厳しい星空観察

現在ねえねは通信教育の付録についてた星空観察キットに夢中です。
時間と方角を合わせるとそのとき見える星空を簡単に知ることができる、なかなかおもしろいキットです。暗闇でも見えるように小さなライトまでついています。
c0048899_5414690.jpgさっそく夜になるとキットを手にベランダへ・・・・
時刻は22時15分。 
しかし空はまたほんのり薄明るい。
まだ星は見えない。
週末とはいえ、もう就寝時間ギリギリ。
しばらくねばってみましたが、やっぱり星が見えるまでにはまだまだ時間がかかりそう・・・
仕方なくベットへ・・・

そんなこんなが数日続いています。 
そうです。 完全に空が夜の空になるのは23時前ぐらいでしょうか?
そうでなくても空気の悪いバルセロナの空。 周りには灯りがいっぱい。
我が家のベランダは星空観察には適していません。 それでもねえねが熟睡し始めるころには星もお月様も見え始めるのです・・・・

「ねえね、夏休みの自由研究、星にしようかな??♪」

ねえね・・・星の観察しようと思ったら、毎晩夜更かしです・・・・ 
おそらく現実的に・・・無理でしょう・・(苦笑)
ここの子供たちは、どうやって星空観察をしているのでしょう? 日が長いので、やっぱりプラネタリウムでなのでしょうか???

それよりも、知識のないわたくし。 ねえねが嬉しそうに見ている日本の星空地図。 果たしてスペインでも同じものが同じ時間に見られるのか・・・?? 気になります・・・
緯度にさほどの違いがなければ大丈夫なのでしょうか???

ねえねの前に私の勉強が必要かもしれません・・・(恥)


*** 
ベネッセの通信教育は海外受講も可能です。 ただし費用は日本の倍以上・・・(涙)
土などのついた付録は海外へは直送してもらえません。 それでも本やドリルなど好きに買えない環境なので、日本の子と同じタイミングで送ってもらえるだけいいと思わないと・・・・と思っています。
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-07-06 05:50 | 我が家のちびっ子ギャング達
<< 自宅でトルティージャ スペイン版ずいずいずっころばし??? >>