターの切れ端・・・・

あっちゃ~!!! 真夜中にやってしまったァ~
でもちぎれるってどうなん??  

翌日は土曜日・・・・パパが不動産屋さんに連絡すると、すぐ行くとの返事。
有り得ない!!  なかなか動いてくれないので有名?なおじさんなのに・・・(笑)

でも、その日の11時、約束どおりの時間にやってきた。
それも、シャッター屋さんまで一緒に!!!

驚きました! 
シャッター屋さんは壊れたシャッターの一部を持ち帰り、新しいのをまた別の日に持ってくるとのこと・・・・
あまりに早い対応にただただ驚きました。
実際の納品はずっと先になるだろうことは今までの経験で知っていますが(笑)、それでもその日のうちに新しいシャッターを注文できた?のは上出来!! 

少しは納品までの日数を短縮できるはず!

それから我が家の寝室はシャッター無しの生活です。
c0048899_6354753.jpg

                ↑ 20時過ぎの空

困ったことは、ねえねやちゅみも一緒に寝ている寝室・・・・
彼女たちの就寝時間は平日20時から20時半・・・・
まだまだ外は明るく、スペイン人の子供はプールに入っていたりする時間。
シャッター無しでは明るすぎて、寝づらいのです。


的確かつ早急な対応で驚かしてくれた不動産屋のおじさん♪
納品も早めで、びっくりの2連発であればいいのになあ・・・などと
甘い期待をする今日この頃です。
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-07-11 06:30 | 住まい

パパと私の性格の違い

私と同じ歳のパパは
私とはかなり性格が違います。

きちんと後片付けが出来る、物事を気長に考えられる、 細かいことを気にしない、
些細なことでカリカリしない。
私とは正反対の性格です。

先日、こちらでの生活について話していて、またまたパパの性格に驚かされました!!

 「言葉がわからへんから、何か自分のこと言われてるようで
    よく自意識過剰ぽくなるわ。
    珍しいからかよく見られるし、子供を叱ってたりしたら尚更見られし・・・・ 
    助けてくれる人もいっぱいいるけど、何か言葉かけられても、
    どう思ってるのかわからずに戸惑うこと多いし・・・・」

パパ「そうかぁ~。 見られるとか気にならへんけど、見られてたら、
    ”あっ♪珍しいねんな!”って思うわ。」

 「私、日本でもあまりに理不尽なことされたら、ガツンと一撃返さんと
    気すまへん!
    ギャーギャー文句はよう言わんけど、きつ~い嫌味っていうか、
    にこって笑ってきついこと言う意地悪なタイプやから・・・・ 
    こっちやとそれも言われへんから、ストレスたまるわ・・・」

パパ「そうかぁ~ あんまり気にならへんけど・・・ あっ!でも一回あったなあ。
    ショッピングモールで店員に薬局の場所聞いたら、薬置いてない店教えられてん。 
    隣の店員が”その店薬は置いてないよ・・”って耳打ちしても、
    ”いいの! どうせ分ってないんやから・・”って言うてんねん。 
    そのときはなんや!こいつ!って思ったなぁ・・・・」

 「えぇ~!!!  
    わたしやったら激怒やわ!! 一言言ってやらんと気すまへん!! 
    ”こちらで聞いても、薬のない店しか教えてもらえないようなので
    他のところで聞きます。ありがとう♪”って
    にこっと笑顔で言うぐらいはしたい!!!・・・言われへんけど・・・・!」

