我が家の日本語・スペイン語事情

ちゅみの変な?日本語はまだまだ健在!!!(笑)
そういう意味では、かわいい時期なのかもしれません。

① 「赤になってしまったなぁ~」 
今日交差点で初めて 現在完了形 を使いました! 

② 「ママ おすくり は??  (ママ お薬は??)」    
  「おすくりちゃうよ! お・く・す・り」
  「お・す・く・り ♪」  
  「くすり って言ってみて」 
   「くすり・・」    
  「お ・・・・・くすり」
  「おっ ・・・くすり!」
  「言えるやん! お薬!」
  「おすくり!!!」
  「・・・・(苦笑)・・・あらっ??」

③ 「ママ これ とどかれる??  (とどく??)」
  「とどかへんわ・・・・」
  「なんや!とどかへんの!(怒)」
  なぜ怒り口調なのかは、母の私にも不明・・・・(笑)

④ 「バイバ~イ!  パニ! まったね!」    
  幼稚園でお友達より一足先に帰るときに、お友達へ発したご挨拶??
  どうも、パニーちゃん?という子とお友達になったようです。
  パニーちゃんはどうも女の子のようです。
  どちらの国のお友達なのか??  ほんとにお名前は 『パニーちゃん』なのか?? 
  思いっきり日本語で挨拶していたちゅみでした・・・(苦笑) 

⑤ 状況説明?に擬態語を使うようになりました。
   
  ふと気づくと、おむつまで自分でぬいで、すっぽんぽん!!!

  「ちょっと、ちゅみ!!! どうしたん??? 何してんのん!!???」
  「・・・・・ お茶が上からすーとこぼれてん。」     
  「お茶こぼれても、おむつまで濡れへんやろ!!!?? 
                 なんでぬぐのん!!?(怒)」
  「じゅぼんのお茶がじゅーっとしみてん。 さわってみぃ!! 
              つめたいでぇ!!!」
  
  「・・・・・ 紙おむつには・・・・ しみこまへん!!!! 」

⑤ 「ママ おはな でたぁ~  (鼻水が出た の 意)」
  「はい 拭いたげよ! ・・・・ 拭けたよ!」
  「たくさん でた??」
  「ちょっとだけ」
  「ペケーニョ?? (スペイン語の 小さい の 意)」     
  「う~ん ポキート(ちょっと)かなあ??」
  「ポッキートかぁ~♪」

 スペイン語と日本語が混ざっているというレベルでは決してないのですが、
 少なからず彼女の”生活語”の中に スペイン語が入ってきていると実感する瞬間でした。
 私は だただた 「おもしろい!!!」という思いです!!!!
 
毎夜毎夜、スペイン語の本を片手に勉強?しているパパ。
仕事上はスペイン語オンリーの環境の彼は、”スペイン語の壁”と日々格闘し、
ほぼ負けているようです (笑)
「覚えてもすぐ忘れるし、知っていても使われへん・・・」
とスペイン語習得の難しさを日々痛感させられているようです。

そんなパパは、どうして子供がすんなり新しい言語を覚えていくのか?
というメカニズムに、私以上に興味を持っています!!

残念ながら、パパとちゅみは同じ方法で習得していくことはできませんが、
パパのライバルになる日も遠からずだったりして・・・・(苦笑)

スペインに来て、パパは子供たちにとって日本で以上に頼れる存在になっています!
ママはわかってないけど、パパはスペイン語を話すから何でも大丈夫!!だと信じています。
子供の期待を裏切らないよう、パパにもがんばってほしいなぁと思う今日この頃です。


私は精一杯の声援を送っています!!!♪ (笑)

(声援だけです・・・・・ (苦笑))
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-10-11 07:08 | 生活
<< 純バルセロナ産 第2段! あれ?? パンちゃうのん?? >>