タラゴナへ ~リベンジのお出かけ!!!

タラゴナはバルセロナから90km離れたローマ時代を面影を残す町。
前回訪れた時 は、ねえねとちゅみのリクエストを聞き入れたために、見ることができなかった場所がいつくもあります。

今回は、前回くるくるユーターンを繰り返し、探しても探してもたどり着けなった、
”ラス・ファレラス水道橋”を探し出すのを第一目標に リベンジのお出かけと相成りました!

というのも、この水道橋は高速道路のすぐそばにあるらしいのですが、日本語のガイドブックは普通、公共交通機関での行き方しか案内されていないため、自家用車で行くにはかなり不案内!
高速のパーキングからも少し見えるというのを手がかりに勘で見つけました(笑)
c0048899_0373557.jpg

この水道橋は、2世紀ごろにつくられたものだそうです。
「いったい何年前なん!!!????」と、あまりにも気の遠くなるような時間の流れにクラクラ(笑)
c0048899_0484238.jpg
でも、もっとクラクラしたのは、その水道橋の上部、当時水が通っていた1mぐらいの幅の溝を今も観光客が歩いて渡れるということです!
普通、これほどの歴史的建造物なら、”見るだけ”・・・というのが私の常識。
その上、人が歩くように作られているものではないので、溝の深さは、70cmないのです。
つまり、ちゅみでも胸ぐらいの高さ!
大人が歩くと、背の低い私でも太ももあたりまで・・・・・
その上、またまた、途中崩れている場所も多く、怖い!!
日本なら、その景観保護よりも、安全のための保全が優先されていそうな状況です(笑)
c0048899_1102965.jpg

あまりにも長い歴史の流れと、中途半端な絶叫マシンを上回るスリル・・・・
(いつガラガ~ラと崩れてもおかしくないです!!!!)

スペインと言う国は、おおらかというのか、適当?というのか、
歴史を五感で感じられる魅力的な国です(笑)


でも・・・・歴史的建造物にスリルは必要ないと思いますが・・・ (苦笑)

c0048899_102679.jpg
← 高速道路にこれと同じ看板が立っています。
  パーキングの案内といっしょにありました。
  一瞬なので見落とすとアウト!!     
  
今回はラッキーでした♪







お昼は、子供も食べられるパエジャをテラスで食べました♪
c0048899_561816.jpg

気軽に食べられるバルのようなお店なので、パエジャも€8,00ぐらい。
安くておいしいお店でした♪c0048899_511578.jpg
ねえねもちゅみも、フーフー言いながら食べていました。
(海沿いで風が強いので、すぐ冷めました・・・(苦笑))

その後旧市街を散策して帰りましたが、
まだ全部は見ることはできませんでした・・・

また機会があれば、訪れたいと思います♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-08-09 00:35 | お出かけ
<< やる気のない給湯器 お寿司が食べたくて・・・・ >>