ライバル・・・???

先日、幼稚園にちゅみを迎えに行ったときのこと・・・・ 幼稚園を出るのがお友達と一緒になりました。  スペイン人?のSくん。 ちゅみから名前を聞いたことがあったお友達でした。ふたりで仲良く走っていきました。 危ないので私が注意すると、Sくんのお母さんも声高に注意しました。 そのお友達親子とは、最初の交差点で「また明日♪」と別れました。

とちゅみが、
「Sのママ、 ”No tengas ○○#%~”って言ってたぁ~」
「えっ・・・ そう??? 」 
(私には聞き取れんなかったぁ~ そんなこと言ってたかなあ??)
「どういう意味なん??」
「・・・ わからん♪」
「ふ~ん・・・・」

”ふ~ん” と聞き流したのにどうも引っかかる・・・・ 
ほんとにSくんのママがSくんにそんなことを言ったかどうかも定かではありませんが、ちゅみに聞こえて、私に聞こえなかったことが引っかかる・・・・ あれ?? 
私・・・くやしいって思ってるぅ???

ちゅみに聞きとれて、自分にできなかったということが情けない?くやしい? 
わが子に対して、妙な感覚でした!(笑)
このところのちゅみは、口にするスペイン語の語彙がどんどん増えてきて、 文法的にはめちゃめちゃでも 十分通じるであろう言葉を発します。 今までは”単語”程度だったのですが、最近は 二語文、三語分が増えてきました。 

「いつ頃つけるようになるのかなぁ??」と私が興味津々だった、冠詞も最近時々つくようになりました。  
”車”は ”coche(コチェ)” ですが、 名詞に冠詞をつけるスペイン語。 この場合、
”el(エル)" もしくは ”un(ウン)" という冠詞をつけなければなりません。  今までは、 「あっ coche やぁ~!!」と叫んでいたちゅみですが、 先日、初めて、 「ママ un coche!!」と言うのを聞きました。 彼女が冠詞をどのように理解しているかは不明ですが、 冠詞も名詞もとにかくありのままを吸収しているのでしょうね・・・・・

”えっと!! この名詞は男性名詞なんで、だから・・・・??”と考えることなく反応できるちゅみ・・・・ 子供の吸収力と適応性は認めます。 わが子ながらすごいと思います!

でも・・・・ くやしい・・・・(笑)   

平日、一日の大半をスペイン語に囲まれて生活しているちゅみ・・・ スペイン語だけの環境ではありませんが、私との違いは歴然・・・・ それがわかっていても、うらやましいのでなく、くやしい。  今週で、ちゅみは入園して1年を終えます。 これまで、ちゅみの話す・聞くスペイン語程度は私にも理解できました。 でも、これからはちゅみにわかって私にわからないことがどんどん出てくるのでしょうね・・・ それはくやしいなあ・・・!

今までは完全に私が上位だったのですが(私はそう思っていたのですが)、これからはライバルになるのでしょうか???  もしや、足元にも及ばなくなる!!????
嫌だぁ~!! 3歳の娘に負けるなんて!!!!(笑)

がんばろう・・・・・
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-06-19 05:21 | ちゅみとスペイン語
<< ペットボトル収集 一番簡単なお弁当 >>