バルサの優勝が決まった夜

こちらの時間の夜10時、
スペインサッカー、バルサの優勝が決まるレバンテとの試合が始まりました。
すでに夕方ごろから、
自宅ピソのまわりはなんとなくいつもと違う盛り上がり?がありました。

真横を通る幹線道路には、
”ピッピッピッピッ、ピピピピ ピピ”
のクラクションを鳴らしながら走るバイク!

「えっ??? けんかなん??」と私なら間違ってしまうような、
とにかく大きな掛け声・・・

10時のキックオフと同時に、我が家も勇んでテレビのスイッチを入れました!!

・・・・・ が ・・・・・・あれ????・・・・(汗)

テレビが原因か、放送の方法か?とにかく音声なし。 画面のみ・・・・
それでも、まわりのピソから試合の流れに合わせて、歓声やため息など、
まるでスタジアムにいるように聞こえてくるのです。
ちょっとよそ見をしている間に初めの1点を入れられてしまうのですが、
まわり歓声でハッと気づきました! 実況中継さながらです!!(笑)

サッカーフリークでない私も、バルサの優勝をバルセロナで経験できることは
とても楽しみでワクワクしていました!!
でもそれよりも、優勝の瞬間、まわりがどういう風になるのか??
実はそちらの方がとっても興味があったのです!!!

バルサが1点入れたときなどは、
これまた、 ベランダに出てすでに気分は優勝???の人が出現! 
大騒ぎで”バルサ”コールが始まっていました。
おそらく鳴り物も・・・・・・ (笑)
あまりの盛り上がりに、ベランダからその様子を見学していたのは私だけではありませんでした! 
お向かいのピソのおじさんも数人・・・・(笑)
c0048899_619920.jpg
優勝が決まった瞬間
(というよりも、同点になって
  試合時間が終わったとき)、
バルサのホームグラウンドのある、
カンプ・ノウから打ち上げ花火!!
もちろん、
ピソのあちらこちらから
  大歓声!!! 
歓喜の雄たけび!!!

思わずやっぱりベランダから身を乗り出すようにして、
他の部屋の盛り上がりを見学しました(笑)
歓喜の雄たけびはけっこう長く続きました!

それから朝まで彼らの歓喜の宴は続いたのでしょうか??(笑)


◆ でも・・・ 我が家の階上のお宅は試合に関係なく、
  ずっとシタール??演奏とコーランに似た節回しの歌がず~~っと続いていました。
  バルサなんか関係ないお宅も当然たくさんあります(笑)

・ ・ ・ ・ ・ ・

c0048899_6522253.jpg
翌日、出かけるために
休日にしては早起きした我が家!
何時もにもまして、ピソは静まり返っていました。
皆さんまだまだ大興奮の夢の中???(笑)




                   


                                   ↑ 翌日のスポーツ新聞一面
でも・・・・ 私の大きな疑問は、
夜10時からプロスポーツの試合が始まるということです。
10時と言えば、人間はそろそろ睡眠に入ることが理想とされる時間帯。
集中力もテンションも体の機能も下降線なのだと思っていました。
10時スタートに調整するためには、どういう生活パターンを取るのでしょうか???
調整なんか必要ないのかな? いつも通り生活すれば・・・・!!(笑)
う~ん?? まだまだ不思議がいっぱい!!!






                             
                                 
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-05-15 07:18 | 不思議な人々
<< 一番近い外国?”アンドラ” 自宅で Zumo de Nar... >>