パパの髪型

先日、パパがヘアーカットに行きました・・・・あっ・・・決して高級サロンでも、日本人美容師さんのところでもなく、パパ御用達の近所の地域密着型美容院?です。
ここには”散髪屋さん”の定義にはいるお店はないようなのです。 髪とひげのカットはしてもらえるけれど、いわゆる”ひげそり”サービスはないのだそうです。

一時間後、パパ帰宅の様子。
いつものように、ちゅみが
「パパまた 笑う頭で帰ってくるかな~♪??」
玄関のドアがガチャっと開き、パパに注目!

パパの第一声
「少年野球になってしまった・・・」

・・・・ 少年やないし・・・(苦笑) 

確かに、短く切ってくるとは言っていたし、短くすることはぜんぜんいいのですが・・・・
トップが短すぎる・・・ような・・??(苦笑) 
ちゅみ、「パパ! おもしろい頭~(爆)」
ねえね、「めちゃめちゃおかしくはないけど・・・・」 コメントを控えた模様・・・・(笑)
私、 「少年野球の監督やな! (爆)」

よくカットしてもらうお兄さんだったようなのですが、 マキナ か ティヘラか?(電気のバリカンのようなものを使うか、はさみのカットがいいか?)と聞かれ、なんとなく ”マキナ”と答えたそうです。 
いつもそれなりの形にカットしてくれるのに、今回は・・・ぷぷぷ (笑)

「やっぱりちゃんと好みは言うとかなあかんから、”ちょっと短すぎた!トップはもうちょっと長い方が好きや!”って兄ちゃんに言うてん。 そしたら、何て答えたと思う??」 と パパ。

いくつか挙げた私の答えは、おしくも不正解。

「”Tienes pelo” やで!」

短すぎるって言ったら、 大丈夫!髪の毛あるよ! って言われたらしい!(爆)
確かにまだ髪はあるけど・・・ そういう問題じゃないでしょう!!!(笑)

パパの髪のことだから笑えます♪

こう返されたら、スペイン人ならどう言うのでしょう?? 興味あります!!(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-06-08 17:06 | 生活
<< マラソンの”走りました&quo... スペインのお子様 >>