カテゴリ:ねえねの学校( 42 )

バザーの季節が・・

例年、9月になると10月末にあるねえねの学校のバザーの準備が始まります。
去年は焼きそばパン屋さん をやりました。 
何だかんだ言って、私はこの時期が好きです♪ 楽しんで参加させてもらってきました。
c0048899_6573761.jpg 
今年は、器用なお友達に教えてもらって、バザーのお店に出す手芸品を作ってみたりしています。 
フック付きのキッチンタオルの一部? や ミニランチョンマット???など・・・



あっ・・・ かわいい赤のポーチはお友達作です(笑) 
こんなポーチも色々な大きさが用意されています。
私はあーだーこーだ口だけ~ですが、 ”技と経験”のあるお友達は私の 「あんなのがあればいいなぁ~♪」を形にしてくれます。 子供のお弁当用のバックや、給食のカトラリー用のカバーなどねえねの学校事情にぴったりのオーダーメードです。

ビーズやクリスマスグッズもかわいいものがどんどん出来上がってきています。 みなさん、ほんとに芸達者です♪ アイデアを出して形になるってすばらしい! 
【芸】の足りない私も準備を楽しんでいます♪(爆)

楽しんで準備して、子供たちや他のママさんの皆さんに楽しんでもらえたら嬉しいなぁと思います♪ 

ビンソンでみつけました
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-09-15 06:58 | ねえねの学校

トルティージャ作り

ねえねが学校でスペイン風オムレツ、トルティージャ作りを体験しました。
スペイン人の先生の指導の下、できる範囲で自分達でがんばります。が、まだまだお野菜のカットも油の扱いも危険がいっぱい!
ということで、ママたちがサポート隊として参加しました。
c0048899_2434374.jpg作業の説明はスペイン人の先生がスペイン語で、わからないところは日本人の先生が通訳。 スペイン語でお野菜の名前を覚えながら子供たちは興味津々で手際よく作業していました♪♪
最初、”見守ること”をお仕事に・・・と思っていたのですが、子供たちの手ではなかなか作業が進まず、半分やって残りはママたちのお仕事。 じゃがいもやたまねぎの油通しは危険なのでママたちがべったりになりました。 
私は他でトルティージャの作り方を教えてもらったことがあるのですが、今回はそれとはちょっと違いました。 油通ししたジャガイモとたまねぎを混ぜたたまごの中に入れ混ぜ混ぜ!それをまた日本人から見ると多めの油で焼く。(ちょっぴり揚げる感じでした?(笑)) 
トルティージャは各家庭の味で違うそうです。 子供たちのお世話をしてくれているスペイン人の女性は、”うちではこういう作り方じゃないわ~”と言っていました。 同じようで同じじゃない・・・"ママの味”なのでしょうね♪
今回使用したお野菜は、先生のご実家で作られたものだそうです。 どれも新鮮でほんとに"美しい”お野菜でした。 
野菜にとって鮮度がどれだけ大切か、あらためて感じました♪♪

c0048899_2442311.jpg弱火でゆっくり焼いたトルティージャをお皿を使ってひっくり返す! フライパンも重いし、油がたれることもあるので大変! 
さすが先生! ご自分でプロフェッショナルだ!と言い切られるだけありました! 
お見事でした!!(笑)

トルティージャにパン・コン・トマテ、 1学年下の子供たちが作ったガスパッチョなどなど、試食とはいえとても豪華で十分な量をいただいてしまいました!
トルティージャは、中がしっとりで塩加減もちょうどよく、大変おいしかったです。個人的にパサパサしたトルティージャは好きではないので本当においしくいただきました。
ちゃんとオリジナルレシピもいただいたので、また自宅でも作ってみたいと思います♪
ねえねも日本でおじいちゃん・おばあちゃんに作ってあげるんだ!と張り切っています。
ねえねにまたスペインのいい思い出が増えました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-21 02:58 | ねえねの学校

運動会終了

例年お天気の心配などしないのですが、今年はかなり予定通りの開催が危ぶまれた、ねえねの学校の運動会が無事終わりました・・・・
c0048899_1926136.jpg家族4人分のお弁当を用意しないといけないし、みなさんお料理上手な方が多いので、私も下手ながらにちょっとがんばってみたりするので、
必ず、
    何があっても、
        どうあっても!! 
予定通りに終わってもらわなければなりません!!! 
よかった・・・・ ほっとしました・・・(笑)

