セマナサンタ で バレンシア

c0048899_2016422.jpg
バレンシアへの高速道路沿いは、
オレンジの畑が続いていました。
さすがバレンシア・オレンジの産地だと感心しました♪ バルセロナ市内になっているオレンジはすっぱくて食べられないと聞いたことがあります。 バレンシアは違うんでしょうね・・・♪

バレンシア市内にもすてきな観光スポットはたくさんあるのですが、我が家が一番に行ったのは、ヨーロッパ最大?と言われる水族館です。 バルセロナにもいい水族館があるのですが、ねえねとちゅみを楽しませるにはやはり観光地ばかりでは・・・・(苦笑)
c0048899_204382.jpg10時の開門と同時に入るつもりが、セマナサンタで30分早く開くということを知らず、前売り券も買っていなかったので、まずは車を停める前に入場券売り場に並びました。
一瞬、待つのが嫌いな私は長蛇の列にくらくらしてしまいましたが、入場券購入の為ではなく、ゲートが開いたばかりでそこを通るための列でした。
防犯の為なんですね。 手荷物をX線の機械に通さなければなりませんでした。
c0048899_2042890.jpgとりあえず、第一の目的がいるかのショーだったので、いざ会場へ! 
2500人が収容できるという巨大なものでした!! 
でも・・・ 雨が降っていたのでイルカに近い場所には座れませんでした。 
ねえねもちゅみもイルカのショーは初体験。 小雨の降る中、ショーが始まる前にプールのそばまで見学に行きました。大きな会場は良し悪しで、イルカさんが遠すぎました・・・・(苦笑) 

このショーが終わった頃には、館内は すごい人!!!人!!! 人!!!
家族連れのオンパレードです!(苦笑)
見たい動物やお魚だけポイントを絞って見学し、さっさと出てしまいました・・・・・
大人22ユーロ、ねえね16ユーロで、たったこれだけではもったいないかもしれませんが、あまりの人に、ねえねもちゅみもかなり疲れていたので、我が家には潮時だったかもしれません。(セマナサンタでなければ、もっとじっくりゆっくり楽しめたと思います♪ 実はとってもいい施設なんです♪)

市内観光もしたのですが、今までとは趣き?の違う場所にも足を延ばしました。
バレンシア地方はスペインきっての米どころでもあるのだそうです。 有名なスペイン料理のパエリア(パエジャ)はバレンシアがそのふるさとなんだそうです。 ということで、その米どころ・・・EL PALMARという田舎町へ行きました。
c0048899_2072623.jpg
大きな湖のほとりにあります。 ガイドブックにはまるで日本のような水田風景が広がっていると書かれていましたが、時期が悪くまだ普通の”畑”状態でした。(笑) 
それでも、湖の周りの葦の水路をボートで遊覧??できます♪ どこが乗り場がよくわからないまま、人が集まっているところに近づくと、”11時15分に戻ります”の小さなメモが・・・・??? とりあえず待っていると、やっぱり20以上遅れてボートが戻ってきました。
c0048899_2051530.jpgこのボートに、待っている人全員は乗れないだろう・・と思っていたら、おじさん、”大丈夫!!乗れ!乗れ” ・・・・・ おじさん ほんとに大丈夫??(不安) 値段の案内もないままとりあえず乗り込みました。 葦の湿原には野鳥もたくさんいて、おじさんいろいろ説明してくれるのですが、わからず・・・・最初は冒険気分で喜んでいたねえねも途中で飽きてきてしまいました・・・(予想通り・・・(苦笑))説明がわからないので、余計に飽きてしまうのです・・・c0048899_2053853.jpg

バラーカというこの地方独特の民家を見たり、湖の中へ出たり、細い葦の水路をぬけたり・・・40分の遊覧?は終わりました♪(笑)  
”大人4ユーロ、子供2ユーロ!!” シュレック似のおじさんは下船の時に徴収しました。

このときもまた、船を下りると小さな田舎町は人と車でいっぱいになっていました。
私たちが着いた時、レストランもまだ準備中だし、なんて変化のない普通の田舎?だったのに・・・・ 車も停め放題だったんです。町を出る時には、反対車線の道路は大渋滞!まさか、みんなが EL PALMARに行くわけではないと思いますが・・・・・(苦笑) まさかね・・・

いろいろクルクル回って、全行程1000kmの車の旅でした。
日本でなら1000kmってくらくらする距離なのですが、道路が広くて日本に比べて渋滞も少なく、平均時速も数十kmちがうので、思った以上に楽でした。
でも、事故の多さには驚きます。今回の旅でも何回か目撃しました。

日本でなら運転を交代できるのですが、こちらでは私は かなり適当なナビゲーター専門でした! 無事に事故なく帰ってこられたのは、やっぱりナビ?のお陰でしょうか??(笑)




車での遠出が多い我が家・・・・
今でもまだびっくりするのが、スペインの道路案内の怪!!!!(笑)
初めての場所は、当然地図と道路標識を確認しながら進みます。(我が家の車にはカーナビはついていないんです・・・♪) 道路にはそれぞれアルファベットと数字のセットの名前がついていて、その名前で有料高速道路なのか、無料の自動車道路なのか、日本で言う国道・県道のような道路なのか区別がつくようになっています。 
”○○に行くには、ここの町から CV105 に入るねん” 私の的確?な指示!!(笑)
”この辺で回れるような気がするなあ・・・ あっ!! あった CV105の看板!”とパパ!
”オッケー!!  ○○方面間違いなし!!!” 看板を確認する私・・・ナビとして当然!(爆)

・・・・・  が、曲がったとたん、表示が消えるのです・・・・ いきなり違う名前の道路になっています ・・・ ?????
さっき ○○方面って書いてたやん!!! CV105はいずこに???!!!!!

わかりません・・・・・ 道路がありません・・・・・ 

またあるときは、案内どおりに進むと必ず同じ場所に戻ってくるようになっていたりします・・・(苦笑) これほど巧みに道路案内を操作できるのも、ある意味たいしたものです・・・・(苦笑)

また、頼みの綱の地図も、時々・・・・まれに・・ページが飛んでたり、重複していたり・・・間違っていたり・・・・(苦笑)

こうなると頼れるのは、”己の野生の勘!!”    つまり パパの勘です!!!
スペインに来て、彼の勘は研ぎ澄まされてきました!(爆)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-04-18 20:05 | お出かけ
<< 最近のヒット♪ ~ 絵本版 セマナ・サンタで ”MOREL... >>