大ヒットのお料理教室!

月一回行っている、お料理教室に行ってきました。
今回は、タパス(おつまみ)類のメニューを4品♪ どれもこちらではどこのバルでも食べられるような定番メニューです。 さすがずっと人気のメニュー! どれもほんとにおいしかったです!!!
c0048899_21401352.jpg


←こちらは、
”MEJILLONES
      A LA VINAGRETA
(ムール貝の
   ビナグレットソース和え?) 


1.
ムール貝は白ワインとローリエの葉を入れたお鍋で蒸しておく。冷めたら殻から取り出して、貝は細かく切っておく
2. 
赤ピーマン(パブリカ)、普通のピーマン、湯剥きしたトマト、たまねぎ、 れもんの皮を粗くみじん切りする。
3.
レモンの皮は熱湯で数分茹でる。(えぐさを取るためだそうです)
4.
1,2,3を混ぜ合わせ、 Alcaparros(ふうちょうぼうの実? ケッパー)、オリーブオイル、塩、レモンの絞り汁をいれて味を調え、冷蔵庫で冷やしておく。

5.
ムール貝の殻に盛り合わせれば、出来上がり♪
c0048899_2156473.jpg
→ 今回使ったたまねぎは、
Cebolla Tierna(柔らかいたまねぎ) と言う種類なのだそうです。 お店では良く見かけますが、私は買ったことがありませんでした。今度から使ってみようと思います♪
ビナグレットソースってなんなのか?わかっていないのですが、とにかくレモンの皮の風味が効いていて、さっぱりおいしい一品でした♪ 簡単なので、ぜひ家でも作ってみたいと思いました!!!  



c0048899_2202182.jpg次は、エスカリバーダとアンチョビのタパス。 熟したトマトをすりつけたパンの上に、赤ピーマンとなすをオーブンで皮ごとじっくり焼き、皮をむいたものと、アンチョビを乗せる。
エスカリバーダは、オリーブオイルと塩で味付けされています。 アンチョビの塩気もちょうど適度で美味しかったです♪ 
でも・・・わたしの個人的な好みを言うと、下のパンがべちゃべちゃになっているので、トマトをすりつけなくても十分おいしいだろうなあ・・と思いました。

c0048899_2273034.jpg次は、”Calamares Fritos
       (いかリング揚げ) ”
衣がちょっと変わっています!! 
小麦粉とベーキングパウダー、パブリカ(香辛料)、塩、それを 炭酸水で溶きます。 普通の水でなく炭酸水を使うのがポイントなのだそうです。

びっくりしたのは、その衣の質感! ↓ c0048899_2212031.jpg
柔らかすぎるパンの生地??というぐらいねっとりしています。
フライパンにオリーブオイルをいれ、温度などあまり気にせず先生はどんどん入れていきました。  この衣・・・揚げたてはもちろん、冷めてもけっこう美味しいのです。 衣にすでに塩がはいっているので、私達はソース無しでも十分おいしいですが、好みでケチャップやマヨネーズなどがつきます。


4品目は、 ”PATATA BRAVAS (パタタブラバス) フライドポテトにピリ辛のソースがかかったものです。
バルセロナのあるカタルーニャ地方のメニューです。 それぞれのお店でソースの味が違い、食べ比べも楽しいです。 今回、私はうっかり出来上がりの写真を撮り忘れてしまいました!(苦笑)  ソースは マヨネーズとケチャップとタバスコが基本。 好みの味に仕上げて出来上がり~♪  ねえねもちゅみも好きですが、お店によってはソースが辛すぎて食べられないこともあります。 時々、ソースを全体にかけないで!とお願いして注文することもあります。

どれも比較的簡単で、おいしい♪ かなりお料理へのモジベーションがアップしたのですが、スペイン料理嫌いの我が家・・・・(涙) 
いかリングとパタタブラバスはオッケー♪!  後の2品は・・・・望み薄・・・・(苦笑)

それでも 自分でも作れるかも♪ということに満足です♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-06-16 21:38 | 食べ物
<< 一番簡単なお弁当 スペインで良し悪し >>