曇天で肌寒い日でしたが、競技はスムーズに進みました。 見ている分には曇天の方が好ましい・・・・ 日焼けの心配が少しは緩和されます。(笑) 
各学年の人数が少ないので、ねえねの学年でも徒競走(100m走)は男女混合で走ります。 昔(幼稚園時代)は、逃げ足の速さに自信をもっていたねえねも、今は過去のこと。 走るのは好きなのですが、なかなか彼女の満足する結果???が残せないようです(笑) (それが実力なんだけど・・・・と母は知っているのですが・・・・(苦笑))
それでも、思いっきり走れたようで満足げでした♪

c0048899_19542253.jpgこちらは、カタルーニャ(バルセロナのある州) 対 日本 の大人の綱引きです。 毎年かなり盛り上がります。 今年も綱が完全に止まってしまう均衡の状態が続き、参加者は大変だったようです。パパは参加したのですが、長く感じたぁ~と言っていました(笑) 私は今年はちょっと他に用事があり参加しませんでしたが、見ていても楽しかったです。

ちゅみは、未就学児のかけっこに参加し、参加賞のおやつをもらって大満足! 満面の笑みでした。 競技の応援はそこそこで、ほとんどグランドの横の原っぱを一日中走り回っていました。
普段狭い幼稚園で遊んでいるので、彼女にとってはとっても貴重な時間でした。 校内から外にでることはできないとはいえ広いグランド。 しょっちゅう、ちゅみの所在を確認すべくキョロキョロしていました・・・ いろいろなところでいろいろな方にお世話になっていたと思います。(お菓子をいただいたり、おやつをもらったり、ジュースを頂いたり・・・・頂いてばかりのはず(苦笑))この場をお借りして御礼申し上げます。(礼)

我が家の4回目の運動会も無事終わりました。 もう4回も参加しているのかとちょっと感慨もありました。 
来年の運動会は、ちゅみも1年生として参加の【予定】です。 あくまでも【予定】なので未定ですが、できれば来年ものびのび嬉しそうに走り回るねえねとちゅみの応援をここでしたいなぁと思いました。
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-02 19:27 | ねえねの学校

現地校との交流会 en ねえねの学校

c0048899_1224769.jpg
毎年5月に
  ねえねの学校で
   りっぱなこいのぼりを
     見ることができます♪
屋根より高く・・・ではありませんが・・・(笑)
スペインの青い空にこいのぼり♪ 
気持ちよさそうです♪


ねえねの学校で、”こどもの日の集い”として、スペインの現地校の子供たちと交流会がありました。以前から交流のある子供たちがねえねの学校にやってきました。

c0048899_1231011.jpgc0048899_1233539.jpg
小学2年生と3年生の合同チームと4年生が、それぞれ折り紙でかぶとを作ったり、日本語を教えてあげたり、日本の紹介をしたりと一緒の時間を過ごします。スペインの小学校は当然土足なのですが、ねえねの学校は”日本の学校”なので、彼らは上履き代わりのスリッパや室内履きを持ってきています。 どの子もいろいろなことに興味津々です。
こちらに赴任されたばかりの先生は、ほんとに大変そうでした♪(笑) 子供たちと接することはプロフェッショナルでらっしゃるのですが、さすがに言葉がほとんどまったく通じないとなると、テンヤワンヤで当然だと思います。 スペインの幼稚園に通っていた日本の子供たちもいるのですが、毎日日本語だけの生活だとどんどんスペイン語は忘れてしまいます・・・・
子供どうしなら、気持ちだけで通じ合える部分もあると思いますが、子供の安全まで目を配らないといけない先生は大変です・・・(笑)

