ねえねの時間割

キッチンで水を飲んでいたパパが一言・・・・

「ねえねの時間割って・・・・すごいなあ・・・・」

風水上も(笑)、インテリア上も冷蔵庫の扉にメモなどを張るのは良くないと知りながら、
やっぱり一番目に付き、便利なのでついつい活用しています。(笑)
そこにデカデカと貼られたねえねの時間割を見てパパがいいました。
c0048899_230553.jpg
今さら??? と思わないでもないのですが、
あらためてふたりでじっと見たのがこちら・・・・ →

見慣れたのでさして不思議に思わなくなったのですが、

パパ、
「小学校1年生で、
    スペイン語が週2回、
           英会話1回やで!」
「今は公立小学校でも英語あるんやろ!? 
                  一緒ちゃうん?」
「でも・・・スペイン語やでぇ! すごいなあ・・・・」
「だってここスペインやもん・・・・」

とは言うものの、自分の子供の時とあまりに違う時間割。
一年生で6時間目まであることだけでも実はすごいです・・・(笑)
時間割表に”放課後”と書いてあることも・・・・(笑)

ねえねの学校は、日本にある小学校よりも、春・夏・冬のお休みが長くとってあるため、同じカリキュラムをこなすにはどうしても一日の授業時間が長くなります。
また、中学生まで同じスクールバスで登下校する為、授業が終わってもすぐに帰宅することはできません。

パパも私も子供時代は、学校が終わると飛んで帰ってランドセルを家に置き、すぐ外に遊びに飛び出し、暗くなるまで帰ってこない世代♪
子供だけで遊びに出られないのは日本もスペインも同じですが、
ねえねの小学校生活のスタートは、パパと私の常識・経験ではカバーできるものではありません(笑)

久しぶりに、いつも見ているものをじっと見てみた晩でした!♪(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-18 23:08 | ねえねの学校
<< 初めてのお料理教室?? 豚さんの足が・・・・・ >>