洋服の不思議??

最終の最終のバーゲンで、
ねえねの来シーズン用のコートを買いました。
買うつもりで行ったわけではなかった、”エル・コルテイングレス”というデパートで
お値段に惹かれ買ってしまいました。


c0048899_1375198.jpg



スペインに来て、まだ3ヶ月経っていないし、季節も変わっていないので、
こちらで洋服を買うことはあまりありませんでした。



今回実際に買ってみて、いろいろ話しに聞いていた不思議を体験しました!!!


c0048899_1581098.jpg
不思議その1
洗濯表示のタグが異常に長い 

ゆうに10CMはあります。 
上着なので別にかまいませんが、この前お店で見た子供のトレーナーも長かったぁ~
あんなに長いと間違いなく 
「痛いし取ってぇ~」と言われます。
しかしこれがまた、取るとかえって痛いとくる! 


スペインのお子さんはどうしているのでしょうか???



不思議その2

これは不思議ではないのですが、
首周りが日本よりもかなり細い!!

友人から、
「スペインの服は、袖が長く、首が細い。かぶりものの洋服には注意!」
と聞いていました。
スペイン人と日本人では体のバランスがかなり違うので当たり前と言えば当たり前なのですが、実際に自分の子供で体験すると笑ってしまいます(笑)

このコートは8歳用。ねえねは今6歳。
袖丈も着丈も十二分に長く、来シーズンでもおそらくまだまだ大きいでしょう。
しかしながら、 首周りはけっこうちょうど!
チャックを最後まで閉めると顎の辺りまで来て、けっこうタイトなのです。

ねえねは日本でさえスタンドネックがハイネックになったりする”便利な”首の持ち主。
首元までチャックを閉めると少々笑えます
彼女には内緒です(笑)

幸いにも我が家の子供は、首元を開けてジャケットを着るのが好きなので助かりましたぁ~


不思議その3

袖丈、着丈に対して、胴回り・腕回りが細い

以前買ったちゅみのジャケットの時にも感じたのですが、
確かに細い!
下にもこもこした暖かセーターでも着せようものなら、腕と胴でロボット状態!
走り回るちゅみの動きを封じられて、私としには助かったりして・・・・(笑)
でも、本人は嫌がります。

伺った話では、
スペインのお子さんは、上着の下は比較的薄着、コートは分厚く暖かにという
傾向のファッションなのだそうです。
だから冬でも半そでのかわいいワンピースが売っているのかもしれません。
大人なら半そでセーターにコート!というファッションがおしゃれでも、
我が家のちびっ子ギャングのように、
走り回って暑くなると冬でもジャケットを脱ぐお子様の場合、かなり悲惨です。(笑)

そのせいか、温暖なバルセロナの冬なのに、
子供も大人も
「暑くないん~???」
というほどコート類は分厚いです。
日本ではよく見かける、子供用のお尻が隠れる程度の長さの冬用のジャケットも
結局見つけられませんでした。
ほとんどが、コートの長さなのです。
公園で会うお子さんも帽子にダウンコート、手袋までして、モコモコロボット状態が多いです。

その横で我が家のギャングは上着も脱いで、走り回っています。
そのギャップは何???(笑)

でも、脱いで遊んでいるねえねとちゅみを見て、
スペイン人の子供も
「脱ぐ~!!!」と言い始め、ママを困らせるのです。

これがいつものパターンです。
やっぱり子供は脱ぎたいんだ!!!

我が家の子供はきっと近所の公園で、いろんな意味で有名だと思います・・・・・・・(笑) 
[PR]
by bcnkahosumi | 2005-03-11 00:45 | 生活
<< おもしろバック 念願のろ過式ポット!! >>