今回も、ねえねの学年のママさんたちと子供たちが一緒に食べる軽食作りをしてきました。今回のメニューは、 たこさんウィンナー、チキンナゲット、ポテトチップス、マリービスケット(スペインでは朝ごはんとしても食べられます)、うさぎさんりんご、オレンジ。
例年、中国食材店の冷凍春巻きが日本の子供たちに大好評なのですが、今回は中国の冷凍食品の問題もあり避けました。 
量が十分か? 子供がおいしく食べてくれるか? 盛り付け方に問題はないか? いろいろ気になったのですが、おいしそうに食べてくれたのでホッとしました♪♪
スペイン人の用務の女性が、”こんなにいろいろお料理が並んで、結婚式の時みたいだと言ってるよ♪”と教えてくれました。 お世辞のうまいお子ちゃまなのか? でも真に受けることにします(笑) 
c0048899_124124.jpg軽食の準備は予定以上に早く進みました。1月に別の学校との交流会で経験があるので皆さん手馴れたもの! 段取りと手際の良さはほんとにさすがです! 今回は私がちょっとまとめ役をさせてもらっていたのですが、とっても助かりました。 私は口を出す人。 お友達ママは動く人。(笑)
一緒に作業をして楽しく過ごせるメンバーというのは、大人になるとそうそうないので、恵まれていると感謝しています♪
ひとつ仕事が終わって、ホッとしました♪♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-05-08 23:32 | ねえねの学校

久しぶりの入学式

久しぶりにねえねの学校の入学式に列席しました♪
c0048899_3341735.jpgねえねの入学式以来なので、3年ぶりになります。
ねえねの学校は、小学部・中学部合同の入学式です。 
新小学一年生のかわいいこと♪
5歳児のちゅみよりはずっとしっかりしていて大きいのに、小学生だけでなく中学生と一緒の会場にいると、ほんとにかわいく初々しく見えます。
新中学一年生は、小学校からそのまま上がってきている子もいるのですが、やはり同じようで同じではありません。 大人に見えたり、子供に見えたり・・・・不思議でした♪ 人数が少ない分、よそのお子さんでも感慨があったり・・・ 親戚のおばちゃんモードです(笑)

そんな新入生の皆さんを見ていて、久しぶりにねえねとちゅみの成長を感じましたぁ♪ 日常生活に流され、気分で子供を叱り飛ばし、感謝を忘れがち・・・・ (恥) 
タクシーがつかまらず、ねえねの入学式に遅刻ギリギリだったこと。
私が本当に半泣きのような状態で、必死に学校に連絡をいれたこと。
ねえねが不安そうに遅れて教室に入って、不安そうに私の顔を見ていたこと。
ねえねたちが上がる壇上への階段の一段一段が高く見えたこと・・・・
入学式の間中、ちゅみに餌付けし続けたこと・・・・
(お菓子をいくつ食べさせたことか・・・(苦笑))
あっ、校内での、まして式典中の餌付けは極秘でした・・・(汗)
ちゅみを静かにさせておくことに必死で、式の内容はまったく覚えていません・・・(恥)
でも、在校生の歌う校歌に感動したことはしっかり覚えています♪♪
懐かしく思い出しました。

ねえねも今年から高学年グループです。 びっくりです! 今年10歳です!
あれから10年経つのですね・・・・ 私も10、歳を取りました・・・(当たり前・・(笑))
2歳でこちらに来たちゅみも、来年はここで入学式を迎えます。(迎える予定です)

いろいろ感じるところのある、いい入学式でした♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-04-15 03:33 | ねえねの学校

参観日に苦笑

c0048899_139666.jpgねえねの参観日でした。 
社会の授業でした。
「どんな街に暮らしたいか?」というテーマで話し合いがされていました。
授業の意図としては、安全な町、平和な町、・・・というような意見が上がってほしいところ・・・
でも、そんな大人の考える意見ばかりが出てくるわけではありません。

「泥棒のいない町!」  「病気の少ない街」
「学校のない街!(爆)」
など、子供らしい意見がでました。

そんな中、 「お菓子の街♪」 というかわいい意見もありました♪(笑)  先生も、「そうきましたかぁ・・・・」と笑ってらっしゃいました♪ 子供らしくて私も思わず笑ってしまいました。

そんな中、ねえねの一言。

「算数のない町!!!!」

えっ・・!??? ギョッ!!!  違うでしょう・・・ねえね・・・・(苦笑)
やっぱりそんなに嫌いなの・・・・?(苦笑)


笑えませんでした・・・・・(ハァ~)


