戻りました

バルセロナに戻りました・・・・
スーツケースいっぱい、ダンボールにまで詰められるだけ詰め込み、飛行機の一人当たりの荷物の重量制限を気にしつつ、それでもかなりオーバーの状態で無事?持ち帰りました!(笑)
たくさんの思い出とお土産で心も荷物もいっぱい、パンパンでした♪

家族や親戚との時間はちゅみやねえねはもちろん、パパや私にとってもとても貴重でした。 離れて分かる有り難味と、そばにいられない寂しさと申し訳なさと・・・・ 
友達の心遣いやありがたさ♪
物理的なものだけでなく、気持ちもいっぱいもらいました♪
とてもいい時間を過ごしました♪


・・・・ と そんなまとめで終わるはずだったのですが、 
                そうは問屋が卸さないのが我が家??

日本出発の3日前に、それまでの風邪気味~という症状とはまるで違う、強烈な寒気と関節の違和感?、だるさの襲撃をうけた・・・・ 
「さすがに疲れもたまってるし、久しぶりの発熱かぁ??」と思っていると、わたしには珍しい38度台後半の熱・・・・ 
それでも和菓子には手を出すおそろしい食欲!(苦笑)
市販の解熱剤も効き、少し楽になったのですが、念のために・・と受診。

「食欲があるのなら、インフルエンザじゃないと思いますが、スペインに帰られるんなら念のため調べときますかぁ??」としてもらったインフルエンザの検査は・・・・

あらっ???  陽性????

ええええっ!!!  嘘やん????

ちゅみやらねえねに移ったら悲惨やん??? 

聞いた途端に受付でマスクを買って感染拡大阻止策・・・・ すでに遅い・・・・(苦笑)
予定を変更して実家で丸一日完全に寝て過ごしました。 なんとか起きられるようになって出発の前日、パパの実家へ・・・ パパを含めて弟妹、甥姪が勢ぞろい。最後の晩餐です(笑)
ちゅみもねえねも超ハイテンションで遊び続けていました! 日本滞在中はずーーーーーーっっと朝から晩まで遊び続けていました・・・(苦笑)
なんとか荷物のパッキングも終え、寝ようというとき・・・嫌なひとこと・・・

「なんか ちょっと頭痛いわ・・・」とねえね

ギョッ!!!

体温37.8度。 明け方に38度台に上がり、早朝家族会議・・・・・
いろいろ考えた末、出発前に救急診療で受診。インフルエンザならそれなりの薬も欲しいし、解熱剤も・・・・・ 
義父・義弟をも巻き込んで、早朝から大慌てです・・・(苦笑)
結局はインフルエンザはその時点では陰性・・・・ 医師には 長時間の飛行機は感染拡大を考えても、本人の辛さを考えても勧められないと言われながらも関空へ・・・・
もらった解熱剤を飲み続け機内でほとんど寝ていたねえね・・・・ トランジットの移動はフラフラでした・・・・ 機内でもトランジット空港でもおでこの冷えピタがかなり注目を浴びていましたが、そんなことかまっていられる状態ではありませんでした(笑)
私も話題のタミフルを飲みつつ、乾燥と疲れと前日から続く寝不足で声がでなくなりました・・・・(苦笑)


ねえねは、22時の帰宅後そのまま近くの救急外来を受診しましたが、どうも小児科医不在で、解熱剤の投薬のみ・・・・ 朝になってもっと熱が高くなったので再び受診するも、小児科医不在?? いろいろ診てはもらうも、インフルエンザの検査はやり方がわからない・・と言われ、熱が下がらなければまた受診してくださいと解熱剤の処方のみ・・・・・(怒)
24時間近く高熱が続き、長いフライトでなんとかやっと帰宅し、フラフラのところに病院へ行ったのに何???!!!

バカンスの時期(8月と長い連休の時期)に、スペインで病気になると不幸だ・・・というのは本当でした・・・・・
日本と違って、スペインの救急外来はいつでも小児科医もいる!と聞いていたのに、ちょうどセマナサンタの最終日に当たったこの日・・・・ 小児科医の先生もバカンスだったようです・・・・


またまた長くなってしまいました・・・・
これ以外にも、空港からのタクシーの一台がボッタクリタクシーで、自宅前で運転手のおじさんと言い合いなどもありました・・・・(はぁ~)

お陰さまで今日になってねえねの熱も少し下がってきました・・・・・・自力で・・・・(苦笑)
相変わらず私の美声はいずこに・・・??? (笑)


 
[PR]
by bcnkahosumi | 2007-04-10 00:41 | 生活
<< 友達つながりでおいしかったもの~ やっぱり日本ってすごい!!! >>