サマースクール無事終了

2週間のちゅみのスペインでの初♪幼稚園サマースクールは終了しました。
途中、案の定行くのを嫌がり、泣きながら幼稚園までの道を抱っこして通いました。
さすがに泣き顔のちゅみとバイバイするのは辛いものがありました(苦笑)

2日間ほどは、幼稚園のドアの前で大泣き!!!
と、後ろからも大泣きの声が・・・・ 
同年齢ぐらいのスペイン人?の男の子もママに抱かれて大泣き!
思わずお母さんと目をあわせて苦笑いです
でも、日を追うごとに、朝半べそでも帰りにはご機嫌で出てくるようになりました(ほっ♪)


最終日は、午後からねえねの学校に行く用事があったため、
悩んだ末、ちゅみをその日だけ一日,朝9時半ごろから4時半頃まで預けることにしました。
お昼はみんなと給食、その後まだ小さいちゅみぐらいの年齢だと昼寝タイムがあると聞いていました。 
スペイン料理の中には、ちゅみの食べられないメニューもあるので、朝送って行ったときに・・・

”娘は時々スペイン料理が食べられません・・・”

”食べられないの??”

”いえ・・・・時々! パンは好きです・・・”

”今日はマカロニだけど・・・”

”大丈夫だと思います!!!”

まだまだ、昼寝の時にはおしゃぶりがいること、 それはいつもポケットに入れていることなど伝えたいことはあったのですが、他のお友達もどんどん来るので、
モタモタしていたられず、泣きの入ったちゅみにバイバイ・・・・
気になって、しばらく泣き声を追ってると・・・・すぐピタっととまりました。

毎朝、半べそかいたり、泣いたりしてはいましたが、
「水筒入れるわ!」と自分で幼稚園用のリュックに用意を始めたり・・・・ 少しづつ彼女なりに慣れていっていたのだと思います。

一日幼稚園にいた日のお迎え時、
サマースクールの最終日ということで、
幼稚園からかわいいビニールに入ったおやつと、先生がつくってくださったと思われる
”カニさんの貼り絵”を頂いてました。
先生に伺うと、ちゃんとお昼寝はしたようで、元気いっぱい♪
上機嫌で先生にも ”Hasta Luego (またね♪)”
と挨拶するちゅみ。

私のつまらない心配をよそに、彼女は上手に過ごしていたようです。

帰り道・・・・
「ご飯ちゃんと食べた??」
「食べてへん・・・」 
「えっ?? 何にも???」
「たまねぎとぉ~にんじんとぉ~ 食べた!」 
「・・・ ふ~ん????」

そのわりに、帰宅後のおやつの食べ方が少なかったのと、その後ねえねに合わせて早い夕食もあまり食べなかったので、おやつまでしっかりもらってたのかな???

とりあえず、
なんとか無事に終わりました♪
2週間一度も休まず、ついでに一日保育まで経験し、”慣らし保育”としては上々の出来です。

実は、”慣れる”のはちゅみよりも、私だったのかもしれません(笑)

今後9月から正式に入園! 
なんとかなるかな!という自信がちょぴりつきました。

9月以降、ちゅみがどういう風にスペイン語を理解していくのか、吸収していくのか・・・
楽しみの方が大きくなりました♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-07-16 19:17 | ちゅみの幼稚園
<< プール三昧 JSTVな生活? >>