2008年 06月 21日 ( 1 )

トルティージャ作り

ねえねが学校でスペイン風オムレツ、トルティージャ作りを体験しました。
スペイン人の先生の指導の下、できる範囲で自分達でがんばります。が、まだまだお野菜のカットも油の扱いも危険がいっぱい!
ということで、ママたちがサポート隊として参加しました。
c0048899_2434374.jpg作業の説明はスペイン人の先生がスペイン語で、わからないところは日本人の先生が通訳。 スペイン語でお野菜の名前を覚えながら子供たちは興味津々で手際よく作業していました♪♪
最初、”見守ること”をお仕事に・・・と思っていたのですが、子供たちの手ではなかなか作業が進まず、半分やって残りはママたちのお仕事。 じゃがいもやたまねぎの油通しは危険なのでママたちがべったりになりました。 
私は他でトルティージャの作り方を教えてもらったことがあるのですが、今回はそれとはちょっと違いました。 油通ししたジャガイモとたまねぎを混ぜたたまごの中に入れ混ぜ混ぜ!それをまた日本人から見ると多めの油で焼く。(ちょっぴり揚げる感じでした?(笑)) 
トルティージャは各家庭の味で違うそうです。 子供たちのお世話をしてくれているスペイン人の女性は、”うちではこういう作り方じゃないわ~”と言っていました。 同じようで同じじゃない・・・"ママの味”なのでしょうね♪
今回使用したお野菜は、先生のご実家で作られたものだそうです。 どれも新鮮でほんとに"美しい”お野菜でした。 
野菜にとって鮮度がどれだけ大切か、あらためて感じました♪♪

c0048899_2442311.jpg弱火でゆっくり焼いたトルティージャをお皿を使ってひっくり返す! フライパンも重いし、油がたれることもあるので大変! 
さすが先生! ご自分でプロフェッショナルだ!と言い切られるだけありました! 
お見事でした!!(笑)

トルティージャにパン・コン・トマテ、 1学年下の子供たちが作ったガスパッチョなどなど、試食とはいえとても豪華で十分な量をいただいてしまいました!
トルティージャは、中がしっとりで塩加減もちょうどよく、大変おいしかったです。個人的にパサパサしたトルティージャは好きではないので本当においしくいただきました。
ちゃんとオリジナルレシピもいただいたので、また自宅でも作ってみたいと思います♪
ねえねも日本でおじいちゃん・おばあちゃんに作ってあげるんだ!と張り切っています。
ねえねにまたスペインのいい思い出が増えました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-21 02:58 | ねえねの学校