今時の親子の会話??

「パパ それ 網ですくーねんで!  あぁ~ あかん あかん!!!」
「ちゅみが押すから 逃げたやんかぁ!!(怒)」

「ねえね 見てみ!」
「いや!! 大きくなってる!!! どうしたらなるん?? 教えて! パパ!!」

「見てみ! これ!!!(かなり自慢げ)」
「パパ しゅっご~い!!! 大きいなあぁ!!! 見てみて ねえね!!」
「いや!ほんまや~!! 大き~い! パパすご~い!! どうして取ったん??どこで取ったん???♪」
「網で・・・池の横におった・・・」
「すっごい!!! でも これ キゾーして!!」
「持ってたらあかんの?」
「あかん 博物館に寄贈してッ!!!」

この会話を離れたところで聞いていると、自然の中で親子で学びの時を分かつ、なんとすばらしい親子であろうかと思うところですが、ひょいとキッチンからリビングを覗いてみると・・・・

親子三人、小さい機械を覗き込んでいる 
    ↓
その機械とは。。。。そう ゲーム機のDS

3人が頭をくっつけてパパのやっているゲームを覗き込んでいる。
そのゲームソフトは、ねえねが日本で買ってきた ”おいでよ、どうぶつの森”
自分で”村(町)”を作り上げているロールプレイングゲームです。 お子ちゃまに人気だったゲームのようです。 ねえねは今必死にやっています。 ねえねだけではありません。
親的にはまだまだゲームなどやってほしくないちゅみまで一人前です。

でも何より、
そのお子様ソフトを娘と取り合いしながらやっているおじさんがひとり・・・(苦笑)

このDSは ねえねが長年サンタさんにお願いしていてやっと贈ってもらったプレゼントです。父や母は買いません。 そんなわけで、我が家にDSはこの一台だけ・・・ 3人で順番にやっています。 平日はあまり遊ぶ時間がないので、どうしても集中するのは週末・・・・

「ママ~ ねえねがDS やらしてくれへん・・・・(涙)」
この闘いの中に、
「ママ~ パパが順番まもらへん!!!(怒)」
こんな争いまで加わっています・・・・ いい加減にしてください・・・・・

それでも、
「ママぁ~!パパすごいねんでぇ~ こんな大きいマンボー取ってんでぇ~♪」
パパの株が上がっています。
他に上がるところがないのでしょうか??? ここ以外で上がるべきでしょう・・・・


まっ、 ひとりで黙々とやるよりは、3人でワイワイもめながらやる方が、人間形成上も少しはましかな?と勝手な言い訳をしつつ、黙認しています♪ 

2台目は絶対買わないぞ!!! (笑)


PS: 
虫を 『網』で取る ということを、ちゅみはこのゲームで学びました。 虫取り・・・したことがない上に、虫取り網も知りませんでした・・・・・ 何が言葉習得のきっかけになるかわかりません・・(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-06-26 20:37 | 生活
<< 気になるお隣の工事 爆音の響く夜 >>