はがれゆくサランラップ・・・

バルセロナに来る前、
知人から、「スペインのサランラップはくっつかないからいらいらする!!」
と聞いていました。
当時、”日本製品信仰者”であった私は、
これは大変と、人様には申し上げられないほどの本数のサランラップを
これまた引越し荷物に入れました。(笑)

パルプ製品についても否定的な意見を聞いていたのですが、
これはまあ問題なし!

ただ、サランラップだけは確かにくっつきません。
お料理にきれいにラップをかけ、ふっと反対を向いて戻ってみると
ペロ~~ン
「ちょっとぉ! 私ちゃんと端っこ押さえたで!!」
c0048899_454198.jpg



私の下手な写真ではわかりづらいと思いますが、
スペインのサランラップは薄くて、
私の場合は、まずまっすぐに切るのも無理!
端の方は、無理やり引っ張るので伸びてしまうというのが常です。

我が家は、子供のお弁当やお昼用に、子供一人分のご飯やミートソース、
カレーなどを冷凍して保存します。
冷凍用の容器やジッパーのついた袋に入れるほどの量でないことが多く、
ずっとラップに包んで冷凍していました。

スペインのラップではこれができません!
解凍の時以前に、冷凍庫に入れる前に中身が飛び出すこと間違いなしです。

そのため、
冷凍保存用には持参した日本のラップを!
その他はスペインのラップを使っています。

お出かけにおにぎりが欠かせない我が家の必需品、"アルミホイル”は
スペイン製を何の違和感もなく普通に使っています。

スペイン人はボカジージョというスペインのサンドイッチ用に・・・・
我が家はわかめご飯のおにぎり用に・・・・・

でも不思議とおにぎりを握るときに使うにはスペインのラップの方がしっくりくるのですが
なぜでしょう??(笑)
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-03-16 05:04 | おもしろ商品
<< トラムのお子様料金! やけにすいてる洗面所・・・・・ >>