カルナバル

c0048899_01230.jpg
ねえねの学校でカルナバルの催しがありました。
交流のある地元の小学校のパレードに参加させてもらい、扮装をして一緒に町を練り歩きました♪
地元の小学校は”海”がテーマで、海賊・人魚・お魚たちや船員さんなど、それぞれ趣向を凝らした扮装で参加していました。
ねえねの学校の今年のテーマは”浦島太郎!”
学年ごとに浦島太郎、乙姫様、お魚、村の子供、さめやかめと自分たちで衣装を作っていました。
ねえねの学年は かめ♪
c0048899_124367.jpg
先生方は、七福神になってらっしゃいました!(笑) 
ビシッとかっこいい路線で決めているスペインの学校の先生とは対照的に、ねえねの学校の先生はかなりお笑い系!!!(笑) でも徹底していてGOODでした!!(パチパチ!!)
目立っていたのは圧倒的に日本人の先生でした!!(爆)

c0048899_013732.jpg
日本人の子供たちは、浦島太郎の歌を大声で歌いながら、自分たちの扮装の説明や簡単な日本語のあいさつを紹介したビラを、見てくれているスペイン人の人たちに手渡していました。
彼らはそのビラを興味深げに読んでいました。
カメラやビデオの撮影をする人、ピソ(マンション)のテラスから見る人・・・・どの人も笑顔で楽しそうに見てくれていたのがとっても印象的でした♪
みなさん、口々に 「かわいいわねえ・・・」 「日本人なの??これは何??」と好意的なムードで、私もとっても嬉しい気持ちになりました。
先生の扮装に書かれた漢字を写真に撮らせて欲しい!!とカメラを向けられる先生もいらっしゃいました! アジアンブームもあり、漢字はやっぱり人気です♪(笑)

きっかけは何であれ、スペインから実際に遠い国 アジアの国々や日本について知ってもらえる機会や興味を持ってもらえるチャンスは貴重だと思います。
このカルナバルのパレードもいい機会のひとつになったのでは・・?と思いました♪


町の中心部をくるっとまわり、40分ほどでねえねのカルナバル初参加は終わりました♪
かなり冷え込んでいましたが、お天気もなんとかもち、楽しい思い出になりました♪

c0048899_1243277.jpgスペイン人の子供たちの扮装は、お金と親の手作り?という深い”愛情”?(笑)がかなり掛けられているように思いました! 
カルナバル用の衣装はけっこういお値段がするんです!! (笑) 
親の”気合”を感じました!(笑)
でもどこ子もとってもかわいかったです♪

*****
ちゅみの幼稚園では、パレードのようなものはありませんでした。 園内のパーティのみで残念ながら親はその様子を見ることはできませんでした。
後で写真を買える?ようです♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-02-25 00:02 | ねえねの学校
<< ささいなトラブルの連続 なんちゃって 塩釜? >>