日本の家族の”愛”♪

実家の父母から、荷物が届きました。

c0048899_4163321.jpg
義弟夫婦と
義理の両親も
よく大きな箱に山盛り、
和菓子や
子供の喜ぶお菓子、
食品など送ってくれます。
友人もいろいろ送ってくれました。


ほんとにみんなの心遣いと”愛”を感じ、感謝でいっぱいになります。(礼)

ねえねの好みを熟知しているばあばは、
○○○が欲しいのだけど・・と頼むと、ちゃんとねえねの気に入るものを選んでくれます。

ねえねは自分のほしい物があると、
「電話しょうっと!」と自分で電話して「送ってぇ~!」攻撃に出ます。
送料と手間がかかること、みんなの好意で送ってもらっていることを何度も説明しているのですが、 遠く離れた孫のリクエストにはついつい答えてしまう”おじいちゃん・おばあちゃん”という生き物の特性を理解し、うまく利用しているように思います。(苦笑)

先日、
「そうや! 一輪車, スペインで買われへんし、送ってもらったいいんちゃうん???」
とキラキラした目で言い出したときには

「あっかぁぁぁ~ん!!!!」 と力ずくで制止ました!

じいじ・ばあばなら送ってきてくれかねないですから・・・・(汗)


そんな両親ですが、
先日、深刻な病気で母が手術し、退院してきたといきなり電話がありました。
検査、手術の決定、手術、入院とすべてふたりだけで決めて、乗り越えたようです。
日本には住んでいるものの、実家から遠く離れた土地に住む妹にも、なんの連絡もしていなかったようです。
手術の結果は良好で後は体力の回復のみとのことですが、 
「遠くで心配させてはいけないから・・・」と娘にも相談できずに、ふたりだけでやっていた両親を思うと・・・・ 辛いです。
今までずっと実家の近く(車で30分)暮らしていたので助けてもらうときだけ利用し、肝心のときに日本にいない・・・ 仕方ないこととはいえ、電話の後は涙ものでした(苦笑)

自分が”おばちゃん”になっていくということは、親はどんどん年老いていくということで、
実家の両親のみならず、義理の両親も健康でいてくれればと心から願います♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-05-27 04:23 | 生活
<< 公園違いとお友達 今頃バルサ?? >>