PS:
今回の参観後のクラス懇談会で、日本から見えていたお友達のおばあちゃんのコメントがとても印象的でした。

このおばあちゃんは、日本でボランティアで近所の小学校の子供たちと関わってらっしゃるとのこと。 ねえねの学校に来て、一番びっくりされたのが、生徒たちが先生や父兄にちゃんと敬語で話していることなのだそうです。 確かに、ねえねも少なくとも学校では、相手によってちゃんと敬語らしい言葉を話しています。 他の子供たちも私にも敬語で話してくれます。 

日本に帰ってしまったら、周りに流されてしまうのだろうとは思いますが、今はこのけじめを大切にして欲しいし、親も大切にしなければいけないと思いました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-02-24 01:45 | ねえねの学校

悲劇?のなわとび記録会(笑)

10日ほど前、学校から帰ってきたねえねが、
「ママ・・・跳んでたら縄跳びが切れた! 先生直してくれたけど、やっぱりあかん!」
と訴えてきました。
c0048899_230227.jpg見ると、3年間ねえねが愛用してきた縄跳びがぷっつり!! 大事な部分がわれてしまっていました。
一応応急処置をしてまた学校に持たせ、急遽、日本のネット通販で良さそうな縄跳びを注文、実家から急送してもらうようにしました。
というのも、実はバルセロナには、子供が飛びやすいようなビニール製のなわとびが売られていないのです。 探せばあるのかもしれませんが、わたしの周りにはちょうどいいものがありません。 布製のロープタイプのものはあるのですが、それでは二重跳びがやりにくいらしく、ねえねは絶対にビニールのタイプを好むのです。

昨日、帰宅したねえねが、ポツリ・・・

「ママ、13回で縄跳び切れた・・・ねえねの記録13になった・・・」

ギョッ!!! そういえば縄跳びの記録会がその日にあると聞いていた!
アリャーーー!! よりにもよって、本番で切れるかぁ!!!????

でも 思わず爆笑してしまったひどい母です!
ねえね すごい!! そのタイミングで縄跳びを切るなんて!! 
それも13回で!!!(笑)

実は、ねえねは縄跳びがかなり好きで、普段は3分以上跳べるんだ!とか、二重跳びも何回以上飛べるんだ!とかかなり鼻高々でした。 練習の時にはそこそこ満足する記録が出ているようでした。 でも、去年は、3分以上を目指していたのに40回でまさかのアウト!!!(ねえね曰く・・ですが・・)
今年は、わすが13回で まさかの【事故】アウト!!!(笑)
狙ってもなかなかそううまくはいきません!!!!
ねえね、なかなかやり手です!(爆)

どうもねえねと縄跳びには オチがついてしまうようです。

c0048899_2316374.jpg
それからまたまたなんというタイミングか、今日、実家から縄跳びが届きました!
・・・・人生うまくいかないものです・・・・

ねえねが言うには、先生は跳んでる途中で縄跳びが切れて止まってしまったのだから、次回もう一度挑戦してみる??と聞いてくださったようです。 
私は、あくまでもその日の記録は記録なんで、一回勝負!!とも思うのですが、先生と相談するようにとねえねには言いました。
ねえねは、「また来年がんばったらいいんやし・・・・」とも言っていました。 ちょっと悲しそうだったので、さすがに笑うのはやめました。

今度は予備の縄跳びも買ったので、もう大丈夫です!!
ねえね、安心して跳んでください!!!

PS: 
すぐ買えないのなら、予備を用意しておくのが母として当然!・・・・でした・・・(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-02-13 23:10 | ねえねの学校

今年のカルナバル

c0048899_4453353.jpg
ねえねの学校のカルナバルのパレードが学校の近くの街で行われました。
先日学校を訪れた現地の小学校と合同で街を練り歩きます♪ 
パレードのゴールは、モナステリオ。 
私たちが着いたときにはその前の広場には参加した子供たちだけでなく父兄やパレードを見に来た町の人たちなどたくさんの人が集まっていました。
実は当初の予定よりも 珍しく 早く進行したため、私たちがあせって走るはめになりました。(恥) 
なんでもかんでもスペイン時間だから・・・で決めつけていたことを反省しました。(苦笑) 
c0048899_4394573.jpg
ねえねの学校の今年のテーマは”日本” 
学年によってそれぞれ日本にちなんだテーマで扮装を手作りします。
ねえねの学年は ”お寿司"
白いゴミ袋をご飯に見立て、背中にネタを背負っています。
サーモン、まぐろ、うに、いくら、たまご。 
それぞれ想像以上、なかなかの出来です!(笑) ビニールのつやのある質感が微妙にテカテカした寿司ネタに近い!!??(笑)

c0048899_4403112.jpg先生(男性です)はスペイン人から写真撮影の依頼殺到でした!(笑) 
これが正式な【日本古来の女性】と思われたら、それはそれで困りますが(笑)、興味をもってもらうきっかけになれば、先生のご努力も・・・・♪ 

