カテゴリ:生活( 181 )

3人の王様の日

c0048899_22324761.jpg
スペインのクリスマスは、1月6日の三賢者の日まで続きます。 子供たちはサンタさんから以外にこの三賢者(3人の王様)からもプレゼントをもらいます。(サンタさんよりも王様からのプレゼントがメインのようです・・・) そのため、1月に入ってもクリスマスの飾りや街のデコレーションはそのままです♪
我が家の近くのショッピングモールにもまだまだクリスマス風の飾りがいっぱい♪
大きな雪だるまもいました♪


その3人の王様の日に食べるのが、このパン♪ ロスコン デ レイジェス♪
c0048899_22333476.jpg
中に、小さな王様のお人形とそら豆が入っています。 皆でカットして食べて、王様が入っていたらラッキー♪ 今年はいいことがあるのだそうです♪ このパンについている王冠をかぶることができます。そら豆がでてきたら、その人がこのパン代を払うのだそうです。

今年も買いました♪ ちょうどその日、パパの会社の方がみえたので、彼も一緒にカット!!

c0048899_22431056.jpg今年は王様はねえねに、 そら豆はちゅみに当たりました。
ちゅみは去年王冠をかぶっているので今年はおとなしくねえねに譲りました(笑)
でも ちゅみは払えないし・・・・ 結局パパです。(笑)

でもこのロスコン、ナイフを入れたときに丁度刃があたり、カットする私はどこに入っているか分かってしまうことが多いのです。 入れかけたナイフを戻してごまかすこともあります。(笑)
当たり・はずれがバレないように取り分けるのは結構難しいです。

5人で分けるには少々大き過ぎました・・・・ お腹いっぱいになりました♪

PS: ちゅみとねえねはスペインのお子様でないので王様からのプレゼントはありません。サンタさんだけです(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-01-06 22:36 | 生活

今年の大晦日

*******************

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞどうぞよろしくお願いします♪

*******************

昨日の大晦日、日本からパパのお友達ご夫婦が日本から遊びに来ているので一緒に夕食を食べに行きました♪ 毎年、大晦日もパパは3時ごろまで仕事・・・ お正月も1日だけがお休みで2日からは通常通りの仕事です。 年末とお正月の独特のムードを味わうことはできません。
でも、今年はお友達が来てくれたお陰でにぎやかでした♪
ねえねもちゅみも遊んでもらって大興奮! パパも久しぶりの友達との再会に嬉しそうです♪
パエリアのおいしいレストランを予約したのですが、予約時、かなり混みあっているように言われ、20時から22時までならオッケーと言われていました・・・ 私達にはかえってちょうどいい♪(笑)  時間に制限があったためが、いつもそうなのか、お料理が出てくるのも早く、お店の人もきびきび働いていて、とてもおいしく気持ちよく食事ができました♪  

その後、モンジュイックの丘に車で登ってみました。 

c0048899_20193336.jpg


いつもならけっこう賑やかなのに、
大晦日だからなのか、タイミングなのか
車一台停まっていません・・・・ 
かえって気味が悪い・・・・・(苦笑) 



c0048899_20195842.jpg



ちゃっちゃっと夜景を見て、
         サッサと帰りました(笑)





帰宅後、車で撃沈してしまったちゅみはベッド、 ねえねとパパと3人で、初めて”スペイン式新年の迎え方”に挑戦してみました。
新年0時に鳴る12回の鐘の音に合わせて、12粒のぶどうを食べる・・・・・
c0048899_20202132.jpg
皮と種を取り除いた専用のぶどうの缶詰も準備!!
いざ!!!
あら??? 去年はテレビの中継で司会者の人が食べた・・・ それに合わせようと思っていたのに・・・???

あらっ!!!???

鐘 終わっちゃった・・・

おばかです・・・・ ぶどうをスタンバイしたまま、ずっと0時を差した時計の中継画面を見ていました・・・・ 終わってしまった・・・・(赤面)

結局、鐘に合わせて食べられませんでした。 後からそのテンポを思い出して食べましたが、やっぱり早い!!! 除夜の鐘ぐらいのテンポなら食べられるけど、無理ですぅぅぅ!!!

