ねえねの卒園・・・

ねえねは、この春3年間通った幼稚園を
お友達と一緒に卒園するはずでした。
でも、バルセロナへの引越のため、卒園を待たずお友達や先生とお別れしてきました。

先日、日本の実家経由で、ねえねの幼稚園の卒園アルバムが届きました。
c0048899_4303939.jpg

それと同じタイミングで、幼稚園の先生とお友達たちからの写真とお手紙も届きました!

ねえねは楽しみにしていたアルバムとお手紙にかなり興奮気味でした!
(荷物を預かってくれていたポルテロさん(管理人さんのような方)の
お昼ご飯が終わるのを、待ち伏せするほど!!!(笑))

それからずっと、彼女は毎日のようにアルバムを開いています。

「ねえねなぁ~ 寂しくなったらアルバム見るねん!」

最近になって、
「最後の日なぁ~ ○○ちゃんにバイバイする時なんか涙出てん・・・・・」とか
「コスモスさん(ねえねのクラスの名前)のみんなが、最後歌歌ってくれてん・・・
なにがいい?って聞かれたし、
ねえねが”涙そうそう”(最後の発表会でみんなで歌った歌)がええって言うてん」 とか
そのころのことを話すようになりました。

私が知らなかったことだらけです。

スペインへの出発の直前、1週間ほど実家から毎日車で
幼稚園への送り向かいをしていたころ、
私にはゆっくりねえねの気持ちを思いやる余裕がなかったように思います。
いろいろな雑務に追われて、それをこなすことでいっぱいっぱいでした・・・・

その時の私は、”子供って思ったよりは平気なんだ!”などと思っていました。

この3ヶ月、ねえねとちゅみと べったり・じっとり・ねっとり・の時間を過ごし、
正直、お互いにいい関係を続けてこれたとは思っていません。
別々の時間を少しでももつことができれば・・・・と私は思い続けてきました。
ねえねの寂しい気持ちや苛立ちもわかっていたつもりですが、
”母親”として十分なケアしていなかったのが事実。

ねえねもいろいろ我慢して、状況を受け入れてこの3ヶ月を過ごしていたことを
あらためて知り、考えさせられました。

来週、ねえねは入学式!
とても心待ちにしています。
(わたしも心底心待ちにしています♪♪・・やっとやぁ~(笑))

ひとクラス33人、年長さん4クラスのジャンボ幼稚園にいたので、
こちらの小学校とのギャップは大きいですが、
3ヶ月間、お友達のいない寂しい生活だったので、
学校でお友達と楽しく過ごせればいいなぁ・・と
今はそれだけを願っています♪
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-04-09 04:40 | 我が家のちびっ子ギャング達
<< スペインでアウトレット初体験 日本語図書館へ >>