今回写真はアップしていないのですが、 
私の中での一番のヒットは、女性の先生がされていたお寿司のお供のお醤油!!
キッコーマンの醤油です!!
黒い衣装に赤いふたの、スペインでも見かける卓上醤油!
”salsa de soja"のスペイン語の名前だけでなく、 キッコーウーマンと日本語でかかれていたところがにくい!!!! 
先生! すばらしいです!!! (パチパチ)
PS: ついでにバーコードもついてました♪(笑)

c0048899_4411937.jpg一番無条件にかわいかったのは彼らたちです♪
”Hola~”と にこにこ挨拶をしながら歩いていました。 先生とお揃いのお魚の衣装がとてもかわいかったです♪

スペイン語で書いた扮装の説明のちらしを見てくれる人たちに配ったり、交流会で仲良くなったスペイン人の女の子と一緒に写真を撮ってもらったり、ねえねにとっては広くスペイン人と接する貴重な時間になったかな?と思います。

                                           
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-02-02 04:41 | ねえねの学校

スペイン現地校との交流会

ねえねの学校では年に2回ほど、スペインの現地の小学校と交流会が催されます。 相手の小学校を訪問したり、また訪問を受けたり・・・
今回、40人ほどの小学2年生のスペイン人の小学生が先生4名に引率されてねえねの学校にやってきました♪
ねえねの学校サイドは小学1年生から3年生までが彼らと一緒にゲームをしたり、日本語を教えたり、校庭で遊んだり、彼らとの一緒に過ごします。 ドッジボールのルールの説明をスペイン語でするのが大変・・・・とねえねがこばしていました。 ダブルのお友達やスペイン語のわかるお友達と協力して考えるようです。 
c0048899_5172341.jpg
その後、一緒に軽食を食べます。 その軽食作りを今回ねえねの学年のママさんたちで行いました。
たこさん(一部カニさん)ウィンナー、春巻き、チキンナゲット、ウサギさんりんご、ポテトチップス、チョコサンドパンなど・・・・

みなさんほんと手際がよく、当初の予定より早めに出来上がったようです。 ワイワイ・ガヤガヤ、私は完全に軽食作り?を楽しみました。("お仕事を”というよりも、おしゃべりを???(笑))それぞれのママさんが出来ることを見つけて、ちゃっちゃと動く?働く? 皆さんほんとに達人です!  

c0048899_515019.jpgスペイン人の子供たちにはタコさんウィンナーやポテトチップスが人気で、日本人の子供たちはやはり春巻きなどです。 十分な時間がなかったとはいえ、どの子もおいしそうに食べてくれました。

引率の先生は、それぞれのメニューやどうやって作ったかなどを子供たちに説明したりしていました。 また、「日本人はウィンナーはいつもこのように切るの??」などスペイン人ママに質問攻撃でした。(笑) 彼女は、「子供のお誕生日の時などはね・・・私はいつもやらない・・ みんなもいつもはやっているわけではない。」と答えていました。 誤解をまねいてもいけないので、事実ははっきりわかっていただかないと・・・・(笑) 
先生達が興味を持ったのが、一輪車!(笑) 私もやってみる!とまたがりますが、早々簡単には乗れません。 でも興味津々で日本人の子供に話しかけていました。 スペイン人の子供たちには竹馬も人気でした。 「やってみたい!」と言っている子を何人か見ました♪

c0048899_5144622.jpg最後は全員でバスが校門を出て行くまでお見送り! スペインの子供たちも楽しかった♪という意味の歌を歌ってくれたそうです。 日本人の子供たちはみんながみんなスペイン語を理解しているわけではなく、お互いのコミュニケーションでさえ難しいところがあるのですが、それぞれがそれぞれの距離?で近づけたのかな♪と思いました。 スペインの学校や幼稚園に通ったことのない日本人の子供にとってはかなり疲れる時間だったようです(笑) 
次の機会、少しづつ慣れて、自然に遊べるようになれるといいな~♪