2008年のスタートはこんな調子でした・・・
大丈夫なのか??? 我が家・・・??? (苦笑)

こんなそんなですが、皆様の2008年のご多幸を心からお祈りしています♪♪
素敵な年になりますように・・・♪


** 追記  
今回のレストラン

Elche
C/ Vila i Vilà, 71 tel : 93 44 13089
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-01-01 20:20 | 生活

チャリティー???

c0048899_2015980.jpgいつも行く自宅近くのスーパーへ買い物に行ったときのことです。 スーパーの入り口に10人以上の中学生ぐらいの子供たちがたむろしている・・・・ 日本のコンビニ前もびっくりだなぁと思いながら、中に入ろうとすると、一人の子が案内のちらしのようなものを手に持って話しかけてきました。 それを受取り、歩きながら話を聞くと、どうもクリスマス前のチャリティーで、貧しい人に食材を寄付する取り組みをしているので協力してほしい・・というようなことみたい・・・・
適当に返事をしてスーパーの中へ。 
一緒にいたパパがひとこと、 「返事したらきっと寄付するよって言う意味に取られたと思うで・・・」
あらっ・・・  あまり深く考えずに はいはい と返事してしまった・・・ 日本人的反応をしてしまった・・・・ (汗) まずいの????
確かに、路上で変な寄付?を要求する大人はいるけど・・・子供たちだし・・・・
彼らの持ってる案内には ちゃんと団体の名前と連絡先も書かれているし・・・・

とりあえず、買い物をすませ、レジに並んでいる時に、スーパーで買い物をして出ていくスペイン人がどうしているか観察!
中学生達は、スーパーからでてくる買い物客にさっと近づいてくる。 完全に無視する人、何か手渡している人、話をしている人、人それぞれ対応が違います。 ふと気づくと、彼らの横の大きなショッピングカートには、寄付された食品が集まってきています。

私達が出ていくと、やっぱり子供たちが近づいてくる。 隣にいたお兄さんは何か寄付している。
私もそのつもりで買った缶詰を彼らに手渡しました。
彼らはにっこりと、 「どうもありがとう♪」

どういう形で寄付されるのか、どんな団体なのかよくわかりませんがまっいいかぁ♪♪ 
ちゃんと活用してね♪ 

パパが一言、
「こういうちらし、カタランでなく、カステジャーノで書いたら?って言おうかな?(笑)」

確かにね・・・・(苦笑)  
いいことが書いてあっても、外国人にカタランは厳しい!!!(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-12-16 20:10 | 生活

にぶっていませんか? 私の感覚

最近時々思います。 
私は日本の社会や常識や感覚がにぶっているのではないかなぁ・・?と・・・
日本ではやらなかったのに、スペインではやっている良くない?こと・・・

1・
ピソのベランダでラグやお布団のほこりをはらう時、フェンスの外側で思いっきり気持ちよくパッパパッパする!
少しぐらいベランダから水が滴っても気にしない。
(日本のマンションでは、階下へ直接ほこりや小さなゴミが落ちては大変なので、ベランダの中でパタパタしていました。 階下に水を落とすなんて言語道断!! 自宅マンションの1階はよそのお宅の庭になっていて、お布団を干したりされていました。)

2・
自宅での昼食が3時ごろになっても、夕食が9時前になっても気にしない
(スペインのタイムテーブルに近い生活をしていることがあります)

3・
翌日の心配をしなくていい日など、幼稚園や学校のお友達と夜8時9時まで遊んでいる(時にはもっと・・・!!!)
→ 帰宅が5時過ぎなので、それからお友達を呼んだり遊びに行かせてもらったりすると、親も含めてかなり遅くまで遊んでしまうことがあります・・・(苦笑) 日本では有り得ない!!
これもスペインのタイムテーブルを言い訳にしているかも・・・

4・
スペイン人との約束時間(修理の人なども含めて・・・)は ちょっといい加減になってしまう。
(日本人のお友達との約束時間は「きちんと守らないと!」と心かげていますが、それ以外の約束はちょっとぐらいいいかっ!と思っているところがあります・・・・ (恥)