パパ 「そうかぁ~ ”こいつあほやなぁ。 僕わかってんのに・・・”って思っただけや・・・」

 「なんで!!! ばかにされてんねんで!!! 
   そんなん言い返さなどうすんの!!!!」  
大興奮の私・・・・

パパ「そんなん、あほな人に何言ってもしゃ~ないやろ・・・言う気もうせるねん・・・」

 「・・・・・・・」


こちらで仕事をするようになって、
パパはますます寛容さ?(あきらめ?)に磨きがかかったように思います(笑)
ローカルスタッフの中で仕事をしている彼はかなり苦労をしている様子。
スペイン語が最も大変ではあるようですが、 
時々ぽろっと 
「(スペイン人のスタッフも)もう少し細かいこと気にしてくれるといいんやけど・・・・」
ともらします。
(彼が言うのですから、よっぽど????)
彼自身もある程度細かいことをそぎ落としてやっていかないと、
やっていけないのかもしれません。
実際にいっしょに動くローカルスタッフと、日本人の間には
根本的な感覚に大きな違いがあるので (良し悪しというより”違い”)
板ばさみの彼は難しい立場です。(笑)

『この人、ほんまに変わってるわ・・・』 
今回私はそう思いました。
感心? あきれ??? 
今後のトラブルを防ぐため、言明は避けたいと思います(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-05-30 21:29 | 住まい

ちゅみスペシャル仕様のおトイレ

先延ばしにしていた、ちゅみのトイレトレーニング★
ねえねも入学し、時間もできたので始めなければ・・・・・

脳裏をよぎるのは、ねえねの時にとにかく苦労した日々・・・・・(涙涙)
一人目だったということもあり、まわりのお友達とわが子を比べ、
私が”必死”になりすぎてました。(苦笑)
2歳になる前から始め、トレーニングパンツでまずはお漏らし体験!
おまるに誘って嫌がられ、おまるをテレビの前に置いてみたいり本を読んだり・・・・
なかなかタイミングよくできなくて、こうなったらと普通のパンツでお漏らし攻撃!
畳や廊下・・・・挙句にはキティちゃんのクッションでまで・・・・ハァ~

思い起こせばまだまだ、とてもここで文章に出来ないような事例が・・・・・(恐)

結局は、夏の時期に終了できず、中止! 春からゆっくり始めようと思ったらすんなり成功
したのです。 私の努力はなんだったの!!??? でも”時”がくればそんなものかもしれません。 それがねえね、3歳少し前のこと・・・・

ちゅみも2歳6ヶ月。ちょうどいい時期かも♪
ねえねのおトイレについて行って、トイレットペーパーカラカラ、水の無駄遣いの2回流しを
すでに経験しているので、すんなりかな???  と思いきや、
自分がおすわりするとなると・・・・・・
「怖いから、いいわ!・・・・ 今ないし・・・・」
そんなにはっきりおしゃべりできるのに!!!!

とりあえず、ねえねの時にもいろいろ苦心した、"おトイレ怖くないよ”攻撃♪
c0048899_21105463.jpg

          (皆様にお見せするような場所でないことは、承知の上で・・・・(苦笑))
大好きな”しまじろう”仕様!!
小さいしまじろうのおもちゃは、しまじろうのお人形を持ち上げておトイレに座られせると
歌を歌っておトイレがんばれと励ましてくれます♪

しまじろうパワーでとりあえずおトイレに座ってはくれるようになりました。
ここから、タイミングを合わせて誘うのが至難の業  (苦汗・・・)

ただこちらの補助便座には、日本のような取っ手付きのタイプ(おまるのように握って安心できるようなタイプ)がないようで、がっくり。
ねえねはけっこう"握る”ことで安心というか、がんばれるというか、安定して座ることが出来たのです。 
さすがに、ねえねが使い古した補助便座&おまるのセットは、
日本で処分してきてしまいました・・(少々後悔・・・)

ちゅみのおしりがすっきり”パンツピップ”になるのはいつになることやら・・・・・?????
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-04-21 15:30 | 住まい

土足禁止ではあるけれど・・・

我が家のピソ(マンション)は、
私たちの前に韓国の方が住まれていたということなので、
「韓国の人なら、土足禁止で生活されていたはず!」と
勝手に決めつけ、何度かの抜き掃除だけで土足禁止のスリッパ生活を始めました。

