お料理教室での明暗 

c0048899_2531026.jpg今月のお料理教室のメニューは、 ”イベリコ豚のパイン煮?”と”きのこのパイ包み”でした。
八宝菜のパインが許せない私は、あまり大きな期待はしていませんでした。
でも、久しぶりに間近で見た、
   美しいLomo Iberico ♪
先生によると、今回のお肉は 
1kg 26ユーロほど・・・ ほぼ1kgありました。
普段私がお肉屋さんで買う、ロース(もちろんイベリコ豚さんではありません・・・)は 1kg 5ユーロ程度・・・ お値段の差は歴然!!!(笑) 

まずこのイベリコ豚さんの回りにたっぷり塩をまぶす。 かなりたっぷりのオリーブオイルの入ったフライパンで焦げ目がつくまで焼きます。 そのとき、香りづけ?に一口大のたまねぎもいっしょに炒める。

c0048899_2582636.jpg焦げ目がついたら、シロップ漬けでない天然ジュースの入ったパインの缶詰のジュースを半分いれてオーブンへ! 低めの温度で20分程度焼く。
一度取り出し、輪切りのパイナップルを1/3に切ったものと、残りのジュースを加える。
それからまたオーブンへ もう20分焼きます。
焼きあがったお肉とパインを一旦取り出し、のこったジュースでソースを作ります。
ブイヨン、生クリームを加え、塩コショウで味を整え、コーンスターチでとろみをつける。

c0048899_2542744.jpg今回、最も感動♪したのはこの電動カッター♪!!!
すごーいです! このカッターでなければ柔らかく焼け上がったお肉を薄くカットすることは困難です!!!  これがあれば自作の焼き豚もきれいな切り口でしょうねぇ~♪
c0048899_2553030.jpg







           パインとお肉を盛り付けてソースをかけて出来上がり♪

実は期待薄だったのに、思った以上においしかったのです!!! 確かにかなり甘めのお味ですがそれもまたいい♪ 「イベリコ豚だし、おいしいはず♪」という思い込みもあるのかなあ???(スペインに住んでいても、普段はイベリコ豚さんとは縁が薄いので・・・(苦笑))

好き嫌いのはっきり分れるメニューかもしれませんが、私は好きでした♪

もう一品の、きのこのパイ包み・・・ 先日買った、カビの生えたようなきのこ(ニスカロス)の食べ方を教えてもらえたのでよかったのですが・・・ 外側のパイ生地が好みでなかったことと中のきのこが塩辛すぎました・・・・  先生に 「ちょっと味見してみて! 塩加減はどう??」と尋ねられ、すでにかなり塩辛かったのですが、いまさら薄くすることもできないしこれ以上お塩を入れられても!!と思って、「おいしいです!」と答えてしまいました・・・・(苦笑)
自分で作るのなら、塩は7割程度にすると思います。 
きのこの食感はよかったのに残念でした♪ 

緑のカビ?がおいしいので、 さっと埃を取る程度の水洗いだけでいいのだそうです・・・前回どうしても気になってかなり必死に洗ってしまいました・・・・(苦笑)
どうも私は、お料理教室で作るパイ包み系のメニューはちょっと合わないようです。(笑) 
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-10-29 02:56 | 食べ物
<< 秋の海・・・・のはずが・・・ バルセロナ 初水菜!  >>