5・
日本よりも広くて便利のいい場所に住んでいる(=駐在員家族なので安全面等の問題でそうなる) 自分がお金持ちになった訳ではないのに、周りがお金持ちだと勘違いしてしまいそうになる → 日本に帰った時に現実を思い知らされる(笑) 

6・
日本食材の乾燥物の賞味期限を・・・・無視する・・・・
その度合いは、ここでは申し上げられませんが、日本では考えられないぐらいと説明させていただきます。 (恥)
日本ではやらないだろうなぁ・・・・・・

きっとこれ以外にもたくさんあると思うのですが、今ぱっと浮かんできません!
私をご存じの方に、指摘していただきたいような・・・怖いような・・・・(苦笑)

子供は親の常識をそのまま吸収するので、外国に住んでいるからこそ尚更、日本の常識を失わないよう、日本とスペインは違うんだということを忘れないようにと自分を戒めているのですが、ついつい緩んでしまいます。(自分に優しいので・・・(苦笑))
スペインの常識を批判するつもりはなく、日本は違うということをねえねとちゅみにわかっていてほしいなぁと思っています。

日本に帰国した時にちょっと変な日本人になったりしないか? とそんなことを考える今日この頃です♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-12-07 21:59 | 生活

ちょっとお裁縫

c0048899_18504990.jpgこちらで初めてミシン糸を買いました。 
今までは、引越し時に持ってきた日本の糸を使っていました。さすがに在庫が切れました(笑)
こちらのミシン糸は日本と形が違う。 細長いです。 これで100mです。 とっても小さいです。

ついでに、パッチワーク用の細くて小さい針も買いました。 急に思い立ったので、”針”のスペイン語がわからず、 ”えーーっと 何ていうの?? ほら! (縫い縫いのジェスチャー) パッチワーク用で・・”と熱演しました(笑)  もちろん通じました!(爆)
私ってこの3年でジェスチャーゲームの達人になっているはずです!!!!

やらないといけないことが実はあるのに、ちょっと足を踏み入れてしまった"お裁縫”の世界♪
お見せできるような作品に仕上がったらご報告します。
報告がないときは、 「あぁぁ~ やっぱりね・・・」とそっとして置いてください・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-11-28 18:56 | 生活

カサカサ~!!!!

バルセロナもバルセロナなりの冷え込みが続いています。
 
c0048899_1964454.jpgでも、気温でなく、今朝、自宅の湿度計を見てびっくりしました!!!
ねえねの新生児時代以来愛用?しているライオン湿温度時計、 
歴代NO.1の湿度の低さです!! 20%きっています・・・(苦笑)
掃除をするために、朝、窓を開け放った直後のものです。
20%台はよくあるのですが、これほどまでには・・・・・(驚愕)

私の手がガサガサになるはずです・・・ 食洗機を毎日使っているにもかかわらず、もう指先が割れてきました・・・・ ちょっと爪を短めに切るとすぐです!!
咳が出始めると止まらなくなるはずです!! 鼻の穴も乾燥するはずです!!!
毎冬、加湿器を欠かさないのですが、ほとんど気休め状態です。 

それでも、スペイン国内ではバルセロナはまだ湿度が高い方なのです。 確かに梅雨に似たような時もあるし、雨も降るし・・・・ それでも冬の乾燥は日本の比ではありません!!

こちらの人は、オイルをたくさん取るから肌も乾燥しにくいと聞きます。 オイル少な目、和食もどきの生活をしているとほんと体中カサカサになります・・・・(苦笑)

もともと乾燥肌の上に、一年一年確実に年齢を重ねていくわたくし・・・・ 
夜は愛用のアルガンオイルをべったり塗ってます!(笑) お陰で顔は比較的ましです♪ 

ねえねとちゅみも顔だけでなく、全身ローションの生活が始まりそうです・・・・・(苦笑)



** 
「ライオンの湿度計・・・ かなり破壊が進んでいるようだが、信用できるか?」という声が聞こえてきそうですが、 一応、上がったり下がったりはしていることをここに申し述べます。(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-11-19 19:18 | 生活

急なお食事会!!