日本ではスリッパなんて履いたことのない子供たちですが、
一応彼女たちのスリッパも買って来ました。

c0048899_6174477.jpg


初めこそ珍しくて履いていましたが、今では完全におもちゃになっています。


韓国の方が住まれていたとは言え、我が家のピソのフローリング?は決して
きれいではありません。 新しくないといった方が正しいかもしれません。

その床を、子供は靴下のまま、時には裸足のままで走り回ります。
当然靴下は毎日真っ黒! 裸足の足の裏も黒ずんでます(笑)
毎日掃除機をかけて、モップで拭いても結果は同じでした。

来た当初は、その足のままベッドに上がってしまうことが嫌でしたが、
慣れって恐ろしいもので、今では何ともなくなりました(笑)

時々、玄関から靴のまま冷蔵庫に食材を入れに行っているのは私です。(苦笑)

靴下や足が汚れるぐらいはいいのですが、
我が家にとっての大きな問題は、

”落としてしまった食べ物をどうするか!”

ということでした。

6歳のねえねももちろんですが、
2歳のちゅみはなんでも自分でやりたがるお年頃。
おやつにパン、お茶碗のご飯に果物と何でも
「ちゅみがやるぅから~!!」と言って自分で運ぼうとします。
当然落下事故は日常茶飯事・・・・
洗えるものは洗って食べさせますが、
辛いのがおやつ・・・・・
チョコレートやビスケット、ラムネ、などなど・・・・・

当初は落ちたものは「汚いから!」と捨てていました。

でも、以前、あまりにも悲しい事件がありました(笑)

日本から送ってもらった大好きなラムネ!
久しぶりに食べられるとねえねは張り切って、ふたを明けながらテーブルへ!
とその時すってんころりん!
不幸にも全部床にこぼしてしまったのです。
よりにもよってひとつ残らず・・・・・・ 
涙ぼろぼろのねえね・・・・

あまりにも不幸なので、
「すぐ拾ってフーフーすれば大丈夫! 早く拾おう!!!」
と拾い集めて、自己満足でフーフー息を吹き掛け、
食べていいよ!と言ってしまったのです!

不幸な出来事とはいえ、不覚でした・・・・
それから毎回、
「フーフーすんねんで!!!」といって、
パンでもチョコでも食べるようになってしまいました・・・・・
(ただし自分の好きなものだけ(笑))

いくらがんばって拭き掃除しても、所詮は誰かが土足で生活していた部屋・・・・
修理の人などスペイン人の方には今でも土足のままで入ってもらってます・・・・
考えただけでぞーっとしてしまうのですが、
一度O.Kしたことはなかなか撤回できないのが子育ての難しいところ・・・・

これでよくはないけれど、
私も子供の頃、
「3秒以内に拾ったら大丈夫やでぇ!」という根拠のない子供社会のルールで
落ちたものを食べたことあります (大恥)


何はともあれ、とりあえず当分は床のお掃除がんばるしかなさそうです(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-03-19 06:24 | 住まい

せっかくの家具も・・・・

我が家は、家具つきのピソ(マンション)に住んでいます。
必要な家具はほとんどついているため、大変便利なのですが、
その家具がなかなかのくせもの・・・・

センスがどうとか、質が悪いとかそういったレベルではなく、
子供連れの家族には危険な家具が多いのです。

我が家には、使い勝手のいい収納シェルフやソファサイドがあるのですが、
どちらも、
”これでもかっ!!!!”
というぐらい、角が尖っているのです。

初めは、賃貸でもあるし、気をつかって何も手を加えませんでしたが、
実は、こちらに来てちょうど1ヶ月たったころ、
家の中を走り回っていたちゅみが、ころんでソファーの足元の角で
おでこを切ってしまったのです。
傷の方は何とか治りつつありますが、傷が残らないかまだ心配しています。

そんなことがあり、退居する時いくらかのお金を取られてもしかたないと、
パパが家の中の危険箇所にガードをつけました。


c0048899_23223046.jpg
本来なら、ワインでもゆっくり優雅に飲めるスペースなのに、こんな状態に・・・・・(涙)


c0048899_23383967.jpg

普段は、クロスでダンボールが見えないようには隠しているのですが・・・隠れません(笑)

所詮は気休めです(笑)



ちょうどこけるとぶつかる高さなので、最も危険な箇所でした!!!






