スペイン人との意識の違い 

先日、知り合いのスペイン人の女性と話をしていたときのことです。
もし道に財布が落ちていて、持ち主を特定できるものが何も入っていなかったら、あなたはどうする??というような話題になりました。
私は、「警察に・・・持って行く」と答えたのですが、その答えを聞いた彼女の反応にびっくり!!

”えっ?? 誰のものかまったく分からないのよ! 警察に持っていっても、持ち主がわからなければ警官が自分のものにしちゃうわ! わたしなら貰っておくわ! もちろん、持ち主がわかるようなものが入っていたら別よ!!! ”

えっ・・・・ お巡りさんもぽっぽないないするの・・・??
ショックでした・・・ 
スペイン人とのモラル意識の違いはわかっていたつもりでしたが、彼女は一般的?なスペイン人よりも日本人的というか、時間の感覚や仕事の仕方、食事ついての意見も私に近かったのです。 スペイン人の中でもグローバルレベル??(何がグローバルなのかも実は疑問ですが・・・(苦笑)) の常識をしっかり持ち合わせている女性だと思っていたのに、その彼女の口から、そんな答えが出てくるなんて・・・

彼女でさえ、そういう行動をとるのだから、もっと多くのスペイン人なら当然・・・・
私にはそう思えました。 
皆が皆、彼女と同じような行動を取るのではないのかもしれませんが、スペイン人にとってはおそらく彼女の行動が当たり前・・・なのでしょうね・・・・

やっぱり私はいろんな意味ですごい国に住んでいるんだ・・・と思い知らされました・・・・

財布を落として失くしてしまうのは、落とした自分が悪いし、荷物を置き忘れて失くすことも自分に責任がある・・ということはよくわかっているのですが、複雑です。

今回の会話だけで、彼女への私の信頼が揺らぐことはありませんが、けっこうショックでした。


PS: 
そんな時、テレビで日本の生活を体験していたイタリア人女性、 
「こんなこと、もしイタリアでしていたら、間違いなく盗まれてしまうわ~(笑)」
やっぱり・・・ラテン系の国は・・・そうなんだ・・・・・(苦笑)




また、私がどんくさい失敗をしてしまいました。
週末に、銀行のATMで自分の口座に入金しようとしました。 以前2度ほどやったことがなるのでなんとかなるかな?と鷹をくくっていました・・・・ 
わからなければ、やらなければいいのに、
      変な自信がGOサインを出してしまいました・・・(恥)
入れてはいけない場所に、お札を入れて・・・・
・・・・?????? 
あっ 違うっ!!!
すぐ取り出しましたが、お札の一枚が機械の中に吸い込まれ、中でつまってしまいました。
当然入り口のふたは閉まってしまいました・・・

キャー!!! 
私の50ユーロがぁぁぁぁ~!!!
 (涙)

週末の銀行、無人のATM。 
どうしよう???(涙)

車で待つパパに事情を説明。 「すぐ連絡しとかんとあかんやろぉ!」とATMにある銀行のサポートセンター?のようなところに電話をしてくれました。事情を説明すると、センターの端末で私がしようとしていた手続きはすぐに確認されました。 お札がでてきたら口座に入金する、 連絡先を教えるように言われました。 
そこでパパがひとこと・・・
「お札が見つかっても、見つけた人に”そんなん無かった。”って言われたら終わりやな・・・」

ギョッ・・・・  スペイン人とのモラル意識の違いにショックを受けた直後です。 嫌な疑いを持ってしまいます・・・・

翌朝、十分なスペイン語の予習をしてすぐ銀行の窓口に行き、なんとか事情を説明しました。 と、 私を担当したカウンターの女性も、隣のカウンターの女性も、”あぁ~ あれね・・”という反応でした。 
あっ! みんなが知ってるんだ!!♪  ほっとしました。  
勝手に誰かが自分のポケットに入れてしまっているかも・・・と疑っていました。
複数の人が知っているということは、ちゃんと公の事(どんくさい客の失敗)になっているんだ♪
銀行の女性の説明は、”すべてのチェックが終わって、あなたのお札が見つかったら口座に入金します。 でも時間がかかります。 いいですね” 
”はい♪”

よかったぁ~ 探してくれるんだぁ♪ と思っていたら、その日の午後、ちゃんと口座に入金されました。 
la caixaのみなさん!!! 疑ってすみません!!!(平謝)  
迅速な対応、ありがとうございました!!!

なんでもかんでも疑ってしまうことは悲しいですが、自分の暮らしている国の常識・モラルを理解し、トラブルはなるべく回避できるよう今後は注意深く慎重に行動しようと思います!
(前回も同じようなことを宣言したような・・・・(苦笑))
[PR]
by bcnkahosumi | 2008-02-19 03:12 | 不思議な人々
<< これも自分なのね・・・ おいしかったレストラン その2 >>