かなり前にちゅみと幼稚園で一緒のお友達フランス人ママから、「以前日本に住んでいたことのある友達が、おいしい日本食レストランを教えてって言ってるの~」と頼まれ、何件が教えてあげたことがありました。 その話のついでから、一緒に行かない?と誘われていました。
なんだかんだと都合を合わせるのに大変で、夏休みが過ぎ、週末の予定が変更になり、金曜の夜なら・・・ということになり、やっと日が決まったように思えました。
その週になったらまたメールいれるから・・・と言われていたけれどメールが来ず・・・・
次の機会になったのだ・・・と勝手に思い込んでいました。

と、当日の夜7時、偶然チェックしたメールを見てびびびっくり!!

”今晩 何時に会えるかな?
”9時でどう??”
”僕達はいいよ!”

えっ・・・・ ふた夫婦で勝手に話が進んでいる、決まっている、 彼らは行く気だ!!!

ギョッ!!! 

だって予約してませんし!!! パパにもキャンセルになったって言ってしまったし! 何よりそんなつもりしてなかったしっ!!!!

慌てました!!! 
まずはパパに電話! 今晩お食事会決行のはこびとなりそうだと連絡!
レストランに電話!! やっぱり早すぎでまだ誰もレストランにいない!!(涙)
焦って焦って、やっと開店1時間ちょっと前にレストランに電話がつながり、予約OK!(ホッ♪)

メールに予約が取れたことを入れて、念のために私の携帯番号を入れましたが、彼らから返事はない・・・・ 私・・・彼らの電話番号を知りませんし・・・・(苦笑) 行き違いや思い違いがあっても連絡の取りようがないし・・・(汗)

とりあえず、ちゅみとねえねを連れてバスでレストランに向かいました。 
私達は時間どうり9時にレストランに着きました。 
ホッ♪
でも・・・待っても待っても彼らは来ない・・・・ パパも仕事で遅れてる・・・・
あっと思い出して携帯を取り出すと、おバカは私は電源を切っていた・・(苦笑)
もしかして違うレストランに行ってるのかな? お店が分からないのかな? どうやって連絡しよう??? と悩んでいるうちにバッテリーが切れる・・・・最悪・・・(涙)

約束の時間から30分ほどたって、お店の前で慌てて車から降りてくる女性2名。
ねえねが 
「あっ!! ○○のママや!!!!」

よかったぁ~♪ とりあえず会えたぁ~(ホッ♪)

遅れてしまってごめんなさい!!と平謝りの彼ら・・・
わたしとしては来てくれてよかった・・・・・ 3人で8人のテーブルをキープするのは辛かったぁ(笑)

日本に住んでいたことのあるご夫婦も 日本語忘れてきたし、スペイン語勉強してるしでごちゃごちゃになっていると言っていました。 私なんていつもごちゃごちゃです。 スペイン語が苦しいと訴えると英語はみんな話すから大丈夫よ♪ と言ってもらい、聞こえはいいけれど、とにかくめちゃめちゃなスペイン語と英語のミックス・・・・(苦笑)
それでもなんとかコミュニケーション取れるものですね・・・ もう笑うしかない!(笑)

ねえねが日本語で言った、
「ママ! 混ざってるよ! 頭のスイッチ変えへんと!!」の言葉を日本にいたことのあるご夫婦は理解して、大ウケしてました!(苦笑)
パパもかなり遅れて合流し、なんとか予定のメンバーが揃いました。
この場で初めて、お友達ママと私はバルセロナ滞在がほとんど同じ年数であることが判明しました・・・ でもスペイン語力の違いは歴然・・・・(苦笑) フランス語とスペイン語は似てるから覚えやすいのよ♪というフォローを真に受けたとしても、あまりにも違いすぎる・・・・ 
しゃべりたがりなのにすっと言葉がでてこない私のジレンマは、永遠に続きそう・・・(苦笑)