ヨーロッパに暮らしているはずなのに、なんと優雅さのない生活でしょう・・・・
見た目よりも安全第一とはわかっていても、ため息が出ます(笑)

何年たったら外せるかなあ・・・

日本でならもう少し角に丸みを持たせてあると思うのですが、こちらは容赦なしです!

もう少し見栄えのいい、コーナーガードの様なものをこちらで捜したのですが、
見つけられませんでした。
住宅事情や生活スタイルが違うからかもしれませんが、
そういった乳幼児用の安全ガードや小物は、圧倒的に日本の方が多いように思います。

スペインの子供はやっぱりおとなしいのでしょうか?
それとも、インテリア優先???


日本のマンションでも、ダイニングテーブルの足や、柱の角に引越し荷物??と見まがうほどの梱包を施していました。
それでも、たんこぶや擦り傷は日常茶飯事でした。
同じ間取りに暮らすお友達のお宅では、それほどではないらしいのに・・・・

なぜ我が家の娘たちは???????

**
でも恐ろしいのは、プチプチやコーナーガードのついていることが当たり前になると、
必要なくなってもそのまま外し忘れるのです!
引越しする際、ダイニングテーブルの足に、まだプチプチがついているのを
引越屋さんに指摘されました。 
プチプチの巻かれたテーブルの足がもうインテリアの一部ということなの????
恐ろしい感覚です・・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-02-25 23:31 | 住まい

”自転車で遊ぶ!!!”は母泣かせ・・・・

今、ねえねのお気に入り自転車は我が家の玄関に置かれています。

c0048899_21435619.jpg


けっして大切にするあまり玄関に置いているわけではありません。
地下駐車場横のスペースでは真っ黒になるし、
そこから出すには扉を開けるリモコンがいります。 
それは大げさだし、人用の階段はとてもじゃないけど自転車を運び出せる代物ではありません。

まっ、玄関が狭くなるとか泥がついてくるとか、そういうことは気にしないのですが、
この玄関から外に出すのもこれまた一苦労なのです。

我が家はピソの6階(日本の7階にあたります)。
もちろんエレベーターはあるのですが、これがびっくり!
か・な・り・ 狭い!!!!
大きな人なら3人でいっぱい。
うちの家族4人も買いだめして帰ってくると乗り切れません。

そのスペースに、
お子ちゃま用とはいえ自転車を乗せるとなるとけっこう大変。

でもでも・・・・・

上の娘のねえねは自転車に乗るのが大好き♪
日本ではマンションの公園で、今ははやらない暴走族もびっくりの暴走で
乗り回していました。
でも、スペインへの引越しの際、
2ヶ月前に荷物を出さなければならない海上貨物として出荷したため、
彼女は長く自転車とお別れしなければならなくなりました。

また、こちらに来ても、わたしに余裕がなくて、すぐに自転車を乗り回せるような公園に
連れていってあげられなかったこともあり、ずーっとご無沙汰になってしまいました。

そのため、最近言い始めた

「ねえね、自転車乗りたい!」

という言葉を無視できなくなり、
母の愛と気合と根性で自転車を外へ持っていくことにしました。

当然、大人の男性なら3人でいっぱいのエレベーター。
お子ちゃま自転車とはいえ、そのまま乗せられません。

自転車にもご起立いただくのです!

ちゅみとねえねを先に奥に乗せ、それから私がウィリーの状態で自転車を乗せます。
ちゅみは自転車のタイヤにキスせんばかりの状況です。
だいたい、ねえねが自転車なら
「ちゅみはスケーター!」
と言い出すので、ついでにスケーターも押し込みます。
そんな状態でも、
ちゅみは「ママ、抱っこ~!!」
と言い出します。
頼むよぉ~!!!

