スペインで良し悪し

c0048899_22372939.jpgちゅみの幼稚園からの帰り道・・・いつもなるべく車の通りのない場所(公園やピソの通路等)を通るようにしています。とにかく路上駐車の多いバルセロナ・・・たとえ青信号を渡っていても、車の陰に隠れてしまうちゅみには危険がいっぱいなのです・・・・ でも実は危険回避以外にも理由があります・・・(苦笑)

最近ちゅみが好きな遊びのひとつが、”家族ごっこ” 
昔私の時代にはおかあさんごっごと言っていましたが、今はちがうようです。
ちゅみはいつも ”お母さん” 
子供の役は わたし・・・・
「ちゅみがお母しゃん! ママはお姉ちゃんね!!」  
当然この遊びは家の外でも継続されます。 
「ちゅみ 危ないから手 つないで!!」
「ちゅみちゃうで! お・か・あ・しゃん!!!」  
「・・・・ (苦笑)お母さん 手 つないでちょうだい」
「はい おねえちゃん♪」  

当然、ちょっと離れた場所から私を呼ぶときも
「おねえちゃ~ん♪!」  またまた当然のように 「はい♪」笑顔で返事することを要求されます(強制されます)

大声で呼ばれる 「お姉ちゃん!!」
あっあっあまりにも無理があり過ぎます・・・(苦笑)
「私が呼ばせているわけではありませんから~!!」と言い訳したくなります!!

よかった♪ ここはスペイン・・・日本語通じず・・・・(笑)



普段、ねえねは、 朝7時半にスクールバスで出発し、夕方5時ごろ帰宅します。
早寝・早起きで睡眠時間をキープし、体調を維持するタイプの彼女にとって、、帰宅後に、ちゃんと宿題をこなしてつつ、いろいろな習い事をする、または現地の子供達と接する機会を持つということはかなり難しいのが現状です。
平日の彼女は、8時半には寝ています。

そんなねえねがゆっくり時間をもてるのが夏休み♪ 親子とも十分すぎる時間が与えられます(笑) せっかくなので、夏休みの特別スクールなどに参加するのはどうだろうか?とちょこちょこ調べていたのですが、 スペインの夏休み事情とねえねの学校のスケジュールがかみ合わない!!
というのも、スペインの通常の幼稚園・学校は、6月20日過ぎの終了します。ここから9月半ばまで、3ヶ月弱の長~~~~い夏休みがスタートします。 その後、両親ともに働いている家庭など、状況に応じて、サマースクールに参加します。 お泊りタイプあり、通いあり、勉強から野外活動などいろいろな種類のスクールがあります。 でも、一般的に、8月はこちらのバカンス・・・一ヶ月間は家族みんなで夏休み♪という家庭が多く、サマースクールですら終了してしまいます。  
ねえねの夏休みは7月の20日過ぎに始まります。 やっとサマースクールに行くぞ!!!と思った頃には、もうやっているスクールが激減!!!(苦笑)  選択の幅がかなり狭まります。
現地の子供と一緒に楽しむ♪スクール♪ というのは かなり厳しい・・・・ 

なかなかうまくはいきません・・・・
これは、スペインでだから悪い・・・というのではなく、外国暮らしの利点を生かそう!と思ったのに、あまりにも違うスペインのスケジュールに苦戦・・というところでしょうか???

お父さんのお休みの長いご家庭は、いろいろなところにゆっくり旅行に出かけられたり、普段できないことを家族でやってみたりと、いつもと違う生活・体験ができるのですが、我が家のパパはおそらくお休みの短さではバルセロナ日本人会の中でも1番では!と自負しております!(苦笑)  

せっかくの夏休み♪ いつもと違うことを経験し、もちろん勉強もして、大きくなってくれればなあ・・・と思い、鋭意検討中です♪


・・・・・・・

(↑ このような締めで終わると、とてもいい母のようですが、その実、 ずっと家でちゅみとふたりギャーギャー騒がれるのが嫌で、たとえちょっとの時間でも追い出したい!! これが本音の大部分かもしれません・・・・(苦笑))
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-06-13 22:48 | 我が家のちびっ子ギャング達
<< 大ヒットのお料理教室! カタルーニャサーキット >>