気さくに話してくれる人たちで、めちゃめちゃながらあっという間に時間が過ぎました。
当然ちゅみは途中で撃沈。 ねえねもテーブルにうつぶせて寝てしまいました。
(当然といえば当然・・・・ お店を出たのは0時でしたから・・・・・(苦笑))
c0048899_2243690.jpg
彼らにも小さい子供がいるのですが、今晩はベビーシッターとお留守番。
あなた達は頼まないの?と聞かれ、習慣の違いと日本人ベビーシッターの数の問題等説明しましたが、完全に理解はされてなかった様子。 と 日本滞在経験のある彼女が説明を追加してくれました。 
日本を知ってる人と一緒だと楽です(笑)

いきなりで何の心構え?もできぬままのお食事でしたが、楽しかったしいい経験になりました♪でも・・・もう少し英語でもスペイン語でもスムーズに出ればもっともっと楽しかっただろうなあ・・・と思います。 頭の切り換え云々の問題ではなく、根本的な語学力に問題があることがよーーーーくわかりました。(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-20 23:59 | 生活

タクシー嫌い・・・

日本ではあまり利用することがなかったタクシー。
こちらに来て、自分で車を運転しないこともあり、時々利用します。 利用せざるを得ません・・・
私はこちらのタクシーが嫌いです・・・ 乗車拒否も多いし・・・嫌いというか・・・できれば乗りたくない・・・・。

先日、日本人向けのバルセロナ警察の説明会?(日本人が遭いやすいや犯罪や防犯についての情報を提供してくれる会)があり、そこでタクシーについてのトラブルも話題になったそうです。
バルセロナも他の観光地同様、観光客に不当な料金を請求したりするタクシーがあります。周りの人からもそういう嫌な経験の話聞くことがままあります。
私自身も時々しか利用しないのに、いわゆる”ぼったくりタクシー”に遭遇しました。(苦笑)

我が家の場合は、よく出没する空港から自宅まで。 大きなスーツケース2個とそのほかにちょっと大き目の荷物2つ、家族4人で帰宅する時です。 荷物が多いのでタクシー2台に分かれて乗りました。
2人づつ、荷物もちょうど半分づつ・・・・ 
にも関わらず、1台目と2台目で請求金額が全然ちがうんです。
同時に空港を出て、ほぼ同時に自宅前に着きました。

1台は 35ユーロ、 もう一台は23ユーロ。

通常、荷物を持たずに空港から自宅までは20ユーロかかりません。荷物の手数料とチップを考えても35ユーロは高すぎ!!!! 
腹が立つのを通り越してあきれてしまったのは、前を走っていたタクシーの運転手が2台目の私の乗るタクシーの運転手に途中の信号待ちで目配せをしていたのです。 明らかに 一緒に高めに請求してやろう!を合図をしていた・・・・(怒) 
見て分かるよっ!!!(激怒
でも 私のタクシーの運転手さんは ずっと”No”のジェスチャーをしていました。 相手にしていませんでした。 
案の定、金額に大きな差が・・・ あまりにひどい!!!(怒&

結局、パパとふたり激怒して、不当な金額にギャンギャン文句を言って、25ユーロになりました。 それでも高く、パパは納得はしていませんでしたが、私達も日本からの帰宅時で疲れていたのであきらめました。
目的地はホテルでなく、一般のピソで、道の説明も細かくスペイン語でしているのに・・・・ 
観光客ならいいとか、住んでいるからダメということではないのですが、あまりにひどい!!!
観光で行った場所でももちろん腹が立つのですが、良くても嫌でも暮らしていかないといけない場所で、不当な扱いを受けると腹が立つと同時がっくりしてしまいます。 スペインを嫌いになりたくないのに嫌いになってしまう・・・・(苦笑)


このようなタクシーのトラブル被害は多いそうです。 観光客からは高く取ってやろうという運転手が少なからずいる・・・・けっこういる?・・・・・
説明を求めたり、文句を言ったりして解決するといいのですが、言葉の問題もあり、現実的にはなかなか難しいことが多いです。
警察から、そういうトラブルにあった時の対処法として以下のような指導があったそうです。

1. 不当な金額であれば、レシートを受け取り、
   運転手の名前等を登録証を見てチェックしておく。  
   その上で、消費者クレーム機関にクレームをあげると運転手に言う。
               ↓
   その後必要な手続きを取る

2. あまりに理不尽で不当であれば、警察に通報する。 (080)


