久しぶりに・・・

以前幼稚園にいたお友達のママと偶然再会し、一緒に公園で遊ぼう・・ということになりました。ちゅみが入園して最初に仲良くなった日本人以外のお友達です。 とてもお世話になりました♪
彼女は卒園?し、今は小学校に通っています。 

「ちゅみ!P(お友達の名前)と遊ぶ約束したよ!!!」
「・・・・ 誰? Pって???」
えっ・・・・・!!!????(ギョッ)」

忘れているんです・・・(汗) あれほど毎日家での会話にも名前が出てきて仲良くしてもらったのに・・・お家にも行かせてもらったし、唯一遊びに来てもらった日本人以外のお友達なのにっ!!!!

あせって写真を見せて話をして、彼女の記憶の糸をたぐりよせました!!!! グイグイ引っ張りました!!!

「あぁ~ Pね~! 遊びた~い!!!」

ほんとにわかっているのか・・・??(苦笑)

c0048899_1753459.jpg
当日、 久しぶりにあったPちゃんはすっかり大きくなっていました。もう少女に近いかな♪?
その妹のSちゃんも仲良しだったのですが、珍しく完全に腰のひけてるちゅみ・・・・
Pちゃんとそのお友達、Sちゃんの三人が遊んでいるのをちょっと離れて見ています。 Pちゃんのママが気を遣っていろいろ声を掛けて誘ってくれるのですが反応も悪い・・・・(苦笑)
Pちゃんも 「ちゅみ~」と声をかけてくれるのですが、他にお友達がいることもあって入れない・・・・
私とPちゃんママが話をしていると、「ママ、あっち行こう・・・」と手を引っ張る始末。

でもPちゃんママの誘いで遊具で遊びはじめ、Sちゃんと微妙な絡みも見せ始め、なんとか少しづつ遊びに入り始めました。(笑) 
Pちゃんのママ曰く、 
「ちゅみは カステジャーノは理解してるわ♪ 私が言ってることは全部わかってる。」
でも 話せるわけではありません。

それでも 大好きな水遊び! 泥遊び! 参加せずにはおれません!!!!(笑)

言葉なしに、微妙な距離感で遊び始めました。 PちゃんもPちゃんのお友達も、特にちゅみと会話するわけではないのですが、言葉なしに絡んで遊んでいます。
子供って不思議です♪ 

Pちゃんはハンガリーのお友達。 でもスペインの現地の学校に通っているのでカタラン語もいわゆるスペイン語のカステジャーノも完全にわかっているのだそうです。 幼稚園にいるときよりもどんどん語彙も増えるし、お話も上手になる・・・・ 
Pちゃんママも子供たちとの会話の半分以上はスペイン語、 どうしても危ない時や言い聞かせるような時はハンガリー語らしき言葉を使っていました。(笑 
女の子は大きくなるにつれて、『おしゃべり』がとても重要になります。(笑)
年上のお友達と話をするのはちゅみにとってかなりハードルが高いけれど、 言葉だけでなくて上手に気持ちを伝えて、コミュニケーションがとれるといいなぁなどと思って見ていました♪
(でも これは実は私自身への希望?反省?だったりします・・・・・(苦笑))

久しぶりに会えて、親子とも楽しい時間を過ごしました♪ 
Pちゃんママ、ありがとう♪ 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-05-30 18:02 | ちゅみとスペイン語
<< バルセロナで買う和食器 一ヶ所で一度に! >>