ついつい私が私の都合で自転車遊びを敬遠してしまう理由です。

もうすぐちゅみが言い出すと思います。

「ちゅみも自転車!!」

どう考えても16インチと12インチの自転車2台は一度に乗せられません!!!
その日がなるべく先になることを今は祈るばかりです・・・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-02-21 21:52 | 住まい

我が家のピソは不思議がいっぱい!!!

我が家のパパは、わたしたちより早くこちらに来て、
私たち家族のためにピソ探しに苦労してくれました。

今私達が住んでいるピソに決める前にもいつか見せてもらったり、
中には何日が住んでみたりしました。

金額、広さ、まわりの環境・・・・いろいろなことを考慮し今のピソに決めてくれました。

基本的には、立地も中も大きな不満はありません。
私たち家族には十分です。

が、

私の常識で考えると、
このピソは不思議がいっぱい!!!
おそらく、どこのお宅のピソも多かれ少なかれ似たような状況なのだとは
思いますが、 
住んで2ヶ月弱の私には、ほんとに不思議でおもしろいのです!!


その1: 日によって、使えるコンセントの位置が変わったりする。

昨日まで、ここのコンセントを使って掃除してたのに、ある日からすっかりだめになってしまったのです。
掃除機に異常はなさそうです。
以前にもこのコンセントはこ機嫌斜めになったことがあるのですが、
ふと気づくと直っている・・・・・
日本の常識では考えられないですが・・・・・
ここならおもしろい♪

その2: これもまた・・・日によって玄関のドアの鍵の硬さが変わる。

湿度かお天気の都合かは不明。 
間違いなく変わるのです!
ちょっと持ち上げないとかかりにくいとか、開けにくいとか・・・・

「なんでやね~ん!!! 」 

と、関西弁で突っ込みいれてます(笑)


その3 : これまた、時々、電気がついたりつかなかったりする箇所あり
 
ピソのオーナーの名誉のため一言付け加えると、
これは多分にちゅみの仕業か???と思えるところがあります。
我が家のピソの電気のスウィッチは、ちょうどちゅみの顔ぐらい・・・・・
”どうぞパチパチして遊んでください!”
と言わんばかりなのです。
日本では高くてできなかったことができるので、当然ちゅみの日々の遊びのひとつに
加わってしまいした。
こちらに住んで2ヶ月弱・・・・彼女はまだ飽きていません

その4 : ベランダのフェンスが揺れてます。

先日、外装の補修工事がすんだばかりなのですが・・・・・
私は我が家のベランダのフェンスを信用しません!!!(笑)
テラスにテーブルといすでも置いて、ゆっくりお茶を・・・って
憧れますが、子供がテラスに出ようものなら、恐ろしくって!!!!(恐)
フェンスが低いこともあるので、いすやテーブルを置けません。
優雅な生活とは程遠いです・・・・・


その5 : ひとりでに、ついたり消えたりするテレビ

これもうちのテレビが悪いのか、近くの電波???の影響か???
主電源を落とさずにリモコンだけで消しておくと、知らない間についているのです。
また、子供がよろこんでアニメを見ていると、いきなり消えるのです。

”ひとりでに消える”という事実がわかるまで、

我が家ではよく 

”誰がテレビを消さずに寝たか???”
”人が見てるのに今誰が勝手にテレビを消したか?”

ということで
論議が交わされておりました。

原因はテレビ自身だったなんて・・・・・・ 


まだまだこちらでの暮らしは短いですが、
なんとなくこちらで楽に暮らすコツがわかってきました。

”何が起こっても驚かない!”  です。(笑)

極端な話、いきなり天井が抜けて、上の階の人の足が見えても、
「こういうことも有り得る! ちゃんと直しといてくださいね!」
って素で言えるかもしれない (笑)

修理をお願いしても、1~2ヶ月待たされるので、
特に不便とか、火災などの差し迫った危険のあるもの以外は
あまり催促しないことにしています。

私は、お願いすると、待ってしまう性格なもので・・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-02-15 23:32 | 住まい