幼稚園のワークブック

6月20日でちゅみの幼稚園は学年末を迎え、そこから9月初旬まで親泣かせのなが~~い夏休みになりました。 ちゅみは引き続き7月の半ば過ぎまで同じ園のサマースクールに通うので日常生活、あまり変化はありません。
それでも学年末なので、成績表とは違いますが、園生活についてのコメント表とワークブックを持ち帰ってきました。
c0048899_2352766.jpg就学前の5歳用のワークブックです。 同学年のお友達は9月からそれぞれ小学校に入学します。入学準備学習?とでもいうのでしょうか? 数の概念についてや簡単な足し算や引き算、アルファベット、スペイン語の母音?などなど想像よりも難しい事をやっていました。
どこまで説明してもらってやっているのかちゅみに聞いても不明ですが、一応そこそこ正しく進んでいます。 
「ここは、アランチャが○○のを書きなさいって言ったから書いたぁ」だとか、
「丸のもんだけ色塗るねんて!」
程度です。
私も、スペイン語の筆記体をちゃんと勉強していないので、ちゅみの練習を興味深く見ました。”c” や ”r”などは 英語と全然違うので、読みにくいです・・・(苦笑)
ちゅみは英語をちゃんと勉強していないのに、この筆記体を覚えてしまったらややこしいなぁ・・・と気になった時期もありますが、きっとすぐ忘れるでしょう!(爆)

筆記体よりももっと興味深かったのが、彼女が幼稚園で習ったという英語。

「ママ、ママは ボイ オ ゲル?」
「はぁ????? なんて????」
「ボイ オ ゲーール!」 → ”ゲル”の"ル”はなぜか思いっきり意識的に” L ”の発音

・・・・・・・・・・・・・

まさかとは思いましたが・・・・ ”boy or girl ” でした・・・・(絶句)
”R”なしの ”L”だけなので、 どう聞いても はっきりと ”げる

別にいいんですけど・・・ スペイン風英語でも・・・(苦笑) 語学習得を目的にしているわけではありませんので・・・・ 
確かに日本人は ”R”と”L”の発音を最も不得意とするので、アルファベットのお国の方にどうこう言えるはずもないのですが・・・・

でもちゅみの覚えてきた英語には 笑いましたぁ!!!!  (爆)
ちゅみがスペイン語で説明を聞いてワークブックをちゃんと埋めてきただけで十分です♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-26 02:35 | ちゅみの幼稚園
<< ガスの点検で発覚 夏ばてと自分の年波 >>