ちなみにねえねは疲れたけれど、とても楽しかったようです♪ 何をどのように話していたのかは不明ですが、何人かの女の子とおしゃべり?のようなこともしていました。 言葉なしでも子供なら通じ合える・・・と言われていますが、ねえねの年齢ではやはり"言葉”は重要です。 でも、なんとかわかってもらおう、相手を分かろうとする気持ちはとても大事なので、ねえねもちゅみもそんな風に思ってくれるといいなぁ・・・と勝手なことを考えています。(笑)

                                       
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-01-23 05:10 | ねえねの学校

バルセロナの消防署見学

c0048899_1473052.jpgねえねの社会見学がありました。 
今回はバルセロナ市内の消防署です。 
私のスペイン語の授業のすぐそばで、
曜日も時間もちょうどいいので、
「親も見学させてもらっていいですかぁ??」と軽い気持ちで先生にお願いしたところ、 
「今回は 8~10歳までの子供の学習用のコースなので、引率者以外の大人は残念ですが・・・・・」という丁寧なお返事をいただいてしまいました・・
当然といえば当然。(恥) 学習が目的で、尚且つ、緊急の対応を求められる場所・・・(苦笑) 


c0048899_1504654.jpg
せっかくなので、授業の前に建物の前まで行ってみました♪ 何度も前を通ったことはあるのですが、ゆっくり見るのは初めて・・・・ 歴史を感じさせる趣のある建物です。
スペイン人の先生によると、バルセロナで一番古い消防署なのだそうです。 ”私が子供のときから
    まったく同じ建物よ♪ 
その頃から古い建物と言われていたわ~” なのだそうです。

c0048899_145272.jpg唯一、中の様子を伺えるドアからちょっと覗いてみました。 あっ♪ はしご車や!!♪
「もしかして、ねえねたち見学してないかなぁ♪??」 残念ながらよくわかりませんでした・・・・(当然)
ねえねが帰宅してから聞いてみると、ちょうど私が覗いていた時間、まだねえねたちは消防署内を見学していたそうです・・・♪
その後、ねえねたちは近くの公園のベンチでお弁当を食べたそうです。 丁度その頃、私はスペイン語の授業中・・・・

ねえねが貰って帰ってきた資料がこちら↓
c0048899_1455589.jpgc0048899_1461660.jpg









大人が見ても興味深いいい資料です♪ 火災発生時の対応について、「はい」と「いいえ」でわかりやすく説明されている・・・・ようです。  というのは、残念ながらやっぱりカタラン語・・・(苦笑) 説明はカステジャーノで、先生が通訳をしてくださったようですが、ここはやっぱりカタランをはずせない!! 啓蒙活動のひとつなのだから、せめてカステジャーノでお願いします・・・と思ってしまいます。 

「今の時期は、ガスの事故が多いねんて!」
「リュックサックぐらいの大きさの火やったら、自分たちでお水で消していいけど、それより大きかったら窓とかドアを閉めて、すぐにボンベロスに電話して消してもらうんやって!!!」
「わたしの家は、窓とか閉めても風が入ってくるんやけど、どうしたらいいですか?って聞いたら、それは問題ですねェ~って言ってはった!」 (ギョッ・・・・苦笑))
「この写真は、ベッドでたばこの火を持ったまま寝て火事になってんて!!」
ねえねはほんとにおもしろかったようで、帰宅後かなり饒舌でした・・・・(笑) 

いい見学会だったようです♪ よかったです♪


********************

我が家のピソには、火災報知機もないし、当然スプリンクラーもないし、階段ホールとエレベーターホールが一緒になっているので、階下で火が出たら間違いなくそれが煙突になって一気に煙が上がってくると思われます。そうなった時、どこに逃げたらいいか、どう動いたらいいか、子供をどこに逃がすか、考えると・・・・かなり・・・・苦しい・・(苦笑)
とりあえず、乾燥のひどいこの時期、まずは自分の家から火を出さないようにしないとっ!!!!
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-11-29 01:46 | ねえねの学校