バルセロナ 初水菜! 

c0048899_21133588.jpgねえねが学校菜園で作った水菜を持って帰ってきてくれました!!(喜) 
水菜はこちらでは売られていないと思います・・・私は見たことがありません。 
なので、久しぶりにシャキシャキ新鮮で色も美しい水菜と対面できて思わずうっとりしてしまいました!!(笑)
水菜がいかに貴重がよくご存じのねえねの先生は、
「お鍋をする日は言って下さ~い! 水菜を持って帰ってもらいます!」とおっしゃってくださったそうです!! 
そんな先生のお心遣いや今までも一生懸命世話してきてくれた子供達にただただ感謝です!



c0048899_2114124.jpgいろいろ頂き方はありますが、我が家はやっぱりお鍋にしました♪ パパさんのリクエストです♪ 
春菊に水菜・・・パパの好きな青野菜はこちらでは買えません。 パパはもちろん、ねえねも私も十分味わっていただきました!!! ただひとり・・・ちゅみは・・・
   「ちゅみ・・・もういらん・・」
よぉ~し!! 今回ばかりは 「ラッキー♪」と思いました!分母は少ない方がいい・・・
水菜の前では”母”も人の子でした ・・・・・(苦笑)





c0048899_21503197.jpg
日本から送ってもらった粉寒天で、ずっと気になっていた和菓子?を作りました。
かなり前に、日経新聞の日曜版に載っていたレシピを元にしました・・・

新聞上では、”梅かん”という名前で、粉寒天と片栗粉を使って、しそ漬けの梅干を固めた冷たい和菓子と紹介されていました。 

適当な梅干もないし、梅入りではちびっ子ギャングたちは食べないだろうし・・・
ということで、家にあった和菓子のあんこを使いました。
水羊羹とも、寒天でかためたものとも違う独特な食感?です。 お砂糖をかなり控えめにしたので甘さは薄かったのですが、おいしかったです♪
あんこ好きのねえねも 
「おいしい!! もうひとつ頂戴!!」
おなじくあんこ好きのちゅみは、
「ちゅみ・・・あんこら(あんこの意)だけの方がええ・・・」  ・・・・・・・

まっ、予想通りの反応です!(笑)
今度はあんこの量を増やして作ってみようと思います。 抹茶をいれて抹茶かんもおいしいと紹介されていたので、抹茶の代わりに緑茶の粉末ででも作ってみたいと思っています。

粉寒天の到着を待っていたので、季節はすっかり秋ですが、これからしばらく、我が家は”冷たい和菓子”が続きそうです!(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-10-26 17:14 | 食べ物
<< お料理教室での明暗  ねえねのピアス >>