幼稚園のお誕生会

ちゅみが幼稚園からお菓子ももらって帰ってきました。c0048899_447814.jpg
今日、お誕生日のお友達がいて、お誕生会があったからです。
でもこれは幼稚園からではなく、そのお友達の親からお友達へのお土産?のお菓子です。
ちゅみの幼稚園では、お誕生日の日に親がケーキなどをもっていくと、
クラスのみんなが歌をうたってお祝いしてくれるのです。
その後皆でカットしたケーキを食べるそうです。
香澄いわく、今日はアランのお誕生日だったそうです。(笑)

こちらの幼稚園に入る前、いろんな方から”お誕生会”のお作法についていろいろ伺っていました。 

親が子供の為にたくさんのお友達を呼んでパーティーを開く。
子供の遊び場を借りて、お友達を招待したり、ピソの庭でパーティーを開いたり・・・・
子供の喜ぶ演出を考え、ケーキやおやつをサーブして、お土産を用意して・・・・
また、お友達に招待してもらったら、喜んでもらえるような見た目の大きいプレゼントを用意して子供が小さければ親も一緒にお邪魔する・・・・・

と、眉間にしわがよってしまうぐらいかなり派手で独特のお作法があると聞いていました。
私の方から積極的にということは絶対あり得ませんが、ちゅみにお友達ができてそのお付き合いで・・・となれば親としてやっぱり・・・(涙)と覚悟はしていました。

幸い??にもちゅみの幼稚園は園内で保育時間内に済むので正直ほっとしています♪

入園後、初のちゅみの誕生日は入園まもなくだったため何も無しとしました。(笑)
本人もまだ自分の誕生日という意識もなく、意味もわかっていないのでラッキーでした。
来年?おそらく再来年ごろには
「今度はちゅみの クンプレアニョス(お誕生日) してもらう!!!」
と言い出すかもしれません。 その時には彼女の好きなキャラクターの大きなケーキを注文して、お土産のお菓子も用意してパーティをしてもらおうと思います♪








c0048899_5111218.jpg
日本の大型スーパーの一角にあるような有料の室内お遊びスペースです。
かなり大きく、年齢によってコーナーが分けられていて、大きいこと小さい子が一緒に遊ぶということはありません。
3歳のちゅみと7歳のねえねは同じ場所では遊べません。
遊具内は土足も禁止です。
年齢制限の幅の広い日本よりも安心といえば安心です。
親は横にあるバルでビールやカフェで暇をつぶします。
c0048899_5112771.jpg
→ こちらがパーティースペースです。 お願いしておくとケーキとサンドイッチ・ジュースを用意してくれます。 ある程度遊んだところで、「○○ちゃんのパーティーが始まりますよぉ~」のような放送がかかり、集合!
大きな音で スペイン語のハッピーバースディの歌が流れてケーキの登場!
ろうそく フーッ!!
c0048899_5351348.jpg
これは実はお誕生会でない集まりで行った時の写真ですが、
一応、お誕生日の近い子数人で
          フーッの儀式もやりました!(笑) 
私たちが行ったときも、何度も大音量の"Cumpleanos Feliz (お誕生日おめでとう♪)”の歌が流れていました。

親はビール片手で、親も子も楽しそうでした♪
子供のイベントを親も楽しむ・・・・ 本当に"楽しむ”のが上手です♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2006-01-14 04:47 | 生活
<< 豚さんの足が・・・・・ 旅行の必需品 >>