山手の公園で・・・

久しぶりに朝から気持ちのいいお天気になった週末、山手のオレネタ公園へ行きました。
ほんとはちょっと遠出がしたかったのですが、出足が遅れたことと、
ねえねが 「いつもパパとママのお出かけばっかり!(怒) 公園に行きたい!! 」と猛抗議・・・・ 負けてしまいました・・(苦笑)
c0048899_32461.jpg

こちらが今回入った公園の入り口です。 
元はお城があったということを初めて知りました! 
城跡が残っていました! 
けっこう急な坂をしばらく登ると、
バルセロナの街が一望できる場所もありました♪

c0048899_33126.jpg

もっと上まで登ればもっとよく見えたと思うのですが、その前にお子様スペースに着いてしまいました・・・・(苦笑)
c0048899_334778.jpg遠くからでもその存在がすぐにわかるポニーに、ちゅみは猛ダッシュ!!!
動物さん臭の嫌いなねえねはそばにも寄り付きませんでした(笑) 10時から2時まで乗せてもらえるようなのですが、2時前にもかかわらず、もう係りの人はいませんでした。(??(笑))

お子様遊具スペースは、スペインのランチタイム前だったのですごい人でした! 大量の家族連れ・・・・ それでも彼らにとって大切な日曜のランチタイムが近づくとだんだんと帰路につく人が増えてきました。 
そんな込み合った公園では、いつもねえねがちょっと控えめ?というか、尻込みしてしまいがちです。 遊びたい遊具に並ぶのですが、横入りされても何も言えず(スペイン語のできない彼女にとっては仕方のない悲しい選択なのですが・・・)、 ”この子が先に並んでた”と言ってもらっても引き下がってしまう・・・・・ 親としては見ていてせつなかったり、ちょっとがんばり!!と言いたくなったり、複雑です。 順番抜かしをする子もいれば、ちゃんと言ってくれる子もいるのですが、ねえねにとっては厳しいところがあります。

スペインに来た6歳のころのねえねは、「ママ! スペイン語で一緒に遊ぼう!ってどう言うの? 」と聞いてくるほどオープン?で積極的でした。 でも今は・・・・
これは性格的なことだけでなく、年齢的な変化もあると思います。 性格が変わったというよりも、年齢が上がって、いろいろなことを理解するようになって、考えてしまうようになった。 コミュニケーションの取り方も変わってきた。ということかなぁと思いました。 尻込みしているばかりでなく、うまくちゅみを利用して?(笑) スペイン人の中に入ったり、親もびっくりするような大胆な行動を取ったり・・・・・ 不思議です。
そんな彼女の行動を遠くから見て、気をもんでイライラしたり、悲しかったり、腹を立てたりしているのは私の勝手で、ねえねはさほどに思っていないのかもしれません・・・・
そんなねえね、最後には希望の遊具で遊び、ご満悦でした♪ 

その帰り、某有名ファーストフードMでの出来事。 ほとんどのレストランが閉まっている日曜日のお昼、案の定、なかなか進まぬ長蛇の列・・(苦笑) ちゅみとふたり、先に席をとって待っていました。 私がちょっと席をはずして戻ってみると、ちゅみがスペイン人の男の子にナンパされていました。(爆)  ”ちゅみ~♪”と親しげに呼ばれていました。(笑) 恐るべしちゅみ!!! 12歳の男の子にすっかり遊んでもらっていました。
外国人の子供にも臆せずに声をかけるスペイン人の子供、やっぱり恐るべしです!!
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-11-26 03:04 | お出かけ
<< ちょっとお裁縫 進化するホワイトクリスマス  >>