高い請求であるからといって、何も支払わないのには問題があるので難しいです・・・・
すべての運転手さんが悪い人では決してありません。 同業者にでも”No”と言う運転手さんもいます。 でも、このタクシーの経験がトラウマになり、空港の到着ロビー前からタクシーに乗る時は嫌な気分になります。 もしかして・・また?と思ってしまうのです。
先日、家族で利用した時は、22ユーロほどでした。 
タクシーメーターは18ユーロ程度、着いてから4ユーロほど上乗せされています。
疑り深くなったパパは、金額の内訳の説明を求めていました。 と、4ユーロは荷物代だとか・・・(今回は中サイズのスーツケース1個)
チップを自分で上乗せしているので、+α はほんとに端数だけにして支払いました。

大きな荷物を持って、どこから見ても外国人(観光客)の我が家のような家族がタクシーを利用すると、運転手さんによってはいいカモに見えるのでしょうね・・・・ 悲しいです。
タクシーに乗る時は、毎回毎回嫌なドキドキがあります・・・・(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-12 18:43 | 生活

小さくなった子供服

どんどん大きくなってゆくお子ちゃま達・・・  
       ↓
小さくなってもう着られない子供服がどんどん増える

一部、きれいなものは日本人のお友達に尋ねてもらったもらったこともあるのですが、使ってもらうほどでない物もいっぱいあります。
不要になったものは比較的バンバン捨てる事の出来る性格なのですが、さすがにまだ着られる子供服をゴミにしてしまうことには抵抗がありました。 去年はちゅみの幼稚園で古着の回収をしてくれたのですが、それを見越して保管していたのに今年はそれがなく、クローゼットには紙袋に入った子供服が・・・・(苦笑)

以前、スペインには、着られなくなった子供服を恵まれない子供たちに送るための回収ボックスがあると聞いていたのですが、自宅近くで見かけたことがなく、どこにあるかわからずにいました。
やっと最近、いつも行っているショッピングセンターの駐車場にあることに気づきました。(遅すぎです・・・(苦笑))

c0048899_18502296.jpg

このオレンジのゴミ箱のような回収箱がそれです。
Roba Amiga(友達へ洋服を??)という取り組みのようです。 

この”Roba”という単語、 カタラン語で”洋服”という意味なのですが、カステジャーノでは”Ropa”です。  似ているけれど、同じでない・・・  
ややこしいです。(苦笑)
バルセロナ市やカタルーニャ州のいろいろな取り組みや催しの案内など、どうしてもカタラン表記が多いです。 WEBであればカステジャーノの切り替えも可能なのですが、ポスターやパンフレットであるとそうもいきません。 カタランだと 「まっ いいか・・・」で済ませてしまいます。
目を通さずに終わることが多々・・・・(苦笑) なので、ついつい地元の身近な情報に疎くなります・・・・。
外国人には辛いところです。
それでも最近は、かなりテキトーーーーーーな勘で読んでみようすることも増えました。
読めない文字でも、見慣れると・・・??  人間、【慣れ】ですね・・・(笑)



これからこの回収ボックスを上手に利用しようと思います♪


***
↑の回収箱は、 Sant Boi の大型スーパー、アルカンポの駐車場のものです。
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-07 18:51 | 生活

しみないマキュロンの代わりに・・・・

c0048899_23364758.jpg
やれサッカーだ、公園だ、自転車だ!と動き回り、小さな生傷の耐えないちびっ子ギャング達。
つい最近、愛用?(常用)の消毒液、しみないマキュロンの在庫が切れました・・・・ アンパンマン仕様で傷にしみない!がキャッチコピーになっていました。 それでも痛がっていましたが・・・(苦笑)
家に消毒液がないのは困るので、 スペイン語の先生に、スペイン人家庭で一般的なお薬を教えてもらいました。 
それがこちらです。 
”Betadine" というそうです。 
中身は日本のイゾジンです。(笑) 容器の先が細くなっていて、数滴づつたらして使うことができます。
日本にもあるような泡状の消毒液もあるようですが、先生はこれが一番!と言い切っていたので我が家の救急箱に仲間入りしました。 あまり登場せずに済むといいのですが・・・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-10-03 23:36 | 生活