バスク旅行③ ~思いつき編

車中での会話

私 :「確か、ピカソのゲルニカってバスク地方のゲルニカっていうところであった戦争
    被害を題材にして描かれたはず・・・ ゲルニカって町どんなとこやろ? 
    なんか歴史とかわかるんちゃう?」
パパ : 「地図見てみたら?」
私 : 「あっ、ここに Gernika-Lumo って町あるけどぉ~ これかなあ??」
パパ : 「ここやったら、途中寄れるで・・ 行ってみるか!」

安易な思いつきで、雨の中、ナビと地図を頼りに高速道路を外れて走ること30分。
暗くなったころに Gernika-Lumo に着きました。 
私の想像では、町のあちらこちらでピカソのゲルニカを前面にだした観光ポイントがあるはず♪だったのですが・・・・ 
c0048899_7382268.jpg
あれ????
インフォメーションで見所を聞くと、
”ここは最重要!!”
と教えてもらったのがこちら♪ →
バスク議事堂・・・・??? 
とりあえず、最重要らしいので見学!!
入場も無料、19時まで見学できます。 
c0048899_7424685.jpg
英語とスペイン語のパンフレットを走り読みしながら、
中をウロウロ・・・ 
どうも”木”がポイントの様子・・・
紋章にも”木”が描かれ、大きな天井のステンドガラスも大きな木の下に人々。 
これはこれでとても美しくかなり見とれていました。(笑)
c0048899_6244520.jpg
次は会議場です。→
現在も使われているそうです・・・ 
豪華なシャンデリアと階段状の座席、居並ぶ人物画・・・?? よくわからないまま、それはそれでけっこう満足しました♪(笑)


でも・・・
やっぱり・・・・
ゲルニカに来たら、ピカソの”ゲルニカ”が見たい!!!!(笑)
c0048899_874871.jpg

最後にやっと見ることができました♪ レプリカの”ゲルニカ”が普通の生活道路沿いに立てられていました♪ でも暗くなってしまってたので・・・くらい・・・(苦笑)

時間が遅くなってしまったので、
私たちの ”思いつき de ゲルニカ” はここで終わりなのですが、どうも釈然としない!!!"木”って何?? なんで最重要???  ピカソの”ゲルニカ”との関わりは???

自宅に帰ってからゆっくり調べてやっと点が線でつながりましたぁ~!!!♪(笑) 
ゲルニカという小さい町は バスクの人々にとって民族の聖地であり、”樫の木”がその象徴なのだそうです。 バスクの人々は、カタルーニャの人々同様、"スペイン人”と呼ばれることを嫌うと聞きます。 そんな民族意識の高い彼らにとってこの町は重要なのでしょう♪
ピカソの”ゲルニカ”は スペイン内戦時代に無差別攻撃をうけたこの町の惨劇に怒りを感じ、ピカソが描いたものだそうです。 私たちが期待した歴史については、ちゃんと平和祈念館があったようなのですが、その時はわからずに帰ってしまいました・・・・(苦笑) やっぱり思いつきだけではダメだとわかりました・・・(反省)
それでも、またちょっとスペインを知った気がします♪(完全自己満足!!!!)


**おまけ**

この議事堂の入り口で『傘ポン』発見!!! 日本でよくスーパーの入り口などに置かれている、濡れたかさをビニール袋に入れる機械です! さすが雨の多い地方だけあります!!
思いっきり日本語表示のまま、傘立ての横に置かれていました!!! 『傘ポン』に不向きな折りたたみ傘を必死になって機械に入れたのは私です!(笑) 
ちょっと感動♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-12-12 06:30 | お出かけ
<< 非常事態になるかも・・・ バスク地方へ② ~ サン・セバ... >>