初めてのクッキー en バルセロナ

普通通り幼稚園のあるちゅみと、すっかり春休みのねえね。
正直・・・・ 暇を持て余します・・・・(苦笑)
お友達と遊んだり、日本語図書館に行って本を借りてみたり・・・・一応 ”母”なりに過ごし方を考えてはいるのですが、ネタは尽きつつあります。
日本人の多いちゅみの幼稚園の送迎時や、買い物タイムの自宅近くには、お母さんといっしょにうろうろしている日本人小学生の姿がそこらかしこに見られます。(笑)
(兄弟姉妹が全く別のスケジュールというのも、いいのやら?悪いのやら???(苦笑))

どうせならと、ちゅみが一緒にいる時にできないことをしようと、ねえねが簡単なお菓子作りに挑戦しました。

日本から義弟が送ってくれた『小学二年生』の本にあった、
シナモンのドロップクッキー♪

シリアルやレーズンをまぜて、スプーンで落として焼くだけ!
子供でも作れる簡単クッキー♪
のはずだったのですが・・・・
温度設定や時間設定のまったくできた我が家のオーブン・・・・
c0048899_3323412.jpg
タイマーセットはしていたのですが、
私がボーっとしているうちに・・・・

”となりのトトロ”もびっくりの 
     まっくろくろすけ  
            になってしまいました!!!(悲)

炭化したものは、体にも良くないと知りつつも、一応お味見・・・・
当然修復は不可能ですが、お味はそれほど悪くないのです!!
シリアルやシードたっぷりなのでヘルシー♪ (??)

次回は オーブンの前に座り、中をチェックするための懐中電灯を手にしっかり目を光らせようと思います。




簡単だったので、ほんとねえねでも作れました!
ねえねの名誉のために・・・焼きに失敗したのは 母です・・・(笑)

材料 (30個分)

バター 120g
砂糖 90 g
たまご 1個
(A) 薄力粉 160g + ベーキングパウダー 小さじ1/2
シリアルやチョコチップ、 レーズン、フライパンでいったくるみなど、適当・・・・(笑)


1. バターをクリーム状になるまで混ぜ、砂糖を少しづつくわえる。 次たまご。
2. (A)の粉を合わせてふるい、↑1.のボウルにいれてさっくりまぜる。
3. まだ粉っぽさが残っているうちに、シリアルやチョコなどをくわえる。
   数種類のクッキーに分けてもいい。
4. 天パンにオーブンシートをしいて、3cmぐらいの大きさでスプーンを使って落とす。
   180度で15~20分

たったこれだけで、かりかりしておいしかったです♪ ・・・焦げてなければ・・・(苦笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-03-23 22:32 | 食べ物
<< 幼稚園の放課後 ICパスポート申請へ♪ >>